2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年10月の5件の記事

2012年10月23日 (火)

ラブレイン LoveRain

ラブレイン見ました。
チャン・グンソクとユナ(少女時代)主演の韓国ドラマ。

そうはいっても,少女時代なんて全然分からないけどね!
これのおかげでユナさんの顔は判別できるようになるかも・・・? ならないかも?笑
チャン・グンソクは有名だけども,そんなに知らなくて。
美男ですね は騒がれすぎてて見る気になれなかった。
ベートーベン・ウィルスは見てたのに引越しで途中から止まってしまいました。何話まで見たのかも忘れちゃった。。。

そんなアタシですが。
このドラマにははまってしまった!
というか,ジュンにはまってしまいました!!!
S・・・! (吹き替えで見てましたが,声つながりで)入江君のような真性のどSではないソフトSな感じがつぼった~♪
たまにデレるし・・・!!!

ストーリーは,70年代のソウルで,恋心を抱きつつ離れ離れになってしまった二人の 息子と娘が現代で出会い恋をする・・・というもの。
チャン・グンソクとユナは一人二役で若かりし頃の父・母と現在の息子ジュンと娘ハナを演じてます。
あー,けど二人とも親の世代はおとなしめな性格だったのが 現代では息子はイジワルだし,娘もはっちゃけてるしだいぶ印象が違ったな。
別の場所で見て気付ける自信無いわ・・・w
そいえばドンウクさんとソノさんも同じ役者さんだった! チャンモも二役してたし!
本当に役柄違うだけで全く気付けません~

ただ,親の叶えられなかった恋を実らせる・・・というなら問題は無いんだろうけど,親(とくにジュンの父親)が昔の恋を忘れられずにいてハナのママと再会してまた恋の炎が燃え上がっちゃって・・・ジュンとハナは親の恋のため自分達の恋愛をあきらめることになるという・・・
韓国って本当世間体を大切にするんだなぁ。。。と思った。
そこまでタブーなの? これって実際ここまでなのかな? フィクションの世界なのかな?
てゆーか日本でもそうなのか?
ちょっと体裁悪いけど・・・いいないんじゃない? と思うのは漫画の読みすぎなアタシだけなのか?www
ま,とにかく障害があればあるほど恋は燃えるもので(^^),二人も別れよう→別れるなんてできない・・・!→けど・・・!!!
とぐるぐる葛藤しまして,結局ハッピーエンドheart01
(この場合,親は結婚という形をとらず国外へ・・・で問題は無いということ?)
よかったよかった
障害は親のことだけでなく,ジュンの母の猛反対もあったはずなんだけど,最終話でジュンママがハナに寛大になってたのが笑った。
ハナの誠実ぶりにしゃーねーなーと思ってくれたのでしょうね。
ハナいい子だもんね。

どうも韓国では視聴率そんなでも無かったらしいけど,アタシの見てきた韓国ドラマの中での好き度はかなり高いです(^^*

吹き替えがなんだか豪華で聞いてて楽しかったです♪
平川さんは改めてイケメンボイス~と思ったし,堀江ちゃん大好きだし,堀内さんと一城さんはビバヒルのふたりで,なんと言っても小山さんはニルス~♪♪

2012年10月11日 (木)

逃亡者PLAN B

韓国ドラマです。
BSジャパンで視聴。
てゆーか視聴してたの少し前ですが。

ピが主演だということで,見ました。
ピは「フルハウス」を見たことがあるんだけど,「フルハウス」の方が好きだな。
優しい笑顔とか。
まぁそれはアタシがラブロマンスが好きだという要因が大きいのかも。

これはとにかくアクションがすごかった。
良くこんな走れるなぁ・・・といつも感心してました。
なんかオトナになったら全力で走るということが皆無だしw
しかもアタシは字幕のあるドラマは早見してしまうので,ただでさえ動きのあるアクションがより早くなるので,ますます関心してしまってました。。。笑

ストーリーはおいといて。
ユンソナだとか竹中直人や上原多香子など知っている人が登場し,お得感はあったかも。
あとはこちらはイケメンもいたし。
カイは好みではないけど,ピもドスもかっこよかったなぁ。(^^
ジニは美人だけどなんかミキティに似てる・・・?ない・・・?

金塊が手に入ったら・・・どうしようかなー。
と金塊を見るたびに考えてしまう自分がいたwww

これも脇役のヤン会長(ソン・ジェホという役者さん),どこかで見たことあるのよね・・・
ってもしかしてサインに出てたのかも!?   (→合ってたみたいです。笑)

サイン

韓国ドラマ。
BS朝日で視聴終了です。
ジャンルは法医学サスペンス,ということです。
特別イケメンは出てなかったけど(大概失礼です),おもしろかったです。
ダギョン役の女優さんは可愛かったです。

一番最初の事件が棚上げ(というか真相うやむやなまま葬られた)されたかと思ったらいろ~んな事件が起こりました!
なんか雪山で遭難しかけたり,ひき逃げ犯人に殺られそうになったり,米兵も出てきたし,妹の死に関係する人物が出てきたり・・・
日本に来てたときには日本語もしゃべってたな。
他のドラマでも日本語シーンをたまに見るけど,結構皆さん日本語しゃべれるのかしら?勉強家が多いのですかね~?

最初はつっけんどん~で愛想ないジフンだったのが,まっすぐ向かってくるダギョンにだんだんと惹かれてくのが見てて微笑ましかったです。
てゆーか手をつないだのにはびっくりした!
そしてこのままラブロマンスへ発展するかと思いきや・・・最終話に驚愕です!
一番最初の事件が解決したのは良かったけれど。

それは・・・ないわ(;_;

そんなラストだったのでハッピーエンド至上主義のアタシの中での評価は低いかな。
19話まではだいぶ好きだったんだけどな。

対立する立場の科捜研の院長・ミョンハンの顔,どこかで見たことあるんだけどなぁ・・・と思って数ヶ月。結局思い出せませんでした。
てゆーか韓国ドラマは大概主人公ですら役名覚えられないし,顔は見たことあっても芸名を知らない人が多くて,検索も難しい~

2012年10月 1日 (月)

君に届け 17

1週間ほど前ですが。
買いました!
この1冊は伝説になる,なんて大げさなあおり文句をつけられたこの17巻。笑
まぁー。
大げさすぎるやろwwwと思っていたけど,一理あるかもなんて思わなくも無い感じですが。(笑)

龍×ちず  ケント×あやね  風×爽
と見事に3組の話詰まってたからなぁ~
クリスマス巻だったこともあり,すごい恋愛度高かった・・・!!!

龍は・・・長年の片思いが報われそうで・・・良かったなぁ。
しかも何気にプレゼントセンスがいい・・・!
惚れてまうやろーーーーー!と叫びだしたくなったわw

ケントは。
いやー。こんなに本気だとは。とびっくりしました。
けど誠実な告白でよかったheart01
あやねはピンと?なんて意見も多かったと思うんだけど,あたしは断然ケントがいいなぁ~!
先生と生徒の禁断の恋なんて障害多くて苦しいし,あやねちゃんには存分に思われる恋して欲しいな~(^^

そしてメインカップル。
風早×爽子なんてこれまでず~~~~~っともやもやさせられていたので,ほんっと風早くん理性吹っ切ってくれてよかった・・・shine
・・・というか,ここは爽子が頑張ったおかげですけどね。
ほんと爽子はすごい!
昔っからすごいけど。
だいぶ前風早が「結局黒沼は自分で頑張っちゃう」なんて言ってたけど,ほんとだよ!
風早も頑張れよ!
でも良くやったよ!GJだよ・・・!

コミックスがここ(ちゅー)まで収録だという情報を得ていたので,これの続きの別マも17巻出数日前から買ってありました(^^
「好きだよ 好きだよ 好きだよ」とか・・・いいなぁ。
いいなぁ・・・・・・・・・
爽パパは・・・ファイトっsign01www

続きを読む "君に届け 17" »

終了アニメの一言感想。

今日から10月。
もう秋ですね~
まだ日中は半袖でもよい日あるけど・・・きっとすぐ冬がくるんだろうなぁ。。。

アニメが終わっていきました。
引越しをはさんでいたため,途中から視聴中断したものもいくつか・・・
心残り~
まぁそれはおいおい時間が出来たら,ってやつです。
何週か遅れで見ているものもあり。

記号はお気に入り度の変遷。

TARITARI ◎ → ◎
よい友情アニメでした
はじめつんつんしてた和奏が合唱部(時々バドミントン部w)に染まっていくのが良かったなぁ~
EDも遠くでそっぽ向いてたのにね(^^
歌を作るということは全くした事が無いけど,大変そう。

だから僕は,Hができない。 ○ → ○
りサラはこれぞツンデレ!ってやつで,いいなぁ。
王道です。
美菜ちゃんは残念でした。
幼馴染じゃなかったら,っていうのは少しずるいと思った。
幼馴染がいいんじゃないかぁぁぁぁぁぁぁ!と声を大にして言いたい。

織田信奈の野望 ◎ →◎
すごく好きでした!
なんだろー
やはり信奈の可愛さがだいぶ視聴意欲を掻き立ててくれました**
最後接吻するかと思いきやしなかったし!
2期に持ち越しなの?んんんんんーーーーー
信奈もツンデレだなぁ。ツンデレ・・・いいなぁ。(今更)

氷菓 ◎ → ◎
こちらもとても好きでした!
今は2次小説にどっぷりはまってますw
ホータローが初めっからえるに引っ張られまくってポーカーフェイスでいられない感じがとても微笑ましくて好きだ。
OP2曲ともえるに手を引っ張られるホータローいいよね。
この子に出会って変わる。みたいな感じがCLANNAD思い起こさせられます。
最終話のホータローの心の叫び
「俺の省エネ主義が致命的におびやかされている・・・っ」というのには笑った。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年12月 »