2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 「夏目友人帳 肆」の感想。 | トップページ | 「ちはやふる」の感想。 »

2012年4月 3日 (火)

「あの夏で待ってる」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「あの夏で待ってる」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

いや!
一話見たときから好感度は高かったんですが,最後まで楽しく見ることが出来ました!(^^
おもしろかったー♪
やー何というか,アレよね。
むふふふとかむずむずとかにやにやにやにやとかそんな回が多くて,ラブコメ大好きなアタシにはたまらんかったです。
あの毛先の丸まり具合が気になりつつ。

3話「先輩が言っちゃう・・・」
軽井沢回!
芝生の上で言い合うのも,駅のホームで言い合うのも,上に書いたようにむふふふしてました。
青春っていいよねー!
高校生っていいよねー!

6話「先輩にライバル。」7話「先輩の気持ち。」
沖縄~! 天気がいいな,羨ましい。
現状維持だった海人とイチカにライバルが現れ,いい感じに。
けど実際は主人公の恋模様より,美桜と哲朗の方が気になったわ!
裸族の攻撃力ぱねーっす。おそろしいwww

9話「せんぱい」
カミングアウト。
そんな簡単に言っちゃっていいの?
と思ったけど,まぁこういうものなんだろう。
僕だけが知っている,先輩の秘密―――みたいな秘密の共有は無いんですねー
柑菜はさぁ,かわいそうだよね。
そして哲郎もかわいそうで,それを影から見ている美桜もかわいそう。
このシーン申し訳ないけどうまく行かなさ過ぎて笑ってしまったw

11話「行かないで,先輩。」
強制連行されるのも時間の問題だというイチカ。
それを回避するためにみんなで協力することに。
こういうとことかさ,やっぱ青春!って感じがする。
柑菜は偉かった!
哲朗が美桜に二人で映画行こうっていうとこもとてもよかった!
そうだ!新しい恋しよう!と思った。
信州のどこかだと思われる,かつて宇宙人がいた形跡を見つけようとする皆なのだが,待って待ってそれってとなんかとてもわくわくしました。(^^
おねティを知ってるアタシは(我が家の中での)勝ち組なの?♪と。

12話「あの夏で待ってる。」
40号線(県道?)に乗ったとか言ってたので,車でそのまま・・・かと思ったんだけど,なんか電車に乗ってる二人。
上田からどんなルートで行ってんだろう。
電車も一瞬うつったかな?懐かしい感じのが(^^
駅舎はもちろん,風景もなんかすごく懐かしくて,最終話はストーリーというよりは背景ばっかに気を取られてしまっていたような気がします!
ばか!ばか!でも仕方が無い。 だって愛する地元ですから(^^
そして,謎の声。笑
えー先生帰っちゃったの?ってそちらも切なく聞いてたんだけど,後から調べてみたら,どうも謎の声はただの謎の声。あの先生は遭難して辿り着いたわけではないので,別人ではという結論に至ってよさそうなようで,安心しました(^^
Bパートで曲にのって流れるように説明されたいろいろなことを知りたい!
特に哲朗と美桜のその後。
檸檬先輩も謎のキャラだったし。
先輩との感動の再会シーンも見たい!
けどまぁ・・・とりあえずはハッピー・エンドなようでよかったです!

OPもEDもなんかすごく合ってて好きでした。
「ビードロ模様」はnagiさんなのね。キレイな曲だったーv
ビードロ・・・昔持ってたなぁ。どこやったんだろ。

« 「夏目友人帳 肆」の感想。 | トップページ | 「ちはやふる」の感想。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈アニメ〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「夏目友人帳 肆」の感想。 | トップページ | 「ちはやふる」の感想。 »