2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の8件の記事

2011年9月29日 (木)

「花咲くいろは」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「花咲くいろは」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

ひょんなことから(日本語って便利w)面識もないおばあちゃんのところへ行くことになった緒花。おばあちゃんの家は老舗旅館で、仲居をすることに・・・
みたいなお話。
恋愛要素もないし(つか考ちゃんは最初で消え行く存在だと思ってた(^^;))、見続けられるかな~なんて1話見たときは思ったんですが、かなりお気に入りになりました

ただ残念なのは、アタシのミスで2,3話を見逃したことー!
(録画機設定のミスですorz)
きっこうしばりとかきっこうしばりとかきっこうしばりとか見たかった・・・!!!www
いや、ほびろんの由来とかも知りたいです、ふつーに。笑
どっかで補完しようと思いつつ、まだしてない。(><)
なんかシーンシーンをちょこちょこ見たら、見たような気になってるんだけど。

とにかく緒花が素直な一直線娘さんで好感触です。
かわいいー♪

そして。アタシの中で大部分を占めることになった孝ちゃん。
いやまさかここまでとは思わなかったよw
孝ちゃんの夢をみてしまったり、孝ちゃんと緒花の告白シーンを妄想しては楽しんだり、久々に漫画描いてみたり、ふと気が付けば孝ちゃんのことを考えていて「○○が好きすぎてツライ」の心境を理解するところにまで至りましたw
以下、ストーリー振り返りの予定が、緒花と孝ちゃんヒストリーを振り返ってるだけのような気がします。(笑)

1話「十六歳、春、まだつぼみ」
孝ちゃん終了~♪ って感じ。
このときはまだ孝ちゃん終了じゃないことも知らなかったし、自分が孝ちゃんをこんなスキになるとは思ってませんでしたよ。
遠く離れても気持ちは離れない孝ちゃん、めっちゃ素敵です!!!
男の鏡!
ママもだいぶひどい。
けどだからこそ緒花のいい娘ぶりがうかがえます。

5話「涙の板前慕情」
徹さんの認知度がぐっと上がった回。
まだ民子の想い人、くらいの認識ですが。
そんでやっと民子がやわらかくなった~
やっぱ「死ね死ね」言うオンナノコはかわいくないですよ。(^^

9話「喜翆荘の一番長い日」
孝ちゃんがめっちゃかわいそうだった回・・・!!!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
いや、ってゆーか。
予約は必須です!
孝ちゃん、うかうかしてたら緒花持ってかれちゃうよ~(><)
と思ったけど、緒花は徹さんに対して特別な感情は持っていないようなのでちょっとほっとした。
徹さんのメットの臭いをかいで、孝ちゃんの頭の臭いに思いを馳せるとかどんだけwって思ってしまった。
電話の向こうの徹さんにちょっと嫉妬しちゃってる孝ちゃんが・・・たまらんかったです。

10話「微熱」
頑張りがたたって緒花が倒れちゃいました。
そして。徹さんが動き出したー!
っていうか、徹さん何歳!?
高校生に手ぇ出さないデー!!! 緒花には孝ちゃんがいるんだから!!!
なんて思いつつ、徹さんの新たな一面は徹さんにふらつかずには居られなかったわけで。(アタシがです)
あーかっこいい。。。
5話から徹さんは緒花を意識し始めたと思うけど、ここにきて顕著に。

11話「夜に吼える」
久しぶりに孝ちゃんに再会できた緒花。
いっちょ前にヤキモチ焼くくせに、孝ちゃんに気持ちを伝えない。
なんで?
ここにきて孝ちゃんエンドに暗雲が。。。
みんちと徹さんにもどきどきしてしまいましたー。
彼氏彼女未満の男女が長時間二人で狭い車内で・・・とか考えたら・・・・・・・・・萌ゑッ!!!

12話「じゃあな」
だめだ・・・孝ちゃんがいなくて見るモチベーション続くわけないやんかぁ・・・! と半ば本気で思った回。

19話「どろどろオムライス」
孝ちゃん・・・もうだめだ・・・orz
と思いながらも新OPにもまだいるし、きっと、きっと・・・と思い続けて数話。
久々に見た孝ちゃんは・・・おねえ言葉でしたっ!の巻。orz

20話「愛・香林祭」
いやー!
みんちが!
徹さんへのオムライスに「LOVE(はぁと)」を!!!
でもそれを緒花が運んだのは誤算だった!誤算と言うか。余計徹さんに意識させてしまう結果に。
みんち。かわいいんだけどなー。

22話「決意の片思い」
アタシが感想書いていないあいだに(↑の空白部分)、若旦那と崇子さんは恋をし、あれよあれよと言う間に結婚式を喜翠荘で執り行うことに。
そんな二人におもうところがあったのか。
やっと緒花が気持ち固めます。てゆーかいきなりそんな展開に戻ったな。
孝ちゃんフェードアウト説を信じず、頑張ってきてよかったよ(><)徹さんに揺れたことも数え切れないくらいありましたが。。。(主にアタシが)
徹さんはみんちに緒花意識してるなんて言うし! 正直者か! けどみんちのこともちゃんと見てくれてるんだよね。 萌え!師弟愛萌え!

23話「夢のおとしまえ」
いや、予告見てこれは・・・!? と思ってはいましたが、やっぱり来ました、想像以上の孝ちゃん回!!!
ありがとう! 草食系万歳ですマジで。
「じゃあな」なんて言ってからも緒花のことちゃんと思ってたんだね・・・!
男の鏡・・・! 
うっすいコーヒーの味忘れたくなくて、以来飲んでないとかホント最高。
距離に負けない健康な男、超素敵(><)
ビデオの中の緒花見てはっとするシーンも、ドキッとするシーンも、「もう少しで緒花のこと・・・」のセリフも、緒花見て目を見開くのも・・・なんか全てがかっこよく、感動で。
孝ちゃんを応援してきてよかった・・・! と心から思った回でした。
緒花もよく徹さんになびかずいてくれたもんだなぁと感慨深い。 
ママもやっとママらしいことしてくれて、名誉挽回です。これまでのいろんなことチャラです。ママありがとー!
(読んでわかる通り、かなりたぎりましたw)

24話「ラスボスは四十万スイ」
23話~の1週間長かったです。めちゃ楽しみにしていた、二人の気持ちが通じ合う回。
めちゃくちゃ妄想しましたが、やはり二人はピュアでした!
なんなのこの二人ー! 好きすぎる・・・!
キスしてくれても、せめてハグくらいはするのではなかろうかと思ってたアタシでしたが孝ちゃんなんて純朴なの。。。
あの困った顔して添えられた手・・・! 好きすぎる・・・!
緒花が行っちゃってから、ガッツポーズして吠えた孝ちゃんも可愛くて仕方なかったですheart01
アタシの知ってる高校生像です、まさに。

26話「花咲くいつか」
告った・・・! 緒花が告ったよ~! の回。
孝ちゃんよかったね・・・
なんかもう二人のシーンどれも可愛くてごろごろ転げまわりたいくらいでした。
焼きソバ屋のおじちゃん粋ですね!
旅館でのやり取りは次郎丸もう少し隠れててぇ・・・!!!!!!!!
と思いましたが。
まぁいっか。旅館でチューとかエロすぎる。この二人には。
緒花は孝ちゃんのプロポーズを胸に東京で生きていけばいいよ(^^
徹サンとの絡みもなんかおかしかった。
欲を言えば。最後に孝ちゃんと手つないでくれれば・・・孝ちゃんが手を差し出してくれるだけでも・・・良かったのですが・・・もう脳内補完するしかない
本気で孝ちゃんのことばかりの感想になってしまいましたが、喜翆荘についてもちゃんと描かれてました。
まぁ・・・縁には勉強が必要だと思うよ!
いつの日か、再建出来たらよいですね~、ってその場合緒花と孝ちゃんはどうなるんだろ?

ついに。最終話迎えてしまいましたね。。。
もっと緒花と孝ちゃんのいちゃいちゃぶりを見たかったのにな~
DVD最終巻とかに収録されないんでしょうか?
されるなら買う!
久々に緒花が東京戻ってきたら孝ちゃんとカレカノになってて、クラスメイトからからかわれる話とかさ~
街中で照れるけど、手を離さない孝ちゃんとかさ~
初デートとかさ~
このカップル好きすぎて、ssとかも探すんですが、ほんっと数えるほどしか出てこない!
検索の仕方に問題があるのだろうか??
ほんっとどなたか知っていたら教えてください!!!(てゆーか知っている方はお友達になってくださいwww)
なんか2ちゃんの二人のスレとか見るほどはまってんのになぁ。(2ちゃんとか初めて見ました。笑)
世間ではそんなでもないのー?

春~夏アニメでは伊藤かな恵さんの声をよく聞いた気がする。
そんで民子ちゃんの声優さんには驚いた~!
なんか今までのイメージが覆えりました。ぼんぼりラジオ聞いたら彼女の地声にもびっくりしてしまい。。。
なんか簡単にいや~とか言えなくなりそうw
そして梶裕貴さん。孝ちゃんのせいで(もちろん紫苑も)、おかげで、今後のアタシの「好きな男性声優」の蘭に梶裕貴さんが名を連ねることになりそうです(^^
なんていい声してんのどちくしょー、です。

2011年9月28日 (水)

終了アニメの一言感想。2

ロウきゅーぶ! △ → ○
これは・・・無しか???
と軽く自問した結果、まぁ見るか~と見続けてみましたが、
まぁ情がわきました!
純粋にバスケ頑張ってる女の子たちと、それを応援する男子高校生。
まったくすばるんがデレない(全くという言葉には語弊があるかな~?)のが好感持てた、っていうか、そんな展開押しだったら見てないがw
ほぼ空気だった葵ちゃんの声が伊藤さんだと気付いた時から梶&伊藤コンビにもにやにやさせられましたw
孝ちゃんが好きすぎる・・・せいです。(^^;

R-15 △ → ○

いや、正直なところ◎でもいいかなってくらい後半の展開はアタシ好みでした!
だいぶゆる~い感じで見始めたはずなんだけどなぁ。
吹音ちゃんが可愛くてもー(><)
なにあの舌っ足らず!!!
いらっとさせられるちょい手前のギリギリ加減!
流石です!
声優さん流石です!
始まったころはこんな感想を持つことになるとは思いもよらなかったが。←
丈途が吹音に、自分がなんの才能の持ち主なのか知られたくないという何ともな恋心、わからなくはないですがそんな程度の認知度なの?と思ったり。
まぁそんだけ他人に鈍感な女の子であるということなんでしょうが。
色んな女の子に好意を向けられる丈途でしたが、こいつも大概鈍感だな!
謡江ちゃんはだいぶ可哀想キャラでした。
8話が楽しかったな~。デート回。
最終話の歌詞を、文字に起こそうかとあほなことを思い立ち、やめました。
絶対誰かがやってる。(アタシも大概失礼ですw)

2011年9月24日 (土)

終了アニメの一言感想。

9月終了アニメ感想を簡単に。
時間が取れなかったアニメちゃんたちです。
すまない・・・!

記号はお気に入り度の変遷です。
化けたアニメはあるかな?

ゆるゆり △ → △
アタシにはゆるすぎた。
ゆりすぎてはなかったので毎週ほのぼの見れました(^^
あっかり~ん!のあかり独壇場でさえ、透明人間になったときは心から同情しましたw←
あかり可愛いよね~(^^
けどやっぱり結衣と京子が強い。
11話「わたしたちのごらく部」
今更ながら・・・ごらく部というのはどうなのかw
記憶喪失回でした。
あかり・・・もう少し試してみてもいいのではなかったのでは・・・と思ってしまったのはアタシだけではないはずw
この学校、制服が可愛い!

神様のメモ帳 ○ → △
まぁ見てたけど、ちょっと~組とか時期が悪かったかな?(--;
9話「あの夏の21球」
が地味に好きかも。
アタシ野球のルールほとんど知らないくせに野球回、漫画も、好きなんだよなぁ。
青春って感じに憧れるんだろうなぁ~
なんかここまではほのぼの~と見てたのに、
10話「きみについて」でどかっと落とされました。
彩夏死亡・・・そんなあほなこんな展開アリ~!?とマジで思いました。。。
↑11話で死亡していないことが判明しますが。
それこそこんな展開アリ?って感じ。
いや、いいけどさ。彩夏ちゃんすきだけどさ。
しかも最終話エンディングで目ぇ明くけどさ!こんな(ry
断然 彩夏>アリスだったアタシは・・・orzな感じでした(><)

2011年9月20日 (火)

「STEINS;GATE シュタインズ・ゲート」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「STEINS;GATE シュタインズ・ゲート」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。
全てにおいてネタバレしかしてません。すみません。

原作、知りません。
知り合いが「「STEINS;GATE」ってゲームがおもしろい、はまる」と言うのを聞いて、あっちょうどアニメ化するみたいだからアニメ見よう♪と思っていたのですが。
アニメにはまればはまるほど、ゲームやっておけばよかったぁぁああぁぁぁぁああ!!!!
と思わずにはいられないアニメでした。
先が気になる!
次の1週が長い!
ネタバレ探そうとすればいくつも出てくる。
けどこの手のゲームはバレ回避したほうがいいに決まってる!
という感じ。
いや、ホントによく頑張ったよ~
だいぶ誘惑に負けそうになりました。笑

1話見た感じではここまではまると思わなかったんだけどな。
ぐっと掴まれたのは9話の終わり。
一通のDメールによって秋葉原が一変したところらへん。
宝くじで一攫千金を狙ってたあたりでは「コイツwww」としか思わなかったけど。
↑で大きく出れない岡部には好感を抱いた。笑

まゆりの死ループはちょっと怖かったですね。
ゲル状まゆしぃはアニメでは一瞬でうわぁと思ったけど、原作のほうでは書かれているのかな?
あんま読みたくないけど。(^^;

そんなまゆりの死を回避すべくクリスティーナに頼った岡部。
視聴後マイフォークについて検索しました。(^^
確かな答えはないようだけど・・・クリスがかわいいということは理解。
ツンデレ!ツンデレ!と思ってたけど、ほんっとクリス可愛いな~!

鈴羽の父について。
ダルだということはわかったけど。。。 
そういや髪の色も同じ?
お母さんが可愛いんだろうなぁ! 

まゆりの死回避のためDメールを取り消して行くも、まゆりの死は揺るがない。
最初のDメールを取り消すということ、それはクリスの死を意味する。。。
って待って~!
クリスが岡部に好意を持ってることは知ってた!!!
けど岡部はまゆりが好きなんだとずっと思っていたんですよ!
そんなわけで22話は大衝撃回でしたっ!
まゆりのことは単なる幼馴染として好いてたの? まじで?
いつクリスのこと好きになってたわけ?
相談するうちに・・・とか若者か!(若者ですけど・・・)
まぁいろいろいいつつ楽しんで見させていただきました。(^ー^*
「最初の○○」は記憶に残りやすいというのは納得。
今でもニコ動で最初にコメントした動画覚えてるもんなぁw

クリスの死をもって、完了。
と思ったところで救い来ました。
よかった。ありがとう。

目標としていたβ世界線に移動することには成功したものの、それはそれで問題があったよう。
この世界戦の未来を変えるためにはクリスを救って、アトラクなんとかの干渉を受けない世界戦へ、ってどんどんアタシの頭に入りきらない展開になってきました。。。

23話は絶望回だったー
けど「特に 意味はない」はすごかった!

24話も絶望回になるのかと思った! びびった!
岡部漢過ぎる。。。
めでたし、めでたし。でした。まる!
もちろん、1話見直していろいろ楽しみました。おもしろ!

にしてもクリスの父にはびっくりしました。
DNAが一切受け継がれていない気がする・・・
それでもお父さんが大好きなクリス。父娘ってすごいですね。。。
この場合娘がすごいんだけど。

オカリン。
厨二病なんて公式にも書いてあるけど、アタシはこんなキャラ、好きだな~
なんか前にもそう思わせられたアニメの主人公いたなと思ったら「CHAOS;HEAD」の拓巳でした。
そんでまたいとうかなこ(歌手名)?と思ったら、同じ会社のゲームだったのですね。。。
なんかすごく残念な気分www
だけど 好きなんだもん! (もうどうしようもないw

ところでOPの歌詞が変わったのはいつだったんだろ?
いつも飛ばしちゃうから最終話見るまで気付かなかったなぁ・・・(7月からだったらだいぶ長い間知らなかったことになるわw)
なかなかHDDから消しそうにないのでまた今度確かめてみることにします(^^

「NO.6」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「NO.6」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

あのですね。
本気ハマリしました。
廃人のようですwww

おかしいなー。1話切りするところだった作品なのに、2話で成長した二人を見て視聴意欲が沸いたかと思ったら・・・墜ちたwww
ネズミが性的過ぎるのがいけないんだと思いますっ!
容姿はもちろん、声がね・・・
ほそやん・・・恐ろしい子・・・!(筒井君や七花とはえらい違いやないの!)

市の図書館で借りて6巻まで読みました。
最初に予約したときは待ち数そんなでもなかったのに、最終巻予約したときは200オーバーですってよ。
何年かかるんだろ(--;
忘れた頃にやってくるって感じなんだろーなー。
昔図書館戦争を借りようとしたときは500越えで、予約するの止めた記憶があります。

感想は・・・普通に書きたい・・・(無理か?)

1話「びしょぬれネズミ」
上でも書いたけど、あんま惹かれなかったんだよな~
今見たらふたりとも可愛くてしょうがないですがw

3話「生と死と」
紫苑の首から蜂が出てこなくてホント良かった・・・!!!!!
紫苑の中の蜂が孵化しそこなったのが2番目の奇跡だと思うんだ・・・

4話「魔と聖」
「そいつ俺のなんだ・・・shineキラーン」
思えばこのときからだっただろうか・・・ネズミのまわりに常にまばゆい光が見えるようになったのは・・・
紫苑が可愛いだけじゃないとわかったのもこの回。
ネズミがたいせつなんだなー。 かわいいなー

5話「冥府の天使」
かはぁっ!!!(吐血)
イヴの美しさに・・・アタシも紫苑と同じぽかーん顔でした!

7話「真実の嘘・虚構の真実」
それぞれ一人で沙布を救出しに行こうとする紫苑とネズミ。
お互いを大切に思っているからこその、ネズミの探りと紫苑の演技。
素敵・・・だけど悲しい(><)って感じでした。
紫苑は可愛いけど、やるときはやる男ですねー
朝日は空気読んだようで読みすぎたと思うんだ・・・

10話「奈落にあるもの」
矯正施設潜入。人の山は怖かったです・・・
ネズミのお姉さんすわりェ・・・
ないわ、これはないわw

11話。「伝えてくれ、ありのままを」
最終話。
紫苑が死んじゃったのには驚いた。
そんでもって沙布が現れて生き返ったのにも驚いた!
どーゆーことですか?
いいの?
渚がアリなら紫苑もアリか・・・!? と自問。。。
まぁ終わり良しなら全て良しかっ
最終話は詰め込まれ感がありましたねー。
お母さんとの再会は見たかったな。

OPもEDも気に入ってます。
特にED「六等星の夜」は街で良く聞いた気がする。
ED入りが計算されてて、フルで聞きたいなぁと思わせられる・・・
うまく踊らされてるんだろうなぁ(-▽-;

原作を読んだことで、アニメとの相違点を楽しめたし、よかったかなー
大きく削られてたりちょっと変わってたり。
どこかで読んだけど、アニメでは紫苑のモノローグは一切ないらしい。
言われてみればそうですね。
小説のほうはもちろん、モノローグがあるので、その辺アニメ見ながら補完できたのも良かった点かもしれない。
原作既読部分が10話の途中までだったということで、3冊分が1.5話に充てられてるのかと思えば、だいぶはしょられてそうですね。
早く図書館からの連絡が来ることを祈っております。。。
(なんつって、だいぶネタバレの読みすぎでどんな部分がなかったとか、削られたとかがわかる自分w)

「うさぎドロップ」の感想。

アニメの入れ替わりの季節がやってきました。
視聴アニメの中でまず最終話を迎えたのがコレ。
ノイタミナ11話でしたねー。

今期アタシが見ていたアニメ「うさぎドロップ」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

原作知りません。
けど、ウィキペディアのだいぶアレレなネタバレを読みまして、後半だけでも読みたい!と思っているところ。

とにかくおもしろかった~♪
一番はりんちゃんの可愛さに尽きます。
なんかたまにうひひ、ってヘンな顔になるのも可愛い!
こんな娘が欲しいな~

1話「りんどうの女の子」
おじいちゃんの子=おばさん が自分より24歳年下ってどんだけ。。。
爺さんすごすぎるわぁ・・・!と驚愕の1話でした。。。
お爺ちゃんが亡くなって、母親もわからず。
この子どもをどうするか? 誰が引き取るのか?
なすりあいみたいになってる中、大吉はよく手を挙げたと思います。
1話以降も保育園入れたり、仕事融通できるようにしたり・・・大吉ってすごいよなぁといつも思います。
すごいしかっこいい。

5話「ダイキチはダイキチでいい」
りんちゃんもこれまたいい子ですよね。
そんで、6歳児ってこんなふうに物事考えられるの?ってくらいオトナ。
「加賀りんでいたい」という意思を持っていてそれを伝えられるし、それを受け入れる大吉。

6話「わたしの木」
これ、すごく素敵!!!って思った。
自分とおんなじ歳の木が庭にあって、背比べして、あるとき抜かれて・・・なんか一生見守ってくれそうでいいなぁ~!
真似したい!
けど庭がない!(><)

7話「ナイショで家出」
いとこ・・・仲良しなんですね、うん。
なんかこの話はすごくよくわかる・・・!と同意しっぱなしだった気がする。
同居こあい(´・ω・`)

9話「たいふうがきた!」
あらあらこの4人・・・www
と思わざるを得ない演出。
てか、大吉は未婚の状態なのにもうりんちゃんのパパやってて、これから恋愛→結婚とかできるんだろうか・・・?(否!)というアタシの心配が払拭されました。
(公式の展開を知ってはいますが。)

11話「はじめの一歩」
ホントに最終話らしくない最終話というか。
いつも通りでした。
「このアニメ起承転結の転がないね」と言われたんですが、そんなものこの二人には不要!でしたね~(^^
抜けた歯を入れる・・・だと!?www
そんなのアタシの時代にはなかった風習です!(><)
いや、あったのかも? 都会っ子は普通にやってたのか???
そんな可愛い歯入れ。(ネーミングセンスに可愛さのかけらもないw)
アタシも今から探しておかねばデス。
でも、抜けた歯を取っておくって・・・なんか微妙。こわいw
屋根にぽ~いして土に返らせたほうが健全な気がするw

1話見た時点で、そんな共同生活、長く続くわけなんかないんだから情が入れば入るほど別れ難くなる。
最終話見るの辛くなる。
と思ってたんだけど、そんなアタシの心配をよそに二人はまだ一緒暮らしを続けるようです。

最初設定見た時愛してるぜベイベを思い出したんだけど、ベイベでは、実の妹ではないからこんな素敵な関係が築けるんだろうなぁと思ったんだけど、こちらはホントの父娘のようで素敵な関係を築いてましたね。本人達はそうは思ってないみたいだけど外見上は。

2011年9月14日 (水)

君に届け 14

君に届け。
買いました。
コースター貰った♪
3つのうちから選ばせてくれたので・・・風早・・・と一瞬思ったけどやっぱり爽子貰ってきました。
全部下さい!
全部・・・くれませんか?
全部・・・欲しいなぁなんて☆(キラッ
どれも言えないアタシ。小心者です。
(この中に正解があるとも思えないがw)

14巻!!!
コレでもかっ!!!
ってくらいの恋愛巻でありました。
ありがとう・・・
ほんとに・・・ありがとう。

美ら海水族館できゃっきゃうふふする二人。
なんてよいカレカノ・・・heart01
模範生のようですな。
カメラ構えた爽子に、笑ってピースサインした風早くんがイケメンすぎてヤバイ。
あー美ら海水族館行きたい。
行ったら風早くん探すんだ、アタシ。

か~ら~の~
たがが外れた風早くんもひどくやばかったです(><)
お風呂上り待ってるとか・・・なんかエロいよね!
ぜったい爽子のいいにおいにつられたよね・・・!
・・・いや。 爽子がつられたのかも?heart01 どっちでもいいです。。。
あやねはいいとこもってくなぁ。
これで再びキスで悶えられそうです。(^^*

龍とちづもなんか大変なことになってきました!(←嬉しそうw)
恐るべし修旅・・・
ギクシャクしたままで終わるかも、と思ったけど、龍がすんなりぶっちゃけたので・・・良かったし、萌えたーーー!!!
何この告白、超理想!!!
幼馴染萌えのアタシにはこの二人好き過ぎる(><) 龍頑張れ!

そしてあやね。
あやねは悲しいなぁー
茂木くん、いい人かと思ったケド。
やはり男は顔で選んではいけない。勉強します。
風早に龍ときたからもう飽和状態か。
いや、ケントがいるのか?
なんかこのままあやねとの仲を進展させそうな雰囲気に見えなくもない。かにゃ~?

そんな感じの14巻でした。
今回も別マの誘惑に負けそう。(笑)
しばらく本屋には近づかないでおこう。
次巻もだいぶ先かな?4ヶ月は空くよね~
また距離が開いちゃった風爽も気になるし、龍ちづももちろん気になるし、あやねはケント?ピンは?という点も気になる。

こんな 気持ち 忘れてたよね、うん。
はじめて好きな人と付き合って、キスするとか。
告白されちゃったり。
ちょっと辛い経験だったり。
恋ってすごいよなぁ・・・!
アタシにもこんなキレイな過去があったのだろうか・・・? いやなかった・・・orz
なんか君届を見てると、毎回猛烈に過去を悔やむ気持ちが湧き出てくる~!

2011年9月 8日 (木)

我慢できない・・・

いやっ!
なんか夢に見るとか終わってる。

久々に恋をしました。。。

続きを読む "我慢できない・・・" »

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »