2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 夏アニメの一言感想。(2011.7~) | トップページ | また変えちゃった。 »

2011年7月27日 (水)

ラブ・トレジャー~夜になればわかること~

先週までMXでやってた韓国のドラマ「ラブ・トレジャー~夜になればわかること~」を見てました。
キム・ソナだったから見た!
(サムスンを見た時(去年)、現在の彼女との体重差にびっくりしたけど、「ラブ・トレジャー」ではまだサムスンに近かったかな?)

舞台は文化財事犯取締班(なんか盗まれた文化財を取り戻す、みたいな)。そこで仕事熱心に働くホ・チョヒと古美術品の鑑定・復元専門士のキム・ボムサンのおはなし。
最初は反発してた二人がなんかいいムードになっていくのが見てて楽しかったです

ボムサンも最初は裏の人間ともつながってるような人だったのに、チョヒと関わるうちにいいヤツになっていったなぁ~
(ボムサンの「盗品かそうでないかに関わらず、僕の前ではすべてが患者です」みたいなセリフもわからないではないんだけど。)
最初は「プレイボーイ」だったのに後半は一途!ですね(^^
二人で仏像見に行ったあたりから変わったかな?
そのおかげでカン班長押しだったアタシもいつの間にやらボムサンでいいじゃない!と思うようになってました。

12話で洪吉童が弟のギュンだと言うことがわかります。
父の盗品を博物館に寄贈する謎の人物洪吉童。
チョヒは洪吉童の正体は父なのでは・・・と思っていたんだけどちがくて。
その父は遺体で見つかって・・・
となんか救いの無い感じ。
まぁお父さんはいなくても弟とボムサンががいて幸せなのかもしれないけどさ。

以降、父の死の真相が暴かれ、黒幕チャン会長の悪行も暴かれ、めでたしめでたし、と言う感じでした。
そいえば最終話でノ班長がバージンロード歩くのはファンに任せたなんて言ってたけど、どういう話し合いがなされたんだろう?
日本放映に合わせてカットされたのかな~(--;

ジュヒョンさんはただの三枚目キャラかと思いきや、最後に大活躍をしてくれてよかったな。
て言うか彼女、「1%の奇跡」のタヒョンなのか!
キャラクターが違いすぎて、言われてもわからない。。。

ちょうど今韓流ドラマはタイムリーな話題ですね(^^; 
もっと早く日記書いとけば良かったw
特別韓国ドラマが好きなわけではないけど、日本のドラマで頑張って毎週みようという気持ちになれるのが少ないのも事実だなぁ。
今はコナン見てるけどね。
もう一つ、地元が撮影現場らしいということでチェックしようかなと思ってるくらい。

« 夏アニメの一言感想。(2011.7~) | トップページ | また変えちゃった。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。