2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の17件の記事

2009年2月27日 (金)

CLANNAD AFTER STORY 汐風の戯れ

20話です。
もう20話か~もうすぐ終わるのかと思うとなんか悲しいな。

朋也と汐の生活もだいぶなじんできたようですねー。
見てて嬉しいな。
朋也もいいパパしててよい感じです(^^
家に飾った渚の写真は行ってきますするのにちょうどよい感じですね。
アタシも片手上げて微笑んでいる写真でもとっとこうかな(えー

前話でちょっと触れられた汐の先生が登場しました
あー可愛いのぅ・・・vvv
杏も25前後ってとこだよね。
若いって、いいなぁ~
朋也と杏が並んで、汐や渚の話をしているシーンはよかったな。
ボタンが黒くなっててなんかショック・・・w
でもいのししだからしょうがないねー。

朋也は渚を亡くしても、いつまでも渚を思い続けていてとても好感が持てます
亡き妻を思い出して泣いちゃうのとか、渚からしてみたら嬉しいことこの上ないよね、と思うんだけどどうだろ。
まぁそのせいで杏は頑張るに頑張れない感じなんだろうけど。
杏ならもっといい男が現れるさぁ♪

杏に続いて風ちゃんの登場シーンも長くて楽しかった
風ちゃんはパンにこんにゃくにバッグに靴に・・・とヒトデグッズ満載でしたね~
とても可愛らしい***

20話は朋也と汐も本当の親子になれたようだし、風ちゃんも登場したしで、とても温かい感じで見れていたのですが・・・
このままでは終わらないのですか。
ですよねー

秋生さんと朋也のリレー対決は是非とも見てみたかったですが、無理かな・・・はぁ~
「よぉ~し パパ 頑張るぞっ!」と握りこぶしを作った朋也は、小さい子のいるパパって感じが凄くしてよかったな。

===
CLANNADプレイ後の感想→ 
CLANNAD AFTER STORY 1話感想

2009年2月26日 (木)

大阪一人旅~

先週土曜から火曜まで、大阪に行ってきました♪
1月の終わりに行く予定だったのに出発日前日に風邪引いてやめた大阪旅行のリベンジでした
とってもとっても楽しくて幸せな旅行だった~(^^

まぁ一人旅って言っても大阪に住んでいる祖父母家houseへ遊びに行くというもので、向こうにつけば一人ではないのですが。

大阪には父方と母方の両方のおじいちゃんおばあちゃんが住んでて、しかも同じ市内に住んでるので行くのも楽ちんでよかった~♪
アタシの顔見て「大人の顔になったねぇ~」と言われたけど、そんだけ会ってなかったのかと思うとちょっと申し訳ない気持ちになりました・・・
新幹線使えば早いんだからもっといっぱい遊びに行っておけば良かったな。

大阪ではなんばの街に連れてってもらって洋服買ってもらったり、お土産買ってもらったり・・・と至れり尽せり状態でした(≧▽≦)
大好き~heart02

あとスーパー銭湯みたいなところに連れて行ってもらったり。
温泉からあがったあともリクライニングの椅子に座って、毛布かけて・・・とかしてたら1時間くらい眠ってた(笑)
どんだけリラックスしてんだっていうねw

そのほかにもたくさんお話してきました。
おもしろかったのは母の結婚式の写真を見せてもらったこと~!
母もだけど父が若すぎて笑えた
写真に写ってるおじいちゃんたちも若かったけど(^^

大阪では両家から凄まじいおもてなしを受け、絶対太った・・・体重計がなかったのがせめてもの救いですwww
最初の予定ではなんばを一人でうろついてたこ焼きを食べたり秋葉原ちっくな街へ繰り出そうと思ってたんだけど、結局時間が無くてそれは出来ませんでした~
まぁこれ以上お腹に入れずにすんで良かったと思おう。

2組のおじいちゃんおばあちゃんとは3年ぶりだったのですが、とても元気で何よりでした。
いつまでも元気でいて欲しいですv
両家の御仏壇にもお願いしてきたよん♪

Photo
お土産一覧:大阪行ったらいつも母が「柚餅」ってお菓子を買ってたのでアタシもお土産は柚餅が欲しい、って決めてました~ (真ん中の黄色いのね)

2009年2月25日 (水)

学校のおじかん 17

学校のおじかん17巻を買ってきました。
最終巻です
表紙も主要キャラが揃ってて最終巻っぽかった。
裏表紙のマッキーに後ろぎゅーする陸も可愛かったなぁ~vvv

ところで17巻には最終巻ということもあってか、カラーピンナップがついていました。
なんか最近(アタシの買ってる漫画では)あまり見ることのないような感じがするけど。
マーガレットコミックスではけっこうあるのかな。
ピンナップといえば、中学生の頃?友達が買ってたセーラー▲ーンにもついてたなぁ(^^
買うときに上からみてピンナップのふくらみが見えるものを選んで買ってきてるんだって言ってて感心した覚えがありますよ。
懐かしいw

17巻ではやっとやっと。
今までヤキモキしていた分マッキーと陸が仲良しで笑顔ばっかで読んでて幸せ~な気持になれました。
いやぁ最終巻って いいね。
心が温まるねー。
マキがてれっとしながら素直な言葉を言うのとかホントよいです。素敵です!
やっぱアタシはこういう男の子が好きだ~♪
こういうタイプの子は言う時はストレート過ぎるくらいに言ってくれちゃうのでいいのですw
「俺のことだけ考えろよ」とか!!!(≧△≦)heart01
永遠の憧れだぁ!

陸とマッキーがうまくいくとは思ってたけど心配だったのが譲ちゃん。
でもまとまるようにまとまってよかったよ。
楓君にはいい加減にしようねwwww とイラついた時もあったけれども、まぁ最後はかっこよかったから良し
譲ちゃんも嬉しそうで良かった~
こういう漫画にありがちな大団円は大好きです!
仁美さんは・・・小百合くんと仲良くしててくれればいいよ。

いきなり学園の学長を任されることになった陸。
最初は慣れない仕事に戸惑ったり学長でいることがしんどくなったりもしたけど。
結局学校の先生を目指すのとか陸らしくていいラストだったと思います。
陸はいい先生になりそうだな~。
マッキーまで先生志望だったのはなんだか意外でしたが。
陸に出会って一番変わったのはマッキーかもね。

マッキー主役の描き下ろし漫画もおもしろかったです。
3年になっても相変わらずの二人で、プラスマッキーはトキメキワード連発してくれるしよいわ~(^^

17巻。長いなぁと思ったときもあったけど、まぁ二人の紆余曲折も読んでて楽しかったです♪
完結した事だし久しぶりに1巻から読み返してみようかな。

ところで帯で知ったんですが、もう新連載始まってるようですねー。
仕事するなぁ!

===
8巻感想
10巻感想
11巻感想
12巻感想
13巻感想
14巻感想
16巻感想
ところどころ穴があいてますなぁ・・・(^^;

2009年2月24日 (火)

きのうは暮らし登場する(BlogPet)

きのうは暮らし登場する?

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2009年2月20日 (金)

CLANNAD AFTER STORY 家路

19話です。

今日もお出掛け予定があるので朝から見たんですが・・・
朝ごはん(うどん)を食べながら見るお話ではなかったですw
涙と鼻水がうどんと混ざって大変なことにwww
19話も油断してはならない回でございました。

旅を終えて、仲良く二人手をつないで、古河家に帰ってきた朋也と汐。
何にもなかったようにパンを焼いてる早苗さんと秋生さん。ホントにいい親だわ~
アバンからもう泣けましたねー。
朋也が渚の部屋に入ったシーンはよかったな。この前は遠目に見てただけだったし。
これはBGMのせいでもあると思います。

これからは汐と一緒に暮らすことにした朋也。
汐にとっても喜ばしいことです。
けど、それは古河夫妻と汐の暮らしが終わるということで。
早苗さんが秋生さんの胸で泣いたシーンもじーんときました。
ここもいいシーンですよね。朋也のお辞儀も含め。
いっつも笑っている早苗さんが秋生さんの前では泣くんだなぁと思ったら、夫婦っていいなぁと思いますね。

保育園でママたちが噂してるのを真正面から受け止めた朋也は、大人になったなぁと感心しちゃいました(^^
汐ちゃんの先生。
髪が長くて綺麗で優しい。
へぇー

綺麗で優しい先生に早くお目にかかりたいです♪

そして公子さん。
妹さんの話が出てきて驚きました・・・!!!
忘れ去られていた風ちゃんですがついに出てきたー!
☆久しぶりに見れた~♪
19話は古河夫婦の会話と父との和解が見所かと思ってたけどこんなところにダークホースがいました!
にしても風ちゃん25歳(くらい?)にしちゃ可愛すぎる!(≧▽≦)

お父さんとの会話も良かったですね。
朋也も父が自分の為にしてくれたことを思い出して素直になれてよかった。
親子でお風呂は・・・アリなのか? こういう家庭だと。
まぁいいか。
お父さんが朋也って呼んだのもよかったなー
あー親子っていいな~
家族って いいな~

最後光の玉が・・・朋也の中に入ってった。
そーいやタイトル画面の光の数も着々と増えていってますね。
今・・・13個?

ところで汐がお絵かきしてたのって・・・あん●んまん?

===
CLANNADプレイ後の感想→ 
CLANNAD AFTER STORY 1話感想

2009年2月18日 (水)

「AIR」の感想。

ず~っと前から見たいな~と思っていて、見ていなかったAIR(アニメ)をやっと見ることができました(^^

ゲームプレイ時から2年以上経ってることもあり忘れてるとことかけっこうありました。
まぁそのおかげで新鮮な気持ちで見る事ができました。
ゲームの印象は、ハッピーエンドが好きなアタシとしてはイマイチ、って感じだったんだけどアニメで改めて見てみるとそんなに悪くないじゃんって感じかな。
しかも12話しかないし!(特別編合わせても14話・・・)
今またゲームやったら評価も変わりそう。

内容は
さすらいの人形遣いの青年が、海辺の田舎町で偶然出会った少女達と紡ぐひと夏の物語、とのことです。(ウィキペディアより)
この短い文章に全てが詰まっております。

1話「かぜ」
1話にしてヒロイン3人登場しました☆
AIR劇場版ではモブ扱いだった二人(確か・・・)が普通にしゃべっていたのでそれだけでもよしです。
ぴこ、とかがお、とか。
ゲームプレイからかなり時を経ているので再び「なんじゃこりゃ!?」と思う日がやってきました(笑)

4話「はね」
佳乃編おしまい。
神社で何か事件が起こったような・・・とアタシの記憶が曖昧だったんですが、当事者は佳乃でした。
変な言葉しゃべりだすのとか怖い~
佳乃の前世(?)は観鈴とは何の関係もないの?

そして5話「つばさ」6話「ほし」は美凪編。
わぷも久しぶりに聞いてちょっとイラついた(笑)
お米運ぶのを手伝ってあげた人もどっかで絡んでくるんだよね~と思いつつ、最後まで思い出せず。
アタシのシナプスは死に急いでいる様子w
まぁだからこそ楽しめたわけだしいいけど。
ゲームで言う美凪ルートのエンディング、二人で町を出て・・・みたいなのは好きなエンディングだったんでアニメでも見れるのかと一瞬心躍ってしまいましたが、そんなことにはならず。ですよね。
みちるが消えちゃうのはちょっと悲しかったな。

8話「なつ」から1000年前に飛びます。
ところで柳也の声が神奈さんで、彼が「神奈」と呼んでるのがおもしろかった。
~9話と神奈の話になるんだけど、市で鶏とおいかけっこしてる神奈がかわいかったな♪
2話じゃ短いな~と思ってたら特別編があってよかった。
お手玉とか。

11話「うみ」。
観鈴が髪切ってもらって。やっと本当の母娘になれたかと思ったら・・・きました。涙の展開。観鈴の記憶がなくなっていきます。
で連れ去られそうになっちゃうし。
観鈴が「ママー」と叫んだのにはなんか違和感を感じました。
まま・・・ まぁいいけど。

最終話「そら」。
そら、ってカラスのお名前だったよね。確か。
弱り果てた観鈴は・・・
そして・・・
みたいな。
このラストはやっぱり今でもどうにかならなかったんかなぁと思うけど、麻枝さんの譲れないところのようなのでしょうがないですね。
最後カラスが空にはばたいて、少年が「彼らには過酷な日々を そして僕らには始まりを」というセリフは美しくて嫌いではないですし。

見ていて、聞いていて美しいなぁ~っていうのはなんかすごいね。
OP、EDともに美しくて震えます~
「音楽はAIR」という人の気持ちもわかる。

観鈴は1話見て、鼻と口、ちっさ!
って思った。わかってたけど久々に見たらホントちっさかった~
けどそれが何話か見てると可愛いと思うようになるわけです。
観鈴の声聞いた瞬間「少女!」って思った。笑えた(^^
川上さんがどちらもやってるってのは情報としては知ってたけど、ゲームしたのもかなり前だし耳覚えしていなかったもので。
おおぅ、ホントに少女だ~ って感じで。
観鈴は「がお」が可愛いです。
高校生でこの口癖、どうよ?とか意地悪なことを考えさせないくらいにかわゆい

Cocolog_oekaki_2009_02_18_17_47 ぶい

観鈴ちん、ごめん。ヾ(_ _ ,)

===
AIRプレイ感想→こちら
AIR劇場版感想→こちら(黒いです・・・)

2009年2月17日 (火)

成仏して・・・

この冬、一番の大事件が起こりました。

アタシの大切なマグが死んじゃった・・・!orz

ヒトメボレして買ったのは何年前だったかな。
5年くらい前かな。
お気に入りだったのに~(><)

Photo_3 Photo_4

なんか取っ手のところにヒビが見えるな~と思ってたら、ついにはヒビからお茶が漏れ出した・・・
もう終わりです。
これどうしようかな。
ペン立てにでもするか、さようならするかで迷います。

CLANNAD AFTER STORY 大地の果て(BlogPet)

みあずの「CLANNAD AFTER STORY 大地の果て」のまねしてかいてみるね

18話を思い出しましたよね。

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2009年2月13日 (金)

CLANNAD AFTER STORY 大地の果て

18話です。
やー18ってなんかあるのかね。
1期の18話も感動巨編でしたが、ASは次元が違いました!

とりあえず嗚咽もらしてまで泣いたのは最近では初めてです。

18話は朋也と汐の二人旅です。
電車のトイレの中で一人泣いてた汐。
早苗さんに泣き場所を限定されていたとのこと。
朋也が言った
「マジか。意外に厳しいな、あの人」というのは後につながるとてもいいセリフですよね。

宿で汐に「ママのこと教えて」って言われたときの朋也の顔もよかったなぁ。
そのあと汐の寝顔を見つめる朋也も切なかったです。
あーちょっと前までは渚と二人布団を並べてたのになぁ・・・って思ったらそれだけで・・・

お花畑で朋也に買ってもらったロボットをなくしちゃった汐。
ロボ探しをしている汐をちょっと置いて朋也は記憶を辿って足を進めます。
そこで出会ったのは父の母、おばあちゃんでした。
自分がまだ小さかった頃のお父さんの話を聞いて、父への思いを改めた朋也。
お父さんと同じような境遇にいる自分の情けなさも実感してやっと汐に向き合うことができました。
あーーーーーーー
よかったねぇぇぇ。・゚゚・(≧△≦)・゚゚・。
汐にとっても良かったし、朋也にとっても良かったよねぇ。
汐の声を殺さない泣き声がとっても胸にきました!
パパとの初めての旅行だから、楽しみにし、
パパが初めて選んで買ってくれたものだから、大事に思い、
泣く時は、パパの胸で泣きたい。
普通の家庭の子どもが当たり前にしているいろいろなことを今まで我慢してきた汐。
あーよかったねぇ、 ホント よかった。
二人が抱き合って泣いた瞬間にBGMが一気にボリューム上がったのとかゲームプレイ時を思い出しました。

帰りの電車の中でママとの思い出を語りながら泣いちゃう朋也もよかったなぁ。

俺にしか守れないものが ここにあった。

つづく。

EDにおばあちゃんが登場してました
ちょこちょこいじってくるなぁ・・・ふつーにスキップしちゃうとこだよ

18話はアタシがゲームをプレイした中でも一番の泣き所、好きなシーンだったので今週はとっても期待していましたが、期待通りでした。
ホント嬉しい。

アタシこれから出かける予定なのにこんなウサギ目で大丈夫なんだろうか(’’;

===
CLANNADプレイ後の感想→ 
CLANNAD AFTER STORY 1話感想

2009年2月12日 (木)

君届アニメ化~♪

Photo_2最近発売された別マ本誌で「君に届け」のアニメ化が発表されているらしいです
本屋に行って来なければ~!!

2009年秋放送、ということくらいしか発表されていないようで一番の感心事のキャストはまだ未定・・・?
情報の出し惜しみかな。
徐々にいろいろ明らかになっていくんでしょうね~
秋から、という時期はアタシには嬉しいところ。

君届については去年の真ん中頃?にドラマ化の噂もあって一体どうなってるの!?とヤキモキしてたんですが、とりあえずはドラマ化じゃなくてアニメ化でよかった~という感想ですかね。
実写で爽子や風早くんを演じれる(だろうなぁと思える)人は居ませんので!
キャストもかなり心配なところですが、どう転んでも実写化よりはダメージも少ないだろう、と思われますー。
爽やかさ100%!な風早くん役を射止めたのは誰なんでしょうか♪

2009年2月10日 (火)

CLANNAD AFTER STORY 夏時間(BlogPet)

みあずの「CLANNAD AFTER STORY 夏時間」のまねしてかいてみるね

17話感想

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2009年2月 7日 (土)

CLANNAD AFTER STORY 夏時間

17話。

岡崎汐。
渚の忘れ形見です。
汐は渚にとってもよく似ていました。
見ているだけでなんか・・・

でも朋也は色んな現実から目を背けて
タバコ、パチンコ、酒に女・・・、って女はなかったか。
なんかもぅ可哀想過ぎて見てられなかったですよ。
無精ひげとか朋也には似合わん!
でもまぁ、出産で奥さんが居なくなっちゃった場合、男手一つで、というのはかなり大変なことなんだろーね。
そんでもそれを達成してる人も居るし。
渚に出会わなければ良かった発言はやっぱり聞いていて気持ちのいいものではないです。

でもそんな堕落生活シーンは長くは続きませんでした。
物語は一気に5年の月日を経てしまいましたとさ。
早苗さんが出てくるまで画面が暗いのなんのって~
早苗さんは強引に「みんなでの旅行」に朋也を誘い、当日夫婦揃って出掛けてしまいました。
懐かしい古河家に残された朋也と汐。
朋也が2階に上がるところで流れたあのBGM、なんてタイトルだったかな。
今まで我が子ながらちゃんと顔を見たことがないって・・・ホント朋也にはビックリです。
でもその割にちゃんとしゃべってて偉かったかな。
(アタシは初めて甥っ子に会ったとき、何を話せばいいのか、どう触ったらいいのかわかんなくて逃げ回ってたよ。(笑))
チャーハンを作ってあげるシーンは好きです。
出来合いのものを買ってこなかっただけよし。

古河夫妻の帰りを一日中待っていた朋也と汐だったけど、一向に二人が帰ってくる様子はありません。
朋也は「二人で行くか・・・?」と問い掛けました。
偉い!
よく言った!
今までほったらかしにしていた自分に対する汐の答えは「うん!」との即答。
そして二人は旅に出かけます。
早苗さんの計画した道を辿って。
つづく。
汐のスキップがEDに重なったところはおおぅと思いました~

EDから渚の名前が消えたことに愕然としました。
まぁ登場もしてないから当たり前だけど。えーん

それにしてもこの時期にもう旅行出発かー。
やっとAFTERもAFTER。アタシの一番好きなところに入りました。
あと10話ほど?
そんなかかるんだっけか?
今後の展開を思い出したらそれだけでもう涙が・・・

古河家のTVがブラウン管から液晶に変わっていて時の流れを感じましたw

===
CLANNADプレイ後の感想→ 
CLANNAD AFTER STORY 1話感想

2009年2月 5日 (木)

CLANNAD AFTER STORY DVD 3巻

3巻。
昨日発売です。
発売日に手に入れたのは何ヶ月ぶりなんでしょうか。
今回は忘れることなく事前に支払ってきました

3巻収録は7、8、9話。
有紀寧の話が2話と、あとは渚が体調を崩して学校に行けなくなる~朋也卒業の回です。
有紀寧の2話は目つきの悪い人たちがいっぱい出てきたり喧嘩したりといつもの和やか~な雰囲気ではないけど、結構好きです♪

Dvd03そんな有紀寧の話の収録された3巻。
表紙もしっかり有紀寧が持っていきました。
よかったね(^^
1期ではあまり出番が無く終わっちゃったような印象の強い彼女ですが(まぁ要所要所押さえていたような気もするけど)、2期では出番が多くてよいです。
アニメ見て有紀寧のことより好きになった気がする。
この表紙の夕焼け具合、綺麗でいいですね。
手前に見えるボケたのは一体なんなんだろ。

3巻の初回限定版特典は以下の通り。
●音声特典 京都アニメーションスタッフによるオーディオコメンタリー
●映像特典 榎本温子インタビュー
●オリジナルブックレット 複製アフレコ台本(中原麻衣書き込み入り)
●ジュエルケース全8巻収納BOX
●特製ピクチャーディスク
●特製お楽しみカード

オーディオコメンタリー。
毎回聞いてるけど、そんなに一生懸命聞いてるわけでもないアタシ。
けど今回の3人のお名前は皆聞き覚えがありました。
数回目の登場なんだろーな。
色彩設計の方がエンディングの人物の色について話されてたんだけど、ボタンの色については何も触れられず。
ボタンが赤すぎると思ってるのはアタシだけなんだろーか。
でも9話で久々に見たボタンの背中側がかなり濃いことは発覚しました。
問題なしか。

榎本さんのインタビューは・・・ピンクだったことがつよく印象に残りました。
アタシが去年の秋に買った服と同じような色だった。
2人の後ろに貼られたASのポスターには圧巻です。
全部欲しい~

アフレコ台本、パラパラっと見ました。
また1話見直したくなりました(^^

ケースも可愛くてよいね♪
1期のは桜のケースだったけどASのは・・・何の花だろ。
ぺんぺん草を思い出したけどぺんぺん草は黄色じゃなかったよね。
菜の花?

ピクチャーディスクも可愛かったです♪♪
あのふりふり割烹着・・・いいよね
もしかしてスカート穿いてないんじゃ、みたいなアホなこと思ったりしてw

お楽しみカードにはピラフの作り方が載ってました。
てっきり有紀寧は味●素とかの冷凍ピラフを常備してるんだと思ってたんでなんか意外だったです・・・

そんな感じの3巻。
4巻の表紙がアニメ公式サイトではもう上がってましたが、ちょっと意外なお二人でした*

===
クラナドゲームプレイ時の感想
CLANNAD AFTER STORY 1話感想
CLANNAD AFTER STORY DVD 1巻感想

keyが10周年だって話

そーなんですって。
10年前・・・アタシは何してたんだろうか。
とりあえずはギャルゲーの存在も知らなかったような気がする。

そんなアタシが今ではゲーム屋に入れば恋愛シュミレーションの棚しか見なくなったきっかけでもある「key」さんが10周年を迎えたそうです。
おめでたいですね~(^^
で、10周年を記念してイベントを開催するという話。

品川か~行きたいな~
ライブが一番行きたかったんだけどいろいろ考えてるうちにもうチケット完売したようですね。
そして早いことに既にオークションに出回っているとか。
まぁ展示だけでも見に行きたいな♪

ちなみにこの日記は参加表明というわけでもなく、単にバナーが可愛かったので持って帰ってきたかっただけです・・・

 ※どれ押しても行きつく先はkeyトップページです

リトバスは無印、EXともに未プレイです。
つか、PS2ソフト発売待ちです。
いつになることやら~

50TA

50周年TvAsahi・・・ではなく。

えっと・・・
もうおとといの話になっちゃうかな。
最近やってるテレビ朝日の50時間テレビの枠の一つで「ロンドンハーツ」の特番がやってたんです。
同じ時間に「本当にあった怖い話」もやっててCMで見るアッキーナのヒドイ顔に惹かれつつも怖い系ダメなアタシとしてはじゃ~ロンハーでも見るかぁ・・・と軽い気持ちで見始めたんですが、これがまた超おもしろかったのです♪

内容はお笑い芸人・狩野英孝に本格的にCDデビューの話がきた というドッキリ企画だったんだけど。
も~一言で言うなら「狩野さんがいいひと過ぎて笑える!」って感じでした。
50TA(GO!TopArtist)・・・
素直ないいこ過ぎて全然CDデビューの話も疑いなく受け入れ、かの大友康平さんに才能あるよ!世界行くべきだよ!と言われればハイ、狙ってます!と答え・・・
自分の音楽の才能を過小評価しない男・狩野!
あの自信はどこから来るんだろ(笑)
デビューイベント(嘘)ではこれからは音楽一本で行きます、とお笑い引退まで飛び出しちゃって~
そのあとの落とし穴&白粉はもぅ可哀想で見ていられなかったよwww←
彼については今までふ~んって感じにしか見ていなかったんだけど一気に好感度が上がりました
あそこまでの揺ぎ無い自信はあたしも見習いたいなぁとちょっと感心さえしてしまいました。
まぁ、人様に不快感を与えない程度にね。(^^;

彼の作詞・作曲の歌は、素敵な曲だな、音楽の才能あるんじゃないの♪って思うにはどれもどこかピントがずれているんだけど、それでもいまだに耳から離れません。
愛しさと切なさと、ってはじめに歌ってるの聞いたときは篠原涼子じゃねーかwって思ったのにもう今ではこのフレーズは狩野のものになったような気がする。(笑)

てゆーかロンハーも始まった当初はよく見てたけど、えげつないなぁ~って思う企画も多くて最近はあんまり見ていなかったんだけど、そんな状態でおとといはよく見る気になったな、って自分で自分を褒めたいです(^^*
この番組に限らずドッキリって可哀想だけどおもしろいんだよね。

そのあと11時過ぎからやっていた番組も見ました。
昔プラチナロンドンブーツって番組?でやってたガサ入れとnot100が復活してやってました♪
あの頃は高校生で毎週楽しくガサ入れ見てたなぁ~
淳も赤髪で、アタシは淳が好きだったなぁ~
担任の先生にガサ入れ見てるって話したら「意外~!」って言われたなぁ~とか懐かしく思い出しました。
昔の映像も少し流れたんだけど淳も亮くんも若くって笑えた!

note
総合演出さんが語った狩野さんについてのお話→こちら(オリコンサイト)

2009年2月 3日 (火)

感じ(BlogPet)

きょうおれんじがかいんの感じを批判しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2009年2月 2日 (月)

恋したがりのブルー 4

2月に入りました。
2/2。ゾロ目日です♪

恋したがりのブルー4巻を昨日やっと買ってきました。
26日発売だから一週間ほど遅れたな。
なんか最近発売日に本屋へ出向くのがめんどくさくなってきました。(!)
週末に本屋連れてってもらえばいいや~って。
よくない傾向だなー(--;

4巻の総扉、クリスマスver.の絵がとっても可愛くて素敵でした♪
藤原さんの描く3頭身の子達はなんかコロコロしててかわいい
オマケの3コマ、4コマも可愛くて好きです♪

そんな可愛い総扉とは大違いで4巻内容はとっても・・・重かったですね\(;゚∇゚)/

陸の気持ちとくーちゃんの気持ちを察して、陸とのニセ恋人関係を解消した蒼。
だけど陸への思いは断ち切れず。
そんな蒼に、それでもいいからって海くんは優しい。
陸は陸で蒼への想いを引きずっているし、くーちゃんはそんな陸の気持ちに気がついてしまうという・・・
なんだこれ、よく絡まった4角関係ですよ!

これがどろどろし始めて、くーちゃんふざけんなよ、って思ったのも束の間、
くーちゃんは蒼に
「陸の心の中に蒼がいることが許せなかった 
・・・わたしは陸が一番大事 友達より男をとる 嫌な女よ」
なんて意地悪しちゃってたこともばらすし、んーイマイチ憎めないんだよなぁ・・・
海くんも、陸と蒼の仲をこれ以上ややこしくしないで~とか思いつつ、なんかホントに蒼のことを考えてくれてることがわかるんで邪険に思えず。
「初めて会ったとき蒼ちゃんのことバカだと思ってたんだ」って海君がいったのにはビックリしました。
バカ正直に言っちゃう海くんはキライじゃないかも。

熱で訳わかんなくなった陸が、くーちゃんにキスしながら「行かないでよ 蒼・・・」ってつぶやいた時はひょぇ~sweat01sweat01sweat01 と思いましたよ。
くーちゃんの奇行(?)もしょうがない・・・かな。

でもやっぱり最終的には陸と蒼ですよね。
この脇キャラ2人をどう納得させるのか・・・楽しみに次巻を待ちたいと思います

どうでもいいけど帯に書いてあった恋ブルFLASH待ち受けが可愛いっぽい
欲しい
けどFLASH待ち受けってどーやって使うんだろ?
(言葉通り待ち受けが動くんかな・・・ ←この辺歳を感じずにはいられないw)

===
恋したがりのブルー 1巻感想
恋したがりのブルー 2巻感想
恋したがりのブルー 3巻感想

「恋なんかはじまらない」感想

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »