2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 「かのこん」の感想。 | トップページ | 「純情ロマンチカ」の感想。 »

2008年6月27日 (金)

「図書館戦争」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「図書館戦争」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

図書館戦争
『図書館戦争』シリーズは、公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行された架空の現代日本を舞台に、不当な検閲から「本」を守ろうとする図書隊員たちの戦いと日常を描いたエンターテインメント小説。(公式サイトより)
原作は小説なんですよね。
しかもハードカバー×4+α
そんなわけでまだ原作に手を出せずにいるんですが、ちょっと誰かに背中を押されればすぐにでも衝動買いしてしまいそうなほどハマリ、原作回帰したい作品です。

今期見ていたアニメの中では一番好きだったかもしれません。
(だった!と言い切れないアタシを、許して・・・ だって、だって・・・orz)
戦争とか武器の出てくるアニメにはあまり興味のないアタシなんですが、爽快な青をバックにする郁と舞うカモミール(カミツレだっけ)の絵と「図書館」という単語に惹かれて見て、ホントに良かった(^^*)と思ってます
いやぁ何と言っても堂上が素敵過ぎた・・・!!!
彼の裸を見れただけでもこのアニメを見た価値はあるのではなかろうかとか本気で思っていたり、いなかったり。
あ、いやストーリーもキャラもOP/EDも全てひっくるめて良いアニメでしたよ、ホントに。

1話「我ガ王子様ハ図書隊ニアリ」で当時高校生の郁が良化隊の検閲にはちあい、本を奪われそうになったところにかっこよく登場した王子・図書隊員。
彼のかっこよさに憧れ、彼を追って図書隊へ入隊した郁。
この1話を見てこんな世界が来たら嫌だな~と本気で考えました。
最近ポルノ規制法案とか出てき始めてるからフィクションフィクション~♪と安易に考えられなくて・・・。
まぁ武器装備をして日本人同士で打ち合う日は来なくても・・・似た様な状況になる日はそんなに遠くない未来にくるかもしれないよね。
嫌だな。

5話「両親攪乱作戦」
子どもの職業に反対する親はまぁどこにでもいそうだよね。
心配しているからこその反対。
郁も反発しつつも父という大きな味方をつけてなんとか乗り切ったね。
ここで堂上の入浴シーンがあったのですよね。
ホント鼻血出るかと思った・・・www
でも4話ラストで危険な部署にいるよ、って言わなきゃ、言おう、としていた郁だったはずなのに結局言えずじまいで。
ちょっと良くないのでは?と思った。

8話「策動セシハ手塚慧」
8話は・・・手塚の兄ちゃんしゃべり方含め嫌なヤツだな~とか
郁はホントいい子だよねとか いろいろありつつ・・・
まぁいろんなことが吹っ飛びました!
最後堂上教官が全て持って行きました!
緑色で登場するのとかホント最高すぎる・・・***
堂上はよく頭に手やるよね。 やられたい・・・vvv
郁がヒール履いてたのとかも笑った~

9話「承認試験、来タル」
全話で郁の王子様=堂上だということを知らされた郁。
まぁほとんどの人が1話見たときにそう思っていただろうけどね。(OPネタバレ?)
郁のこの反応も予想していたけどね。
やっぱ郁かわいいvvv
そして変装(つか不審者、笑)して女子寮に忍び込む堂上もかわいいvvv
何でこんなにかわいすぎるんだろう。

12話・最終話「図書館ハ誰ガタメニ」
このアニメは一気に転結がきましたね。
他に見ているアニメは残り4・5話くらいから徐々に盛り上げていってたのでイキナリこんな展開にっ!?って思いました。
もちろんだからよくないとか、そういうことではないです。
11話ラストで良化隊と図書隊の激戦~・・・のくだりで堂上がたいへんなことになってしまいました。
外傷はないものの爆発時のショックで一時的な失認、遂行機能障害になってしまいました。
こっちの言ってる事も理解できず、自分からも何の行動も起こさない・・・
あの覇気のない堂上教官の表情・・・あ~ホント切なかったです~
まぁ最終話らしく堂上は、泣いてる郁に触発(?)され、意識を取り戻すんですけどね。
良かったね。
よく郁の頭に手を置いてた堂上だけどそれが最終話でこう生きるとは・・・流石です
良化隊擁護な雰囲気の中、自分が正しいと思う道を進むんだ、って郁の力強さはかっこよかった。
どっちが正義とかそういう問題じゃなくて、自分が信じる未来に向かって迷いなく進んで行けるって素敵なことですよね。
もしそう遠くない未来に、図書が検閲を受けるような事態になった時は、アタシも本を守る側に立ちたいなぁと思います。
・・・思うけど。 そんな未来来ないで、マジで。

堂上教官・・・。
なんかちょっと久々に腰にキます、この方・・・
めっちゃどストライクかも
堂上教官になら怒鳴られてもいい・・・
めっちゃ叱ってもらったあとにそっと頭に手を置いてほしい・・・
速攻恋に落ちる自信がある。
堂上はもぅ全話に渡って郁のことを気にかけてますよね~。
妬く暇もないくらいホント素敵です。
まぁあんな風に慕われたらかわいくないわけがないよね。
素でなんの下心もなく「今度カミツレのお茶が飲めるところに連れて行ってくれ」とか言えちゃうのとかホント好きだー!

郁はホント泣き虫で。
あんなに強いくせに。
でもそれが可愛いんだよなぁ。

他にも柴崎は彼女みたいなルームメイトがほしいなぁと思うし、
手塚も最初は何だこいつとか思ったけどいいやつだし、
小牧教官とかその声だけで素敵キャラ確実だし、
良い職場ですよねー。

OPもEDも気に入りました***
特にOPアニメーションが可愛くていいな~

« 「かのこん」の感想。 | トップページ | 「純情ロマンチカ」の感想。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈アニメ〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「かのこん」の感想。 | トップページ | 「純情ロマンチカ」の感想。 »