2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 質問ある人はどうぞ~。(BlogPet) | トップページ | 好きなキャラクター »

2008年4月23日 (水)

こどものおもちゃ

Kodotya 「こどものおもちゃ」小花美穂、集英社(1995)/全10巻(+1冊「水の館」
内容:倉田紗南は人気TV番組に出演中の元気な小6の女の子。母・実紗子やマネージャー・玲くんに囲まれて、幸せいっぱい。そんな紗南の通うクラスは羽山秋人の仕切りでメチャクチャに荒れてて…。紗南はついに!?  (コピペです)

←6巻表紙です。
2巻の紗南が一番可愛いような気がしたけど仕事中のような表情だったので。
他にも1、8、9、10巻表紙は好き~♪

こどちゃは、イジメとか学級崩壊とか、家庭の問題、心の病気・・・
と普通の少女漫画にはないテイストがこれでもかってくらい詰まってる漫画。
それらいろんな問題を乗り越えていく紗南と羽山の物語です。
二人の成長物語?かな?

1巻発売が1995ですって。
もう10年以上前なのですね~。
まぁ、当時の自分を振り返ってみれば中高生だったので当然ですが。
こどちゃは自分の中で一番好きな少女漫画です。
この十数年これを上回る少女漫画にであえてないって凄いよね。
でも大抵自分の人生を振り返った時に思う好きなモノって小さい頃にであったモノなんだって。
いろいろ吸収する時代だからかな?
とにかく思春期にこどちゃにであえて良かったな~。
こどちゃはホントにアタシに大きなものを残してくれました。
サナときくと「紗南」にしか変換されないし、3/7(紗南の誕生日)には必ず思い出します。

こどちゃとの出会い。
それは友達が教えてくれたんですよ。
りぼんでとんでもない漫画がはじまった、って。(笑)
羽山がまみちゃんを池に突き落として棒で頭をツンツンしているシーンとかホント衝撃的だった・・・。(集団リンチ的な)
自分の学校生活でもいじめっ子がいてホント嫌~~~って思ってたけど羽山に感じた衝撃はそれ以上だったかも。
でも、それを読んでいくうちに・・・
当然の流れで羽山にはまってしまったんですけどね
イジメはよくない、けど。
そんな羽山に勇敢におちゃらけに立ち向かっていく紗南にもはまりました

こどちゃには名シーンがたくさんあります。
紗南のママごっこ、レモン味のキス事件、「嫌いじゃないから」、泣きたくなったらオレんとこに来い発言、チャリで連れ出し、本物の母と育ての母編、真ん中バースディ、「ほんまの彼氏にならへん?」、「う、うち別れたらへんで!」、やさぐれ羽山を抱きしめる紗南、羽山危篤状態での母との会話、人形病、羽山泣きわめき・・・
(↑)この4行書く間に漫画読みふけりました・・・
他にももろもろ。
玲君エピソードも好きだし、剛&亜矢ちゃんも好きだし、ママの頭とマロちゃんも好きだし、直澄君も忘れてはならないし、羽山家もよいし、水の館ロケも良かったよなぁ・・・
とにかく全体通してほんとに好きです
でも一番好きなのは
羽山が言う「俺は自殺は死んでもしない。」というセリフ。
荒れてて、自分を殺してくれよとまで言ってた羽山がこんなことを言えるまでに成長したのですよ。
この言葉は深いです。
母親が自分を命がけで生んでくれたこと、生きてるって素晴らしいぜ!げへへって笑いたくなっちゃう気持ち。
そういうのを改めて考えさせられます。
アタシも人間なので「死にたいなぁ~」って思ったことが今まで数度ありますが、これを読んで以来真剣に「死にたい」って思うことはなくなったような気がする。

この重いテーマだらけのこどちゃがそんなにくら~~~くなっていないのは紗南のおかげだと思う。
ホントに紗南はいい子!
ちょっと、いやかなり鈍感だけど。(笑)
落ち込んだ気分の時でも紗南の笑った顔でも見れば気が晴れてまたやる気になるのに~って羽山が言ってたけどホントその通りだよね。
こんな子友達に欲しいなぁ~

羽山は・・・。彼氏に欲しいです。
ちょっと不器用だけど・・・みたいな子はアタシのど真ん中
好きでもないやつに優しくするのが優しさだとは思わない
って言ったのはかっこよかったよね~
羽山はその言葉の通り、かなり行動にはしていたと思う(言葉にはしなかったけど)。
それでも気付かない紗南に困ってたけど・・・そんな羽山も好きだ
でも、紗南のようにすさんだ羽山にぶつかっていく気概のないアタシには無理かも。
ひょう羽山が大好きだったな~

直澄くん。
彼は一番かわいそうだったかも?
一番優しかったのにね。
「僕のこと好きだっていう紗南ちゃんは嫌いだ!」は笑った! そして感動した**
彼はオトコですよね

風花はホント可哀想な役でしたよね(^^;
いい子なのに羽山を取り合ったおかげでかなりの嫌な子キャラに・・・
別れたらへんで!って言ったときはホントどうしてやろうかと思った事だよ・・・

最近こどちゃアニメ全102話を見終わりました。
2週間ほどで見たかも。
アニメもアタシが中学生のときリアルタイムで見ていたのでとっても懐かしかった
学校終わって速攻で家に帰ってもアニメ開始時間に間に合わなかったので(終了時間にも間に合わなかったけど)、放送曜日は友達の家に上がりこんでアニメ見させてもらって終わったら「お邪魔しました~♪」という生活を送ってました。
ホントお世話になったなぁ。

アニメは「ばびっと」っていうツッコミコウモリのせいもあってかなりテンションがおかしいですよね。
まぁあれもありだけどね。
アニメでは小花さん、ママの頭、マロちゃん、ぜんじろうさん(原作でいうよんまさん)、人の重さ人形、安藤すみれ、まみちゃん、羽山父・・・の活躍シーンが大幅に増えてた。(笑)
あと、オリジナルストーリーもけっこうあったな、っていう印象。
まみちゃんのうさぎの話とか男女戦争勃発の話はおもしろかったな。
あと、紗南のパパの話や、NY編もけっこう好きかも。
直澄くんは更にかわいそうなことになってますが(^^;
ラスト近くも小森話はなくて完全オリジナル話でした。(まだ原作が終了していなかったようです)
紗南がセリフを言えなかったことで仕事をなくしていく、というエピソードも好きだな。
ラストもよかったよ。
やっぱ羽山には「サナ」って読んで欲しい
声も、昔聞いてたせいもあって全然抵抗なかったです。
でも。
102話見終わった後で1話を見てみたら羽山の声がおかしい・・・!
途中で声優さんが声変わりしてるんですよね。
一体何話で変わったんだ~?
男の子の声変わりってスゴイね。

こどちゃ10巻に最終巻ということでいろんな人にお祝いコメントを貰ってるんですが、その中にアニメ監督や紗南役の方のメッセージもあって楽しく読ませてもらいました
あと、未来のだんなさんのメッセージもあった(今回始めて気付いた)

今回10巻読み返して気付いたのですが・・・。
本が汚い!!!(><)
なんかチョコ?見たいな色が所々に染み付いてるんですが・・・(--;
アタシよ・・・orz
本気で完全版入手しようか迷っております。
完全版には水の館に入ってない紗南と羽山のその後も収録されているらしい・・・?
確認しないと!

« 質問ある人はどうぞ~。(BlogPet) | トップページ | 好きなキャラクター »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈アニメ〉」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈少女漫画〉」カテゴリの記事

コメント

倉田紗南は本当に面白いキャラですよね。sun

アニメ版も大好きです。yacht

台湾人さん

こんにちわ(^^
紗南はおもしろいしほんとにいい子ですよね~☆
アニメもおもしろかったですね。

本当は続編をちびまるこちゃんのように続々と製作して欲しいというのが私の密かな願いです。heart

松井風花ちゃんや羽山秋人君も面白いし。lovely

こういうのって、家族揃って一緒に楽しめるアニメで素晴らしいと思います。baseball

台湾人さん

お返事遅れました、ごめんなさい。
続編ですか☆
それは楽しいかもですねー。
漫画の方は読まれましたか?
漫画ではもう少し大人になったみんなが見られますよ。

この記事へのコメントは終了しました。

« 質問ある人はどうぞ~。(BlogPet) | トップページ | 好きなキャラクター »