2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の18件の記事

2008年4月30日 (水)

図書館に行きますか?

BlogPet 今日のテーマ 図書館に行きますか?
「今日は図書館記念日です。あなたは図書館を利用していますか?利用している方は図書館の良いところを教えて下さい。」

今日は図書館の日なんだ~。
図書館は好きです♪
でも最近あまり利用することがなくなったかなぁ。
自転車で20分くらい行けばあるんだけど、やっぱちょっと遠くてね。

そんな感じで最近は漫画とゲーム以外の活字離れですよ。

でも昔。
小中高生だった頃は図書館利用者でしたよ!
毎日何かしら借りて読んでた気がする~。
折原みととか、小林美雪、宗田理に赤川次郎、内田康夫。

放課後シリーズとか星座シリーズ(日向さんか?)、ちょーシリーズ。
とか軽いのから
ハードカバーの本も読んだなぁ~。
長野まゆみとか?あと・・・だれだろ。
アタシが高校生までのベストセラー小説はけっこう図書館が仕入れてくれていたので(感謝★)いろいろ読ませてもらいましたよ~(^^


図書館の良いところはもちろん!
ただで本が読めること!
こんな回答でいいのかな・・・?(^^;

ただだから友達にあれおもしろいよとかおもしろかったよとか、そういう情報交換が気軽にできるのもいいですよね。

なんか・・・久しぶりに図書館に行きたくなってきたぞ。(^^



さてと。
BlogPetのテーマに助けられて帰省前日記を書き上げることができましたv
ありがと。おれんじ。

2008年4月29日 (火)

サルヤマっ! 8

買ってきました。
「サルヤマっ!」最終巻です。

作者・彬さんが「さすがにこんだけ付き合ってたらキャラにも愛着がわく」ということをあとがきで書いてましたが、
さすがに8巻も読んでると、アタシもキャラへの思い入れがハンパないです。
もう見れないのか~と思ったら淋しいけど。
彬さんの次回作に期待しようと思います♪

・・・夢じゃない!
ついに
なお話。
まちゃる良かったね。(^^
どんな時でもまちゃるはまちゃるでよかった。

ハッピーのその先に!?
「あーあくそ 地味にくるぞこれ」って言ったあっちゃんがよかったなー。
そして学園祭です。
なんかこの漫画は学校行事がホントにわいわい楽しそうでいいなーって思う。
その分人多くて大変そうだけど、でもきっと彬さんは学校行事を友達と楽しく過ごしてきたからこういうのかけるんだろうなぁ~ってなんとなく思う。
婚約者の登場もあります。
対して波風は起きないだろうと思いつつ・・・残り数話。

かけおちは学祭準備も忘れない!
扉のまちゃるがかっこよかった
あっちゃんがかっこいいのは毎度のこととして。
うちにくればいーじゃん。って言われて春奈が素直に従ったのが意外だった。
意外というか、そんな心境の変化が嬉しくもあり。
この話では模試の結果が思わしくなかったまちゃるに春奈が謝りに行くところで
まちゃるが言った
「おれ 成績が悪いの相沢のせいにするほど情けなくねーよ」
が良かったなー。
高3の夏は恋人にはこういったイザコザがあるのね・・・と発見。(笑)

北校祭ファイナル!
これは春奈の父への告白がメインですよね。
春奈はこれまでもずっとお父さんを心配してきたよね。
反発するのもすきだからこそ。
父へこんなストレートな好意を示したことのないアタシには眩しい回だった・・・。
もちろん春奈のストレートな好意はまちゃるの笑顔にも向いてます。

サルヤマっ!
ゴトーダさんにずばっと言い切ったあっちゃんが光ってました**
ていうか、あのポーズ何。(笑)
まちゃるの公開プロポーズと婚姻届も微笑ましくていいなぁ~
あぁ高校生いいなぁ~と思いました。

オマケ漫画もおもしろかったよ。(こんな感想でいいのだろうか・・・?)
こぶ平は好きなキャラだったけどエミと並んでる姿は想像できない~。
でも、なんでだか応援してやりたくなってしまう。
そーだね、5kg痩せたらあるいは・・・?

うん、楽しい漫画だった
この楽しさは自分が学生時代にわいわい学生生活を満喫していなかったことを後悔してしまうほど。
騒々しい猿山みたいな学校でたいせつなキミに会えたこと。
そのたったいっこの幸運を春奈もまちゃるも一生ものにするんだろうなぁ。
イイネ

ところで、これ420円したんですよ。
小学館値上げに踏み切ったの?
ヤバイよ。
ブログ名が・・・(そこかよ・笑)

===
サルヤマっ!感想
サルヤマっ!5巻感想
サルヤマっ!6巻感想
サルヤマっ!7巻感想

高校デビュー 11

先日発売。

もう11巻になったのですね。
それにしてもいつまでも初々しい二人だな・・・!

11巻は城宝姉にひっかきまわされた巻でしたね~!
ホントあんたちょっと何してくれるん・・・!!!
っていう怒りの連続。
まぁ恋をすると嫉妬という感情はつきものですけど・・・
明らかにやりすぎだろ?
まぁそんな城宝姉を「フォローしてけよ!」で済ませた二人は素敵ですよね。

11巻はヨウがかっこよすぎた!
ちょっとクラクラ来るんですけど~!
城宝姉に晴菜とのなれそめを話してるときとか、海で抱きしめるとことか、男になって――ってとことかvvv
ヨウが晴菜のことをちゃんとすごく好きだって分かって心があったかいです。

晴菜が食に走ったというのも笑えたな~。
それを見たヨウの「え・・・丸・・・」もおかしかった。(^^
なんかほのぼの~とした二人だな。

城宝編のあとはお泊り編。
「なんかあったら・・・どうするの?」「なんかあったら電話するよ!!」は・・・
晴菜のキャラの勝利だと思う。
彼氏とのお泊りデートの真実を知った晴菜の行動も笑えたな~
何事もないに一票
笑いがあるにも一票

===
「高校デビュー」感想
「高校デビュー」9巻感想
 あれ、10巻のはないのか・・・

設定(BlogPet)

おれんじは設定するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2008年4月27日 (日)

とある飛空士への追憶

感動、という感情をなんだか久しぶりに体感しました。

いい物語に出会った。

51hv322cmol_sl500_aa240_ 「とある飛空士への追憶」という小説を読みました。

作者・犬村小六さんはおろか、ガガガ文庫ってなんだ?
という知識しかなかったわけなんですが、
アタシのよく行くサイトで取り上げられており、その他の方のこの本に対するレビューも読んでみたところ
全ての人が絶賛。
その中でも一番ぐっときた賞賛文句は
ガガガ文庫はこの作品を世に出しただけで創刊した意義が十二分にあります。
というもの。

こ、これは読んでみなくては・・・!
と思って買ったんだけど。
レビューってスゴイですよね。
アタシも例にもれず感動してしまい、これから数年は「好きな物語」の欄はこれが不動かな、と思います。
「物語」という枠に縛られなくてもこれ出てくるかも。

「貴様にひとつ、重大な任務を託したい」
「時期皇妃を水上偵察機の後席に乗せ、中央海を単機敵中翔破せよ」
そんな大役をになった飛空士と時期皇妃が空で、海で織り成す5日間のお話。

敵機からの攻撃をかわす様。
機体を休める間の海での夜、島での束の間の休息、その間の2人のやり取り。
どこをとっても美しい物語の1ページだったなぁ。
読後凄く印象に残っているのはブルー。
空と海の 青。
空の上では身分も何も関係ない そんな2人の物語でした。

最後がグッドエンドなのもよかったですね。
話が表紙の絵のあたりに差し掛かったとき、
感動で、ただただ感動で 
胸が痛く、涙が溢れ続けてました。(鼻水も流れ続けてました)
しかもそれが心地いいと感じる体験はホント久々で気持ちいいです。
アタシは感動しぃなのでちょこちょこいろんなものに感動してますが、
ここまで全身が震えるような感じ、
アタシ、感動している!!!
と思える感じは人生思い返してもそうそうないかも?
そんな少し大げさなことを考えてしまうほど素敵な話でした。

いい物語に出会えた。
こんなに感動で泣いたのは2年ぶりだろうか。。

読後感じるほろ苦さとそれを上回る爽快感は秀逸で、この本に出会えて良かったなぁと心から思えるライトノベルになると思う。
万人に全力でオススメしたい一冊。(^^

2008年4月24日 (木)

視聴アニメの一言感想。

4月からまた新しいアニメがいっぱい始まりました。
3月までみていた13本が全て終了したのでまた1から視聴アニメを選別することに。

そんなわけで(?)そろそろ2・3話見て視聴アニメも固まってきたところで、ちょっとした感想など。
高感度は ◎>○>△ って感じで

ヴァンパイア騎士 ◎
堀江さんの声、久々に聞いたわ~という第一印象?
漫画は読んだことなかったのですが、樋野さんの絵は好みです。
なんつーか、何でヴァンプは美形が多いんだろうね?とか思いつつ・・・目の保養に見てます。
口元が真っ赤な美形さんを、見てたらドキドキするw

あまつき ○
見る予定はなかったんだけど、バイト友達が言った「おもしろかったよ」の一言で視聴アニメに追加しました。
見てみたら普通におもしろかったですね。
時代モノって苦手なんだけど、やっぱ主人公が現代人だから抵抗がないのかな?
時代物は苦手だけど、江戸体験シュミレーション施設には行ってみたいと思いました。
日光江戸村より楽しそうだw

フタコイ オルタナティブ ○
これ、(再)なんだよね?
それにしちゃいろんな局で再放送やってますね?
どうしてかな?
新シリーズ放送予定なのか?
ただのフタコイよりも好きかも。登場人物偏ってるけど。

我が家のお稲荷さま。 ◎
くーちゃんが可愛い。
猫耳も可愛い
主人公兄弟も可愛い
ついでに男に猫耳もありかw
といろいろ可愛いものが詰まってます。

ToLOVEる ○
漫画は読んだことないけど、少年誌に1つはあるアッチ系の作品、ですよね?
1クールに1つはあるアッチ系のアニメです。(笑)
ララが可愛いわ~。
リトも可愛いわ~。

図書館戦争 ◎
けっこう好きかも。
でもそんな未来は来て欲しくない。絶対。
井上さんが女の子役やってるのはじめて聞いたかも?

イタズラなKiss ◎
漫画は知ってます。
今ごろアニメ化~?と思いました。
絵もあんまり好みじゃないんだよね・・・と見ないアニメリストに入っていたはずなのにいつの間にか見ちゃってます。
まぁこういう主人公の登場するアニメは見てておもしろい。
アニメではどこまでやるんだろー。

D.C.Ⅱ.S.S. △
1を見ていたので2も見てます。
1は小恋を好きになれなかったせいであまり・・・という感想だったけどS.S.ではいろんな女の子が恋の争奪戦参戦してきそうなので楽しみですね。
やはりあの姉妹が本命なのかな?

二十面相の娘 △
うん、まぁ、って感じ。
まだよく分からない感じ。

S.A. ◎
白泉社頑張れ~って感じで見てます。
(ヴァンパイア~もそうだし、勢いがあるよね!)
漫画も知ってます。
慧の声がちょっとイメージと違ったかも?
でもかっこいいからいいか。3話あたりから慧のキャラが可愛くなってきました
足が長いなぁ~!って思う。(笑)

10作か。
この前より減ったので幾分楽になってるかも。(^^
1話見て削ったの5作ほどあります。
◎が多くなったけど、3月までのクールの方が充実していた感が否めません。
終了を迎える頃にすっごく化けてるアニメあるかな~♪

2008年4月23日 (水)

好きなキャラクター

BlogPet 今日のテーマ 好きなキャラクター
「アニメ大国ニッポン。さまざまなアニメのキャラクターがいますが、あなたが好きなキャラクターを教えて下さい。」

アニメ大国ニッポン、っていいね♪
日本はもっとアニメとか漫画とかを大切にした方がいいと思うんだぜ

最近一番アツイキャラといえば「羽山秋人」ですよ!
ステゴザウルスなめんなよ!ですよwww
まぁ一番最近はまったアニメだからね。

他にも朋也とか好きだけど・・・

どっちも原作が好きだからアニメでも好きなんだよね。

原作を全く知らない状況で好きになったキャラクターといえば・・・
ピカチュウは好き!可愛くて
エスパー魔美に出てくる高畑さんも好きだし~
最近だと狼と香辛料のホロも可愛くて好き~。(^^

こどものおもちゃ

Kodotya 「こどものおもちゃ」小花美穂、集英社(1995)/全10巻(+1冊「水の館」
内容:倉田紗南は人気TV番組に出演中の元気な小6の女の子。母・実紗子やマネージャー・玲くんに囲まれて、幸せいっぱい。そんな紗南の通うクラスは羽山秋人の仕切りでメチャクチャに荒れてて…。紗南はついに!?  (コピペです)

←6巻表紙です。
2巻の紗南が一番可愛いような気がしたけど仕事中のような表情だったので。
他にも1、8、9、10巻表紙は好き~♪

こどちゃは、イジメとか学級崩壊とか、家庭の問題、心の病気・・・
と普通の少女漫画にはないテイストがこれでもかってくらい詰まってる漫画。
それらいろんな問題を乗り越えていく紗南と羽山の物語です。
二人の成長物語?かな?

1巻発売が1995ですって。
もう10年以上前なのですね~。
まぁ、当時の自分を振り返ってみれば中高生だったので当然ですが。
こどちゃは自分の中で一番好きな少女漫画です。
この十数年これを上回る少女漫画にであえてないって凄いよね。
でも大抵自分の人生を振り返った時に思う好きなモノって小さい頃にであったモノなんだって。
いろいろ吸収する時代だからかな?
とにかく思春期にこどちゃにであえて良かったな~。
こどちゃはホントにアタシに大きなものを残してくれました。
サナときくと「紗南」にしか変換されないし、3/7(紗南の誕生日)には必ず思い出します。

こどちゃとの出会い。
それは友達が教えてくれたんですよ。
りぼんでとんでもない漫画がはじまった、って。(笑)
羽山がまみちゃんを池に突き落として棒で頭をツンツンしているシーンとかホント衝撃的だった・・・。(集団リンチ的な)
自分の学校生活でもいじめっ子がいてホント嫌~~~って思ってたけど羽山に感じた衝撃はそれ以上だったかも。
でも、それを読んでいくうちに・・・
当然の流れで羽山にはまってしまったんですけどね
イジメはよくない、けど。
そんな羽山に勇敢におちゃらけに立ち向かっていく紗南にもはまりました

こどちゃには名シーンがたくさんあります。
紗南のママごっこ、レモン味のキス事件、「嫌いじゃないから」、泣きたくなったらオレんとこに来い発言、チャリで連れ出し、本物の母と育ての母編、真ん中バースディ、「ほんまの彼氏にならへん?」、「う、うち別れたらへんで!」、やさぐれ羽山を抱きしめる紗南、羽山危篤状態での母との会話、人形病、羽山泣きわめき・・・
(↑)この4行書く間に漫画読みふけりました・・・
他にももろもろ。
玲君エピソードも好きだし、剛&亜矢ちゃんも好きだし、ママの頭とマロちゃんも好きだし、直澄君も忘れてはならないし、羽山家もよいし、水の館ロケも良かったよなぁ・・・
とにかく全体通してほんとに好きです
でも一番好きなのは
羽山が言う「俺は自殺は死んでもしない。」というセリフ。
荒れてて、自分を殺してくれよとまで言ってた羽山がこんなことを言えるまでに成長したのですよ。
この言葉は深いです。
母親が自分を命がけで生んでくれたこと、生きてるって素晴らしいぜ!げへへって笑いたくなっちゃう気持ち。
そういうのを改めて考えさせられます。
アタシも人間なので「死にたいなぁ~」って思ったことが今まで数度ありますが、これを読んで以来真剣に「死にたい」って思うことはなくなったような気がする。

この重いテーマだらけのこどちゃがそんなにくら~~~くなっていないのは紗南のおかげだと思う。
ホントに紗南はいい子!
ちょっと、いやかなり鈍感だけど。(笑)
落ち込んだ気分の時でも紗南の笑った顔でも見れば気が晴れてまたやる気になるのに~って羽山が言ってたけどホントその通りだよね。
こんな子友達に欲しいなぁ~

羽山は・・・。彼氏に欲しいです。
ちょっと不器用だけど・・・みたいな子はアタシのど真ん中
好きでもないやつに優しくするのが優しさだとは思わない
って言ったのはかっこよかったよね~
羽山はその言葉の通り、かなり行動にはしていたと思う(言葉にはしなかったけど)。
それでも気付かない紗南に困ってたけど・・・そんな羽山も好きだ
でも、紗南のようにすさんだ羽山にぶつかっていく気概のないアタシには無理かも。
ひょう羽山が大好きだったな~

直澄くん。
彼は一番かわいそうだったかも?
一番優しかったのにね。
「僕のこと好きだっていう紗南ちゃんは嫌いだ!」は笑った! そして感動した**
彼はオトコですよね

風花はホント可哀想な役でしたよね(^^;
いい子なのに羽山を取り合ったおかげでかなりの嫌な子キャラに・・・
別れたらへんで!って言ったときはホントどうしてやろうかと思った事だよ・・・

最近こどちゃアニメ全102話を見終わりました。
2週間ほどで見たかも。
アニメもアタシが中学生のときリアルタイムで見ていたのでとっても懐かしかった
学校終わって速攻で家に帰ってもアニメ開始時間に間に合わなかったので(終了時間にも間に合わなかったけど)、放送曜日は友達の家に上がりこんでアニメ見させてもらって終わったら「お邪魔しました~♪」という生活を送ってました。
ホントお世話になったなぁ。

アニメは「ばびっと」っていうツッコミコウモリのせいもあってかなりテンションがおかしいですよね。
まぁあれもありだけどね。
アニメでは小花さん、ママの頭、マロちゃん、ぜんじろうさん(原作でいうよんまさん)、人の重さ人形、安藤すみれ、まみちゃん、羽山父・・・の活躍シーンが大幅に増えてた。(笑)
あと、オリジナルストーリーもけっこうあったな、っていう印象。
まみちゃんのうさぎの話とか男女戦争勃発の話はおもしろかったな。
あと、紗南のパパの話や、NY編もけっこう好きかも。
直澄くんは更にかわいそうなことになってますが(^^;
ラスト近くも小森話はなくて完全オリジナル話でした。(まだ原作が終了していなかったようです)
紗南がセリフを言えなかったことで仕事をなくしていく、というエピソードも好きだな。
ラストもよかったよ。
やっぱ羽山には「サナ」って読んで欲しい
声も、昔聞いてたせいもあって全然抵抗なかったです。
でも。
102話見終わった後で1話を見てみたら羽山の声がおかしい・・・!
途中で声優さんが声変わりしてるんですよね。
一体何話で変わったんだ~?
男の子の声変わりってスゴイね。

こどちゃ10巻に最終巻ということでいろんな人にお祝いコメントを貰ってるんですが、その中にアニメ監督や紗南役の方のメッセージもあって楽しく読ませてもらいました
あと、未来のだんなさんのメッセージもあった(今回始めて気付いた)

今回10巻読み返して気付いたのですが・・・。
本が汚い!!!(><)
なんかチョコ?見たいな色が所々に染み付いてるんですが・・・(--;
アタシよ・・・orz
本気で完全版入手しようか迷っております。
完全版には水の館に入ってない紗南と羽山のその後も収録されているらしい・・・?
確認しないと!

2008年4月22日 (火)

質問ある人はどうぞ~。(BlogPet)

みあずの「質問ある人はどうぞ~。」のまねしてかいてみるね

無羅さんから「質問攻めバトン」を5位まで1年の願い事を貰っていつも笑顔声制服(ふわふわ~v)でまばたき?写真に囲まれた~v)鈍感(血の意味が史上最悪ですから。
地学の萌え要素を送りたい。

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2008年4月19日 (土)

質問ある人はどうぞ~。

無羅さんから「質問攻めバトン」を貰ってきました。(^^
よくある自己紹介系バトンかと思いきやなんだか1つ明らかに他とは雰囲気の違う質問があります。(笑)
でもこのバトンの核はアレだろ・・・。って思います(^^

ではどうぞ。

続きを読む "質問ある人はどうぞ~。" »

ドラマ・・・?見てましたよ、そりゃもぅ・・・!

けっこう前な気がするけど「君はペット」ドラマでやってましたよね?
マツジュンをペットに出来るとかホント羨ましい・・・!
漫画のほうはそういえば全部読んでない気がする。

なこさんがかんなり前に回してくれたバトンです。
・・・やっとこさ拾いました・・・!
ホントすいません!!!

ではどーぞ。アタシのペットはキル君♪

続きを読む "ドラマ・・・?見てましたよ、そりゃもぅ・・・!" »

CLANNADプレイ中★

こないだCROSS†CHANNELをやり終えたあと、やっとCLANNADプレイしてます。
アタシは2回目だけどけっこう忘れてて新しい気持ちで楽しんでます~(^^*

今年はゲームの中と同じ曜日なんですよね。
(4/14が月曜日です)
なのでより楽しめそうな予感~♪
今椋のみクリア。もう5月入っちゃってますが、次の子ではまた日付け戻るし、誰のところでプレイしてる日とゲームの中の日がシンクロするかな~と楽しみです。

彼は初プレイなのですが、やっと春原の良さをわかってくれたようです。(笑)
アニメは正直あんまり・・・って感じだったようだけど原作は気に入って欲しいな。
アフターやり終えた時にはアタシがここまではまった理由を少しは分かってくれると、いいな。

CLANNAD DVD 5巻

CLANNADテレビ放送が終わってなんだか一気に力が抜けてるアタシです。
ふぃ~

でも気付いてみれば毎月DVDはリリースされていくのですよね。
週一の楽しみが月一になったと思って頑張っていこう
 7月までは頑張れそうな気がしてきた。(笑)

Dvd05そんな感じで5巻無事に手に入りました♪
発売日全く忘れてて流れるところだった・・・あぶないあぶないsweat01

5巻はことみです。
可愛いですね~vv
足も長い。
道路がないだけでなんだか今までの巻とは違った雰囲気です。
内容も13・14・15話でことみラスト入ってるしよい表紙ですね~*
そういえば、本編は15話から夏服に変わったのですよ。
杏と智代は夏服で表紙に登場するのでしょうか?(7・8巻はこの二人ですよね・・・?)

5巻の初回特典は
 ●音声特典 京都アニメーションスタッフによるオーディオコメンタリー
 ●映像特典 能登麻美子インタビュー映像
 ●オリジナルブックレット 総合設定資料集
 ●オリジナルグッズ封入 だんご大家族オルゴール
 ●特製ピクチャーディスク
 ●特製お楽しみカード
でした。
Photo
やっぱり一番嬉しかったのはオルゴールかなぁ~vv
微笑みながら ♪だんご大家族 聞いてしまいました。
また宝物が増えた・・・vvv

お楽しみカードは「ヴァイオリン引換券」・・・ではなく「ヴァイオリンリサイタル」の張り紙。
どっちにしてもことみの巻なのか渚の巻なのかよく分からなくなってきます(笑)

オーディオコメンタリーもおもしろかったですよ。
やはり自分が担当した回のコメンタリーだとたくさんしゃべってくれるしおもしろいことがわかる。
今回の一番の収穫は15話で渚のアホ毛がふにゃふにゃになってるってとこ。
普通に放送見ていたぶんには気付かなかったです~。
アホ毛にまで神経が・・・?(笑・可愛いなぁ、渚。)

能登さんのインタビューもよかったです♪
というか、能登さんの声にビックリした!
地声がすっごくかわいくて!(失礼・・・?)
なんか低い怖い声を出す人ってイメージしかなかったので驚きました。
(絶対エンマアイのせいだ・・・)

6巻の表紙は芽衣ちゃんのようです。
芽衣ちゃん表紙GETですか。愛されてる・・・!
で、7・8は杏と智代でしょ。
そしたら朋也も春原も表紙に登場しないよ。まぁアフターもあるしいいのか?
・・・春原は?
・・・・・・春原はー???

===
クラナドゲームプレイ時の感想
DVD1巻感想

2008年4月15日 (火)

ケータイとわたし。

BlogPet 今日のテーマ ケータイメール
「ケータイのメールはどれぐらい使っていますか?チャット状態?それともあんまり使わない?あなたのケータイメールの使い方を教えて下さい。」

おれんじの記事が2個続いちゃった・・・!!!
ひぃぃぃぃ~(><)
ゴメンヨ、おれんじっ!

というわけで危機感を感じそのちゃちゃっと持ってこられそうなBP「今日のテーマ」に答えてみます。
「ちゃっちゃと」てのはどうかとも思うけどね・・・。
(おれんじ占いは全く使えなさそうな代物だった・・・orz)
(オレンジ、怒ってるの? ごめんよ・・・)

というわけでケイタイメール。
ケイタイメールは一日に1通くらいしか書きません。
昔は3通くらいは書いてたかな?
また、メール来ても2,3日ほっぽっといちゃうことが多々あります・・・。
ホントゴメンナサイ、皆様。

電話もしないしな~。

ケイタイの利用機能といえば
一番はソリティアかもしれない。ソリティア大好きです。







やだ~~~~!(><)
どうでもいい、ホントどうでもいい内容・・・!!! 薄っぺらい・・・!!!
ちょっくら漫画ネタでも探してきます・・・

2008年4月14日 (月)

おれんじは試合がほしいな(BlogPet)

おれんじは試合がほしいな。
試合ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2008年4月 7日 (月)

春です*(BlogPet)

みあずの「春です*」のまねしてかいてみるね

新学期か~。桜のトンネル歩いてきました桜並木でした桜独り占めできるなら幾らだろうなぁ・・?(字余り)桜独り占めできるなら幾らだろ・?(字余り)もの凄い額なんでテンプレなんでテンプレ変更ですが!!
そろそろ散りそうなんでテンプレな関東です★雪山は上野に行きましたわ。

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2008年4月 3日 (木)

春です*

新学期か~。

桜真っ盛り。
そろそろ散りそうな関東ですが。
まぁ年に一度使えるか!ってテンプレなんでテンプレ変更です
雪山はとっくに季節外れだったわ。(笑)

桜といえば今年の花見は上野に行きました。
桜きれいだった~**
桜のトンネル歩いてきましたよ。
あの桜 独り占めできるなら 幾らだろ・・・? (字余り)
もの凄い額なんだろうなぁ・・・というくらい素晴らしい桜並木でした~♪

15代目テンプレ:サクラ

2008年4月 1日 (火)

「バンブーブレイド」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「バンブーブレード」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

バンブーブレード
これは、青春系学園剣道ストーリー、と銘打たれていました。
その通りです
剣道に青春を捧げた女の子のお話・・・なんだかちょっと違うような気もするけどまぁいっか。

これは面白いアニメでした~(^^
剣道のことはよくわかんないけど、それでもおもしろかったな。
竹刀をしゅっと振る早さとか漫画だと分からないけどアニメだと堪能できるし。

1話「竹ぼうきと正義の味方」の時点では弱小で、部員も団体戦には足りない状態だった剣道部がたまちゃんという超強力な戦力を得て、頑張ってこ!って感じのはじまりでした。

2話「ブレードブレイバーとお弁当」ではたまちゃんの強さと可愛さが見え・・・たまちゃんにはまってしまいましたね~(^^
登場人物の中でもやっぱ一番すき
一番好きなのはたまちゃんのほっぺvv
ブレードブレーバー(正義のヒーロー)に憧れるたまちゃんとか超かわいいし、
悪(笑)を倒そうとする気迫も、実力も超かっこいいv
キリノの人柄によってか、うちとけていくたまちゃんも可愛いなぁ~**

その後もサヤ話、みやみやが剣道にはまっていくのとか、東さんの入部~といろいろなことがあり、そのたび結束を強めていく室江高剣道部。
高校の運動系部活話はこれぞ青春って感じがしてみていて気持ちいいですね~。
男子は実質二人しか居なくてなんだか淋しいけど(^^;

16話「キリノの欠席と予選大会」らへんからインターハイ県北予選に入ったんだけど、ここらもおもしろかったな。
5人中4人が体調を崩したり、不安があったり・・・で思うような試合を出来ないわけなんだけど。
中でも一番大変だったのはたまちゃんね。
対戦相手の策略によって足を捻挫しちゃって・・・。
結局その試合は途中棄権で、団体戦は負けちゃったんだけど、変に落ち込まないキリノと皆に拍手でした(^^

19話「アルマジロとセンザンコウ」。
ここでなんでみやみやみたいな娘がゲン君とお付き合いしてるのかな~?
って謎が解き明かされたような、されてないような・・・?
でもなんだかんだ言いながら、お似合いだと思うわけです(^^
一緒の画面に入ってなくてゲン君が見切れてることがあったとしても。

22話「敗者と勝者」。
関東大会です。
今まですんごい強さを誇っていたたまちゃんが。負けちゃいました。
悲しいけど。
でもこういうライバルがいないとお話は面白くないからね。
たまちゃんを信じきっていた剣道部のみんなにも、たまちゃんの成長のためにも、よい試合だったと思います。

23話「嘘と沈黙」最終話間近だね~って感じです。
室江高ピンチです。
幽霊部員だった不良が外で問題を起こし、剣道部活動の危機。
剣道部の活動1年自粛か、不良部員を切り離すかの選択を迫られるキリノ。
また、試合に負けたたまちゃんからはほのぼの雰囲気がなくなってしまいました。
勝ちのみを求めるように。 剣道たのしいな♪ って顔じゃないよ~
部活動に興じている場合じゃないと退部届まで出しちゃうし。
どうなるの、どうなるの?って感じでした。

24話「剣と道」。これは、最終話だとおもった話。タイトルからして・・・。違いましたね。(笑)
でもばらばらになっちゃった剣道部がまたまとまって・・・
最終話でもおかしくない感じだったと思う。

最終話26話「“それから”と“これから”」。
これもよい感じでした。(^^
ブレイブブレーバーの映画を秋葉原(だよね?)の劇場まで連れ立って見に行くたまちゃんと凛さん。
・・・本物だ・・・。(笑)
「たすけて~」も普通でしたね(^^
25話から半年くらい経ったのかな?春、たまちゃんたちが2年に進級して、進入部員が入ってきそうです。
やってきた進入部員は外山くんと岩佐くんの妹と弟。
・・・これは敵キャラの顔じゃないぞ!原作では主要剣道メンバーになるんだろうなぁ(^^
でもお兄ちゃん同士も仲良くて、下のきょうだい同士も異性なのに仲いいって凄いね♪
コジロー先生も戻ってきていい感じで終わりましたね。
剣道部の猫に子供産まれてたのがかわいかった
てか、全26話ってスゴイわ~。
年と曜日がうまくマッチした作品だったのでしょうね~。 

この話は、アタシが見ていたアニメの中でも特別「ヒキ」が凄かったです。
えっ、ここで今日終わり!? 次週どうなるのー???
って結構毎回思っていた気がする・・・。
お上手でした~(^^

あと、声優さんがCLANNADとたくさんかぶってて見ていて面白かったですね。
計・・・4人?
いつか中村さんもやってくるかと思っていたけどきませんでした。(よね?)

続きを読む "「バンブーブレイド」の感想。" »

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »