2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 恋文が欲しい。 | トップページ | CLANNAD 学園祭にむけて »

2008年3月11日 (火)

「破天荒遊戯」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「破天荒遊戯」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

視聴中アニメの中で一番早く最終話(!?)を迎えたこのアニメ。
こんな中途半端な理由は何ぞや?
来週から始まる全3話のアニメ(タイトルなんだっけ)がそんなイチオシなのかな?
まぁとにかく感想を書いてみよう。
そろそろ3月も終わり。
この月末はアニメ感想を書くのがホント大変なことになりそうな予感~。

破天荒遊戯
ある日、「世界を少し見てみたいと思わないかい?」と言う父の思いつきにより、突然家を追い出されてしまった少女・ラゼル。突然の事態に落ち込みつつも旅の連れを探していた時に、銃を盗まれていたアルゼイドと出会う。これをきっかけに、アルゼイドは父を殺した犯人を捜す為、ラゼルはアルゼイドの人生を面白おかしくする為に、一緒に旅をする事になるのであった。(コピペです)

1話「永遠のともしび」に出て来た幽霊のお姉さんがかわいくて見ることにしました。
破天荒なラゼルと待角でふと出会ったアルゼイド、どこからともなく沸いてきた(笑)バロックヒートの3人での旅先で起こるいろんな事件etcをかいくぐりつつ友情(?)を深めて行く~ってお話かな?
魔法と旅と絆・・・というよくあるお話の中で、なんか違うぞ~と思ったのは
ラゼルの言動とアルゼイドの熱さかな?
ラゼルは小さい頃山でお父さんに捨てられた――って暗い過去を持ちながらもなんかとんでもなく明るいキャラが出来上がってましたからね。
そのへんがあの独特な思考を形作っているのかも。

3話「かくもささやかな子守唄」で見るのを止めようかと思いつつ・・・(ラスト非常だった・・・お母さんになった際は気を付けねば・・・)なんとなく見てきましたが。
7話「花が咲いたら」は可愛い話だったなー。
アルゼイドの小さい頃がキルアに見えて可愛かったvvv

10話「君に贈ろう」が地上放送最終話ですね・・・?
なんだかイマイチすっきりしてないよね?
ラゼルの本当のお父さん死んじゃったっぽいし。
何らかの事情によりキられたんだろーな~。
DVD買わせる策略・・・?
まぁ旅を終わらせることにしたラゼルをアルゼイドが引き止めるという一応の見せ場はありましたけどね~。
アルゼイドの
「俺は手紙なんか書かない。会いにも行かない。思い出さない。
側に居ないやつのことなど一分一秒たりとも心にとどめてやるものか!
このまま離れて行くのならおまえなんか仲間じゃない!!」
ってセリフはよかったな。
普通こういう位置に居るキャラは無愛想で何を思っているのかよくわかんない・・・ってのが多いと思うんだけどアルゼイドは熱さを表に出す男ですよね~。
無愛想キャラなのは見た目だけ(笑)
アルゼイドが意訳でも仲間(ラゼルね)と離れたくない、嬉しいことを伝えたい、つらい時に支えあいたい、なんて言うのがなんだか微笑ましかったです(^^

アタシには仲間、と呼べる間柄の人が居ないので、こういう関係もいいなぁと思ったり。
思わなかったり。(笑)
ま、命の危ない長旅をする予定もないのでいっか。

ラゼルが回ごとに可愛い髪形してて見ていて楽しかったです♪

« 恋文が欲しい。 | トップページ | CLANNAD 学園祭にむけて »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈アニメ〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恋文が欲しい。 | トップページ | CLANNAD 学園祭にむけて »