2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 「ロザリオとバンパイア」の感想。 | トップページ | 「true tears」の感想。 »

2008年3月31日 (月)

「灼眼のシャナⅡ」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「灼眼のシャナⅡ」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

灼眼のシャナⅡ
御崎市で平凡な日常を過ごしていた高校生、坂井悠二。彼は“燐子”と呼ばれる怪物の出現と共に非日常の世界に巻き込まれ、名も無き少女と出逢った。その名も無き少女は、人知れず人を喰らう異世界人“紅世の徒”を探し討滅するフレイムへイズの一人。彼女は、悠二が自覚のないまま死んでいることを告げ、訳あって“紅世の徒”から狙われるようになった悠二を護る様になる。そんな彼女に悠二は、彼女の刀「贄殿遮那(にえとののしゃな)」から「シャナ」という名前をつける。2人は反発しながらも、少しずつ惹かれ合っていく。 (コピペです)

Ⅱは平和を取り戻したかに見えた御崎市。そこに再び、悠二の体に宿る宝具『零時迷子』を狙って新たな敵がやってくるところから始まりましたね。
あれ、これどっかで見たような・・・って既視感は悠二だけでなくもちろんアタシにもありましたよ。
でも、どういうことなんだろう?って??ばかりで、「つまりこれは僕だけが見ている夢なんだ!」って結論には至らず。
悠二・・・偉いよ、あんた。

3話で初登場(?)の近衛史菜。
彼女がホントは「徒」なのかどうなのか、その辺はかなり引っ張られた感があります。
この3話の時点でシャナも悠二も疑い、シャナに関してはかなり強引に正体を暴こうとしてたけど尻尾は出さなかったよね。
、というわけで。近衛さんは人間、ということに悠二達の間では落ち着いたようだけど(シャナもしぶしぶ?)、どう考えたって徒だよねー?
って思っていましたよ。まぁほとんどの人がそうだろう。
まぁ正体に関してはかなり引っ張られたけれど、近衛さんのおかげでシャナも吉田さんも、ついでに池も動いたのだからよしですよね(^^
シャナと吉田さんのヤキモチは超可愛かったです
笑ったのは昼食てんこもりの悠二。
そんなに食べなけりゃいいのに。でもそれが悠二のいいところなんだよな~。
負けない!って思いつつなんとなくフェアプレイをしている彼女たち。
みんないい子だな~。

7話「池速人、栄光の日」は中休みとしてはいい休息話だったと思います。
池くん不憫すぎて笑った・・・。
空回り男の典型って感じだったな(笑)
みんな段取りがうまくいかなかったことに対して何にも怒ってないのに一人気にしたり。
池くんもいいやつです(^^
吉田さんが優しくてよかったね。
まぁとにかく、笑いっぱなしの7話でした。

12話「清秋祭始まる」くらいからそれまでのゆっくり~な展開が一気に動きましたね。
近衛史菜、やっぱりか・・・!って感じでした。
12話での仮装パーレド。ロミオとジュリエットに扮した悠二と吉田さん、オズの魔法使いのドロシーシャナと魔法使い史菜。など可愛いものを見せてもらいました(^^
なんとなくアタシのイメージでは一クラスで一つの物語から仮装するべきなのでは?とかも思ったけどね。
ジュリエットのシャナよりドロシーのシャナが、ライオンの悠二よりロミオの悠二の方が見たいのでまぁアリか(^^

19話「言えなかったこと」では悠二がやりましたね~。
18話とかでは しっかりしてよ!って活を入れたくなっちゃうようなイマイチはっきりしない感じだったんですが。
人は悩んだからこそ大きくなれるものなのね(^^
僕は、守りたいんだ。
っていう悠二がかっこよかったなぁ~。
でも、震える敵の首をしめて殺しちゃう(?)とことかちょっとぞっとした。
坂井君はあっち側のひとなんだ・・・ って思った(笑)

22話「クリスマス・イヴ」は時期を外した感があった・・・。
けどまぁそれを置いといたら二人の女の子の決意と最終決戦へ・・・というのが心高まる回でした。
クリスマスに二人の女の子から告白されて、どちらかを選ばなければならないってどんな気持ちなんだろ。
いいな。羨ましい、ような羨ましくないような。(笑)
池くんも頑張ってましたよ。(^^

24話「守るべきもの」で一番ドキドキしたのは吉田さんについてかな。
吉田さんが悠二の危機を救うべく消えちゃうのではないか?と。
フィレスからアレを受け取った時からそんな終わりが来るんじゃなかろうか・・・と不安だったよ~。 そうならなくて良かった。
あと、存在の力を使い果たされた(?)悠二が消えちゃうかも?と。
まぁ後者についてはないだろうとは思っていたけどね。
いろいろあって・・・なんとか御崎市を守ることに成功した悠二達。
EDに乗っかって、クリスマスの告白をやり直したようです。
悠二はシャナを選んだんだよね・・・それって、好きってことなのか。
なんかこれまで、悠二に向かうヤジルシはシャナからも吉田さんからも出てたと思うけど悠二から向かう気持ちはあまり印象に残ってないなぁ・・・だからなんか不思議な感じ。

これでめでたしめでたし?
闘いは続く、平和な日常も続く・・・って感じの終わりでしたね。
シャナの可愛さと悠二の素敵ボイスと川田さんのJOINTがツボを刺激しまくったアニメだった~♪

« 「ロザリオとバンパイア」の感想。 | トップページ | 「true tears」の感想。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈アニメ〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ロザリオとバンパイア」の感想。 | トップページ | 「true tears」の感想。 »