2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« CLANNAD DVD 2巻 | トップページ | キサラギ »

2008年1月21日 (月)

視聴アニメの一言感想。

1月から始まった新アニメも2、3話見て・・・好感度が決まってきたかな?
新しく見始めるアニメ、8作くらいになりそうです。
継続深夜アニメ5本とあわせて13本・・・
もぅなるようになれ! というかなるようにしかならない。(笑)

そんなわけで(?)視聴アニメも固まってきたところで、ちょっとした感想など。
高感度は ◎>○>△ って感じで。

シゴフミ △
シゴフミ、漢字にすると死後文です。
もう「死」という字が入っている時点でアタシの中では「無し」だったんですが、彼が「これ観る!」と言い出したので付き合うことになりました。
でも、地獄少女は頑なに拒んでいたアタシがこれは見てます。
画がそんなに怖くないからかな。
1・2話は悲しくってあと10話(もっと?)も見れるかなぁという印象です。

狼と香辛料 ◎
全くリストに入れてなかったんですが。
よく行くサイトで「オススメ」の文字が点滅してたんでちょっと気になって1・2話発掘して見てみたらけっこうおもしろかったです。
旅ものというジャンルは「破天荒遊戯」とかぶるけど、こっちの方が好きかも。
闘ったりするよりもはぁとふるな感じを求めているアタシなので、視聴する事にしました

墓場鬼太郎 △
これも全然見る気無かったんですが・・・鶴の一声で。(笑)
1話も2話も怖いです。
鬼太郎は戸田恵子さん世代なので優しい顔した性格のいい鬼太郎がいいです。(涙)

ロザリオとバンパイア ◎
今期はなんだか視聴アニメが多くなりそうだなぁと思っていたところに、これは「ぱんつアニメだ」という意見を聞いたので、これは無しだな!
と思っていたんですよ・・・。
が。まぁ1話見てみるか~って軽い気持ちで見たらおもしろくって!
視聴決定です。
ぱんつ万歳です。
でも、ぱんつはやっぱりチラでないとドキドキしませんね。これはパンもろです。
・・・! ってそんなことが言いたいわけじゃないんですよ!(汗)
聞いたところ、原作ではぱんつは描かれていないそうです。
なのになんでぱんつアニメに仕立て上げられてしまったんでしょうね。
ぱんつなくてもいけそうなのに。(せめてチラであって欲しかったかも)
  ぱんつぱんつ言ってしまった・・・ (--;

俗・さよなら絶望先生 ○
なんとなく、惰性で(笑)
訳わかんない感じがやっぱりおもしろいんですけどね。
「深夜アニメを見るのはニートと引きこもりの義務だよ。」
という3話の中のセリフに心臓つかまれました。
アタシ、いつのまにやら深夜アニメを見ることを義務化してしまっている・・・!?(笑)

True tears ○
1話見た時点で「見なくてもいいかな~」って思ってたんですが、彼が見るって言い出したので見てます。
でも2話の終わりからおもしろくなりそうな予感?
アタシ的にのえちゃんのキャラが好きになれないんですが。
画はとても綺麗で、OPがeufoniusでriyaさんの声が素敵で・・・vv
今期始まったアニメの中でもこのOPが一番好きです(^^
彼は「メグメルより良いね」って言い始めました。 怒るに怒れない。でもメグメルでしょ!

破天荒遊戯 ○
なんだか、主人公のキャラが特徴的ですよね。
モノローグもおもしろいです。
主人公ラゼルがいい子なので見ていて気持ちよいです。
アルゼイドも見た目よりも素直な良いやつなのでよいです。

君が主で執事が俺で △
1話見て「止めよ」って思ったんだけどなんとなくまだ見てます。
きっとこの感じで最終話まで見続けそうな予感です。(笑)
執事モノということでハヤテを思い出し、主人の強気さは怪物王女を思い出してしまいます。
森羅様の指揮姿は千秋真一を思い出しますね。3話予告おもしろかった。
今まで見た感じだと未有が可愛いかな?

まぁなんだかんだ言いながらも楽しい3ヶ月になりそうです。
そういや、こないだから始まったヤッターマンもなんとなく見ることになりそうかな?
アタシは昔のを知らないのでたいした反発もないし。
7時からのアニメを見ているとコナンを見逃さずにすむので良いのです(^^*

« CLANNAD DVD 2巻 | トップページ | キサラギ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈アニメ〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CLANNAD DVD 2巻 | トップページ | キサラギ »