2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« おれんじのモエモン | トップページ | 「Myself;Yourself」の感想。 »

2007年12月27日 (木)

「ご愁傷さま二ノ宮くん」の感想。

アニメの最終回時期に突入しています~。
アタシが視聴していたアニメの中で一番早く最終回を迎えたのは「ご愁傷さま二ノ宮くん」でした。(^^
アニメ感想と、帰省とどっちが早いかって感じです(^^;

今期アタシが見ていたアニメ「ご愁傷さま二ノ宮くん」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

ご愁傷さま二ノ宮くん
世界各国を飛び回っている両親と放浪癖のある姉。4人家族なのになぜか丘にある大きな一軒家で一人暮らしをする高校生・二ノ宮峻護の元にとある兄妹が推し掛けて来る。いわく「今日からお世話になります」。しかし、この2人には重大な秘密があった。兄・月村美樹彦にはインキュバス、妹・月村真由にはサキュバスと、他者から精気を得なければ生活出来ないという、とてつもなく厄介な体質の持ち主だった。(中略)そこに峻護と真由の通う学校の生徒会長・北条麗華を加えた三角関係が展開するというときめき吸愛ファンタジー。 (コピペです)

これは、普通に可愛い真由ちゃんを毎週愛でていたアニメです
特に気合を入れることもなく。
気楽に楽しく毎週見れました♪
とにかく真由が可愛くて、めろめろ~。
体だけでなく声まで可愛くて~vv めろめろ~~vv (2回目~)
もしかしてアタシもサキュバス・真由に精気を吸い取られてしまったのかもしれません!(笑)
上に「ときめき吸愛ファンタジー」ってあるけど、ホントその通りかも~。(^^

1話「キスしちゃえよ」では真由がイキナリ峻護の家に押しかけてきました!
なんだ、そのありそでなさそなラブコメ展開は~! とか思いつつ。
このアニメで、他のラブコメに無い要素ってのは、峻護が硬派過ぎるって事と、真由がサキュバス(かつ男性恐怖症かつ天然)なんてめんどい特質の持ち主だった事でしょうね。
サキュバス(女の姿をした夢魔。眠って夢みている男に添い、淫猥な夢を見せる事で精液を吸い取る。名前自体も、その行為に由来している。 詳しくは→はてなダイアリー・サキュバス)なんて単語、このアニメではじめて知りました。
そんなこともあって普通のラブコメに色が添えられてておもしろく見れたかなぁ~。
お色気度が高いのもおもしろかったです 真由ちゃんの胸が・・・ハンパ無くて。
公式サイトの一文に
「月村さんは、ドジで天然で(しょっちゅうセクシーで)二ノ宮くんはかなり振り回されることになります。」
とありました。・・・うける(笑)

3話「街へ行こうよ」もおもしろかったです。
真由は女の子に受け入れられるのかなぁ~ってちょっと心配していたんだけど、なんとか大丈夫だったようです
BL本は友情の掛け橋にもなるのですねー!恐るべし・・・!
最近見たアニメの中で女の子(O野さん)が「ホモの嫌いな女子はいない!!!」って叫んでたけど。(笑)
ホントにそうなのかな? アタシが食わず嫌いしているだけなのだろうか・・・?
3話は麗華お嬢様の縦巻ロールの作り方が明らかになった回でもありますねvv
器用すぎる・・・(笑)

5話「海へ行こうよ」では麗華お嬢様が空回りしすぎてました。(^^;
そりゃもう涙がでるくらい・・・
真由と峻護の邪魔しないで~とか思いつつ、不憫なお嬢様がちょっとかわいそうにもなっちゃいました。
そしたら麗華お嬢様にもサキュバスの気があることが判明!
それまで過去回想に登場する女の子は真由だとばかり思っていたのが、違うのかー!と一人ビックリしていました。

8話「食べさせてよ」では、お姉ちゃんのためにラーメン作りに精を出す二ノ宮くん。
究極の麺を求めて小麦畑へ・・・究極のチャーシューを求めて農場へ・・・究極の魚介系スープに使うカツオを求めて海へ・・・
いいなぁ、こんな弟が欲しいなぁ(^^
また、この回ではスクミズにエプロンという、画期的な画が登場してました~。
・・・アリ? これってアリ? なんだかイマイチときめかないのよね~

11話「逃げないでよ」で、真由は精気不足になりながらも、過去を思い出して二ノ宮くんのまえから姿を消しました。
麗華お嬢様は別人格に取って代わられました。
麗華お嬢様怖かったなぁ~。 いろんな意味でね
過去の出来事もかなりはっきり出てきましたね。
今までヒロインは真由だ!と思って来たけれど、麗華お嬢様がヒロインなのかもね。
まぁ2TOPということですかね。

最終話、12話「歩き出そうよ」。
最終話らしく、二ノ宮くんと真由のキスでしめるのかと思ってたら、違いました~@
精気不足により死、にそうになった真由に精気を送り込んだのは・・・○○でしたよ!
そんな~! (笑)
まぁこの脱力感がこのアニメっぽくってそれはそれでいいのかもしんないですね(^^
「オレの知ってる北条先輩は月村さんを見捨てるような真似は絶対にしない」
って言ってのけた二ノ宮くんがかっこよかったです(^^)
最後まで相変わらずの3人+αでしたね。
お気楽ハッピーエンドでよかったです
それにしてもネバーエバーランドのイメージキャラクター、怖すぎ(^^;

合間に入るCMでDVD発売のCMを見ました。
お色気シーンがパワーアップしているらしいですよ。
でも、今でさえ結構な色気度があると思うので、DVDではどうなっているんだろう・・・。
アタシは地上波放送のキワドイ感じで十分楽しめましたが♪

OP「ユビキリ」がとってもお気に入りです♪
今期のアニメの中で一番好きかもしれない(^^
そう言ったら彼が「シンセの感じとかあまりにもありがちなアニソンだよね」って言いました。
そうだね・・・。
でも好きなんだもん。
EDも「ご愁傷さま、二ノ宮くん!」って言いたくなるような感じで良いです(^^

« おれんじのモエモン | トップページ | 「Myself;Yourself」の感想。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈アニメ〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おれんじのモエモン | トップページ | 「Myself;Yourself」の感想。 »