2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 「ご愁傷さま二ノ宮くん」の感想。 | トップページ | 「D.C.Ⅱ」の感想。 »

2007年12月27日 (木)

「Myself;Yourself」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「Myself;Yourself」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

Myself;Yourself
両親の仕事の都合で東京へ引越し、5年ぶりに生まれ故郷である桜乃杜町に戻ってきた高校生、日高佐菜。町並みそして、再会したかつての友人たちは、5年前より大きく変わり複雑な気持ちに---。何よりも大きく変わったのは、幼なじみの八代菜々香。純粋な瞳でかわいらしい笑顔を見せていた菜々香だったが、今は暗く自分の殻に閉じこもった少女になってしまっていた。記憶に残る思い出と、突きつけられた現実のギャップに悩みながら、成長していく少年少女たちのストーリーが綴られる、淡いハートフルラブストーリー。 (コピペです)

このアニメは。
見始めようかなと思ったきっかけは、もちろん公式サイトのあらすじ紹介なんだけど、キャラクター原案がささきむつみさんだというのも多少関わっているかと思います
今のココログテンプレートのデザインもささきむつみさんのもので、このテンプレ可愛くて気に入っているので(^^
そんなわけで、このアニメの感想を書くまではこのテンプレのままやってきました。
結構長く使ってたかなぁ~。他に可愛いテンプレが続々出てくる中で。

とにかく今期の中ではかなり好きだった作品です。
前期のSchoolDaysと同じ枠ということもあって、鬱展開・・・?と思われる描写にドキドキしつつも、まぁ全体を通して楽しく見れたかな。
正直なところ、血・鬱展開はSchoolDaysでお腹いっぱいです(^^;
母との電話態度が明らかにおかしいサナとか血を見て目がおかしくなっちゃってるサナとか包丁に過度に反応するサナとか腕時計を頑なに外さない(リスカ?)サナとか・・・
とにかくサナの行動にはドキドキさせられました。
そんでも楽しく見続けられたっていうのは主人公含め主要キャラがみんな可愛かったからでしょうかね~。
わいわい楽しい感じで。
スクイズのようにむかついてしょうがないやつ(=誠)がいないというのもよかったです。

一番はやっぱりサナが好きかな。
アタシの中にあった サナ=紗南=こどちゃ という鉄の常識を打ち破った男の子ですね(笑)
男の子でサナか・・・ やるな! って感じでした。
キャラとしてもサナは良い子でいい感じです
詰襟制服が素敵です

修輔もよいです。
はじめからいいキャラだな~とは思っていたけど10話で株がぐっと上がりましたね(^^
ウィキペディアに主人公2トップの内の一人ってことが書かれてて、ずっと「?」だったのだけど、納得しました

女の子たちも可愛いですね~みんな。
でも一番は菜々香かな?
彼女はツンデレ・・・本当に現実にいそうな自然なツンデレですよね。
ツン!としつつも、昔サナから貰った髪ゴムを今でも持ってる~なんて可愛い一面につかまれました

麻緒衣ちゃんも朱里も星野さんも友達に欲しいタイプかな。
雛子ちゃんは~近所のお嬢ちゃんって感じ。
初登場時はなんて生意気な娘さんなの・・・! って思ったけど、6話「オトナだもん!」では可愛かったです~(^^

いやぁそれにしても星野さんはサナと菜々香の間を進展させるための人間だと思っていたのに・・・ビックリでした@

ハラハラする描写がところどころにあっても終始楽しかったこのアニメ。
一気に引き込まれたのは10話「桜のために」かな。
上でも書いたけど修輔がかっこよすぎでした。
「姉貴のためならなんだって、どこへだって行ってやるよ」そういうきょうだい愛にはアタシは触れた事が無いので羨ましかったな。
双子はほんとに結束力というか、絆が強いなぁ~。
ヘンな意味での姉弟愛みたいなところにいかなくてよかったと個人的には思ってます。
その流れでの11話「告白」では修輔と朱里がどこかへ旅立ってしまいました・・・。
サナの頑張りと修輔の涙には感動し、アタシも泣いてしまいました・・・。
いい話だった・・・。
5年前の二人の別れるシーンが挟まれたのにはうまいなぁと。
どこへいっても、なにがあっても、いつまでも 友達だから って、そういう友達が欲しいですよね。
11話はインパクトのある回でした。
修輔・朱里の旅立ちというよりは、サブタイにもある星野さんの告白が印象強くて。
星野さんは菜々香のライバル役なんだと(勝手に)思っていたので予想を裏切られました。
これでもかって言うくらい。
星野さんが・・・あんなに可愛い星野さんが・・・怖かった・・・。(><)
13話、最終話の「きずな」。
最終話も詰め込みすぎな気がしました。
菜々香の過去とサナの過去と。
重すぎる題材が2つ残ってたからねー。
菜々香の過去にはちょっと面食らいました。
放火魔はおじさんだと(これまた勝手に)思っていたのですが、違ったよ!
おじさんいいひとだったよ・・・!
サナの過去は、まぁなんとなく想像は出来ていましたが、やっぱ痛かったなー。
それでも、自殺未遂を乗り越えた二人がうまくいく、というのはいい感じだったと思います。
10年後って経ち過ぎでしょ、とも思ったけどね~。
雛子や先生、修輔、朱里が登場していて最終話っぽかった(^^

OPがかなり好きだったかも。
今期のアニメの中でも結構好きな曲でした(^^

« 「ご愁傷さま二ノ宮くん」の感想。 | トップページ | 「D.C.Ⅱ」の感想。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈アニメ〉」カテゴリの記事

コメント

>OPがかなり好きだったかも。

(゚゚)(。。)ウンウン
私もこの作品のOPは飛ばさないで観るようにしてました。
てかヒナコの彼氏がアニメンジャーのときの男の子なのが笑えましたw

Rizさん
コメントありがとうございます!
OPいい曲でしたよね♪
雛子チャンの彼氏、誰?って思ったけど、あの時の男の子だったらしいですね!
ビックリです!
雛子ちゃんはあんまり変わってなかったけど彼は成長してましたね~(^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ご愁傷さま二ノ宮くん」の感想。 | トップページ | 「D.C.Ⅱ」の感想。 »