2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の22件の記事

2007年10月31日 (水)

ハロウィン♪

今日で10月も終わりです。

振り返ってみると1年が早いなぁ~。
やっぱ歳をとると年月の流れが早く感じるものなのですね。
学生を終えた頃から一年のスピードがぐんと上がりましたよ~。

ところで、今日はハロウィンでもあるのですね♪
アタシは根っからの日本人、無宗教人なのでハロウィン行事を一生懸命したこともないのですが、街はカボチャで一杯ですよね(^^)
可愛いvv おいしいvv(?)

そんなアタシが猛烈にハロウィンを意識しました
サイドバー下の方にある「ねこ温度計」が今だけハロウィンVar.なのです♪
かぁわぁいぃぃぃ~~~~vvv
コウモリもこの時期は可愛く思えてしまいますね。
ねこ温度計にはいつも癒されています。
ねこを動かすためだけに横浜の気温を調べてみたり・・・(笑)

今年も残すところあと2ヶ月。
そろそろ年賀状について考えなければ!な時期ですね~。
年賀状ってめんどくさいんだけど、貰うのは嬉しいよね。

2007年10月28日 (日)

Ever17「2035」

Ever17こないだの長野帰省で、見つけて買ってきたドラマCD。
Ever17ってアドベンチャーゲーム(ギャルゲーらしからぬギャルゲーです。)のその後のお話が入っています。

コレの存在はゲームプレイ時に知ってましたが、中古CD屋で見つけたのは初めてで。
2000円もしたのでいったん家に帰って心を落ち着かせようとしたけど・・・どうしても誘惑に耐え切れず次の日10:00開店を待って再び店に出向き、買ってきちゃった
(数分後に行った店で1000円で売られているのを見たときはショックでしたが! 恐るべし長野・・・。(--;) でもいいのだー!)
内容は・・・よかったですよ(^^)
あのゲームプレイ時のドキドキを再体験できた。
過去を変える、未来が変わる、そういう話は頭が痛くなっちゃうので苦手なんだけど・・・はまるとおもしろいですよね♪
桑古木が空をか・・・へぇぇ~と思った。(あれ・・・確かココだったはずなんだけど・・・?)
空は武への恋心は、しまったのかな?
ま、時間は恋心を風化させてしまうものだし、失恋には新しい恋が一番の薬なわけですし、いいと思うけど。
ホクトと優に・・・悶えてしまいました・・・!
ちょっと・・・反則的に可愛すぎるんですけど・・・!! ホクトが。(笑)

Ever17はPS2版でやり、本気ではまったゲームなんだけど、既読文章100%にならなかったんだよね・・・(--;
43728/43729で諦めてしまったのです。
あと1文が探し出せなくて。がーぁぁぁーーーん。
100%達成した人・・・いいなぁ。羨ましいなぁ。
聴いてて段々とゲームプレイ時のことが鮮明によみがえってきた。
あぁ~おもしろかったよなぁ・・・と。
よく言われるとおり、このゲームは記憶を消してもう一回やりたいゲームなんですよ。
記憶力が良くないと自覚しているアタシだけど、Ever17の結末を忘れられる日は当分来ないと思われます・・・。
===
Ever17プレイ済み(←ココ重要!)って人でアタシの長いプレイ後感想を読んでもいいよって奇特な方はこちらもどうぞ~。

2007年10月26日 (金)

CLANNAD 仲間をさがそう

4話は・・・たいした転調もなく、アタシが強く心待ちにしているシーンもなく、ゆるく見れた回だったかな?

話の内容としては、サブタイ通り主要登場人物への演劇部への勧誘!って感じでしたかね。
でも失敗率が多く前途多難ですね。
渚Fight!!

特別このシーン!!っていうのはなくて、みんながみんな平等に可愛くって一番が選べませんです

今回は幻想世界のシーンが全く入ってこなかったですね。
毎週冒頭の数分に入れてくるのかと思ってたけど違ったんだ。

4話で一番光ってたのは春原かな?
先週の予告でわかってた事だけど、春原が相変わらず頑張ってました(^^
春原の猛烈な智代アタックにはもぅ笑うしかありませんね。
3回くらい行ってたぞ。
ボーリングフォームでプロポーズちっくなセリフ言うのとか、「アホだー こいつアホだー!」ってついつい言葉にしてしまったよ。
そんな春原が大好きなんですがww
彼への攻撃は、岡崎の一撃も加わって1000超えました・・・(^^;
命の危険も顧みずに強大な敵に挑んでいく男。  素敵だ**
ま、春原が「死ぬわ!」って言っている間は平気かと・・・(笑)
そういや春原の部屋に『こちら☆ときめき学園』あった!

あとは風ちゃんの鼻ストロー出ました。
風ちゃんのトリップかわいぃよぉ、可愛すぎるよぉ・・・・!!!
愛しいってこういう気持ちを言うんだろうなぁ・・・vv

椋も可愛かったです。椋と渚のときめきシーンも、可愛かったvv
椋はゲームプレイ時から可愛らしい乙女だったけど、アニメでは可愛さに拍車がかかった。
普通っ子も大好きです☆
・・・渚の真剣な気持ちを汲み取って「はい・・・!」と言ってしまうあたり、普通ではないかも・・・?
オチ(?)に合わせて飛び出してきた杏も可愛かったですよーvv

話は来週から風子ルートに進みそうですね。
風子は友情エンドの方が好きなので、アニメにも期待してます

今回アタシが一番ドキっとしたのは、杏に足蹴にされる朋也と春原を見たときかな。
そんな!角度的に絶対見えてるって・・・!(//ー//)と。
羨ますぃ・・・!(ちょ
あと、ことみがこっちに向かって座りなおすところもドキドキしてしまいました。
アタシは正真正銘女の子ですが。何か疑われそうだな・・・(^^;

===
クラナドゲームプレイ時の感想
CLANNADアニメ 3話感想 

帰省(BlogPet)

きょうは、CLANNADアニメに帰省するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2007年10月23日 (火)

ぼくらの七日間戦争

先週深夜にやっていた映画をやっと昨日見ました。

ぼくらの七日間戦争
宗田理の同名小説をもとに作られた映画です。
小説を知ってるので、映画化されたことももちろん知ってますが。
これまで機会がなくて見たことありませんでした
1988年制作だってー。
昔だなぁ~!
髪型とか服装とか、そして先生の体罰とか。
今とは大きく違うなぁ~と思うことがたくさんありましたね。
こんなにアツイ青年たちも今ではあまりいないのでは・・・?
戦車が出てきたりして、えぇ~?と思ったりもしたけど、アタシもこんな仲間が欲しかったなぁ~と思った映画でした。
絶対にいい思い出になるよね。いつまでも仲良しでいられる仲間っていいよな~。
宮沢りえが可愛らしかった~~vv

小説を読んだ事があると書いたけど、結構忘れてました。
戦車なんて出て来たんだっけ~?と思ってたら戦車は映画オリジナルだったようです。
あと柿沼の誘拐事件のくだりは映画ではカットされてたのかな?
確かそんな事件があったように思ったんだけど・・・?
他にも久美子の名前がどうしても出てこなかったり(エンドロールで発覚)
安永が好きなのがひとみだったという設定にもそうだったっけ~?と思ったり。
(原作では安永と久美子の組み合わせが強いイメージがあるけど、はじめはひとみが好きだったの?)
おじいさんとかレポーターの人とか、原作では「七日間戦争」以後もかなり活躍していたように思うんだけど名前も思い出せなかったり~。ダメダメですね。
瀬川さんと矢場さんだったかな?

アタシは中1の時に図書館で「ぼくらの七日間戦争」を読んで見事にはまり、当時出ていたぼくらシリーズ数十冊こつこつ買って集めたという薄小遣いの中学生にしては頑張ってた思い出があります。
ぼくらシリーズも一応の完結を見てから数年経ったよね。
そんな感じで、映画を見て久々に小説数十冊読んでみたくなりました。(^^)
でも実家から持ってくるのも手間だなぁ~。

THE BACUUNE

今回の帰省の唯一つの目的。
それがThe Bacuune ってバンドのライブだったわけです(^^)
そんなわけで、行ってきました、10/19に長野市で行われたライブに~♪

今回は4組の対バン形式でしたが、お目当てのBacuune以外の3組もけっこうおもしろく、楽しい数時間を過ごす事が出来ました。
ま、やっぱり一番はBacuuneなんですけどね。
ホントに元気ないときに聞きに行くにはベストな彼らなわけです(^^

今回やってくれたのは6曲。
アンケートを出しちゃったので3曲目の曲名が不確か・・・(>_<)
いや、だからアンケート出す前にしっかりメモっとくべきなんだよ・・・!
無計画人間不万歳・・・!!!!!!
1曲目の新曲以外は聞いた事ありました 先月も行ったからな~。
アタシは物覚えがよくなく(だから暗記ものの日本史とか苦手だった~)、曲のメロディさえも次の日にはすぐ忘れちゃってていつももどかしい気持ちを抱えていたわけなんですが、曲始まったら「これ聞いた事ある!」って自分が認識できた事が嬉しかったなぁ~。

今回は友達が都合が悪くて一人で行ったんだけど、それでも行ってよかった♪
女一人だったからかヘンなおぢさんにからまれたりして大変だったけど、それでも行ってよかった~♪
また元気になって帰ってこれました~(^^)
なんだかキラキラしている人に会ってお話すると、自分も少しそういうのを分け与えてもらえたような気持ちになれてよいですね。
若さも少し分け与えて欲しい・・・(笑)

今回、一人だけど・・・行くしかない!
と思った理由の一つは、初音源のCDが発売されるという事だったんですよ。
そんなわけでもちろん、CDも購入してきましたっ
Bad GirlfriendとRevolverの2曲入り。
ライブで聴くのも迫力があっていいんだけど、CDで聴くのもよい感じでした*
すぐ買いに行かなかったからもしかして完売したかも~~~!と不安に思ったりもしましたが、まだアタシの分は残ってた。
よかった。
で、皆さんによかったですよ~(^^)
って話をしてきたわけなんだけれども。
どこが、とかどう、とかいろいろ言えばよかったよ~~~!
アンケートに書いたいろいろな事も言えばよかったよ!アンケは無記名だしさ。
またいつものテンパリで言いたい事も言えずに帰ってきたように思う。
もうだめですね。
なんだか緊張するとすぐテンパっちゃってだめなんです・・・(涙)
でも、握手はちゃんと求めたし(そんな自分に拍手を送りたい)、昔から一番熱烈応援中の人に「一番応援してるんで!」って言えただけでも十分です。
アタシ、頑張ったよ・・・!
CDには3人のサインまでしてもらっちゃって。
しかも自分の名前まで入れてもらっちゃって。(もぅ万歳!アタシ万歳!!!)
アタシ、こんなに頑張れる子だったっけ・・・!? いつの間に・・・?
プレミアのためには宛名入りでないほうがいいとかお宝鑑定団とかで聞くけど、プレミア価格より自分の幸せのほうが大切なアタシにはこれでオッケィです。
宝 物 に す る よ ・・・ !

弟にも全力でCD勧めて来た(笑) 
一緒に住んでたら毎日エンドレスで流し続けて洗脳できるのに・・・!
(洗脳が成功する前に愛想をつかされそうですが・・・(^^;))

そんな楽しい金曜日でした。

===
THE BACUUNE 1stライブ感想  
THE BACUUNE 2ndライブ感想 こちら
           2007.9.14ライブ感想 こちら 
アタシの「音楽」カテゴリの記事の中の彼らの率が上昇していく(笑)

CLANNAD 涙のあとにもう一度

あれ~もう火曜か・・・

あさって深夜にはもう4話放送ではないか・・・!
でもなんとなく3話感想も書くことにします

OP前の幻想世界シーンでは、「僕」が出来上がりました。
僕・・・こんにちわ。
キミはこういう体だと思っていたよ(^^)
少女も想像通りだし。

3話でも新しいキャラが数人出てきましたね。
公子さんに芳野さんに有紀寧。春原妹の存在も出て来た。
あの兄妹話は好きなので嬉しい♪

3話で一番楽しみにしていたのは渚のしょっぱいあんぱん。
「(とんかつっ!)」とつぶやいたあとに校舎の中の岡崎に向かって勇気を出してにこっと手を振る渚。
じ~んときましたね。
・・・頑張ったよ、渚・・・!!!と。
でもゲームほどじゃなかったかも。
ゲームでこのシーンを見たときに感動で涙が出てきて、渚に傾いた最初の一歩がここだっただけに、もう少し じっくりゆっくりやって欲しかったです。
でも、相変わらず渚が可愛いのでもぅなんでも良いですvv
アタシの彼は、岡崎が渚からパン奪って食べた意味を理解していませんでした。
「なんで上の部分だけ食べてんの?」って。
渚の涙を食べたんだよー!って教えてあげたら、涙ぁ??って・・・。
この感動を分かち合えなかったようです(笑)

今回も風ちゃん可愛かったーーーvv
2話でのにじむ涙もかわいかったけど、3話での滝のように流れる涙も可愛くて。
「どりぶる~~~~!しゅーとぉっ!(>ヮ<)」
風ちゃんのセリフは平仮名が合いますね♪
最近よく見かける風ちゃんの顔文字も可愛くてGoodです
風ちゃんに対してしょうがねぇなぁ~って目でみている岡崎にもときめいてしまいました

渚の「うぃ~待ってくださぁいっ」も可愛かったvv
渚は引っ込み思案だったりもするけど、自分のしたいことをちゃんとわかっている芯のしっかりしている子なので大好きです
だんご大家族も可愛かったですねーvvv
画面がだんごにのっとられた・・・(笑) 渚までもが埋まっていって・・・大爆笑ですよ。

しかし一番はボタン!!
ぎゃ~~~その可愛さにK.O!! なんて可愛いの・・・!
動いてる姿が可愛すぎる・・・! あたしも欲しい~~!!

春原も大活躍でしたね
智代の蹴り743発hit・・・(^^;)
4桁あるところを見ると、最高9999までいくのだろうか・・・。ファイトっ!
杏にもやられていました。
彼の生命力はゲームからアニメにかけてかなりパワーアップしてますよ。
流石だ・・・!!
彼はあのアホさ加減が何とも言えず、いいのです
来週はもっと頑張ってくれちゃうのかな?
次回予告とか凄かったな・・・ 楽しみ(^^)

ところで杏も椋も岡崎を好き設定のようですね~。
ことみももちろんそうだろうし。
今後どうなるんだろ? 渚一筋の岡崎で居て・・・!(><)
やっぱ男は一途でないと**

ところで、合間のCMでエスパー魔美DVDboxのCMが流れたわけなんですよ。
アタシが数万円はたいて購入してしまったDVDBoxです。
・・・あれ?一年間限定生産だったはずでは・・・?
まだ買えるの~?
ま、アタシは持っているのでいいのですが。
テレポーテーション~恋の未確認~は良い曲でテンション上がってしまいます
しょこたん☆かばー2にも入っているみたいだし♪

===
クラナドゲームプレイ時の感想
CLANNADアニメ 2話感想   4話感想

帰省してました★

いや~!
やっぱり長野大好きですよ♪
高速バスの窓から見える景色が、建物よりも山が多くなっていくにつれて感動が増します***
帰りは、山がどんどん遠くなっていくのが悲しいですけどね~

今回は金から月までと最近にしてはかなり長く帰ってましたね。
でも、予定は一件のみ。
目下熱烈応援中のバンドのライブのみで。
あとはだらだらと猫や弟とたわむれたり、ふらふらお買い物(ブックオフが最終的な目的地)をする毎日でした♪

お母さんと夜中にガストへ出向いて、ドリンクバーとデザートを頂いたりもしました
母とこんな風に過ごした事なんてこれまでなかったような気がする~!
なんだか楽しい帰省でした♪

アタシ・・・お気楽だなぁ~と自分でも思う(笑)

Photo

Photo_2

今回も懲りずにうちのめんこいくろとちゃたを披露します~vv
くろは窓辺でコーヒーブレイク中です♪ 優雅で可愛いでしょ!!(ただカップ置いただけですが)
ちゃたはえさをねだって飛び掛ろうとしてきます。  ・・・怖いのですよ~!

2007年10月19日 (金)

集中したかも(BlogPet)

きょうみあずと、コンビニっぽい発売したかも。
それでこなたんは一緒するつもりだった。
でも、集中したかもー。
だけど、きょうおれんじは、かがみんとフジ放送したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2007年10月15日 (月)

10月新アニメ~

やっとアニメに集中できます。
というのも、こないだまでフジで「24」のシーズン5がやってたのですよね~。
アニメは好きだけど、24の方が好き!かもしれないアタシです。(笑)
HDDに入れて、残量が足りないからDVDに入れて・・・やっと24話こないだ終わりました。
昨日5hくらい見たんだけど、ミスで1話抜けててちょっと小休止。
凄く続きが気になる状態で間を開けちゃうと、一気に興味がなくなりそうでやばいです。
早く抜けてる1話見なきゃ!

そんなわけで、今週からやっと何にも縛られずにアニメを見ていけそうです。
今んとこ見始めようかなと思ってるアニメは、9   て多いな~(--;
「バンブーブレード」「逆境無頼カイジ」「Myself,Yourself」「素敵探偵ラビリンス」「逮捕しちゃうぞフルスロットル」「CLANNAD」「灼眼のシャナⅡ」「ご愁傷さま二ノ宮くん」「D.C.Ⅱ」
CLANNADは確実に毎週画面にかじりつくように見ると思います(^^
1・2話共に何度もリプレイしました@
微妙かな?と思うのが数個あるけど、多分見続けると思います~。
今期はCLANNADが強すぎて他アニメへのリアクションが薄くなっちゃうかもしれませんが・・・もうしょうがないかって感じで!(^^)
今いいなと思ってるOPは「二ノ宮くん」のやつ。

多い・・・いや、これでも2個削ったんですよ~(^^;
前期で終わったのが・・・11個だから・・・まぁいいか・・・?(なんかもぅ、普通の大人としての感覚が皆無・・・? 笑)
今期も本気でHDD残量と闘います

リンダリンダリンダ

最近ネタが無いのです。

しかし、このままだとCLANNAD記事が続く危険があるし、最近のCLANNAD率も高いしヤバイ。ということで。

こないだ、ふと見た映画「リンダリンダリンダ」の感想をちょっくら。

これは、深夜にやってたのを録画して見たわけです。
なんか、評価(映画レビューサイトの評価)が高いから見てみよ~って言われて。
アタシは、リンダって言ったら山本リンダしか思い浮かばなく、あんまり見る気がしなかったんだけど、見てみたらおもしろかったです(^^)

女子高生の、「青春」映画みたいなもんでしょうか?
ふとしたことでばらばらになりかけた女の子バンドが、たまたま通り過ぎた韓国留学生を新しいボーカルにして、ブルーハーツの曲を学祭でカバーする、っていうお話。
タイトルはブルーハーツの「リンダリンダ」からきてました
曲が完成していくとともに、友情が成り立っていく感じとか、凄くいいなぁと思いました。
こんな高校生活、送ってみたかったです。

主役は誰なのかな?
ソンちゃん?
ソンちゃんは、可愛くて韓国訛りのブルーハーツは最初は戸惑ったけど、よかった。
香椎由宇も若くてなんだかびっくりでした。
前田亜季も最近見てなかったからこんな顔になったのかぁ、と。
一番笑ったのは松山ケンイチ。
こんなところで松ケン!! って思ったのもあるけど、それ以上に役としての彼がいい味出してて笑っちゃいました。

や、それにしても、ブルーハーツはいいね。
なんだか強い男!って感じがしてうっとりしちゃうなぁ~(^^

2007年10月12日 (金)

CLANNAD 最初の一歩

ついに2話です。
この一週間長かったなぁ~~。
もちろん、ここまで心待ちにしているアニメ、これが初です(^^)
このもどかしい気持ちも、嬉しいんだからもぅどうしようもないです(笑)
というわけで、2話感想。
なんだか愛が先行していて、感想っていうか、ただの突っ走った日記になっていますが・・・まぁいいか

OPのあとにDVDリリースのCMが流れました。
12/19発売・・・特典もなんだか豪華だし・・・本格的に欲しい。

本編は。
これも、25分が早くて早くて。
楽しい時間は早く過ぎ去る、これって小学生の頃から思っていた事だけど、最近そんな感覚に陥る事あまり無かったですよ。
とにかく、時間の流れに疑問を感じるほど楽しんで見ていたようです。

杏のスクーター殺人未遂とか、智代の528コンボ・・・(なんだかかなりパワーアップしてますが(^^;))、図書館の妖精ことみ、黙々と●ト○を彫る風子。
と、渚だけでなく今回も女の子が目立っててよかったー。
皆かわいいvv

2話での登場はことみと風子。
二人とも、ゲームでのBGMを引っさげて登場しました。
ことみは「Etude pour les petites supercordes」 、風子は「はりぃすたーふぃっしゅ」。
(多分タイトルこれであってるよね・・・?)
どっちも、キャラに合ってて凄く大好きな曲ですー

ことみは、あのほんわか~おとぼけ~がうまい具合にでてましたね(^^)
能登さんの声がことみには合ってる
「ともや・・・くん・・・?」が今回は無かった。
岡崎がことみに自己紹介するのは来週へおあずけなんですかね?
風子は・・・!
とにかくかわいくって~~~~vvv
風子登場シーンが2話での一番のアタシのときめきポイントでした
ふにゃら~~~って笑顔とか、星型(●ト○型って言うべき?)の効果とか。
愛らしいですねーvv
手が痛いのを隠そうとして隠しきれてないとことかも大好きっ!!!
涙がにじんでるのとかたまらん!!!
抱きしめたいよ~~~!!
あの風子のふにゃら笑顔を見るとどうしてもジュースのスロトーを鼻に入れたくなってしまいます。
えぇ、愛故です、もちろん。(^^*

やー、渚も可愛かったですよ。
一番はやっぱり演劇部員募集の紙を書いてる時ですよねv
だんごのうた、前回思ったとおり、EDのメロディに乗せて歌ってたよ・・・!
なんだかプチショックです!
いや~もうこれには慣れるしかないかなと思ってはいるんですけどね。
単調な「だんごっ、だんごっ」の歌詞だけで十分感動できていたので・・・。
それにしても、渚は歌声も可愛かったよ・・・!
「とんかつっ!!」も可愛かった~~~!
ここでやっと、食べ物名を叫ぶのが「自分を励ます時のおまじない、頑張れたら好きなおかずを自分へのご褒美に・・・」という事が発覚しましたね~(^^
1話での「あんぱんっ!」「はんばーぐ」もそうでした。
くぅ。何しても可愛い渚。
いいなぁ~。

そんな渚を、岡崎が追い詰めました。 アホめが。
雨の中ずっと待たせて。
精神的追い討ちもかけて。
渚は息も白くなるような寒い日の雨の中、校庭に倒れ・・・ここで「つづく」ですかーーー!!!!!
そんな・・・先がわかっているアタシでもこの引きはヒドイよ。
渚の苦しみが一週間も続くのかと思うといたたまれません。(←実際はもちろんそんなことありません)
早く一週間過ぎ去ってー(><)

岡崎にほんの少しの殺意を抱いてしまったアタシですが。
次週予告を見て、そんな気持ちも収まりました。
アタシは渚に優しい岡崎が、実のところかなり好きなんですよ(^^
頑張れ、頑張れって渚の勇気を奮い立たせてあげる感じとか、いいな~。
来週はしょっぱいあんぱんが出てくると思われます。
アタシはきっと泣いてる気がする。

===
クラナドゲームプレイ時の感想
CLANNADアニメ 1話感想 3話感想

2007年10月11日 (木)

きょうは全開された(BlogPet)

きょうは全開された。

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2007年10月10日 (水)

幸せか不幸せか

ま、先日は誕生日だったんですが・・・みなさんコメントやメッセージどうもありがとうございました~!
そろそろ歳を取るのが楽しい歳ではなくなってきていますが、こうしてお祝いのお言葉をいただけることはとても嬉しいです。(^^
幸せものだなぁ~**

ところで。そんな誕生日であった先週末の一日は・・・タイトルのような一日でした。
疲れることが沢山あって、楽しい事も沢山あって。
秤にかけてみたら楽しい事の方が少し大きいかな?って感じです。

というのもですね!
日記で予告したとおり、アタシは秋葉原のホームに行って来たんですよ!
朝着いたら売り切れ状態で、補充される時間を聞くとまだ5・6時間あったので、秋葉原の街に始めて降り立ちました~。
ドキドキ
電機街という場所。ホントに電機屋(?)がいっぱいあるんですよ~!
すごいわぁ・・・!
しかも、おもちゃ売り場が充実している・・・!
可愛い女の子のフィギュアとか一杯あって感動した~vv
時々知ってるアニメetcのフィギュアもあって楽しかった
彼と斜め下から沢山の女の子のぱんつをしっかりと見てきましたよww
もちろん、秋葉原以外ではそんなことしませんよ!!!(^^;;;
秋葉原ならでは!!なんか空気がそうさせたんだー!!!(なんて土地のせいにしたりして)
他にも中古ゲームを探したり、ちょっと濃いぃお店に入ったり・・・と今まで生きてきて一番天国に近い場所にきたかも!と思うくらいでした。
素敵な街だ~!!****
メイド喫茶はどこにあるのかわかんなかった。
ま、彼もそんなとこ入ってもどう接すればいいかわかんないし!って言ったし、アタシも言ってみたい~!と言う割りには実際に入る度胸が備わっていないのでいいのですが。
駅前でチラシ配りをしている女の子が(メイドだけじゃないコスプレさんもいたり、外国の方がどかどか写真撮ってて、ちょっとした撮影会みたいになってた・笑)いて、少しだけ雰囲気を感じられただけでもぅ十分です(^^
AKB48の踊りを踊っているおじさんたちは見ることが出来ず。
きっともっと奥地にいるんでしょう・・・(笑)

というわけで。
数時間秋葉原の街(表側だけですよ~)を堪能してからホームへ戻る。
もう既に列が出来ていました・・・。
ていうか、女の子あたしを含めても5人いたかどうか・・・!超ハズイ!
で、結局。
3hくらい並んで一つもGET出来なかったと・・・!(涙!滝涙!号泣!)
アタシの5・6人前で全種売り切れた~。
ていうかね、補充する量が少なすぎると思うんだ・・・!!(もっと言えば、生産量が少なすぎるんだって)
皆沢山欲しいに決まってるじゃない~!
リベンジするかは未定です。
なんかもぅ、やり遂げた感もあるので(笑)
次行くなら平日かな~。
そこで、同士の女の子を見つけてお友達になりたい・・・とアタシの野望は尽きません

そんなわけで、たくさん歩き回った疲れと、こんなに並んで入手できなかった(もちろんアタシよりたくさん並んだ人はGETしていたわけですが)という精神的ダメージが大きく、どかっ!と疲れてしまった一日だったけど。
初☆秋葉原は楽しかったし、
そのパンの缶詰の自販機は写真に収めたし(アタシの勇気の勝利です)、
アタシなんかよりCLANNADへの愛のつまった人が沢山いて、悔しいけど嬉しかったし、
待ち時間中にCLANNAD電車(アニメ宣伝が車両に張られた電車)を見れただけでもよかったかもしれない
電車がホームに入ってきた瞬間、列を作ってる待ち人達がざわっ!と注目し、カメラを構えるのvv
そんな光景、普通の人が見たら異様だよね・・・(^^; ホントゴメンナサイ。
もちろん、アタシも人目をはばからず写真撮った人間です。
なんつーか、もぅ、赤信号皆で渡れば~の心境なんですよね。
写真撮るとか恥ずかしいよ~とか思ってたのに、撮らずにはいられない!て感じ。

1191929_img_3

1191937_img

自販機。映ってはいないですが、全て「売切」ランプが点灯中です。
電車。どうやら聞いた話によると66本ある総武線中1本だけのラッピング電車(?)のようです。
それを待っている間2回も見れたアタシは幸せだったんだろうか・・・。
うん、きっと・・・!


それからうちに帰ってきて、夕飯もおいしいものご馳走になったし、ケーキも買ってもらったしvv
皆さんから沢山お祝いメッセージ届いてたし(^^)
う~ん、考えてみると不幸せあんまりないかも。

楽しい誕生日でした。(^^)
パンの収穫は出来なかったけど、一日中付き合ってくれた彼に感謝です。
普段なら絶対付き合ってくれなさそうな場所・行動なのにね・・・
アタシの誕生日でよかった・・・。

===
CLANNADの缶詰パン発売(秋葉原ホーム限定)を知った際の日記はこちら
クラナドゲームプレイ時の感想

と。
精神的にも肉体的にも疲れたアタシはなんと!風邪を引いてしまいました~@
喉と鼻と熱・・・!
アタシはどんだけ弱っちいのでしょうか。
最近体を酷使すると必ず体調を崩してしまいます~。歳のせい・・・!?(>_<)

2007年10月 7日 (日)

おめでと~v

♪ 今日はわたしの誕生日~
  み~んなで集まって一緒におめでとう~
  いくつ いくつ いくつになったの     ♪

聞 か な い で 下 さ い 。 (-゛-;

誕生日といえば、世間では「♪HAPPY BIRTHDAY」ですが、アタシはこの歌も好きです(^^
皆さん知ってるかな~?
確か、昔やってたアニメ「日本昔話」のED曲だったんだと思うんだけど・・・

というわけで、今日、10/7日は手塚くんの誕生日でもありますが、アタシの誕生日でもあります♪
わ~い(^^
歳を取る事はそろそろ嬉しくなくなってきたけれど、ケーキを食べれる事は今でもめっちゃくちゃ嬉しいですvvv
あと、おめでと~って言ってもらえるのも嬉しい

上でも書いたけど、某テニス漫画の主人公、じゃなかった(^^;) 主要キャラの手塚くんも今日がお誕生日らしいんですよ~。
アタシ、これまで同じ誕生日の人に出会ったことがないのでちょっと嬉しいです。

今年は休日にかぶっているのでお出掛けしているかな?
(これ予約投稿してます@)
予定では秋葉原のホームに行っていると思います・・・
 数日前のアタシの記事を読んでくれた人は、目的がわかるかと・・・

アタシの歳のお話。
昨日と今日ではかなり違う、そんな境目の年齢です。(笑)
みなさんはアタシの歳の事なんて気にせず今まで通り仲良くしてくださいね

2007年10月 6日 (土)

エンターテインメント?

そうそう、今日はWJ45号の発売日でしたね(^^
もちろんアタシも買いましたよ~~♪
巻末コメント・・・定型文ですか・・・!!!
そんな冨樫さんも大好きです(笑)
↓これがそうです。
多くの方々に御迷惑、御心配をおかけしました。それでも待っていて下さった皆様のお陰での再開。頑張ります。

45号では表紙&センターカラーだったんですが、どちらもうまい具合(?)に力を抜いた感じで・・・。
中身も修正されたと思われるコミックスにくらべるとアレな感じで。
流石冨樫、それでこそ冨樫!って感じでした。(^^) このセリフ、最近使ったな~(笑)
いや、もう何でもいいんですけどね。
やっぱおもしろい。ユピーのいる中央階段からの突入て・・・大丈夫なのかなぁ。
来週からのWJも気になる!!
久しくWJチェックをしていなかったけどこれから10週は怠れませんね~。
ってそう、「今週号より10週連続掲載!!」なんだって!!!マルの数間違ってないよね?
どんだけVIP待遇なんだ・・・(笑)
いや、大好きなんですけどねwwwwwww
カラーのページにかぶった煽り文
君も みんなも そして僕だって この時を待っていた!!
にもわらってしまいました。
いや、漫画の内容にも合ってるっちゃー合ってるんですよ。しかしこれは・・・(^^;)
集英社、ガンバレ!とそっちにエールを送りたくなってしまいますね~。お疲れ様です

そういう一日だったんですが。
なんと!Yahooニュースに「ハンター×ハンター」の文字を発見!!

<ハンター×ハンター>ジャンプの人気マンガが1年8カ月ぶり連載再開

10月6日14時29分配信 毎日新聞

 06年2月から休載していた冨樫義博さんの人気マンガ「ハンター×ハンター」の連載が、6日発売の「週刊少年ジャンプ」45号(集英社)で約1年8カ月ぶりに再開された。

 「ハンター×ハンター」は、行方不明の父親ジンを探す主人公・ゴンが、ジンが優秀な「ハンター」と呼ばれる戦士だったことを知り、自分もハンターになろうと決心し、試験を受けながら、さまざまなライバルたちと出会い、成長していくファンタジー。98年から同誌で連載が始まり、06年2月から休載していた。単行本は24巻まで発売中。

 連載は、爆発的な繁殖力と驚異的な戦闘力を持つ虫「キメラ=アント」の集団とハンター軍団の戦いを描く「キメラ=アント」編の途中から再開となる。10週連続の掲載予定。【渡辺圭】
MSNサイトのニュースにも冨樫の文字を発見。

長かった…漫画「HUNTER×HUNTER」1年8カ月ぶり再開
2007.10.6 20:34
冨樫義博さんの人気マンガ「HUNTER×HUNTER」の連載が、6日発売の「週刊少年ジャンプ」45号(集英社)で約1年8カ月ぶりに再開された。冨樫さんは「作者急病のため」を理由とした休載が多いことで知られており、多くのファンが連載再開を待ち望んでいた。

 「HUNTER×HUNTER」は、主人公のゴンが、「念」と呼ばれる特殊な能力を身につけ、強敵との戦闘を経て成長していくストーリー。良く練り込まれたストーリーやキャラクターの複雑な心理描写など、非常に高い評価を得ている。しかし、本誌掲載時にネームに近いラフ画や真っ白な背景で掲載されることが頻発し、ネット上では「落書き」「手抜き」などと批判する声が目立っていた。単行本化される際には、不完全な部分は直されるものの、修正作業を行うために本誌連載を休む傾向があった。

 テレビアニメは99年10月16日~01年3月31日までフジテレビ系で放送されたが、原作の休載が非常に多いためにアニメの内容が追いついてしまい、打ち切りという形で放送終了となった。

 冨樫さんは、99年1月に美少女戦士セーラームーンシリーズ等で有名な武内直子さんと結婚。05年には夫人と共著で絵本「おおぼーぬーとちぃぼーぬー」(講談社)を出版している。

とそんなわけで。
日本のエンターテインメントという観点でも注目されるほどの連載再開だったわけ・・・?とちょっくら驚愕しております。
うける。(笑)

Kanon

今日やっとKanonをやり終えました。
Key作品の「Kanon」(PS2・2002)です。

これは・・・かなり時間かかったなぁ~。
半月・・・もしかしてそれ以上かも。
CLANNADに比べて女の子も少ないし、テキスト量も少ないはずなんですが。

7年ぶりにこの街(北海道が舞台かな?)に戻ってきた主人公と、彼をとりまく5人の女の子たちとのお話です。
ストーリーはよかったと思うんだけど、この前アニメを見てしまっていたので、オチがわかっていてイマイチゲームにのめりこめなかったかも~(>_<)
やっぱりラストがわかってると厳しいなぁ~。
のめりこめなかった理由としては、一人でプレイしていなかったというのもあると思われますが・・・。
やっぱ一人で黙々とプレイするってのがのめりこむのには必要かと思う。

それでも、いいシナリオでしたよ。文章が読みやすいってのはもちろんの事。
特に全体を通して印象的だったのは夕焼けに染まる街の描写かな。
Key作品に出てくる夕焼けはどれも本当に温かくて好きなんですが、Kanonも例にもれず夕焼け描写が素敵でした。
紅く染まった風景もホントにキレイで。不意に涙が出てきそうな、そんな感じ。
物書きさんは同じ夕焼けでも同じ描写にならないようにたくさんの言葉を使ってその時の夕焼けを表現するわけだけれども、それら全部うまくてきれいで。
感心しました。
他にも白い息に関する描写もたくさん出て来た。
アタシが雪国出身という事もあって、雪に取り囲まれた街での風景描写も雪描写もとにかく懐かしく、ほんわかした気持ちになれました~(^^)
雪を踏みしめる音にはなんだか抵抗があったけど。まぁいいや。

それぞれの女の子との7年前の出来事と現在のもっていき方もよかったと思いました~(^^
アタシのグッドエンディング到達順は
名雪→真琴→舞→佐祐理→栞→あゆ  でした。
攻略サイト様を見てもあまり順番にこだわらなくてよいみたいだったんで、普通に気になった名雪から。近場から?(笑)
で、やっぱり最後での盛り上がりが必要だろうとあゆは最後に回しました。
栞も見た目アタシの好みだったんで後に回して。
そんなわけで。
名雪ルートでは名雪と毎朝仲良く登校していた主人公が真琴、舞ルートで名雪を簡単に置いていってしまうような場面でショックを覚えました。
祐一が名雪に冷たいよ~!と。
これはギャルゲーの宿命のようなものですね(笑)
ギャルゲーならでは(?)の悩みは尽きません。
真琴は真琴ルート以外ではふらっと姿を消して死に行くし・・・舞は舞ルート以外ではずっと魔物と闘っているまま・・・?栞は人生に未練もなく死んでいく・・・?
と、そんなことを考えてしまうと悲しくなってきます。
考えない、考えない
これもギャルゲーの約束事ですよね。(^^

エンディングの好き度は
あゆ≧真琴>名雪>栞>舞   かな? 
>が何個も連なっていないのを見てもわかってもらえるように、すんごく飛びぬけて好き!っていう子がいなかったかも~。
皆それなりによい話でしたしね(^^)
あゆはさすがにメインヒロイン(だよね?)だけあって可愛かったですね
外見が。
ダッフルも羽のついたリュックも赤いカチューシャも。(^^
あれ、そういや、祐一が渡したかったプレゼントってカチューシャだったんだよね。
その辺曖昧になってなかったか・・・?
「うぐぅ」とか「ボク」とかも終わる頃には何にも違和感なくてそんな自分にオドロキです。
うぐぅとか普通に可愛いし。
真琴は、あの言動もあって、はじめっから何にも期待していなかったんですよ。
早いうちに終わらせとくか、みたいな位置付けの子でした。
それが、やり終えたあとは 凄くいいなぁ~~~と。
最後涙がこぼれそうでしたよ・・・。
一番シナリオとして感動したのは真琴ルートだったかもしれません。
その後違う子のルートをプレイ中にも真琴にイタズラをされるわけなんですが、そんなイタズラがとても愛しく思えてしまって・・・。
真琴ルートをやり終えた後は無性に肉まんが食べたくなりました・・・。もう冬ですしね。
名雪ルートもとてもいい話だったんですよ。
しかし、いかんせん普通すぎて中ほどの好き度です。
少女漫画とかであったら絶対好きだな~こういう設定。
特に最後の目覚まし時計。
最初にこの目覚ましを聞いたときには「なんだこれ」と思いました。
毎日聞いているうちに朝になると目覚ましの台詞をしゃべっている自分がいましたが・・・
それでもまぁ目覚ましはただの名雪という人物のおとぼけ感を出すためだけの道具だと思っていたんですね。
それが。
あぁきたかと。
なんだかCLANNADのだんごの歌にやられてしまった時と同じような心境でした。
どーでもいいと思わせといて実は最後にきらりと光る小道具・・・うまいわぁ!
栞は ん、まぁ。って感じですかね。
あなた、そんなに短いスカートで毎日出歩いて身体は大丈夫なの・・・?とか本気で心配していましたが・・・
最後悲しくなくてよかった、んだよね?
カッターを買ったんですって聞いたときには悲しかったな~。
香里もなんだか切なくて。
香里の気持ちはわからないでもないけど、やっぱ切なかったです。
舞は・・・「あたしは魔物を狩る者だから」って言った時にダメかも・・・と思ってしまいました。(^^;
なんて言って、舞ルートをプレイ中は手に汗握りつつ一生懸命読んでましたけどね。
自分、あまりそういう系苦手なので・・・
舞のために夜な夜な食料を買ってきてくれる祐一にときめきました。
あとはウサギ耳。可愛いなぁ~(^^)
佐祐理さんも可愛かった~vv 外見では(内面でも)佐祐理さんが一番でしょうか。
佐祐理ルート(?)は微妙だったかな? 今後に期待!て感じでしたね。

音楽も良かったです~(^^
「Last regrets」はよかったなぁ~ もちろん「夢の跡」もいいですよね♪
他にも「風を待った日」「約束」「冬の花火」「風の辿り着く場所」など好きです。

全体を通じて印象に残った言葉は名雪ルートで出て来たことば
わたしはこの街が好きだから
冬は白い雪に覆われて・・・
春は街中に桜が舞って・・・
夏は静かで・・・
秋は目の覚めるような紅葉に囲まれて・・・
そして、また雪が降って、大好きな冬が始まる・・・

です。
お気に入り。アタシもこんなふうに自分の地元が好きなんだよね。(^^)
春夏秋冬の、冬から始まっているというのが何とも言えずにいいです。
自分の暮らす街を好きでいるってホントに大切な事だと思うんだよなぁ。

これで、Key作品、AIR、CLANNADに続いて3作品やったことになります。
この3作ではCLANNAD>>>>>>>>>>>>>>>Kanon>>>>>AIR
て感じかなぁ~。
とにかくCLANNADは超えられないと。
アタシの一生においても何にも超えられないかと思っているんですが、どうでしょう?
AIRも嫌いではないんだけどね、やっぱりラストが幸せなほうがアタシは好きです。

実は全員の女の子のグッドエンディングをみたのでCGは100%になってるんですが、選択肢つぶしもしてないし、バッドエンディング見たのも舞だけという・・・。
まだまだ穴がいっぱいです。
そんなわけでもう少し楽しめそうなゲームです~(^^

アニメについても第一作目の方しか見ていないので、京アニ版も見てみたいです。

追記。
やり終えました。全選択肢つぶし。(07.11.)
バッドエンディングの中ではあゆのがよかったかな。
栞のB.E.は悲しすぎました。・・・
日常は日常のまま・・・ はそんなぁ~って感じですよね。(笑)

===
AIRのプレイ感想
CLANNADのプレイ感想

2007年10月 5日 (金)

CLANNAD 桜舞い散る坂道で

昨日はCLANNADアニメの開始日でもありました。
ホントに、神様からの少し早めの誕生日プレゼントかと思いましたよ。
こんなに10月幸せでいいのだろうか・・・

今フジでは深夜に「24 シーズン5」がやってて、それを録画してて新アニメチェックが遅れてますが、昨日は24とCLANNADが時間かぶってなかったからうまい具合に2つ録画できた
ホント、神はあたしを見捨ててはいないなぁと。(^^)

というわけで、CLANNAD1話「桜舞い散る坂道で」。
なんつーか、もう。このサブタイトルだけで感動してしまうんですが・・・!!!
そうだよ、あの坂道が全ての始まりだったんだよ、みたいな。

渚の最初の台詞は「あんぱんっ」でした。
・・・・・・可愛すぎる・・・!(><)
何でこんなに可愛いの、渚・・・!
「この学校は 好きですか?」とか「俺たちは登り始める。この長い長い 坂道を」とか。
これらの台詞がとんでもなくアタシの胸に 染みました。
心配していた朋也の声も「全然ダメ!」ということなく徐々に受け入れられました。
朋也のちょっと目尻の上がった感じも、好きだなぁ~。
こないだ、動画サイトでOP、EDを見たときも思いましたが、画がとてつもなくキレイでただただ感動してしまっていたなぁ・・・。
桜がはらはらと舞い、渚の髪や肩に降るのを見ているだけで、もう・・・!
感無量なのです。

OPに入る前のモノクロだった世界(朋也の世界?)が色をつけていく感じも凄くよかった。
で、控えめに、でも一生懸命に朋也について坂を登り始めた渚の横顔とか。
あああ アニメーション万歳** って感じでした。

あと、いいなぁ~ と思ったのは
屋上にいる女の子達に渚が頑張ってにこっと手を振るシーン。 かわいかったな。
今回は気付かれなかったけれど・・・。
次にこれを見たときはきっと泣いていると思う、アタシ・・・。

古河家での3人揃っての「ぐっ!」も可愛かった~vvv
朋也の顔が見えないのもよい感じでした(^^

OPもEDもだけど、数秒の提供画面や日常のBGMがゲームの音楽使ってるって言うのもよかった。
CLANNAD~~~~ っていう雰囲気が最初から最後までしていてのめりこみました

これはアニメだから渚ルートというのは決まりだと思うんだけど、たくさんの女の子が出てくるようで嬉しいです
1話で椋、杏、智代が出て来た。
杏の辞書投げや智代の暴れん坊ぶり(笑)が見れたのでとりあえず満足です
来週はことみと風子が出てきそうですね。
ことみがどんな風に絡んでくるのが楽しみだな~ことみシナリオも好きなので。

そして。アタシの大好きな春原も頑張っとりましたよ
ゲームの背景の通りの春原の部屋を見たときはなんだか感慨深かったです・・・!
智代に吹っ飛ばされた時も感慨深かったです・・・(笑)
学園祭時にはやってくれるんだろうか・・・。楽しみ♪
彼はアタシの中の ベストオブヤラレ・ヘタレキャラです(^^)
アニメで朋也とのグッド(?)エンド編を見られないのは残念極まりないけど、大丈夫。彼には便座カバーがあるから。(?)

そんな感じで・・・かなり満足な出来でしたよ~(^^
しょっぱなから満面の笑顔でTV画面凝視してました、とにかく笑顔で。
こんな初回から温かい気持ちで笑いっぱなしだったアニメは初めてなんじゃなかろうか。
事あるごとに「渚かぁいいよぉ~」を連発。
頬緩みっぱなしです(^^*
既に、今期一番のお気に入りになることが決定しております♪
実際 しょっぱなのシーンはかなりのお気に入りです。
主要キャラはどんどん出てきそうだし、春原は可哀想だし、早苗さんと秋夫さんも出て来たし(エターナルまで出てきてG.J.でした)、古河家と岡崎家の対比もなされてたし。
いろんな女の子が出て来過ぎだなぁ~とも思ったけどあれだけの膨大なシナリオをまとめるわけだから仕方ないかな?と。
ちょっと気になったのは女の子たちのスカート丈。
こんなに短かった・・・? おじぎとかしたらパンツ見えちゃいそうだけど(>_<)
でも、智代の豪快な蹴りでもパン☆チラしていないので、そういうのは無い作品だとは思いますが。
全何クール作品かいまだにちゃんとした情報が出てきませんが、2クールって言うのが大半の予想のようです。
DVD・・・欲しい・・・。

来週からもCLANNADアニメ感想を書くかどうかは自分と相談して決めます~(笑)
毎週は無理でも何回かは書けたらいいな。

===
CLANNADゲームプレイ感想はこちら
    ここの最後にアタシのCLANNADに関する全記事へのリンク張ってあります。
CLANNADアニメ化に関する日記→ 
CLANNADアニメのOP、ED、アニメプロモを見ての感想はこちら
CLANNADアニメ 1話感想 2話感想 3話感想 4話感想 5話感想 6話感想 7話感想 8話感想 9話感想 10話感想 11話感想 12話感想 13話感想 14話感想 15話感想 16話感想 17話感想 18話感想 19話感想 20話感想 21話感想 22話感想 23話感想 24話(「智代編」)感想    
CLANNAD DVD(初回限定版) 1巻感想 2巻感想 3巻感想 4巻感想 5巻感想 6巻感想 7巻感想 8巻感想
CLANNAD~AFTER STORY~アニメ化に関する日記→ 
CLANNAD AFTER STORY 1話感想

HUNTER×HUNTER

お帰りなさいませ~!!
いや、もぅ本気で。
昨日ハンターをコンビニで見たときには涙が出るかと思ったよ・・・。
今年中に新刊を見るのは無理かな~・・・
アタシが死ぬ時に完結してないかも~・・・
などなど思っていたハンターが。ゴンが、というより冨樫さんが復活しました
コミックスの帯にも、表紙折り返しの作者コメントでも、中の白ページでもこの空白の1.5年ほどの事について何も触れられず。
・・・(^^;)
まぁ、 流石冨樫、それでこそ冨樫ってやつですね~(笑)

アタシは、このC発売の事実を知った瞬間に「10/4はバイトを入れず、10時開店を待って本屋に直行だ!」って決めていたんですが・・・
アホなアタシはついつい日付け感覚を忘れてバイト入れちゃって、読むのが夜までオアズケになってしまいました@
あほだーー  il||li _| ̄|○ il||l
売切れを心配したアタシは、人生初の本の取起きまでお願いしてしまいましたよ(^^;
もぅ、やっぱりアタシは冨樫さん信者なんだなぁ~って思いました。
結局、夜6:30のコンビニ(■ーソン)にも2冊あったし、行き着け(笑)の本屋にもまだまだ積まれていましたけどね
いいの。
手に入ればなんでもいいの。(^^
本屋に並んだJCの中でも減りは一番多く(実際それぞれの漫画の最初の積まれ冊数は知らないので贔屓目ですが)、店員の後ろの棚に置いてある漫画の中ではハンターがダントツ多かったですよ♪♪
それだけで嬉しいvv

というわけで、24巻はというと。
まず帯。「10月6日(土)発売週刊少年ジャンプ45号で連載再開」と大きく載せてありました。
特に「連載再開」の文字のフォントが凄まじく大きくて。
ていうか、連載再開なんて文字の書いてある帯、そうそう無いよね(笑)
この24巻の続きが明日発売のWJ~始まるそうです。
う~~~ん、うまい! WJ編集部、うまい・・・!
コレに踊らされてWJを買ってしまう輩が大勢いそうだなぁ・・・ってアタシももちろんWJ購入しますが!!
続きとか、そういうことだけじゃなくてアタシは巻末の作者コメントのためだけにも数百円払ってもいい・・・!(普段ドけちなアタシが・・・言った・・・!!)

内容は?
やー。とにかく感動でふわふわした気持ちで読んでたんでアレなんですが。
キルアの身体がいつの間にやら超がっちりしていてときめきました・・・!
え、いつの間に・・・ 
なんだか無性に恥ずかしい。 ・・・ごめんなさい。
普通に、王とコムギへの感情とかノヴさんとかキルアとイカルゴとか。
良かったですよ~。
王とか(というか蟻編入ってちょっと引き気味だったけど)はじめは全然ナイな、と思っていたんだけど、かなりきた!
ちょっと、彼、これからどうなるんだろ。
コムギにもっともっと頑張って欲しい次第であります★★
鼻水たらしたヒロインにここまで惹かれるとは自分でもびっくりだけど、コムギが可愛い!
本気で冨樫さんお帰りなさいってずっと思ってた。
やっぱりこの人はアタシの中でネ申です。
読んでてぞわっ! とくるんだよね。
アタシの感情がどんだけこの人に引っ掻き回されたか分からない。
マジで一生ついていくから・・・漫画を描くことだけは止めないで欲しい・・・!!

一ヶ月ほど前に24巻発売の事実を知り、1巻から読み返さねば!と思って夜な夜な読んでいたんですが・・・実はまだ11巻止まりなんだよね(^^;
そんなわけなので23巻あたりの出来事が微妙にあやふやです(笑)
それなのに24巻こんなにアツク読めてしまいました。
ちゃんと23巻まで予習できていたらどんだけ楽しめたんだろう、とちょっと後悔です。
これから22あたりからまた読み返してみよっと♪

「瀬戸の花嫁」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「瀬戸の花嫁」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

「瀬戸の花嫁
これは、開始前のストーリーチェックの時にこれ見よ~♪と思った第一印象を損なうことなく頑張ってくれたアニメ。
おぼれたところを人魚に助けられた主人公と、その人魚の女の子との恋物語~、ってやつです。
人魚の世界には、人間に姿を見られたらその人間か自分のどちらかが死ななければならないという掟が存在し、回避手段は、「人魚の正体を知った人間が人魚の身内となる」という方法のみ!  
そんなわけで彼女と結婚する、と決めた主人公なのであった・・・。(主人公たちは中学生ですよ~)
この人魚の世界が任侠の世界でもあったってことで、さらにハイテンションでおもしろく見てました~。
主人公たちが中坊だから(笑)健康的にみんなかわいくって、おもろかった。
アホな笑いも散りばめられてて、しょ~もな~!と思うこと多々ありで。
セリフがかぶってる事が多く、聞き取りにくいのが難点だったけど、でも好きだったな。
燦ちゃんが可愛くって、どうしようもないですよねvv
笑ってる燦ちゃんも、怒ってる燦ちゃんも、2頭身の燦ちゃんもどれも可愛い、けど・・・
一番可愛いのは、名セリフ
「任侠と書いて、にんぎょと読むきん!!」
を発するときの燦ちゃんでしょうか(^^
これ、一話に必ず入る決まり文句かと思ってたらそうでもないみたいでしたね。
最初の頃はよく聞いたけど、最近ずっと聞いてないような気がします。
最終回で久しぶりに聞いたな~。

途中13話「ある愛の詩」は、けっこう感動した。
留奈ちゃんのホントの気持ちと燦ちゃんの覚悟がビシッ!と決まった回だったと思うんですよね。
ちょうどアニメ入れ替えの時期の13話だったから、最終回か~?と思うほどの出来だったと思うんだけど。
実際、タイトルもそれっぽいし、話的にも山場だったし、OP前にキャストetcが流れ、EDもなかったことから、「あれ、今日最終話? でも次期ED曲を燦ちゃんと留奈ちゃんで争ってたはずなのに~??」と「??」な状態で30分見てましたよ。
次回予告見て、2クール作品だよね、やっぱ。(^^
と安心した覚えがあります。

2クール目もどたばたしてましたね~。おさまることなく。

18話「肉体の門」には笑わせてもらいました。
いやー、とにかく。12話「愛の奴隷」と同じ種の笑いが・・・。
あまり言わないでおこう(笑)

23話「過去のない男」では政さんの過去が明らかになりました・・・!
政さんは初回登場時から好きなキャラですが(アタシも永澄や永澄母と共に恋に落ちたみたいです・・・)、まさかこんなふうにスポットライトが当たる日が来るとは・・・でした。
んでも、最後の「あっしゃあ親っさんも燦お嬢も恨むには好きになりすぎちまいやした」には泣いたね・・・**
カッコよすぎる・・・。永澄さんが好きになるのもわかる・・・(笑)
政さんがよくスナック明乃に入り浸っている理由(?)がなんとなく分かった回でした。

25話「家族ゲーム」は・・・永澄にちょっとムカツキを覚えました。
燦ちゃんになんて酷い事いうの・・・!(>_<) って。
やっぱり一緒に暮らすって大変だよね。
今まで分からなかった嫌な部分が見えてきちゃうんだよな~。
そんなこんなで喧嘩してしまった燦ちゃんと永澄くん。
そのまま燦ちゃんは永澄の前から姿を消して・・・最終話に続く!
とまぁ、最終話に向けて盛り上がった回でしたね~。

そして最終話の26話「きみの還る場所」。
源義魚にさらわれた燦ちゃんを取り戻しに行く!という趣旨で進むストーリー。
燦ちゃん奪回のため、瀬戸組はもちろん留奈ちゃんもルナパパも(セーラー服を着て)出てきて、サルも三河も・・・と最終話にふさわしくたくさんのキャラが勢ぞろいしておりました(^^ 明乃ちゃんも加勢してくれたし。
で、最終話らしく永澄も一回りほど大きく見えましたね~(^^
かっこよかったよ!!
変な薬でおかしくなった燦ちゃんが永澄の言葉と思い出の指輪によって涙を流すのとかよかったなぁ~・・・
「側にいろよ! どこにも行くなよ! 燦ちゃん~!!」っていう永澄の叫びもよかったなぁ~。
そのあとの戦士になった永澄には笑ったけど。自律型超戦士という書き文字にも笑った。
ま、全般的に永澄がかっこよかったと。その一言に尽きますかね?
笑えて感動した最終話でした。
最後のプロポーズのような言葉もよかったよ~(^^
幸せっていいねvv
お幸せに、なのです(^^♪

アタシは最近気付いたんだけど、このアニメのサブタイトル、何らかの映画のタイトルだね。
遅くとも11話「アルマゲドン」で気付いてもよさそうだけど・・・(^^;
なぁなぁで見ているアタシらしいなぁとか思ったり。

このアニメは、アタシは結構次回予告が好きでした。
たった15秒にこれでもか!というくらい詰め込んでるんだよ~。(笑)
早口&ハイテンションでしゃべりまくるのです。
いつも、おぉぅ頑張ってるわぁ~** って思いつつ聞いてました。(^^

というわけで。
9月で終了したアニメの感想日記は一応これでおしまいです
・・・長かった~!

2007年10月 4日 (木)

配信するつもりだった(BlogPet)

きのうは全開したかも。
だけど、配信するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2007年10月 1日 (月)

Tシャツも好きです。

今日は無羅さんのところでであったTシャツメーカーを試してみました。
ていうか、最近この「うそこメーカー」さんにはお世話になりっぱなしです。
ネタが・・・(笑)
T_3

Tシャツ文字・・・微妙ですね。
なんだか長すぎるのがダサい。(^^;)
「夢増幅」だけならまだしも・・・(まだしも!?)

値段は5098YENですって。
高っ!!
絶対自分では買わないな。
基本、値引きしてあるもの以外服は買おうと思いません。
服より漫画にお金をかけたい2●歳(♀)です。(ダメダメだな・・・)

製品の成分・・・
ほっとんどプレパラートのかけらで出来ているようです・・・。
なんか痛そ~。
「憧れのあの人への想い」はなんだか可愛らしくてG.J.です♪
それでもたった2%だけど。

Tシャツのこの緑水色っぽい色はあまり趣味ではないかもしれないです・・・。
ピンクは何とか着れる色かな?
(ていうか、若いうちしか着れない色だな・・・笑)

この前、かなりへこんだ記事を書いてしまいましたが、今は元気になりました~@
皆様お騒がせしました _(._.)_

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »