2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« AIR 劇場版 | トップページ | アタシの予定です。 »

2007年9月29日 (土)

「ながされて藍蘭島」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「ながされて藍蘭島」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

「ながされて藍蘭島」
えと、これは。
行人が100年に一度といわれる大嵐で漂流しているうちにこの女の子しかいない藍蘭島に流れ着き、たくさんの女の子たちと島での生活を繰り広げる・・・というお話。
なんかこう書くと行人のハーレム状態のありがちアニメっぽいけど、
島中の女の子たちが、島唯一の男性、行人を婿にしようと日々画策してたり、
そんな女の子たちの大胆な行動に行人がよく鼻血ブー!してたり(女の子が苦手らしい)。
かわいい島の動物達にも癒されて。
そんなほのぼのアニメでした~vv

初めは、自分が思ってたよりもどたばたアニメで、見るのやめようかなと思ったんだけど、意外にも彼の評判がよくて、なんとなく見始めました。
でも堀江さんの声(メインヒロイン:すず)可愛いし、
とにかく、出てくる小動物が全て可愛い!!!
何これーー!!?? ヾ(≧∇≦*)〃
ってほどに可愛くて。 やられちゃって。
うんと、一番はやっぱとんかつ?
からあげもかわいいし、くまくまもしまとらも、さしみも。(このネーミングセンスにも脱帽!)
アタシが名前をちゃんと覚えてない子達も、名前の無い子たちもとにかく全てかわゆいのですvvv
(いやね、大きい動物たちも有り得ないくらいに可愛いんですが!小動物の可愛さがハンパ無いわけでして!)
そんな感じで毎週楽しみに見てたアニメです(^^

この話は、行人が奥手(というか、恋愛感情に疎い)なせいで、恋愛っていうよりは島の日常とかたまに起こるハプニングの話が多かったんだけど、そういうのが笑って見れてよかったです。(^^
すずの淡い恋愛描写にもドキドキしたけどね。
すずも気付かないような、ちくんとする胸の痛みとか。
あ~やっぱ恋っていいなぁ~** って思ったんですよね。
なんか恋愛に不慣れな子の、心理描写っていいよね ときめくよねvv

10話「雨だって、友だち!」で、お母さんとの思い出がたくさんある雨の日がちょっと苦手なすずのために島の友達がちょこちょこと次から次に遊びに来てくれる話、よかった。
あやねもいつもいたずらするくせに、すずの事好きなんだぁ~(^^ って。
友情っていいよな。
行人の争奪戦をめぐってみんなライバル!って回があったかと思うと、こんなあったかいお話もあり。
いつものわいわいコメディじゃなかったこの回も結構好きです(^^*

17話「とりかえて、魔法」では、ちかげのおうちにあった魔法本(?)により、藍蘭島全体に魔法がかかってしまいました。
基本、動物は人間に、人間は動物に変身してしまうって魔法。
あの時のリアルとんかつには笑っちゃったな。
すず・あやね・行人はコスプレのようだったし(笑)
いや、コスプレ大歓迎ですが! うさ耳かわいかったv 猫耳も。(^^
このアニメではかなり稀有な男性人(?)もちょこちょこ出てきてちょっと変な感じがした。
遠野さんが女の子でびっくりしたっけ~。(^^
ん、まてよ・・・つまり。とんかつの性別はいまだ不明ってことなんかしら?

2期に入ると、行人が妹に(小瓶に入れて)手紙を出したり、妹からの手紙が海からやってきたり、遭難しているという妹を助けに出ようとしたり・・・
と、行人が島からいなくなっちゃうんだろ~な~って流れでしたね。

26話「鍛えて、へなちょこ」では行人が島から出るために、島の主4人(匹の間違いです)と戦い勝利しなければいけないという展開に。
行人に島を出てほしくないという思いから妨害する島の女の子たちと、行人にお世話になったからっていって行人の進行を手助けする女の子たちと。
その辺、すずはよく頑張ったなぁと思います。

で、最終話「飛び出して、藍蘭島」。
どうやらこれは、アニメオリジナル展開のようですね。
漫画はまだ連載中だからね。
前半はよい感じで感動しちゃいました。
前回行人に島を出て行って欲しくなくて邪魔してた女の子たちも最終的には行人とすずに力を貸すんですよ。
ハートフルだなぁ・・・(^^*) って感じでした。
そして、今まで往人を応援してきたすずが、最後の最後で「行っちゃヤダ!」って手を伸ばすんですよ。
それもなんか感動しちゃってさぁ。
そこで出たすずのフラッシュバックも感動の手助けになり・・・。
で、なんだか結局?島を取り巻く渦の外に出ることが出来たと思ったら、すぐに沢山の男たちと妹・美咲の乗った船と遭遇するという、不自然な感じに・・・。
美咲は美咲で海で遭難して、男だらけの島・藍蘭島に流れ着き、そこでなんだか楽しい毎日を送っているという。
・・・て。
その男たちって、(行人がすずたちと住んでいた)藍蘭島の数年前に行方不明になったっていう男たちなんじゃないの・・・?
一緒に同じ島に帰ればいいのに・・・島の発展のためにも・・・(笑)
なんて思うアタシをよそに、2組はそれぞれの自分の藍蘭島へ戻ることになりました・・・とさ。
妹の無事を確認できただけだけど、それでよかったのかな?
・・・
そんなわけで、結局行人はまた渦をかいくぐってすずのいる藍蘭島に戻っていきました。
で、また婿殿争奪おにごっこ大会が繰り広げられるのであった・・・めでたしめでたし、ってやつかな?

女だらけの藍蘭島。
それってパラダイスだよね~**
と終始思ってきたアタシですが、最終話で発覚した男だらけの藍蘭島。
そっちの方が真のパラダイスですね・・・(笑)

« AIR 劇場版 | トップページ | アタシの予定です。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈アニメ〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124791/7294066

この記事へのトラックバック一覧です: 「ながされて藍蘭島」の感想。:

» (アニメ感想) ながされて藍蘭島 第26話 「飛び出して、藍蘭島」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ながされて藍蘭島 其之壱 (初回限定版) 未咲を救うため、海龍様の元へ向かう行人とすず。しかし途中、ある者達の妨害に遭い・・・。 [続きを読む]

« AIR 劇場版 | トップページ | アタシの予定です。 »