2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の37件の記事

2007年9月30日 (日)

CLANNADアニメはOPだけで感動する・・・

もうあと少しです。
CLANNADの初回放送日まで。
今日はニコ動でCLANNADのOPとEDを見ました。
もう聞くとか見るとかじゃなくて鑑賞っていう域かもしれない・・・。

かなり感動しちゃいました。
毎週アレが聞けるなんて感動だ・・・!
毎週汐が見れるなんて感動だ・・・・・・!
曲自体もどちらも好きです(^^
OPはアレンジとか、コレはコレで好きかもしれない。
ていうか、Liyaさんのこの歌でよかった~~~。
EDは、「渚」に歌詞当てたものですね。
「渚」はアタシの着メロにしてるくらい好きな曲なんで、毎週聞けるかと思うと泣ける!
だんごのうた? それがなに?
っていうか、だんごの歌ばんざいですから。(^^)
(でもアニメの中で渚たちがこの音程でだんごの歌歌うのかと思うとちょっと・・・)

ニコ動はコメントが多いので(笑)あまり見ないんですが、これに関しては皆様方のコメントを読む事も楽しかったですね~。
で、超共感したのが「初めてアニメDVDを買おうと思えるアニメだ」的なコメント・・・。
そうだよね、コレは・・・買っちゃうかもしれない。
実際、アタシも数日前はDVDを買うことを本気で考えました。
(アニメ放送されない地域に行こうかとおもっていたので~)
でもそんな変な理由抜きで、このOPアニメーションだけで、本編もかなりのクオリティを保ってくれるのではないかと期待してしまいたくなるような出来なんですよ・・・
って あぁぁぁぁ熱くなりすぎだよ、自分。
期待がでかすぎるとアブナイってわかってるけど!けども!!!

えとね、今ね、京アニのアニメプロモもあったから見てみたのです。
何これ! スゴイ! 本編もかなりのクオリティを維持してくれていますよ・・・!!!
ありがとう京アニさん。ありがとうありがとうありがとう・・・
もう 足を向けて眠れない・・・! (どの方向かわからんが)
もう 期待しないとか出来ない・・・!
期待を裏切る事は無いだろうと確信して第一話をドキドキしながら迎えたいと思います。
このアニメプロモでの感動箇所は控えめに笑う渚とか雨のバスケシーンとかアタシの大好きな杏登場とか、桜の中歩く二人とか、朋也の顔とか(劇場版よりも好みです)・・・いろいろあれどやっぱ一番は渚の横顔!
渚は横顔も可愛かったー! そうだよね・・・***
ありがとう渚。ありがとう京都アニメーション様・・・

ニコ動 CLANNADアニメOP ED アニメプロモ

===
クラナドゲームプレイ時の感想

「ケンコー全裸系水泳部ウミショー」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「ケンコー全裸系水泳部ウミショー」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

「ケンコー全裸系水泳部ウミショー
神奈川県海猫市にある県立海猫商業高等学校、通称 “ ウミショー ” 。
そこには、とっても破天荒で個性的な面々が集まる水泳部がある。
カナヅチなのに何故かマネージャーの沖浦要(おきうら かなめ)らが練習をしていると、
学校の目の前の浜辺に “ いかだ ” が漂着していると知らせが !!
冷やかし半分で見に行った要たちが目撃したのは、
なんといかだに乗った一軒家、おっさん、そしてかわいい女の子が !!  (コピペです)

海猫市・・・いい名前ですね。
海猫市民になってみたいです~**

このアニメは実は他の見ているアニメと時間がかぶっていて(今期は火曜が凄かったです・・・)ビデオまで持ち出して見ていたアニメです・・・。
アタシはどんだけアニメ好きなの・・・?とちょっと切なくなってしまいます~(笑)

話は、おもしろかったですね。
アタシの好きなタイプど真ん中のアニメだったといってもいいかもしれません。
わいわい、ほんのりLOVEあり、バカあり・・・と。

アタシはほぼカナヅチなので、あむろが羨ましく、要には仲間意識を持ってました(^^)
昔、おぼれそうになった時に人魚を見た!? トラウマにより(人魚に襲われた~みたいな)以来泳ぐのが怖くなってしまった要。かわいいなぁ(^^*
あむろは、名前もかわいいし、笑顔もかわいいね。
あむろが屈託なく にぱぁっ! と笑うのとか好きでした~。
あと、密かに(笑)好きだったのが静岡さん。
あのおとなしそうな顔とは裏腹な胸の内が超笑えた
アレとか、そこまでほしいんか・・・と。(笑)

1話「ちゅらうみっ!」の登場からあむろは、海に浮かぶ小屋(?)にお父さんと暮らしてたり、海で泳ぐことを(しかも裸で)日課としてたり・・・と、かなり現実離れしてる女の子でびっくりだった。
髪も緑だし。頭にぺけ(×)ついてるし。
(髪色についてはこのアニメに限った事ではないけど)
でもこういった類の天然おとぼけキャラは大好きなんですけどねvv

7話「呪い」では頭のぺけのチカラが発覚する・・・ようでしなかった。(笑)
というか、アタシはこれまで、このぺけが一体なんなのかもわかってなかったので、髪飾りだとわかっただけでも収穫だったかも。
このぺけが、片方だけ取れただけで力が出なくなっちゃうあむろ。
このぺけはおばあちゃんの形見(のようなもの)だったことがわかって、なくしちゃったからおばあちゃんの呪いが・・・?みたいな流れになってたんだけど、結局はあむろがお昼ご飯を食べてなかったせいで力がでなかっただけのことで、ぺけも戻ってきてちゃんちゃんみたいな。
そんなお約束~な展開でしたが、ちょっと淋しそうなあむろとか新鮮でよかったな。
あとは、ふわふわといろいろなところに飛んでいくぺけ。
アニメ~な風って凄いぞ、って思ったり。(笑)

最後の方はバカもあるけど、一生懸命な水泳の予選・関東大会の様子が描かれてましたね。
アツイ部活っていいね。
羨ましいです。
アタシは、頑張るのが嫌で限りなく帰宅部に近い部に入ってたけど、今考えるとアツイ部員たちと共に何かを頑張ってやるのも学生としてはよかったかもと思うな~。

最終話13話「人魚」では、予選で足を負傷した桃子先輩のかわりにメドレーリレーにでる事になったあむろ。
そのあたりの部員の一致団結している感じとかも青春!って感じでよかった~。
青春っていいよね~vv
リレーはあむろの驚異的頑張りで海商一等賞!!
おめでたいですね。やったよ~
で、最終的には要が昔ちゅらうみで会った人魚はあむろだったんだ・・・っていうことで落ち着き、いつも通りのどたばたな感じで終わりましたね(^^
EDでその後インターハイ(in沖縄)の様子が音なしで流れてましたが。
あのあむろと同じ髪の色をした人は誰ですか・・・?
ママ・・・?ママいたんだ・・・
しかも顔がでかすぎるし。突っ込み所が多くて笑えましたね~。
最後はあむろが要にキスしてました。
最後LOVEでしめるか~。 まぁいいけど。
そのあと意識しすぎるであろう要と、何事も無かったかのようにいつも通りなあむろがたやすく想像できます(^ー^)

裸同士のお付き合いっていうのはやっぱりどうしてもドキドキオトナ漫画~って感じがしちゃいますが、水着だとその名の通り「ケンコー」なんだよね。
なんでだろー。
あの紺の布一枚の役割は大きいです・・・!(笑)
そんな感じで健康的な高校男女を笑って楽しく見ていたアニメでした。

OP、ED共に好きでした♪
特にOPのラスト、あむろがぷかぷかしてる画とか好きだったな。

「ラブ★コン」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「ラブ★コン」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

「ラブ★コン
身長170cmのリサと156cmの大谷のデコボコ・コンビは、出会った初日から“オール阪神・巨人”と命名されるほど、お笑いの息だけは、ピッタンコ。だけど恋愛感情はすれ違いばかり…。
「…こんなん、どないせえいうねん。こんなデカい女が、よりによってあんな小さい男を好きやなんて…。でもちょっとぐらい、あたしのことを女の子として考えてほしかったんや。」
親友という関係から始まってしまった小泉リサと大谷敦士、そんな二人の恋の行方は… (コピペです)

原作既読だったので、不安も無く終始おもしろく見れたアニメ。(^^
関西弁なのが可愛いし、アニメでよくある「ヘンな関西弁」も無かったかなぁ~?と思うんだけど。
確か、主要登場人物のほとんどは本物の関西人でキャスト埋めてあると聞いたような?
(リサは違うようだけど)
その心意気がステキですね**
大谷君のなんかふわぁ~っとした空気が声優さんと合っててよかったな。

原作既読って書いたけど、実は持ってないのでうろ覚えな分、楽しめたんかもしれない。
はじめの方で、小さい大谷と大きい小泉っていう名前にはじめて気付いた(笑・遅っ!)
また、えーーーそこでそうくる!?とか不意打ちな大谷君の行動にドキドキしたっけ

リサと大谷が友達(?)だった頃から付き合うようになるまでの長い道のりが楽しめた。
なんか、スキなのに素直なかわいこチャンでいられないリサが可愛かった~。
ヘン顔したり、わざとつっけんどんにしてみたり。
モトカノ登場に焦ったり、V.D.のチョコ投げつけたり、マイティ先生に浮気してみたり・・・。
あのくっつきそうで、くっつかない微妙なラインの上にいる二人のやり取りがおもしろかったんだけど・・・。

それでもやっぱり恋愛モノが大好物なアタシとしては、18話「史上最高の誕生日」はかなり興奮いたしました@
おおお・大谷がちゅーかましたぁぁぁぁぁ!!!!
ウサギのペンダントなんて可愛いコトした上に、ちゅー!!!
と、テレビの前で彼とふたり絶句!&にやけ!!&その真剣な瞳にくらっ・・・vvvvvvvv(もちろん、にやけ、クラっときたのはアタシのみなんですが・・・)
あ、あんた「小泉とチューするなんて・・・おもしろすぎるやろ!」って言ってたじゃない・・・!
成長したねぇ・・・(号泣!) と、感動したんですよ。
あの回の話はHDDに保存しとくべき内容だったと思うんだけど・・・残量の危機に瀕した際に消してしまったのであります。(涙)

くっつくまでがおもしろかったと書いたけど、くっついてからももちろん楽しかったです。
ライバルが登場したり、高3ってことで進路別々の道、に苦しんだり、破局宣言が出たり・・・と。
なんかどれも深刻な問題のはずなのに、関西弁だから?大阪人だから? いつでも笑える展開なのがラブ★コンっぽくてよかったな。
大谷君が今まで引っ張ってきた分、リサに優しくなっててときめきました~
コレくらいの優しさを表現してくれる彼氏が欲しいです

特に素敵!!!と思ったのは23話「進路はいろいろ!! みんなが抱えるそれぞれの事情」での大谷君。
前回別れる宣言をした大谷君が、クリスマスの日に別の男の子といたリサの目撃証言を聞いて思わず家を飛び出して、街中でバッタリ出くわしたリサに抱きつき、「別れる言うたん、なし。取り消し。俺、思ってたより小泉の事好きみたい・・・」って。
カッコよすぎるんですけど!!!
キュン死にや~!!(笑・リサの真似(^^))
そのあとのリサが奇声あげるのとか、身長差のある二人の抱き合いシーンの言い合いとか、二人でその場から逃げるシーンとか、とにかく笑えました~!

最終話24話「ずっと一緒!!」もよかったです。
この辺は原作でも好きなところだけど。
リサが一生懸命大谷君のことを好きな気持ちが伝わってきていい感じです(^^
大学受験から始まって卒業式まで、2ヶ月ほどを30分でうまくまとめたなぁ、と。
もっといえば終業式でのクラス風景もあればよりよかったけど!
でもかなり笑えてハラハラしてドキドキして・・・とおなかいっぱいな最終話でした。

そいえば、「キュン死に」ってよく使われる言葉だけど(いや・・・よく聞いてるのはアタシくらいか?(^^;))、発祥はこのラブ★コンなんですって!
アタシもWikipediaで知ったんですけどね。→Wikipediaのラブ★コンページ。
な、なんか凄い。
中原さん凄い。(作者の方です)
と共に、女子中高生の言葉伝達力の凄さをかみしめました~。

OP、EDは前期のテゴマスの曲が好きでした(^^*
なんか優しい、やわらかい歌詞と声が合ってたなぁ~と思います。
HeySay7も悪くないけど。

「エル・カザド」の感想

今期アタシが見ていたアニメ「エル・カザド」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

「エル・カザド」
物理学者ハインツ・シュナイダー殺害の容疑で追われる少女エリスには、なぜか裏社会で巨額の賞金がかけられていた。
賞金稼ぎのナディはメキシコの田舎町でエリスを見つけるが、ふとしたいきさつからエリスを他の賞金稼ぎから救うことになる。
エリスは事件の真相を突き止めようと、追手を逃れ南へと向かっていた。
そこには彼女が生まれた「故郷」があるという。 そこに行けば、自分の知らない過去がわかるはずだーそう確信するエリスだが、手がかりは運命を導くといわれるインカローズの原石と、「ウイニャイマルカ」という謎の言葉だけ。途方に暮れるエリスに案内役を買って出たのは、彼女を追っていたはずのナディだった。
かくして賞金首と賞金稼ぎの、奇妙な逃避行が始まることになる…。(公式サイトより)

アタシは基本的にはラブの見え隠れするようなアニメが好きなのです。
だから、こういうタイプのアニメは見ないことが多いんだけど、なんだか新番組チェックをした時にこれが気になって、2クール見続けてしまいました@
しかも一生懸命
闘い、とか銃とかにはあまり興味を惹かれませんが、やっぱり「この子を守る」って決めた時の感情には惹かれるものがありますね。
あとはやっぱりエリスとナディが可愛いから? かな~(^^
ナディの口調とは裏腹にしっかりエリスを守ってやる態度も、エリスのちょっとすねた感じの物言いも、いいですよね
始めは「しゃーない、一緒に行く?」程度の感情で旅を共にする事にしたナディたちだったのが、いつしかお互い大切な人になっているという・・・
この二人の友情っていうか、絆っていうか・・・が成り立っていくのが見ていて心地よかったです。
最初の頃はリカルドとリリオとか、LAとか、ローゼンバーグ、ブルーアイズ・・・一体どういうつながりがあるのかわからなくて、でもちょこちょこ出てくるし、重要人物なんだろうなぁ~と思っているくらいだったのが、2期目に入ってようやくだんだん関係が見えてきて、ますますはまっちゃいましたね~。

コレは基本的には1話完結の話が多く、最後でほっと一息、じ~んと来る展開で〆、というストーリー展開が多くて、最後、涙を浮かべてしまう話が多かったです。
その辺もこのアニメを好きな理由かも。

6話「恋する男」では、ナディの代わりに泣いたエリスを見てついついアタシも泣いちゃいましたよ・・・。
あと、この辺からかな?
エリスが「タコタコタコス~おいしいタコス♪」のうたを歌うようになって可愛かった

最近では23話「惑う女」のラスト、ナディの元を去ろうとするエリスを引き止めて「アタシは決めてるんだからね あんたを全力で守るって・・・大丈夫、何があってもアタシが側にいる あんただけに辛い思いはさせない。 OK?相棒?」って言ったナディに対してエリスが心底嬉しそうな表情して「いえっさ」って言ったのに感動しました**
エリスの「いえっさ」は毎回可愛いけど、この回のはダントツに可愛すぎました
アタシは銃も何も扱えないけど、そんな風に応えてくれるならアタシもエリスを守るー!ってついつい思っちゃうほどの可愛さがありましたね
そんな二人にかぶるブルーアイズのナレーション、
「心は、脆い。 しかし、支え合う心は鋼のように 強い。」
にも心が震えたな。
そっかぁ、こんなかよわそうな女の子なのに、この二人はお互いに強くさせられているんだなぁ~って。
ナディはかよわくないけど、でも守るものがあった方が強いんだよね、きっと。
いいコンビなんだな、って。(^^

25話「聖なる女」でエリスもナディも死んじゃったときには、今まで見続けてきたのに!そんな!!
ってガーン!!ってなったけど、なんとか元通りになってよかった。
これまでエリスの能力について、絶対必要!と思うことは無かったけど、ココではじめてこの能力が活かされて良かった!!!って思った。

最終話、26話「輝く女」では、タイトルにもある「輝く」のはエリスかと思ってたアタシにとっては意外な回だったかも。
エリスとナディのその後・・・みたいな話だったけど。
何が自分にとって、相手にとって幸せなことなのか。
そういうことを分かり合っている二人がやっぱり羨ましいな~と思いましたね(^^

他には毎回登場する声優ゲストをチェックするのが楽しみでした。
声優にあまり詳しくないアタシなので、声聞いたことあるんだけど、誰の声だっけ~?って思う人が多くて。

OPもEDもかなり好きです♪
挿入歌もいい感じです。
25話で普段より長いパート流れた時は、ストーリーとも相まって聞きほれました(^^

「遺言があれば、どうぞ。」
カッコいい女の子も、いいなぁ~と思ったアニメでした*(^^

2007年9月29日 (土)

相互様・・・

なこさんのところから「相互様語りバトン」なるものを持って帰ってきました。
相互・・・こないだ、「相互リンクって仲良しの証なの・・・!?」と思った時に何件かお願いしてきましたが、未だに4件止まりです(^^;
仲良くさせてもらってる方や気になってる方は何人かいますが・・・言い出すタイミングを図ってるというか・・・(笑)
自分からちゃちゃっと行動できない小心者で~す。

まぁ、アタシは別に相互リンクしてもらって無くても遊びに行くので~♪
そうはいっても自分のリンクの蘭にうちを加えてもいいって言って下さる殊勝な方がいたら・・・ホント嬉しい限りであります**

続きを読む "相互様・・・" »

改めまして宜しく(^^* です。

いやね、どうやらアタシ、結婚していたらしいんですよ。
あ、アタシ達、結婚してたんだぁ。(^^*
彼の親の承諾はまだもらえてないんだけど・・・これが事実婚ってやつなのかな?
今後ともみあず=ゾルディック(自称)を宜しくお願いしますネ

※ あ、なこさんから回してもらったバトンです。
   みあずさんイタイな・・・って思った方は先には進まないで下さいね!(笑)
   ではどうぞ~。

続きを読む "改めまして宜しく(^^* です。" »

アタシの予定です。

最近・・・いろいろなことがあり、精神的にもぅダメかも・・・!
と思っているところなんです。
もぅ・・・本当にダメかも・・・!(>_<)
昨日はネット上にupされてた幻となるかと思っていた「スクールデイズ」の最終話を見ました。
・・・更にへこみました(笑)
アニメ感想、「スクールデイズ」に最終話感想追記してあります。→こちら

実は本気でこんな記事書いてる場合じゃないんですが・・・だっておもしろそうだったから・・・。
やってみたんです。
カレンダーメーカー
ココんとこアタシの仲良くさせてもらっているブログで立て続けにこれを見てます。
はじめに見たのは鱈子さんのところだったかな?
みなさんおもしろい結果でいいですね・・・。
本人やさぐれ中です。そっとしといてやってください・・・。

Photo_4
みあずのとある1ヶ月。 (→)
うん、もぅ、そうね! 当たってるよ!
とにかく悩んでおりますよ・・・!(悩・・・じゃない涙!)
っていっても悩みすぎだし!
アタシの悩みはいつまでも続く、ってことか!?
耐えられない・・・!
もう実家に帰りたいよぉ~~~~!!!
(;_;)クスンクスン
友人に悩みを打ち明けてもダメなんですね・・・
(T△T)ウワァァァン
とにかく泣いてても始まらない。
アタシの悩みまくりの1ヶ月・・・早く過ぎ去っておくれ・・・。
一ヵ月後にもう一度これをやったらまた別の結果が出るのかな?そうならいいけど、いつまでも悩み続けるなんて嫌だ!

気を取り直して。
katsunorさんがブログタイトルで試していたのでアタシもやってみました。
Photo_5
410のシアワセ☆ のとある1ヶ月の予定です。(→)
お、これは・・・。
結構いいかもしれないです(^^* やっと笑顔。
なんだかウキウキするピンク文字ですね。
ブログ主の気分とは裏腹に、ブログ本人(?)は皆様方のブログさんと仲良くしているってことなんでしょうか。
本当にいつもありがとうございます。
どうかうちと遊んでやってくださいね
ところで、「忙」ってなんなんでしょう。
このスケジュールを見るとデートで十分忙しいですが。
それにしても、いいな、こんな1ヶ月・・・。(笑)
 

「ながされて藍蘭島」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「ながされて藍蘭島」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

「ながされて藍蘭島」
えと、これは。
行人が100年に一度といわれる大嵐で漂流しているうちにこの女の子しかいない藍蘭島に流れ着き、たくさんの女の子たちと島での生活を繰り広げる・・・というお話。
なんかこう書くと行人のハーレム状態のありがちアニメっぽいけど、
島中の女の子たちが、島唯一の男性、行人を婿にしようと日々画策してたり、
そんな女の子たちの大胆な行動に行人がよく鼻血ブー!してたり(女の子が苦手らしい)。
かわいい島の動物達にも癒されて。
そんなほのぼのアニメでした~vv

初めは、自分が思ってたよりもどたばたアニメで、見るのやめようかなと思ったんだけど、意外にも彼の評判がよくて、なんとなく見始めました。
でも堀江さんの声(メインヒロイン:すず)可愛いし、
とにかく、出てくる小動物が全て可愛い!!!
何これーー!!?? ヾ(≧∇≦*)〃
ってほどに可愛くて。 やられちゃって。
うんと、一番はやっぱとんかつ?
からあげもかわいいし、くまくまもしまとらも、さしみも。(このネーミングセンスにも脱帽!)
アタシが名前をちゃんと覚えてない子達も、名前の無い子たちもとにかく全てかわゆいのですvvv
(いやね、大きい動物たちも有り得ないくらいに可愛いんですが!小動物の可愛さがハンパ無いわけでして!)
そんな感じで毎週楽しみに見てたアニメです(^^

この話は、行人が奥手(というか、恋愛感情に疎い)なせいで、恋愛っていうよりは島の日常とかたまに起こるハプニングの話が多かったんだけど、そういうのが笑って見れてよかったです。(^^
すずの淡い恋愛描写にもドキドキしたけどね。
すずも気付かないような、ちくんとする胸の痛みとか。
あ~やっぱ恋っていいなぁ~** って思ったんですよね。
なんか恋愛に不慣れな子の、心理描写っていいよね ときめくよねvv

10話「雨だって、友だち!」で、お母さんとの思い出がたくさんある雨の日がちょっと苦手なすずのために島の友達がちょこちょこと次から次に遊びに来てくれる話、よかった。
あやねもいつもいたずらするくせに、すずの事好きなんだぁ~(^^ って。
友情っていいよな。
行人の争奪戦をめぐってみんなライバル!って回があったかと思うと、こんなあったかいお話もあり。
いつものわいわいコメディじゃなかったこの回も結構好きです(^^*

17話「とりかえて、魔法」では、ちかげのおうちにあった魔法本(?)により、藍蘭島全体に魔法がかかってしまいました。
基本、動物は人間に、人間は動物に変身してしまうって魔法。
あの時のリアルとんかつには笑っちゃったな。
すず・あやね・行人はコスプレのようだったし(笑)
いや、コスプレ大歓迎ですが! うさ耳かわいかったv 猫耳も。(^^
このアニメではかなり稀有な男性人(?)もちょこちょこ出てきてちょっと変な感じがした。
遠野さんが女の子でびっくりしたっけ~。(^^
ん、まてよ・・・つまり。とんかつの性別はいまだ不明ってことなんかしら?

2期に入ると、行人が妹に(小瓶に入れて)手紙を出したり、妹からの手紙が海からやってきたり、遭難しているという妹を助けに出ようとしたり・・・
と、行人が島からいなくなっちゃうんだろ~な~って流れでしたね。

26話「鍛えて、へなちょこ」では行人が島から出るために、島の主4人(匹の間違いです)と戦い勝利しなければいけないという展開に。
行人に島を出てほしくないという思いから妨害する島の女の子たちと、行人にお世話になったからっていって行人の進行を手助けする女の子たちと。
その辺、すずはよく頑張ったなぁと思います。

で、最終話「飛び出して、藍蘭島」。
どうやらこれは、アニメオリジナル展開のようですね。
漫画はまだ連載中だからね。
前半はよい感じで感動しちゃいました。
前回行人に島を出て行って欲しくなくて邪魔してた女の子たちも最終的には行人とすずに力を貸すんですよ。
ハートフルだなぁ・・・(^^*) って感じでした。
そして、今まで往人を応援してきたすずが、最後の最後で「行っちゃヤダ!」って手を伸ばすんですよ。
それもなんか感動しちゃってさぁ。
そこで出たすずのフラッシュバックも感動の手助けになり・・・。
で、なんだか結局?島を取り巻く渦の外に出ることが出来たと思ったら、すぐに沢山の男たちと妹・美咲の乗った船と遭遇するという、不自然な感じに・・・。
美咲は美咲で海で遭難して、男だらけの島・藍蘭島に流れ着き、そこでなんだか楽しい毎日を送っているという。
・・・て。
その男たちって、(行人がすずたちと住んでいた)藍蘭島の数年前に行方不明になったっていう男たちなんじゃないの・・・?
一緒に同じ島に帰ればいいのに・・・島の発展のためにも・・・(笑)
なんて思うアタシをよそに、2組はそれぞれの自分の藍蘭島へ戻ることになりました・・・とさ。
妹の無事を確認できただけだけど、それでよかったのかな?
・・・
そんなわけで、結局行人はまた渦をかいくぐってすずのいる藍蘭島に戻っていきました。
で、また婿殿争奪おにごっこ大会が繰り広げられるのであった・・・めでたしめでたし、ってやつかな?

女だらけの藍蘭島。
それってパラダイスだよね~**
と終始思ってきたアタシですが、最終話で発覚した男だらけの藍蘭島。
そっちの方が真のパラダイスですね・・・(笑)

AIR 劇場版

今Gyaoさんで配信中の劇場版AIRを見ました。
なんだかAIRプレイした人の間では評判のよくないこの作品。
アタシもレンタルは控えていましたが・・・Gyaoさんありがとうございます。
10/5までなので、お暇な人はどうぞ。(^^)
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0041518/

Gyaoさんによる紹介文↓
原作は恋愛アドベンチャーゲームで、その中でも感動させるストーリーに重きを置いた“泣きゲー”と言われるジャンルの代表的作品。ゲームで評判だった2つの時代にまたがる壮大な物語は、このアニメ劇場版でも感涙必至。また、独特の演出法で知られる出﨑統が監督を務めており、“止め絵”“画面分割”“フラッシュバック”などのアニメーション技法で表現された繊細な心理描写にも注目!

海と空が見えるその小さな町には、はるか昔から背に白い翼を持った姫と、彼女を護衛した青年の悲しい恋の物語が伝わっていた。病気がちで学校にも行かず、友達もいない神尾観鈴は、自分とその物語の姫君を重ね合わせていたが、そんな彼女の前に一人の青年・国崎往人が現れる。往人には死んだ母親から伝えられた言葉があった。「空にいる少女を救って」…現在と過去が交錯し、思いが時を超えていく。2つの時代のそれぞれの恋はどのような結末を迎えるのか…?

ということでした。
アタシとしてはやっぱりゲームプレイしてるんで、ゲームとの差が歴然・・・だったな~。
とはいってもゲームの方も超好き!!というわけではないんですけどね。
やっぱりハッピーエンドが一番よいですよ~。

なんだか感想を書いたらかなりのブラックさ加減になってしまったのでココから先は劇場版AIRが大好きっvv って人は見ないで下さい。怒らないで下さい・・・。

続きを読む "AIR 劇場版" »

「怪物王女」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「怪物王女」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

「怪物王女」
平凡な少年だった主人公・日和見日郎(ヒロ)は、不慮の事故で死亡する。
その場に居合わせた少女「姫」によって仮初めの命を与えられ蘇生したヒロだが、それが原因となって凄惨な戦いに巻き込まれることとなる。姫は「怪物」を統べる王族の王女であり、兄弟姉妹達の王位争いの渦中にいたのだ。
「血の戦士」として王女に仕える立場となったヒロは、姫の命を狙って次々と現われる怪物達との戦いを続ける中で、次第に姫の隠れた素顔を知っていく。(コピペです)

えと、これは。
上にもある通り、王位争いの渦中にいる姫様のお話ということで、兄弟がはなった刺客がやってきて姫の命を狙ったり、いろいろと面倒な事に巻き込まれて、毎回闘いや、血・暴力などが出てきて、見続けられるかなぁ~と初めは心配していたアニメでした。
(でも、TBSの血規制によって原作に比べると大幅にキレイに直されていたらしいです)
けど姫が可愛くて、ヒロも可愛くて、ふがふが~のフランドルも可愛くて無事見続ける事が出来ました~♪

初めは姫に仕える人造人間・フランドルしか従えていなかった姫が、(紗和々、)ヒロ、リザ、令裡、シャーウッド(とフランシスカ)・・・と徐々に戦力(?)を拡大していく展開がまぁありがちだけど、おもしろかった。
姫の凄まじく高慢ちき(笑)なところも、何故だかとっても好印象です
姫カッコよすぎるんだもん~
アタシも惚れてしまいました(^^*

あの美しく優雅、な姫がチェーンソーを持って闘いに参加してたり、その辺の見た目とのギャップに惹かれました
クールビューティってやつ? (違う?)
姫の「ふふん」って冷笑(?)もとても素敵
アタシも「ふふん」とかって笑える人になりたい(笑)
ヒロはとにかく、あのオロオロとした感じがとてつもなくよい!
「姫~~(@@)」って台詞が超可愛いvv
よわっちぃくせに死も省みず姫の盾になるという「姫の戦士」っぽいところもカッコいいですね~ (姫の側にいる限り不死身なわけですが)
フランドルも普通に可愛い(^^
電池切れの時とか笑える。
リザは、なんだかんだでヒロを気に入っているという描写がお気に入りです。
ぶつぶついいながらも助けに来てくれたり。
令裡さんもキレイだし好きです
令裡さんとリザのコンビもいい感じでした。好敵手、ってやつね。
他にも主要キャラはだいたい好きですね~

6話「同盟王女」ではヒロの大活躍が見られました
それによってシャーウッドが仲間に加わったわけだし、ホントお手柄。だったよね?

10話「追憶王女」もいい話だったな。
シエルっていう自由な人造人間のお話。
修理のためフランドルに屋敷に連れてきて貰って、みんなとうちとけた頃に、インプットされていた本来の目的・姫抹殺を遂行しようとするの。
フランドルに話していたそれまでの記憶は全部作られた記憶であったこととか、シエルの機能全停止時のフランドルの気持ちとか。
なんだか切なく、「人造人間の感情」に涙した回でした。

20話「連結王女」も好きな話ですね。
ヒロが連れ去られてしまい、姫一同がヒロを助けに行く、という流れ。
ヒロは皆に好かれているのね(^^) と嬉しい気持ちになった話ですね。
姫もいつもつれないくせにちゃんとヒロを大事にしていていい感じです。
リザも。それにつられて令裡さんも。
リザと令裡さんがあんなに近付いたのもこの回が初でしょうか。
人狼族(ハーフだけど)と吸血鬼はライバル同士だという事ですが・・・なんだかんだ言いながら一緒にいることに慣れた二人が今後も見もの、だったんだけどなぁ。

実質最終話、の24話「決闘王女」。
24話ではいつにも増してカッコいい姫が見れましたね~(^^)
そしてリリアーヌという姫の本名も発覚。でも最終話で本名発覚されても姫は姫、だなぁ。
王位争いということで、お兄様と1対1で闘う姫。
剣さばきとかとても美しかったぁ~***
お兄さんでも容赦なく一突き!とかちょっと自分の感情としてはついていけないけど、それでも姫のカッコよさの前にイロイロな事が揺らぎます。
姫がカッコよければ何でもいいかも・・・ みたいな。
このお兄様はかつて姫の家臣を皆殺しにした張本人だということで、いつもは冷徹なまでに冷静な姫が珍しく感情を出して闘っていたわけですが、ヒロの一声で冷静さを取り戻し難なく勝利。
今後も王位争いは続く・・・みたいな終わり方でしたね。
最終的にどうなるんだろう。 漫画でも読むか・・・。
最終話でヒロが「そうか、僕はやっぱり、姫の事が・・・(好きなんだ・・・)」ってやっと自覚してて笑った。
ヒロ可愛すぎる~~~~!!!
そして、たまに見るヒロのカッコよさが大爆発ですよ!
あんなふうにふいにキスされそうになってみたい!!!(爆)
そんなヒロに気付いた姫の超強烈張り手(ヒロは2・30段下に転落)と姫の笑顔。
結構キレイな終わり方だと感じました。

番外編の25話「不良王女」もおもしろかったです。
フランちゃんのどぎつい目とかグラサンかけてニヤっ!と笑うのとか、ベーっ!って舌を出すのとか。
とっても可愛かった!
ヒロや姫に攻撃を仕掛ける姿も新鮮でよかった!・・・かな?(^^;
でもやっぱりフランちゃんはいつものフランちゃんが一番です♪
最後頭のねじの緩みを直されて目が戻っていく様がよかった。
「では帰るぞ」って言った姫に対する返事「ふが」も優しい感じに直ってたし。
フランドル戻ってよかったよ~
これを見て、「ふが」しかないキャラの場合、感情の出し方って大変だよね・・・と思いました。
声優さんって大変だよなぁ。
ピカチューも大変だよね。

あとアタシの密かな楽しみは、パフェetc甘味をこれでもかと食べる紗和々。
喫茶店のマスターをはじめ常連さんに気に入られ、甘味をおごられる日々・・・。
いいよね! 羨まし過ぎるよね!!
アタシはそんなにパフェを食べませんが(食べたいのは山々なんだよ・・・)もぅ見ているだけで幸せな気分になったよ~vvv
闘い闘いな毎日の中で、紗和々は殺伐とした雰囲気を緩和してくれる存在でしたね(^^

===
怪物王女とは関係ないけど。
この枠では「Kanon」のDVD発売中のCMとか、CLANNAD劇場版公開のCMとかが流れる事もアタシの楽しみの一つでした(^^
そして、最終放送日には!
次回番組「CLANNAD」の予告まで流れて・・・!感動いたしました(^^)
劇場版に比べて(ゲームと比べても)なんだかまるっこい顔をしたみんなの顔が・・・。
え、まるっこすぎない・・・?とかも思いましたが、もぅなんでもいい!
早く来週になぁれ♪

2007年9月26日 (水)

メーカー(BlogPet)

きょうは、はぴで検索も全開するはずだった。
でも、と秋葉原を検索された。
だけど、体内メーカーへ放送された。
それでぽろりは編成したいです。
でも、きょうは、更新したかも。

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2007年9月25日 (火)

「ゼロの使い魔~双月の騎士~」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「ゼロの使い魔~双月の騎士~」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

「ゼロの使い魔~双月の騎士~」
平凡な高校生・平賀才人はある日突然、異世界「ハルケギニア」に召喚されてしまう。彼をこの世界に召喚したのはトリステイン魔法学院の生徒でありながら魔法の才能がまるで無い「ゼロのルイズ」ことルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールであった。
失敗とは言え、召喚の儀式によって呼び出された才人は「使い魔」としてルイズと契約のキスを交わす。才人の左手には使い魔の証である契約のルーンが。こうして、ルイズと「犬」扱いされる才人との奇妙な同居生活が始まった。(コピペです)
という、1期の続き。ルイズが虚無に目覚めてからのハルケギニアでの生活~戦争ってところでしょうか。

えと、これは2期です。
1期は未放送地域に住んでいた頃だったのでリアルタイムでは見てなかった作品。
2期放送に伴い、今年の4月~tvkで(再)されてたようですが、それも見てなかったです。
なのだが。
暇~な日々にふとなんとな~くで見た1期が思いの外!めっちゃくちゃおもしろくって、しかもその時期が6月の終わり、さぁ来週から2期が放送スタート!って時だったこともあってかなり最初からアツかったアニメです。
アタシのハマリ具合はハンパなく、思わずライトノベルを衝動買いしてしまったほどです。(^^;
小説を買うなんてかなり久々だよ~。

小説はね、とてもおもしろかったんですよ。
しかし、小説を読んでしまったせいで、アニメでココがはしょられてると気付いてしまったり、小説を読んで抱いていたイメージとアニメでの映像にギャップが生まれてしまったりして・・・その辺難しいなぁと思いました。
小説のサイトがカッコよすぎるからいけないんだよね、そうなのよ・・・。

まぁそうはいっても楽しめたんですけどね。
やっぱり「声」がつくってのはいいよね。
ツンデレ、も声があるのとないのではキュン度がかなり違いますから(^^
1話から楽しませてもらいました**

ゼロの使い魔については。
ルイズのツンデレが一番の魅力です。(アタシの基準です)
ツン、ツン、ツン、デレ。
と。
ツンがあるからデレが輝くのですよ。
キラキラ度がハンパ無いわけですよ・・・!!
あぁぁツンデレっていいなぁ・・・vv
そして、そんなツンデレ娘に振り回されるサイト、という構図も好ましいです。

2期を見たのは小説を読んだあとだったのですが、あの場面を動く画で見たい!音つきで見たい!と思ったのは
4話「ヴァリエールの3姉妹」かな、やっぱ。(^^)
サイトの声(日野さん)にもんどりうちました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いい!!!
台詞も良過ぎなんですが(シンプル、イズ、ベストなわけですよ)・・・声がいいのです~
あれにゃあ参った
7話「地底の秘密文書」のシエスタのセーラー服も楽しみだったんですよ。
しかし、普通でした。(笑)
そうだよね、だって普通のセーラーだもん・・・。
アタシとしては地底じゃなくて芝生の上でセーラーを着て回るシエスタが見たかったな・・・。(なんかこの思考男っぽい?)
12話「さよならの結婚式」はかなりのスピードで進みましたよね?
せめてもう1話あればなんとか・・・! なったかな?(^^;
テファもよくわからないままだったし・・・。
結婚式の時の乾杯、夕日に染まる教会の中ででしたね。
ていうか、この回は所々で夕日のおれんじが凄く強かった回だったような・・・。
OPで流れる青い静寂に包まれた教会のシーンがそのまま使われるもんだとばかり思ってたからちょっとびっくりした。
アタシとしては、OPの画の方が好きだな~。
サイトとルイズの再会は感動だったけど、最後の胸オチ(?)はないんじゃないかと。
サイトはおっぱいの大きい子も好きだけど、それよりルイズの方が好きなんだよ!
きっと・・・。(笑)
ルイズとシエスタがサイトの死を受け入れずに二人で友情を育みながらサイトを探しに行く流れが好きだったけど、アニメでは割愛された模様。
残念です・・・。

OPもEDもお気に入りです。
OPは画も含めてとても好きだわ~
EDは・・・アレはアレで大好きです。
サイト犬・・・欲しい・・・。
「ホントは、 スキ・・・かもっ!」 とかたまらん。

まぁいろいろと書いたけどアタシはゼロの使い魔が好きです♪
今期一番好きだったかも。
アタシもルイズのようにツンとデレをうまく使い分けられるような女の子になりたいものです。(ルイズのあのギリギリのラインを目指すにはかなりの修行が必要ですね~。)

「さよなら絶望先生」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「さよなら絶望先生」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

「さよなら絶望先生」
桜も咲き誇る4月。新しいクラスに希望に胸を膨らませた何事もポジティブにしかとれない少女・風浦可符香は自殺しようとする何事もネガティブにしかとれない青年・糸色望と出会う。決して出会ってはいけないはずの2人であったが何と糸色望は、風浦可符香のクラスの担任であった。(コピペです)

これも原作未読です。
でもなんだか有名どころなので見てみよ~と軽い気持ちで見始めた1話。
「死んだらどうする!!」でアタシはまんまとこの先生にやられてしまいましたよ。
桃色係チョ~もおもしろかったし、身長を伸ばしてたんですにも笑った(^^; ソンナ…
あ、このアニメはパンチラ禁止なのね(ていうか、このおじさん誰!)、って思ったのも束の間、カエレちゃんがパンチラ要員になってたり
「わ、わからない・・・が、そこがおもしろい」っていう感じ?
糸      色望  (on黒板)
もおもしろかったな。

しかし。
このアニメは一生懸命見ようと思うと、3・4回リピートする事になりそうなほどの情報量を持つアニメなので・・・
かなりなぁなぁで見てました。
そんなに頑張れないよ・・・。 アタシ・・・。
未だにOPでどんな文字が流れているのか全て把握出来ていません(笑)
ていうか、ほとんど把握していません。
黒板についても戻ってスローかけたのなんてほんの数回です。
小ネタが多過ぎるんだよ。
さりげなさ過ぎ、またはインパクトあるくせに消えるの早過ぎ~。
EDの「風浦可符香(P.N.)」も気付いたの最近だし。(アタシが遅過ぎなんですよね。)
それでも・・・まぁおもしろかったです。

なんだろ~一言であらわすならよくわからないアニメだったな。(もちろん褒め言葉です)
「人として軸がぶれている」というのはこのアニメのOP曲タイトルなんだけど、このアニメも「アニメとして軸がぶれていた」ように思う・・・。
けど、それがこのアニメっぽくてよかったのかも。
1クール作品なのにOPが10話目で変わったと思ったら2週流れてまた元のに戻ってるし。
次週最終回!の11話ラストで、先生が暴れちんちん電車(笑)に引かれて病院で光る手術中のランプ・・・
あぁ、このアニメもアニメらしく最終話前にはこうやって引っ張るのね・・・とすこし感動したのが、12話始まってみると・・・そんな出来事なかったかのように進み始めるし。
しかも12話も全く最終話らしくなく、新キャラがAパートとBパートで一人ずつ登場するし。
エンドカード(っていうんだって。ex)来週も見てねv のところ。)が久米田先生のイラストだったので、やっと最終話かぁ~と思えたくらいですもの・・・。(^^;


何もかもに絶望する糸色先生と何事もポジティブ娘の風浦さんのお話かと思っていたら、登場人物多かったですね。
しかも皆キャラが濃い!
超几帳面少女、被DV疑惑少女、毒舌メール少女、ひきこもり少女、ストーカー少女etc・・・
アタシのお気に入りはひきこもりの小森霧ちゃんかなぁ?

では最後に。
「絶望した!「さよなら絶望先生」が1クールなことに絶望した!!」
・・・ちょっとこのフレーズを言ってみたかっただけです。(笑)
この台詞が吐かれる前の4カットの糸色先生がカッコよくて好きです。

2007年9月24日 (月)

秋葉原のホームに行きたい。

秋葉原はもともと行って見たい街なんですよ。
電気街とか、アニメ街とか、AKB48の踊りを踊っているおじさんたちとか。見たい。
しかし、今は もぅホーム限定で。

Photoというのも、JR秋葉原駅のホームにある自販機で10月からCLANNADのパンの缶詰が売られるらしいんですよ!
コレ(→)。CLANNADアニメ公式サイトから引っ張ってきました
ちなみに公式サイトのパンの缶詰紹介ページはこちら

1個350円もするんだって。
7種類あるんだって。
350×7=2450 むむむ・・・!?
売り切れるかもなんだってーーー!!!
缶代に200×7=1400円とすれば・・・アリかな?ナシかな?
アタシが微妙なラインだ・・・!と思うくらいなのでCLANNADってなに?って人にはナシかな。(笑)
それにしても、秋葉原のホームの自販機限定ってどんだけ・・・なの・・・渚・・・!!(>_<)
買わなくとも、期間中に一度はその自販機を拝んで、写真を撮ってみたいです。
しかし。秋葉原で、自販機に向かってカメラを構える度胸が無いのです。
誰か・・・助けて・・・!!!

===
アタシのCLANNAD話第一弾はこちら。(ゲームのプレイ感想です)

「School Days」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「School Days」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

「School Days」
主人公の伊藤誠は、以前から登校時に時々同じ電車になる隣のクラスの桂言葉の事を気に掛けていた。誠は思い切って、学園に伝わる「好きな相手を携帯電話の待ち受け画面にして、3週間隠し通したら想いが叶う」というおまじないを実行したが、わずか1日で隣の席の西園寺世界に見つかってしまう。そのお詫びという名目で、世界が言葉と誠の間を取り持つという所から物語は始まる。(コピペです)

これは・・・とにかくいろいろな事があったアニメ、ですね・・・(--;
6月の終わりに、そろそろ新アニメが始まるという事でストーリーチェックをかけたわけですが、その時点ではまさかこんな事になるなんて思いもしていませんでした。
マ ジ で 。 微 塵 も 。
最初の印象としてはかなり高かったように思います。
ストーリーから言って確実に恋愛模様のもつれ(まぁ、3角関係くらいかな~と思ってたんですよ。甘い!)がありそうだし、おもしろそうだな、と。
アニメ公式サイトを見てみたら可愛い女の子二人がいらっしゃって(なんとなく敬語)画も好みだったし。
で、1話をゆるく見ていたところ、ラストの世界のキスでわ~嵐が起こる!と思ったのでした。
嵐・・・? 今思うとまだまだコレは体感しないほどの風に過ぎませんでしたね・・・(^^;

それから節操無しの最低男・誠によっていろんな女の子が汚されていきます。
えぇほんとに沢山の女の子が。
登場人物の名前の出て来た女の子ほぼ全て・・・?
言葉が唯一逃れてたって言うのに、言葉は言葉で違うやつに犯されちゃうし・・・
楽しんで見れたのは1・2・3話くらいだったように思う。
それ以降は見終わった後の鬱感が凄まじかったですね・・・。
女の子たちの気持ちも考えずに欲望のまま生きる誠に対する怒り、憤りもひどかったんだけど、それ以上に精神を病んでいく言葉とか、そんな誠にふりまわされてく世界をはじめとする女の子達が不憫すぎて・・・(涙)
それなのに見ちゃう。そして何もやる気起きなくなる・・・という悪循環。
よくここまで見続けてきたよなぁ・・・
(途中何話か溜めていましたけれども・・・)
そして、さぁ、最後誠に正義の鉄鎚を!!!というところでいろいろありまして最終話放送中止という事になってしまいました。
う~ん、誠の悲惨な最期を見てみたかったです・・・!
アタシはこの原作ゲーム未プレイだけど・・・コレは珍しくプレイしてみたいという気持ちが起こりません。
もぅアニメだけでおなか一杯です。
たくさんの血を見るエンディングをこなす自信がありません(笑)

幻の最終話をアタシはいつか見る事があるのだろうか。(DVDなどで)
もぅ記憶から消してしまいたいほどの主人公を抱えるアニメでしたが・・・この誠という主人公のせいでくしくも強く記憶に残るアニメとなってしまったように思います。
なんかもぅ、言葉や世界のことを考えるだけで胸が痛いよ・・・。

===
追記。

最終話がネット上にupされていたので見ました。
おぉう、グロい!エグイ!
って感じの最終回でしたね~。
うわ~ひゃ~って思いながら顔を手で隠しながら(あの、指の隙間からしっかり見えているという状態で)見ていましたが。
まぁ、誠、ありがとう、さよなら・・・ て感じで。(笑)
誠なんぞのために世界や言葉が手を汚してしまった事が残念ですが、仕様が無い。
言葉の「ほら・・・何も無いじゃないですか」が一番怖かったデスネ!!
このエンディングは本気で記憶に残り続けそうです。
血はね、赤くなきゃ(=黒きゃ)いいってもんではないのですよ。
まぁ、赤だったら余計に怖さが増すかと思いますが、黒くてもアレはアレで怖い!
マジメに、深夜に見るアニメではなかったです・・・

かつて「君が望む永遠」をプレイした時に、このゲームは凄い鬱ゲーだ、とか、主人公孝之はギャルゲー至上稀に見るヘタレだ、とかいう知識を仕入れたんですが、この「スクールデイズ」のゲーム・主人公のほうが何倍も上を行くと思うんですが・・・(--;
孝之はまだ情状酌量の余地があったように思うけど、誠には無い。
マジメに女の敵、な誠君でした。

2007年9月22日 (土)

まっどさいえんてぃすと・・・

無羅さんのところで見つけてきました前世占い
っていうか・・・アタシこの占いやったことある・・・(^^;)

以前に答えた「嫌がらせバトン」の中で自分の前世はなんだろ~ってちょっとやってみたんですよね。 →その時の記事。
けど、その時はここまで深くやっていませんでした。
こんな衝撃的な結果を目にした記憶がないもんな~
いやもぅとにかく無羅さんとこで見た、無羅さんの前世イメージが衝撃的で。
その夜は眠れないかと思いました(笑)

アタシの前世は考究する者なんですって(^^
前回も思ったけど、やけに偉そうで笑える♪
しかし、ここから先があったんです。
考究する者といっても、善人も悪人もいるわけなんですって。
アタシはどっちかというと・・・
↓結果

考究する者属「マッドサイエンティスト」

善人度10%、悪人度90%、・・・己が向学心・探求心を誤った方向に向けてしまった、危険度A級の「考究する者」、それがあんたの前世のようだよ。

発明品などが、発明者の意図を離れ、悪用されることはままあるけど、この人物の場合は、意図して悪意の創造物を発明していたようだね。その「考究する者」としての有り余る能力が「善」の方向に向けば、さぞ、良き発明・発見が出来たんだろうにねぇ。

今世のあんたはどうだい?自分の能力、正しい方向に使っているかい?
くっくっくっくっ・・・。

Photo_2悪人度90%とか。
危険度A級とか。
意図して悪意の創造物を発明とか。
いろいろツッコミどころはありますが・・・

一番のツッコミどころはこの(→)アタシの前世想像図ですよね!!!
誰このおぢさんーーーーー!!!!!!!!!(涙涙涙)
こわいんですけど!
目がイッちゃってるんですけど・・・!?!

モテたいがあまり、自分以外の男を殺す薬を発明中ですか・・・
世界の人類はアンタ以降絶滅の道を辿るよ・・・(--;
そんなこともわからない、悪に狂った前世のアタシ(笑)
いや、悪って言うよりは欲ですよね。

今世のアタシは、全世界の男がアタシに振り向いてくれたらいいなぁ~* と想像するだけのちっぽけな一般人ですので、まぁ地球絶滅の心配はないかと。(^^;)

2007年9月21日 (金)

アニメっ子全開です。

新しいテンプレートにしました(^^
今までのも気に入ってたんだけど、なんだか猛烈に変えたくなっちゃって。
(え、執事バトンが読み辛かったからとかそんなんじゃないですよ!(汗))
背景の色が少し強めだったので字が読みづらいかなぁ~と思いつつ始めた前回のテンプレでしたが、自分が思ってたより長く使い続けてたみたいですね(^^
今までありがと

実は、これの前に別のテンプレに変えてたんですがなんか爽やかすぎてしっくりこなくて、こっちで行こうと決めました(^^)
爽やか~でいいんだけどね!アタシには合わなかったみたい・・・

自分が爽やかよりもアニメっ子全開なこと、自覚しております(笑)
以前にGift(というアニメです)のテンプレにしてた事もありましたが、自分で自分のブログ見るのが恥ずかしすぎて結構すぐ止めちゃったという過去があるのですが(笑)、今回は平気かしら・・・?(^^;
ま、おそらく10月からのクールはアタシにとってアニメがアツイこと間違い無しなので、コレで頑張りたいと思います
・・・可能な限り。

13代目テンプレ:夏の泉

2007年9月20日 (木)

お嬢様おはようございますv

無羅さんから「執事バトン」ってものを回していただきました
何これ何これ、なんかめっちゃテンション上がっちゃったんですが!(笑)
執事のいるお屋敷で生活してみたいものです・・・が、現実は遠い・・・
「お嬢様おはようございます」から始まって「お嬢様おやすみなさい」で終わる生活・・・素敵ですよね~***
(別にセリフが逆でもかまいません!(〝▽)~♪ ナンチテ‐)

なんかもう、執事って言うより、好きな男の子ばっかり引っ張ってきた感じになってますが・・・
自分でもちょっとイタイ子な感じですが・・・
てか、こんな口調で記事を書くのはあんまりないことなのでちょっと自分お嬢様っぽくないんですが、まぁ・・・
とにかく。
温かい目で笑ってくださる心の大きい方のみ、どうぞ~!

続きを読む "お嬢様おはようございますv" »

「ドージンワーク」の感想。

今期アタシが見ていたアニメ「ドージンワーク」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

「ドージンワーク」
お友達の誘いで同人誌即売会に連れて行かれた主人公・なじみが一攫千金を狙って(笑・そこがなじみの可愛いところ♪)同人活動にはまっていく・・・というお話。
コレは・・・けっこうゆるく、見ていたアニメですかね?

1話見た時点で後編、実写ですか・・・(--; とか
なんかドージンワークの内容が濃ゆい・・・(陵辱、とかBLとか(笑)) とかで
見ようかな?やめよっかな?と迷ったんだけど、同人活動やコミケというものに大変興味のあるアタシなので見てみよっって思ったのでした。
ちなみにそういうのに全く興味の無い彼は速攻で切ってました(^^;)

見続けていればなじみが同人活動にいそしんでいる様子も楽しく見れましたし(ていうか、頑張り過ぎじゃね?)、おもしろかったですよ♪
主要人物意外が灰色(正しくは水色やピンクか。)一色だったりするのもおもしろかった(^^
あと、紙芝居みたいに厚みの無い人物がくるっ!とまわるのとかもおもしろかったです~。
同人活動の大変さがわかった(?)アニメだったかな?(笑)
でも細々とでもファンが出来たり、ライバル兼友達が出来たり、いろんな山や谷にぶちあたりつつ、それを越えるべくガンバロ~!ってしているなじみは可愛かったです

最終話で商業誌デビューすることになりそうになり、でも同人活動への愛を叫ぶなじみ。
「アタシは・・・まだまだ恥ずかしい思いをしながら
 お店でこそこそエロゲー買ったり
 そのまま友達に会って気まずい思いしたり
 へたっぴな絵でこつこつ漫画を描いてたいの
 寝不足のまま満員電車に揺られて
 ほんの少しの売上げで一喜一憂して
 お客さん一人一人に本を渡したいの・・・! 」

「くだらんっ! 」
「そうだよ、くだらないよ・・・でもまだそうしてたい・・・! 」
には・・・笑いました
ほんの少しの感動と、なんじゃそりゃ!的な笑いが・・・。
でもそうだよね、そんなアニメだったよね・・・ってちょっとしみじみしちゃいました(^^
そして、そんななじみをほっぽって(のしあがった?)デビューを飾ったソーラちゃん。
まぁお約束的オチですかね?(^^

アタシは同人活動にいそしんだことは無いけど(これからもその予定は無いけど)、楽しそうだなぁ~ってちょっと思っちゃいました。
そんなくだらなさが、おもしろいアニメでしたね(^^*

あ、そいえばなじみが初めてエロゲー買いに入ったお店で「君望」のポスターが判別できた時はなんだか・・・嬉しかったです(笑)

あと、最初は何だコレ・・・とか思ってた後半の実写パートもかなり楽しみになっていました
というか、アニメよりも実写の方が楽しかった回もありました(笑)
実写パートでは、このアニメの登場人物・露理役の斎藤桃子さんと北野ソーラ役のこやまきみこさんが同人誌を作る!って頑張ってたわけなんですが・・・
これまで、あまりアイドル声優的な立場(?)に疑問を持ってたあたしが、桃ちゃんもキミキミも、そんなあだ名で呼んでしまうようになるほど、このお二方には愛着が・・・(笑)
特に、キミキミの方は、頑張りがハンパ無いよね・・・!
この人、ちゃんとやってのけるんだろうか・・・と心配だったんだけど、無事にやってのけられたようでなによりです(^^
拍手を送りたいくらいです*
っていうか・・・とらのあなの委託販売・・・アタシも欲しい~!って思っちゃったほどです。
アブナイアブナイ、ちょっと静まれ、あたしの感情・・・(^^;

「ななついろ★ドロップス」の感想。

そろそろこの、番組編成期がやってまいりました。
アタシが見ているアニメの中では、「ななついろ★ドロップス」が一番早く最終話を迎えたようです。
たくさんアニメを見てると、感想書くのも大変だな~。
(毎週アニメ感想書かれている方には本当に感服いたします
今期見ていたアニメでは、感想をしたためちゃおう♪(=好き度が高い) と思えるアニメが多くて楽しかったです(^^

というわけで、今期アタシが見ていたアニメ「ななついろ★ドロップス」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

「ななついろ★ドロップス」
五月のある日――正晴の生活は180度変わってしまう。
あるハプニングから飲んだ怪しいジュースのせいで、正晴は日が暮れると 小さな羊のぬいぐるみになってしまうのだった!!
元に戻れる手段がただ一つ。この町に流れ星とともに降ってくる『星のしずく』を集めること。 そして『星のしずく』を集めることができるのは、不思議な杖に選ばれた、特別な女の子――。
その「特別な女の子」とは、クラスメイトの秋姫すももだった・・・。
今まで話したこともなかったクラスメイト。だけど正体を知られたら、永遠に普通の人間には戻れない。
昼間は不器用な男の子「石蕗正晴」として。そして夜になれば羊のぬいぐるみ「ユキちゃん」として。
不思議な物語の一ページが、いま始まる――。(コピペです)

一話を見たときは、「う~~~ん・・・(--;)」って感想だった。
ぶっちゃけ、この女の子についていけるかしら・・・(猛烈不安)。と思った。
でも眼鏡男子にくらっときたのでまぁ見てみるか~という軽い気持ちだったのだが。
(何気に好みです。アタシ今まで気がつかなかったけど眼鏡男が好きなんかなー?)
4話くらいまで見たころから、ちっちゃくて弱っちぃすももが涙目になりつつも頑張る姿に惹かれていく自分がいましたvv(^^
すももかわいいよ~。
背が小さくて、声も可愛くて、髪の毛の色も可愛すぎる!!
すももの「・・・っ」っていう、言葉にならない声も超かわゆいvv
コスチュ-ムも可愛すぎる!!プレイのようだよ~(笑)
このコスチューム、はじめは、魔法使い少女アニメによくある、戦闘服っぽいものだと思ってたんね。
なんか、一瞬ハダカになって、コスチュームをまとう、的な。
したら、すももの場合は違いますよね?
確かこれはおかあさんが送ってきてくれた代物。
この可愛い(有り得ないレベルの可愛さ)洋服に部屋で着替えて出掛けたときにはクラクラ~ってしました(笑)
なんか一生懸命に着替えるすももがたまらんvv
あ~~~すももかわえぇ・・・**
毎回この服に着替えるわけでもなく、私服で星のしずくを取ってたりもしましたね。
ん、でも可愛いからなんでもオッケィです

この話の山場(アタシの中での)はやはり第6話、「さやしさいろの夕焼け」ですね。
こ・告白シーンはさぁ・・・どうしようもないね
もうこれで完璧にあたしの心を引き寄せました!
トキメクに決まってるよね!! トキメかずにはいられないよね!!
しかも夕焼けバックでしたよ!!! これぞ憧れ!
やさしさ色の夕焼けっていうサブタイもいい感じです
うんうん、夕焼けってホントになんにもなくてもやさしさ色だよね~。(^^
すもものやさしさに触れた後だからやさしさ色の濃さレベルも最大値でした!
石蕗(ツワブキくん・主人公)、よく告った!!
なんだかヘタレ男の子が多い中、彼はこの時は男だったよ~!
羊のときの石蕗はちょっと情けないけどね~。
スクールデイズの誠(最低男の中の男)は石蕗を見習え!ヽ(`ロ´)ノ
7話「はちみつ色のとまどい」では、告白が嬉しくて、でもアタシなんか・・・って怖くなっちゃって逃げ出し、石蕗を避けるようになってしまったすももちゃん。
おとうさんからおとうさんがおかあさんに初めて気持ちを伝えた時の話を聞いたすももちゃんは石蕗くんの告白に応えなきゃ!って思ったのでした・・・父、G.J.!!!
また、石蕗くんは避けられても、すももは他の人が好きだと勘違いしてもめげなかった。
・・・漢!!!(涙)
そんなわけで石蕗と、すももちゃんが告白しあったこの回もとても胸がドキドキしましたvv
周りはキレイなガーデン、空には満天の星。
手と手が触れ合いそうになって・・・ってそんだけかい!!(笑)
でもそんな二人がステキ・・・**でした(^^

1クールのアニメってことで、最後は急展開でした。
いろいろとあって(笑)、ぬいぐるみにならないようにと集めていた星のしずくが7つ集まっても、すももと恋人同士だったことなどのここ半年くらいの記憶が無くなっちゃう・・・ってことになってしまったんです。
それでも・・・
もう一度すももを好きになるから
なんてカッコいい事を言って、記憶を無くした石蕗くんでした・・・。
記憶喪失ものって漫画でもよくあるけど、大体は記憶が戻ってハッピーエンドですよね。
(そうでない漫画もありますが・・・)
これも、そうかなって思ってたんです。
ノナちゃんが自分で集めた星のしずくで記憶を戻す魔法のレシピをすももに与えてくれてたし(^^ ノナちゃんいい子♪
「何か大切なことを忘れている気がする・・・」ってすももとの思い出の場所を歩き回る石蕗くん。思い出せそうで思い出せない何か。携帯の「す」の字で一発変換した「すもも」の文字。
思い出の温室で、思い出の着信音・・・
そんなこんなですももの元に寄ってって「俺・・・秋姫の事すももって呼んでた筈だ。いつも俺の隣にいた・・・すもも!」って。
そこですももの手からノナちゃんのレシピが地面に落ち、はじけた・・・
そのしずくを受けて記憶が戻るのかと思ったら、 戻りませんでした。
ん~
でも、「もう一度好きになる、はじめから。」って石蕗くんの言葉に「・・・うんっ」って可愛く応えたすももに乾杯です・・**
もぅいっかぁ~二人が幸せなら何でもいいかぁ~***
って気持ちです
ノナちゃんのレシピは地面に落ちて、二人で植えた球根をぶわっと咲かせたの(^^
スノードロップを。花言葉は初恋のまなざし。
うんうん、このアニメは初恋のとまどいとかトキメキとか、上手に描いてたよなぁ。
なんだか最近経験していないトキメキを思い出させてくれたアニメでした。
かんわいぃすももとちょっとテレやな石蕗くんに万歳~ヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノ

この最終話ラストで流れ始めた「コイスル★フローライト」にも感動しちゃった
って言ってもアタシはゲームプレイ者ではないんだけど、アニメの合間のCMで流れるゲームのCMの曲だったからなんとなくサビ部分は知っていたのです。
この曲も、ななついろ~にとても合ってて素敵な曲でした
でもOPもEDも結構スキでしたよ~(^^

2007年9月19日 (水)

今日の出来事。

「School Days」の最終回が放送中止らしいですね。
今朝のニュースで駆け巡った事件の影響みたいですね~。
こういうことはたまにあるけど・・・
仕方ない・・・ってわかってるけど最終回見たかった・・・!というのが今の感想かな。
毎回見た後には鬱状態に陥ってしまう程の強力な力を持ったアニメでした(^^;
実際、今2話くらい見ていない話が溜まってたんだけど・・・
誠に鉄鎚が下って、すっきり出来る最終回~?見るしかない~!と思っていたのに・・・

しゃーない!こうなったらDVD最終巻見てみるか~!
と、きっと数多くの人が思っていることでしょう・・・
あ~誠の最期が気になる・・・!!!


School Days:京都の父殺害事件で最終回の放送見送る 女子高生の暴力シーンを考慮

京都府京田辺市で府警南署交通課の巡査部長(45)が専門学校生の次女(16)に殺害された事件を受け、テレビ神奈川は18日、女子高校生による暴力シーンがあるアニメ「School Days」の最終回の放送を見送った。同作はチバテレビ、テレビ愛知などでも放送中で、各局とも放送を見合わせる予定。
「School Days」は伊藤誠、桂言葉(ことのは)、西園寺世界の3人の高校生の三角関係を描き、今年7月からテレビ神奈川などUHF局の深夜帯で放送されている。原作のPC向け恋愛シミュレーションゲームは、約20種類の結末が用意されたマルチエンディング形式で、恋愛関係のもつれから女子高生が刃物で切りつける結末もあり、アニメ版のどのような結末を迎えるか、インターネットなどで話題となっていた。
テレビ神奈川では「最終回では、女子高生による暴力シーンがあり、血の色を赤でなく黒にするなど表現上、最大限の配慮をしていたが、京都の事件の直後でもあり、影響を考慮して休止を決めた。視聴者の皆さんにはご理解いただきたい」としている。19日に放送を予定していたチバテレビなども同様の理由で最終回の放送を見送った。15歳以上の年齢制限をかけて放送しているアニメ専門CS放送の「AT-X」は、最終回の放送について「検討中」としている。(毎日新聞 まんたんウェブ)

体内メーカーを求めて・・・

体内メーカー、人気なようですね。
ここのところ「体内メーカー」検索で来る方が多くなってます。
しかし、いろいろ記事を更新していたらTOPページから落ちてしまいました。

そんなわけで、アタシの体内メーカー記事はこちらです。
みなさんもレッツ体内メーカー♪
よい結果が出るとよいですね(^^

アタシはどんだけ幽白好きなのか。

一つ前の記事でも書きました、CLANNADの置いてあったお店なんですが、中古ゲームもあり、中古マンガもあり、中古CDもあり、おもちゃもあり、なんでもあり・・・
っていうお店なんです。

そこでは・・・もう一つ買うと決めているものがあったんです
それは・・・
幽白のトレカ~!!!(BGM:ちゃららちゃっちゃら~♪)

え・・・今更トレカ?幽白・・・?
って人が一杯いるかと思いますが・・・(^^;
いいの、だってここはアタシの趣味ブログなんだもん♪
コレ、アタシが小学生の頃、トレカカード機で地道に買ってたんですよ。
それでも全然集まらなくって、いまだに見つけると買っちゃうんです。
コンプリートまであと50枚ほどなんです・・・!(全部で300枚くらい)
あれ~全部で300枚って書くとなんだかコンプも簡単そうですが、それがそうでもないんですよね。
ダブりが一杯あるカードもあるくせに、まだお目にかかれていないカードもあって・・・。
トレカは集めるものじゃない。
小さかった頃のアタシにそう言ってあげたいです。
マジメな話、このカードにいくらお金をかけたかわからない。わかりたくない(笑)
で。
そんな昔のカードあまりどこにでも売ってるものじゃないんですが、ここにはあるんですよね(^^
もぅ長野に帰った時は絶対この店に行って、持ってない番号のカードを見つけると買うようにしてるんです。
5枚で100円くらい。
こないだ(お盆帰省時)なんか2000円分くらい買ってしまいました。
人の事言えないけど、今時幽白のトレカを買うお客さんっているのかな?
店員さんに「またあの人来たよ。」「幽白のトレカにお金をつぎ込んでるよ・・・」とか、思われてそうで怖いです(^^;
そしたら今回行ってみると・・・!!!
400枚セットで500円とかにまとめられてたー!!!(大笑)
アレですか・・・最終処分ですか?
今買わなきゃやばいですか?
次回にはもう無いですか?(だから一体今時アタシ以外の誰が買うんだっていう疑問)
そんなこんなで。
ここはもぅ思い切ってもう一段階上の800枚980円セットを買ってきてしまったんです。
笑って!!!
お願いだから笑って・・・・・・・・・!!!!
しかも同じお店に幽白のドラマCDなんてものもあってそれも買っちゃったしーーーー!
(いや・・・違うのです。アタシとしてはKeyのサウンドトラックとかを探していたんです。←それもどうなんだ)
しかしそこに冨樫義博の文字が見えたから!
250円だったから!!
今アタシの中では冨樫ブームだから!!!
しょうがないのデス!(>_<)
お願いだから店員さん、そんな哀れんだ目であたしを見ないで・・・っっ!
(注:店員さんはそんな失礼な顔はしません。アタシの脳内でそう見えただけです)

ホントに、この人はどんだけ幽白好きなんだ・・・
と思われました。
きっと。
ちょっと恥ずかしいです。
Photo友達に買っちゃったんだ~って話をしたら大笑いされちゃった
ちなみにその子は幽白好きさん
幽白ってなに・・・?みたいなお友達にはなかなか話せませんね~(笑)

この800枚の内、未収集分は30枚でした・・・。
あと20枚ほど・・・どうしたらいいんだろ@

先週末の話。

長野ではね。
かなりのハードなスケジュールでしたよ。

今回は高速バスで行ったんだけど、高速バスも、電車も。移動って疲れますよね・・・
そんな疲れてるってのにそのままライブを見に行って~、興奮のため?寝たのは夜中の2時。
朝は弟の目覚ましで6時起き。興奮で眠れず。(どんだけ興奮してんだ~!)
その日は11時から10時まで友達3人でああでもないこうでもないって長野市内を駆けずり回って、寝たのがまた2時。
日曜は予定無しだったので、中古ゲーム売ってる店を5軒ハシゴ!!
(中古ゲーム探しも重要な任務だったというのはナイショです(笑))
しかもチャリで・・・! お尻が痛いよ~(><)
アタシのこの週明けの筋肉痛はおそらくココから来てますよ・・・。よよよ。
中古ゲームってのはもちろん「CLANNAD」を探してたんですけどね。
5軒の内、1軒で見付けました・・・!!***
しかし・・・6780YENもしたのーーーー!!!
定価が¥7560だから・・・なにこの強気な値引率は・・・!!!
劇場版公開ととアニメ開始時期だから・・・?そうなの・・・!?(涙)
彼に相談したところ、それなら新品で買ったほうがいいんじゃない?って助言(?)を頂き、今回は断腸の思いで断念しました・・・(><)
それにしても初めて売ってるCLANNADを見たよ!!感動♪
高いのは買う身としては困るけど、それだけ評価が高いということなので嬉しくもあり。
月曜も友達と遊んでランチを食べて、高速バスに乗って帰ってきました
途中渋滞にあってバスに5.5hくらい乗ってたらまた腰が痛くなった気がする・・・。
渋滞はキツイですよ。
ホントにもぅ若くないんだからさぁ・・・
という感じで体を酷使したため? 体調を崩してしまいました・・・(--;
風邪ひいたっぽい ん゛~

でもでも、ここまで毎日充実した連休ってのもかなり久々で楽しかったです
やっぱりお友達はアタシの元気の源だなぁ~** とつくづく思いました。
女の子同士だと、飲み物とデザートがあればどこまでもいつまでも語り合っていられると思う

THE BACUUNE

先週末は長野に帰っておりました(^^
何人かの友達と会い、久々に語った~♪♪
やっぱり友達はいいね
しかし、金土日月と前日遊びまわってたら体が悲鳴を上げ始め、風邪引いてしまいました@
ごめんね、もぅ若くないんだもんね・・・ >アタシの体
(まだまだ遊べるじゃん、アタシ~♪なんて思っていた自分が恥ずかしいです・・・)

長野では9月14日、「THE BACUUNE」っていうバンドのLiveに行ってきました♪
何回目のライブになるんだろ?
アタシが出向いたのでは3回目です(^^
長野に住んでたら毎回でも行くのに!!!
BACUUNE好きの友達と開場2hくらい前に長野駅で落ち合い、わいわいプリクラをとって、マックでお話した後に会場に向かいました♪
や、ホント、BACUUNEもいいけど友との語りもアタシを豊かにしてくれます
いつもありがと感謝感謝

彼らは長野市出身の男の子3ピースバンドなんだけど、とにかくみんなが可愛くてしょうがないです・・・
なんか語弊がある・・・?(^^;
弟と同じ歳だからかな?(笑)
昔、彼らが高校生だった頃はとにかく可愛くて、爽やか好青年って感じだったんだけど、今回聴いてて、色っぽさが出てきたなぁ~としみじみ思いました。
そうはいってもお話すると気さくなおにぃちゃん って感じなんだけどね(^^

今回のライブは対バン形式でした。
それだと、一体いつ彼らが出てくるのかがいつもわからなくて、いつでも「今!」って時に前に出れるような位置取りをしておかなくてはいけないのでドキドキします。
1組目は友達とゆったりしたところで座って語ってたんですが(2hどころじゃ近況報告回は終わりません・・・)、なんと今回BACUUNEは2組目だったんですよ。
そろそろ前に出といたほうがいいかなぁ~?なんてゆる~い位置取りをしていたアタシ達だったので慌てて前に出ましたよ~。
今回も友達が引っ張ってってくれた♪ホントありがと♪
斜め前にいた女の子達がそんなアタシ達に気づいて快くどうぞ~って譲ってくれた!
惚れました!!!(敬礼!!)
・・・そんなわけで2列目で見れたんですよ(センターより少し左側、内田君(Ba.)側)
しかも全身隠れることなく見れた~!!感動です**
内田君側に行っといた方がいいね~(^^ って言ってくれた友達にも感謝!!!
もぅホントにホントにありがとう。
全ての人にありがとう。
(えぇ、アタシは内田君が好きなのです。(^^*) なんかアタシの弟に似てて可愛いの~* こんなところで密かに告白(笑))

今回聞けた曲は5曲。
「under potion」「BADチリ(仮)」「セカイジュ」「バタフライエフェクト」「リボルバー」
全部オリジナルになってて(アタシは1月以来ですので~)成長してるなぁ~と感じました。
どれもそれぞれカッコよい曲でよかったんですけどね。
ってか、音楽を奏でてる彼らを見る事が出来るだけで感動ものなんです(^^
中でも、優之介君(Vo.)がブログで「かなり自信作~」って言ってたバタフライエフェクトが聴けてよかったかな。
良い曲でしたよ~。
聴きたい聴きたい、って思ってたから?(^^*
セカイジュもリボルバーもよかった♪♪ 
全部よかった~(←毎回変わる事ない感想。ボキャ貧です。)
しかし。
やはりというか、どうしようもないアタシの記憶力の低さに涙が出ます・・・。
もう反復できない・・・!(><)
もうすぐ(?)音源が出来るらしいし、それまでの辛抱だ・・・!!

今回のライブは4組でしたが、結局BACUUNEしか見てない・・・(笑)
BACUUNE終わってアンケートかいてたら電車の時間が迫ってきたので(^^;
(かなりいい出演のタイミングでした・・・神よありがとう***
アンケート用紙貰う時と渡す時に思い切って話し掛けてみました・・・!
まぁこれも毎回のごとくいっぱいいっぱいで話したい事の1/4も言えなかったんだけど!
とにかく、「ホントよかったです!」って思ってることだけでも伝わってれば・・・いいな。
ドラムのRIONくんとお話したときに、理想を高く持ってやらないと成長しないから~!って言ってたのが印象に残ったなぁ。
理想は現状維持、それで満足しているアタシには耳が痛くて、カッコよく聴こえました。
理想が現状よりも高いと、今は辛いだろうけど確実に成長していけるよね。
そんなわけで、今後のBACUUNEにも期待しております
次のライブ・・・行けるかなぁ・・・内田君のコーラスを聴きに・・・
(彼にお伺いを立てたところしぶられたー!(><)もっと可愛くお願いせねば
音楽に対してあまり興味の無いアタシですが・・・。(^^;
3回、それ以上もライブに足を運びたいと思わせてくれる彼らなのです
(アタシの中のリピート率はダントツです(笑))

今回の失敗
内田君に握手を求められずに終わった・・・ il||li _| ̄|○ il||l
いっぱいいっぱいすぎるんだよ・・・自分・・・

===
THE BACUUNE 1stライブ感想  
THE BACUUNE 2ndライブ感想 こちら
 ていうか・・・アタシの「音楽」カテゴリの記事の中の彼らの率が高過ぎる(笑)

写真日記特集♪(BlogPet)

きょうは、更新したいなぁ。
だけど、チャロでネタとか経験したよ♪
だけど、かいんで発見したの?
だけど、長野へ一段落したよ♪
だけど、みあずと、リライトした?
でも、写真日記特集♪

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2007年9月18日 (火)

ちょ・・・誰か・・・

ヤバイ!!!
またもやヤバイ!!!
何で特集されているんでしょうか・・・(><;;
何のテレビで放送されたんでしょうか・・・!?
(誰か知ってたら教えてください・・・)

・・・体内メーカーの話です(苦笑)
体内メーカー記事はこちらです。(ココまで来たら宣伝してやる!(笑))
ついでに。
数日前の、体内メーカー閲覧が増えた際の戸惑い日記はこちらです。

管理ページを見ておもわず「やばい・・・」とつぶやいてしまいました。
訪問者5ケタ超えってどんだけーーー!けぇーーーけぇぇぇーーーーー

繁盛しているうちに応援してるバンドの記事載せておこうかな・・・

===
追記。
ふぅ・・・と一息ついてホーム(うちのはYahooです)に戻ってみたら、ニュース一覧に「体内メーカー」の文字が@

脳内メーカーの体内版「体内メーカー」が人気
「体内メーカー」という診断サイトが現在ブログで話題となっている。
体内メーカーとは、入力した人物の脳内を文字で表す「脳内メーカー」の体内版。名前を入力すると「疲」「若」「脂」「悪」「良」「弱」「菌」「健」などの言葉で占められた、肺、心臓、肝臓、じん臓、胃袋、大腸、小腸、膀胱といった臓器が描かれた体内のイラストが表示され、入力した名前の人物の体内がどのような要素で構成されているのかを知ることができる。
この体内メーカーに対しブログで試し、結果を公表している人たちは「病院に行かなくても体内がわかるょ?( ≧m≦))「胃が紫ってのが気になるなー」「膀胱に「治」と「痛」があるけど、痔になって治るって意味なのか!?」「大腸が老化しているって、そんな…(苦笑)」などと楽しんでいる人が多い。(アメーバニュース)


とのことです。
そりゃー検索も増えるわ=3
もちろんアタシも楽しんでいる人の一人です(^^♪
鱈子さんもきっとこんな状況なのかな?
アタシよりも一足早かった鱈子さん、話題を先取りって感じでカッコいいですね
理由が分かればこの盛況も納得が出来て、ほっっと一息入れられました(^^

2007年9月14日 (金)

鱈子さんへのラブレターのようです(^^

鱈子さんからまわって来ました、バトンです
究極のサイクルバトン、だそうです。
回しに回す、そのぐるんぐるんの渦の中に身を置きたいと思います(^^

ではどうぞ~。

続きを読む "鱈子さんへのラブレターのようです(^^" »

2007年9月13日 (木)

こわいよぉ。

みなさまこんにちわ。
最近いいネタにめぐり合えず、かつなんだか忙しさのあまり更新サボってました。
でもチェックはしてるんですよ、コメントやアクセス解析は。(^^
で、
なんだか最近のアクセスが急激に伸びてまして(うちは先日10000超えた~わ~い♪って言ってた地道ブログです(^^;))、「体内メーカー」検索で来る人が多いんですよね。(記事は数個下です)
なんかTVとかで紹介されたのかなぁ~ なんて思っていたんですが。
今日のアクセスも多く、生ログ見てたらリンク元がココログトップページになってる・・・!?!?
見てみたら・・・

昨日アクセスが集中したブログランキング
の2位になってるし・・・!!!
えっ・・・なんで・・・?
何がなんだか(@@@@@@@@←もう目なんだかなんだかわからない(笑)
しかも記事タイトル「え・え・え・え・え・え・H!!!」出てるし・・・。
もぅ、ホントゴメンナサイ。
いろいろ期待してくる人にゴメンナサイ。
大した内容じゃなくてゴメンナサイ。
こんなタイトルつけてゴメンナサイ。
(ちなみに「え・え・え・え・え・え・H!!!」は少しもえっちぃ記事ではないです(^^;))

アタシはココログトップページからはアニメ・コミックへのココログフラッシュくらいしか飛びませんけど、いろんな人がいるのですね。
もちろんそうですよね。
なんか話題なの?見てみよ~って人も沢山いらっしゃるのですね。(大きく気のせいです)
・・・アタシはただの漫画好きですけど、よければ仲良くしてやってください(^^*)ニコ

そんなわけでかなり動揺してます
アタシのお知り合いの方は、今日の内に是非ココログトップページをチェックしてやってくださいな(トップページの真ん中あたりです)
こんな事一生に一度あるかないかの瀬戸際なんで
やだ~瀬戸際って、崩れ落ちていきそう・・・(大笑)

2007年9月12日 (水)

一段落(BlogPet)

きょうおれんじはぺりぃと一段落したかった。

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2007年9月 8日 (土)

CLANNAD

今日GyaoでCLANNAD劇場版のPVを発見し、見ました
http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0006668/
Gyaoでは今AIR劇場版も視聴できるようです。
Gyaoさん万歳。嬉しいな。
このAIRの出来がCLANNAD劇場版の出来ともシンクロするかな?
監督さんも同じだし。

CLANNAD劇場版のCMは時々TVで見ますが、4分と長いものには初めて出あいました
しかし。
朋也に声がついて顔が出ただけでなんだか違和感がー!
そうか、これがゲームのアニメ化か・・・!
と一人納得してしまいました(^^;

アニメもそうだけど劇場版も・・・
CLANNAD大好きなアタシの期待がでかすぎることが最大の不安要素です。
ちょっとこのでかすぎる期待をしぼませておかないと・・・
渚の髪がふわふわ揺れる様を見れるだけでも幸せって思うようにしておかなくては、ちゃんと楽しめないぞww

もうすぐ劇場版公開です。
アタシは人様の評価を見てから見に行くか決めます。外道です(^^

===
CLANNADプレイ日記→こちら
AIRもやりました。 AIRプレイ日記→こちら
Kanonも~! Kanonプレイ日記→こちら

2007年9月 6日 (木)

性格かぁ~

アタシの性格ってどんなんだろう。
人から見られる性格って・・・?
あまり考える事のない主題なのでドキドキしますね。
ネット上のアタシは、いい子ちゃんぶってるので、皆さんホントのアタシの性格に触れたら離れてっちゃうかも~!!
自分磨きをせねば!なのです。

それでは、なこさんから頂いてきた「性格ばとん」です。
どうぞ。
どうでもいいけど「バトン」が「ばとん」になっただけで可愛いですね。
平仮名ってスゲーよ!

続きを読む "性格かぁ~" »

2007年9月 5日 (水)

戸隠は教育したの(BlogPet)

みあずと、戸隠は教育したの?
それで鬼哭でリライトしたかった。
だけど、長野が一段落するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2007年9月 4日 (火)

体内メーカー

こないだ「脳内メーカー」をやってみましたが、
今回は「体内メーカー」っていうものを鱈子さんのところで見かけたのでやってみました。

Photo ちょ・・・・・・!
なんか下半身にもの凄い不安な結果が出てますが・・・!?
大丈夫なのか、アタシ・・・
(--;;

胃とじん臓はなんとなく大丈夫そう・・・だよね?

こないだやった脳内メーカーほど、おもしろい結果じゃなかったけど・・・
これはこれで地味にへこみます・・・(笑)
先日やったアタシの脳内メーカー結果→こちら

この体内メーカーのあったサイトに、「脳内メーカー(正面)」というのもあって、これは先日やった「脳内メーカー」とは別物のようです。
そんなわけで、こちらのサイトさんでもみあずの脳内を覗いて見ました♪
・・・・・・
Photo_2
ぬぉぉぉぉ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!
激後悔・・・!(血涙)

いいんだ、もぅいいんだ、アタシなんて・・・!
il||li _| ̄|○ il||l

アタシは強く生きてゆきます。
探さないで下さい。

2007年9月 2日 (日)

未経験の方に★

こちらも帰省中に無羅さんから回してもらっていたバトンです
遅くなってしまい申し訳ありませんです・・・!

自己紹介系ですね。
等身大の自分で・・・答えた、つもりです(^^
では、どうぞ。

続きを読む "未経験の方に★" »

みなさんへ・・・にこっ!(^^;)ひきつり

連想バトンですって。
これも帰省中になこさんに回してもらっていたものです。
遅くなってしまい申し訳ありません

では、どうぞ。
アタシの訪れるブログ主さんはお名前挙がっているかもしれませんので・・・
あの・・・・・・石は投げないで下さい・・・!

続きを読む "みなさんへ・・・にこっ!(^^;)ひきつり" »

2007年9月 1日 (土)

デスノートSP『リライト・幻視する神』

昨日、日テレでやってましたね、デスノートSP『リライト・幻視する神』(アニメ)。
アタシは・・・ものすごくガッカリでした!!

日テレさん・・・何してくれてんのー!!って。
まぁ、全37話を3時間弱にまとめるという事に初めから無理があったといえばそれまでなんだけど。
無理ならやらなくてもよかったですよ・・・。

ノートのルールとか、所有権と記憶に関してとか、他にもそこ削ってどうするの!って思うところが一杯で・・・
本気で書ききれない位に一杯でした。
一番は、Lが最期にキラ=月を確信せずに死んでいった事。
あの時の月の極悪な顔がないと!!
Lのやはり私は間違っていなかった、がないと!!
ここまで有名になったから少しくらいはしょってもみんなわかってくれるって判断なのでしょうか?
でも、デスノ関連を初めて見る人にデスノのおもしろさがちゃんと伝わってるのか疑問ー!
初めて見た人が「なんだか話題だったし見てみるか~」という気持ちでみて、「こんなもんか=3」って思っちゃってないかと激しく不安・・・。
原作はもっと凄まじくいいですから!!

アニメ全37話の方は結構原作に忠実で好きだったのに、これ(昨日の)は無いだろ・・・って思っちゃった。
たくさんの重要シーンを削っといて、L最期の日の雨シーンはちゃっかり入れてるし。
ま、仲良しな二人はなかったですけど。

そんなわけで、ちょっと昨日のには否定的なアタシでした。
美しく人名を書き綴る月も、美しくポテチョップ(笑)を食べる月もカッコよかったけどね~。

===
デスノートのアニメ全37話視聴後の感想。
こちらはかなり肯定的です。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »