2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 指定型学園生活バトン | トップページ | 恋なんかはじまらない »

2007年6月26日 (火)

ぼっちゃまはイジワル

Photo_3「ぼっちゃまはイジワル」長谷部百合、小学館(2002)/全5巻
内容:雪の降る寒い日に、私はぼっちゃまに拾われた。ぼっちゃまは私に名前を付けてくれた――”ミケ”って。そして今私は、ぼっちゃまのお屋敷のメイド。身分は違うけど、でも私はぼっちゃまが好き。そんな私が、ぼっちゃまと同じ学園の生徒に・・・!?  (裏表紙より) 

これは・・・可愛いメイドさんの出てくる漫画ですvv
この一言に尽きる!!
うぅ~ん。ミニスカのメイドも、よいねv
(メイドにはロング!というこだわりをもつ方もいるそうですが。)

おぼっちゃまとメイドの恋、それはそれは厳しく高い壁「身分」を乗り越えていかなければならない、大変な恋なのであります~。
この漫画は、1話目から恋愛が実り、身分の違いを乗り越えてシアワセを掴めるか!?
と、そこがポイントの漫画でしたが。
これはただの少女マンガではない。
恋愛漫画なのか、アホ漫画(褒め言葉です)なのか、ときどきわからなくなるほど、ぼっちゃまが変態すぎるのです!!
ぼっちゃまはミケのことが好き。
でも、ミケのぱんつのこともミケと同じように愛しているのです!
スカートめくりなんて日常茶飯事。
パンツをにぎったり、かぶったり、果ては地下にミケのパンツ部屋(パンツの成長記録的な)を作って一人鑑賞していたり・・・。
そんな変態ぼっちゃまに毎回大ウケしてしまいますね~。
そんなぼっちゃまなのに・・・素敵過ぎる!
そう!ぼっちゃまは何をしてても(ぱんつをかぶってても)カッコいいのですよ!
なんだ、このぼっちゃまマジック・・・・・・!!!
というような、漫画です。(!?)
ミケとぼっちゃまの他にも登場人物は皆アホで笑えます~。

笑いが欲しい時に読むにはオススメです♪

これを読んだあとは、彼の事を「ぼっちゃま」って呼んでみたくなったり、「にゃぁぁんvv」と甘えてみたくなったり、しますよ(^^

« 指定型学園生活バトン | トップページ | 恋なんかはじまらない »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈少女漫画〉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼっちゃまはイジワル:

« 指定型学園生活バトン | トップページ | 恋なんかはじまらない »