2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« って言ってたよ(BlogPet) | トップページ | 本日のとくダネ! »

2007年5月20日 (日)

花田祐実

先日漫画を買いました
16日発売だという事実を耳にいれてたので、16日に本屋で探したが見つけられず、17日に別の本屋で探してみたがまたまた見つけられず、やっと18日に3軒目にして入手できた一冊です(^^ ホントよかった・・・。
マイナーな雑誌の単行本は、新刊でもどかっ!と積まれる事はなく、探すのに苦労するよ~。
これも棚にひっそりと1冊だけ置いてありました。
本棚2・3周してやっと見つけたの。

Photo_1 「バラ色の告白」花田祐実、秋田書店(2007)
内容:エリート弁護士と、バーテンダーと、16歳年下の大学生と・・・。ひとすじ縄ではいかない、ロマンテックな恋が咲き誇る!! 読みごたえたっぷりの長編作品のみを集めた感動ラブ!!  (裏表紙より)

本屋で見つけて手に取った時に見えた帯に「小悪魔あり!! ツンデレあり!! 官能あり!!」ってあったのでちょっと面食らった(笑)
最近流行りのキーワード抑えてるなぁ~と。(^^
読んでみれば、小悪魔になりきれない可愛い女の子の話と、ツンデレ・・・(なのか?)な話と、官能・・・どこが?(いや、別に官能は求めてないのでいいんですけど)な三作でした。
エリート弁護士と、バーテンダーと、16歳年下の彼、どれがいい?
って聞かれると、
エリート弁護士>16歳年下の彼(今の自分の年齢で考えると恐ろしく犯罪だけど(^^;))>バーテンダー と答えるけど、話としてはバーテンダーの話「今夜は帰さない」がよかったな。
つか、ストレートなタイトルだな~(ー”)
「送る気がなきゃ酔わせません」とか「おれならもっとぐっすり眠れることしてあげるけど」、「――始発待てば? おれの部屋で」とか、言われてみたい。
言われたら速攻で落ちる自信がある(笑
1話目「バラ色の告白」もよかった。
主人公が、ヒトメボレした相手の事を思い出す時のモノローグで「枯葉がバラの花びらに変わるくらい素敵」って言うんだけど、そういう感覚に陥ってみたい。
そのときにアタシがここまでうまい事を言えるか自信ないけどね。

アタシはこの作者さん・花田祐実さんが好きです。
一言であらわすなら「可愛い」漫画を書く人、って言うイメージ。
アタシは少女漫画が好きなので、主人公が学生でない漫画ってあんまり持ってないんだけど、この方の漫画はなんか、初々しい可愛い恋愛がうまく描かれていて大好きですvv
好きな人に素直になれない、とか。
好きって上手に伝えられない、とか。
学生だった頃と何にも変わってない恋愛下手な女の子が可愛くてたまりません**
大人になってもこんな可愛い恋愛がしたいなぁ~と思わせられる漫画ばっかりなんです。
胸がキュンキュンしますよー!
↑最近のアタシの中では一番の漫画褒め文句(笑)

アタシが花田さんを知ったのは中学生の頃。一体何年前なのか。(笑
近所のおばさん(といっても当時20代後半だった)が漫画好きだと公言したアタシに女性雑誌を貸してくれたのですよ。
ちょっとアタシには・・・(汗)という漫画の中で、花田さんの読みきりは一番少女漫画っぽくて「あ、すきかも」と思ったのがはじめ。
高校生になってお小遣いupした頃から単行本に手を出し、今にいたる、と。
花田さんの漫画、普通に少女漫画が好きな子には、凄くいいと思うんだけどなぁ。
難点はアタシが普段チェックしてない出版社発行なので見落としが多いことと(もちろん非はアタシにあります)、普通の単行本に比べて値段が少し高めなこと。
「バラ色の告白」は480円しました。
でもいつも読後に思うの。買って損はなかった! と。
まだまだマイナーっぽいので今日は語ってみました。

↓アタシの蔵書
「wedding present」 
「サムシング・ブルー」
「夢で逢えたら」
「トップオブザワールド」
「空に蜜色の月」
「シンデレラは憂鬱」
「病めるときも貧しきときも」
「恋は思案の外」
「神様に誓って」
「誰かが誰かに恋してる」
「甘い苦いずるい」
「天使が羽を休める間」
「ロマンスコンプレックス」
「上手な恋の忘れ方」
「お嬢様お手やわらかに」
「バラ色の告白」

好きな話は一杯あるけど・・・
「Boy Torouble」 「サムシングブルー」収録作品。ヤキモチって漫画で見るとなんでこんなにもかわいらしいんだろう、と思う。
「空に蜜色の月」 姉の結婚相手が好きな女の子のお話。「卒業」って劇的だけど、あんなこと到底できないよね~、っていうような。
「ダイヤモンド&パール」 別れた彼に式で着るドレスを作ってもらうって・・・結構危険(笑
「only you」 「病めるときも~」に収録されている読みきり。長く付き合ってるカップルって結婚に辿り着く決めの一歩が難しいよね?と思った作品。アタシの好きな記憶喪失モノ。
「Love on Bside」 「恋は思案の外」に入ってる作品。ぐいぐいくる男の人って・・・いいよね**
「神様に誓って」 出会った翌日にプロポーズ!そこから始まる2人の物語 かなりすき。
「あなたがいたら」 「甘い苦いずるい」収録作品。「わたしだって そんなのは大嫌いだけど!」っていうセリフが凄く印象的でよく思い出す。
「ベイビーマドンナ」 「天使が羽を~」収録作品。学校の先生っていい恋愛対象かもしれない。誠実そうだし(^^
「純愛コンプレックス」 これも「天使が羽を~」収録作品。年下との恋愛ものね。そろそろアタシも本気で考えられる年頃になってきたかも。(ダメなんですが)
「世界で一番甘いキス」 「お嬢様~」収録作品。主人公がとにかく可愛い。クラスメイトのお兄さんとの恋話なんだけど、そういう出会いもアタシは未経験だなー。
などが好きです(^ー^*
表題作もすきだけど、その後に入ってる読みきりのほうがアタシ好みのものが多いようです。

« って言ってたよ(BlogPet) | トップページ | 本日のとくダネ! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈少女漫画〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124791/6486792

この記事へのトラックバック一覧です: 花田祐実:

« って言ってたよ(BlogPet) | トップページ | 本日のとくダネ! »