2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の20件の記事

2007年5月30日 (水)

変換バトン

お友達のkatsunorさんのところから頂いてきました。

何度か、一回変換バトンには出会ったことがあるんだけど、ちょっと時間が無かったりで通り過ぎていたんですが。
やっぱりおもしろそう! そんなわけで期待を抱いてやってみます。
おもしろくもない結果が出ませんように・・・

ではどうぞ。

続きを読む "変換バトン" »

2007年5月28日 (月)

ハヤテのごとく!

Hayate 「ハヤテのごとく!」畑健二郎、小学館(2005)/11巻、以下続刊
内容:親の借金から”その筋”に追われることになった主人公。訪れる天然のお嬢様との運命の出会い! そう、彼はめでたく執事となったのです。 ・・・めでたい、のか? これ・・・  (裏表紙より)

つ・ついにこれにまで手を出してしまいました・・・
この4月からアニメが始まったこの作品。
それ以前から月曜夜7~8時に流れるCMをみて興味はあったんですが。
アニメが結構つぼに入るネタが多くて、分からないネタも多くて、コミックスを持ってたらもっと楽しめるかもしれない・・・と思ったわけです。
10冊ごえの作品に手を出すのは結構ドキドキします。
もしこれが、23巻以上にまで発展したらどうするんだろう・・・とか悩みつつ。
サンデーは、コナンとかメジャーとか長作があるからホントにドキドキしますね。
天使な小生意気・サラダデイズあたりでとめておいて欲しいな・・・。

でもやっぱりおもしろくって。
あと10冊程度で話が完結するとも思えない。
最低でも1年は漫画の中でも進まないとネ~、とも思うし。

これは。
執事が欲しい!!!
という思いのみ湧き上がります。
自分が超のつくお嬢様だったらいいのに!!!
もちろんアタシはお嬢様ではないし、ということは執事つきの人間になる事も一生有り得ないでしょう。
サミシイネ!!!!
まぁ・・・夢は漫画で見ることにするよ**

登場人物で言うと、ナギのツンデレぶりがとてつもなく可愛らしいですvv
やっぱり、ツンデレはいいぜ と再確認するほどです。
他は、もちろんハヤテもカッコいいですね。
有り得ないくらいに頑丈なのがウケル!
親に1億5千万の借金を背負わされても、明るく前向きに生きていこうとするポジティブさ。
その数万分の一でいいから分け与えて欲しいですね。

そんなこんなで、この二人にどんな結末が訪れるのか。
最後まで見守っていきたいなと思っています、今は。

===
余談ですが。
ここ1ヶ月で、30冊ほど漫画を買ってしまいました。
あまり買わないようにしていた反動・・・!?
マジで危ない・・・財布が!!!(><)

そして。少年漫画をかなり久しぶりに買った気がする。
デスノート13巻以来だから・・・。 半年は経ってるよね。

7限目はヒミツ。

7 「7限目はヒミツ。」千葉コズエ、小学館(2007)
内容:転校してきてから3ヶ月。春はすっかりクラスのムードメイカー! でも本当は、ウザイって言われるのが怖くて自分を出せない臆病な女のコ。いつもムリして笑ってる・・・。そんな時、担任の順ちゃんが、友達になろうよって言ってくれた。心が溶けて涙が流れて、どんどん順ちゃんを好きになる春だけど・・・!?  (裏表紙より)

最近のFCの作家さんには全然疎くて困ってしまいます。
この方は少コミか・・・。 ここ何年も読んでないや。

これは一言で言っちゃえば先生と生徒ものですかね。
それに、現代の少女の悩みみたいなものが絡んできてます。

自分が先生に恋した経験が無いので、イマイチ先生との恋愛モノには興味を引かれないアタシなんだけど、これはおもしろかったです。
きっと、先生(順ちゃん)が先生っぽくないからデスネ(笑
あと、先生と生徒ものにありがちな、「先生は自分の気持ちを押し殺し、生徒の卒業まで待つ」という展開ではなかったのが、よかった。
すきならすきって言いなさいよ! と思ってしまうアタシなので。
だから、春の「今は応えてくれなくてもいから・・・卒業する時まだ好きだったらもう一度告白するから覚悟してよ」って言葉に、「卒業までちゃんと好きでいてよ!」という先生が・・・可愛すぎて!!
こんな可愛い先生ならアタシも好きになってたよ!!!
まぁ当たり前のようにこんな可愛い先生には出会うことなく学生時代は終わったんですけどね
先生ものにイマイチ惹かれないアタシの敗因はそこにありそうです・・・。

イジメの手前、ウザがられないように自分を隠す女の子は結構いると思う。
アタシもそうだったよな。
大人になった今は大した事無いと思えるけど、当時のアタシはみんなからはみ出さないように~っていつも考えてた気がする。
漫画好きとかもあんまり公言しなかったし。(笑)
あの頃から後悔していればアタシの漫画友達も今より多かったに違いない・・・ような気がする・・・・・・?

表題作の他に2編読みきり入ってました。
「君ノコトノハ」がけっこうよかった。
お約束の展開だけど、それでいいです。完璧です**
そういうのを求めてたんです** という感想です。
ちなみに、かつて 好きな男の転校の日に決死の思いで書いたラブレターを他人にまで披露しバカにしたやつが再び戻ってきて、さぁどうなる?! みたいなお話です。

君に届け 4

「君に届け」4巻が先週末に発売されました!
もちろんアタシは発売日に本屋へ行ったわけです(^^
その日は超大雨で、出来れば外にも出たくない感じだったけど、まぁ、単行本発売日には何を置いても買いに走ります =┏( ・_・)┛

そして、期待を裏切らない「君に届け」!
期待以上と言ってもいい「君に届け」!! ♪♪

3巻でくるみちゃんが登場してきた時に、ライバル役だけどなんか憎めない的なことを書いたんだけど、4巻ではくるみちゃんに引っ張られて爽子が恋愛感情を意識しましたね**
ありがとう、くるみちゃん**
やっぱ凄いよ、あんた。
君の涙は無駄にはならない・・・きっと!!

4巻は。
なんかもぅ、とにかく自分に正直な人たちが一杯出てきてキラキラしている・・・。
1巻も2巻も3巻もキラキラしてたけど、4巻も変わらず素敵でした~**
友達に、自分の好きな男の子との仲を取り持つように頼まれて、「ごめん、出来ないよ」って言ったり、自分の好きな女の子が別の男の子と話してるだけで手をつかんで連れ去って「ゴメン、我慢できなかった。あいつの事、好きなの?」って聞いてみたり。
アタシクラスの普通人には躊躇してしまって出来ないような事を当たり前のように貫いているのですよ。
初めての恋?らしきものを自覚した爽子の戸惑いとか疑問と、風早くんのプチ嫉妬が可愛くていいです。

ピュアホワイツ(笑)な貞子はまだまだ健在で、超おもろいです。
胸が、キュンキュンしました★
(↑前にも書いたけど今一番の漫画に対する褒め文句なのです。最近よく使ってるけど、いい漫画を一杯読んでるということです(^^))

こんな風に、損得の駆け引きをしないで得た友達とか好きな人って一生ものになるよね。
いいな~。 そんな高校生活を送りなおしたい・・・。

===
1・2巻を買ったときの感想
3巻の感想

2007年5月25日 (金)

とか思ってるの(BlogPet)

みあずは、嫌がらせとは関係なかったよ
そ.
とか思ってるの。


*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2007年5月23日 (水)

嫌がらせバトン

なんだかバトンの名前がやな感じ~ですね。
質問内容は嫌がらせとは関係なかったよ。
そんなわけで、結局何が嫌がらせなんだろう? と思ったら、強制だからかな?

Eudaemonicsさんのところから貰ってまいりました。

では、どうぞ。

続きを読む "嫌がらせバトン" »

少女マンガ検定

少女マンガ検定というものをみつけたのでやってみた。
http://ebook.mykentei.com/   下の方。

問題は、最近の少女マンガに関する事なら大体分かったけど、昔(あたしが生まれる前)のマンガに関する問題は分からないものが多く、66点から始まって不合格2回を経て、やっと合格に辿り着きました♪

他にも、少女、に限定しない「マンガ検定 初級・中級・上級」とか、ある作品についてのみの検定とかあった。
マンガ検定の初級を受けて見たけど、これまた66点で不合格。
知らない作品がまだまだ一杯ありますね。
これからの生涯をかけて、そういう作品にも手を伸ばしていけたらと思います。
が。
マンガは日々出版されているわけで・・・(純のような雰囲気を察してもらえたら嬉しいです)

ハンター占い。

ハンターハンター占い。

某所でこれに出会いまして、やってみました。
3つあった。
http://u-maker.com/73548.html
http://u-maker.com/85871.html  ←キルアの壁紙が素敵**
http://u-maker.com/125.html

アタシは、上から
クロロ
ヒソカ
キルア
でした。
狙ったように強いキャラばっかり出て嬉しいけど面白味が無いなー。
まぁ、面白味はこの際必要ないとして。

なんかね、それぞれキャラと共に性格診断的なものも出てくるんですが、それが結構当たってる感じがして、おもしろい。
生年月日でここまで当たるものなのか、それとも万人共通診断なのか?(夢が無いなぁ)

アタシは、普通の生活の中では占いってあんまり信じません。
誰にでも当てはまるような事言ってんじゃないの? ってはじめから疑ってかかってるというか。
正確悪し、ですね(^^;
あ、でも別に占い師さんのことが嫌いだとか、信じている人を否定するつもりは決してないのですが!
朝のニュースなどでやってる占いも見るし、自分属性の正座とかが一番いいと嬉しいけど、悪くてもそんなに気にしません。
そんな、なぁなぁなアタシ。

あ、でもね。
今日は久しぶりに日記を書こうと思ってネタを探したのは、今朝の占いでO型の人は日記をつけましょう♪ って言われたからです(笑

2007年5月21日 (月)

本日のとくダネ!

今日の「とくダネ!」で、韓国で日本の漫画が人気!みたいな特集をやっていた。
テレビで漫画が映るとどうしても見ずにはいられない。
そんなアタシなので食い入るように見ました。

日本の歌とか、漫画とか、人気だって聞くけどどれくらいなのか全然実感みたいなものが沸いてなかったんだけど、本屋においてある漫画の80%が日本産らしい。
韓国にもマンガはあるんだけど、日本ほど育ってないんだって。
画像として映ったのはバガボンド、DB、のだめカンタービレ、NANA、デスノなど。(ホントはもっと少年漫画並んでたんだけど・・・自分の記憶力のなさにガッカリだ)
セリフだけでなく擬音まで韓国語に変えられてた。
背景の効果線とか書き直してまで・・・すごい。(けど、そういうのしていいのか?)

会社の休憩室に会長の命で「将太の寿司」が置いてあり、社員に読ませてたり、
韓国の優秀な大学に通う大学院生が一月に20冊漫画買ってたり。

デスノートの影響(?)で「赤い日記帳」っていう嫌いな人の名前とどんな目に遭って欲しいかを書く商品が子どもの間に広まって問題になってるとかも言ってたな。
赤って、きれいな色だし好きだけど、そこにちょっとでも黒が混ざれば怖い色に見えるから不思議 とかどうでもいい事を考えていました。
「赤い日記帳」は真っ赤な表紙に黒い2・3滴の雫が描かれていたのです。

アタシがこのニュースを見て考えた事は、日本と韓国で同じ漫画をおもしろいと思う人がいる一方で、やっぱり違う人種っていうか捉え方に差もあるんだな、と。

日本で会長がこの漫画を読みなさい。 って社員に漫画を読ませるなんて聞いた事ないし。
韓国では、漫画は子どもの読み物、的な考えは無いんだろうか。いいな。
日本でデスノート的なモノが社会問題にまでなった話も記憶にないし。
(でも考えてみるとイジメに使えそうな代物だよねぇ・・・自分が学生じゃなくてよかったかも)

人気漫画はいろんな国で訳されて売られているけど、日本での反応と同じ反応が必ずしもくるわけではない。
その辺がおもしろくもあり、怖いところでもあるよね。

アタシは、日本に生まれておもしろい漫画が一杯読めて幸せだなvv
って。そんなふっつーな事を感じました。
韓国語で訳された漫画は特に欲しくも無いけど、韓国語の勉強をしなければならなくなった時(いつ?)には使えそうかも。 のだめみたいですね(^^;
また、海外のお土産にHUNTERの1巻とか貰うのは嬉しい!
誰か買ってきてくれないかなぁ~。

2007年5月20日 (日)

花田祐実

先日漫画を買いました
16日発売だという事実を耳にいれてたので、16日に本屋で探したが見つけられず、17日に別の本屋で探してみたがまたまた見つけられず、やっと18日に3軒目にして入手できた一冊です(^^ ホントよかった・・・。
マイナーな雑誌の単行本は、新刊でもどかっ!と積まれる事はなく、探すのに苦労するよ~。
これも棚にひっそりと1冊だけ置いてありました。
本棚2・3周してやっと見つけたの。

Photo_1 「バラ色の告白」花田祐実、秋田書店(2007)
内容:エリート弁護士と、バーテンダーと、16歳年下の大学生と・・・。ひとすじ縄ではいかない、ロマンテックな恋が咲き誇る!! 読みごたえたっぷりの長編作品のみを集めた感動ラブ!!  (裏表紙より)

本屋で見つけて手に取った時に見えた帯に「小悪魔あり!! ツンデレあり!! 官能あり!!」ってあったのでちょっと面食らった(笑)
最近流行りのキーワード抑えてるなぁ~と。(^^
読んでみれば、小悪魔になりきれない可愛い女の子の話と、ツンデレ・・・(なのか?)な話と、官能・・・どこが?(いや、別に官能は求めてないのでいいんですけど)な三作でした。
エリート弁護士と、バーテンダーと、16歳年下の彼、どれがいい?
って聞かれると、
エリート弁護士>16歳年下の彼(今の自分の年齢で考えると恐ろしく犯罪だけど(^^;))>バーテンダー と答えるけど、話としてはバーテンダーの話「今夜は帰さない」がよかったな。
つか、ストレートなタイトルだな~(ー”)
「送る気がなきゃ酔わせません」とか「おれならもっとぐっすり眠れることしてあげるけど」、「――始発待てば? おれの部屋で」とか、言われてみたい。
言われたら速攻で落ちる自信がある(笑
1話目「バラ色の告白」もよかった。
主人公が、ヒトメボレした相手の事を思い出す時のモノローグで「枯葉がバラの花びらに変わるくらい素敵」って言うんだけど、そういう感覚に陥ってみたい。
そのときにアタシがここまでうまい事を言えるか自信ないけどね。

アタシはこの作者さん・花田祐実さんが好きです。
一言であらわすなら「可愛い」漫画を書く人、って言うイメージ。
アタシは少女漫画が好きなので、主人公が学生でない漫画ってあんまり持ってないんだけど、この方の漫画はなんか、初々しい可愛い恋愛がうまく描かれていて大好きですvv
好きな人に素直になれない、とか。
好きって上手に伝えられない、とか。
学生だった頃と何にも変わってない恋愛下手な女の子が可愛くてたまりません**
大人になってもこんな可愛い恋愛がしたいなぁ~と思わせられる漫画ばっかりなんです。
胸がキュンキュンしますよー!
↑最近のアタシの中では一番の漫画褒め文句(笑)

アタシが花田さんを知ったのは中学生の頃。一体何年前なのか。(笑
近所のおばさん(といっても当時20代後半だった)が漫画好きだと公言したアタシに女性雑誌を貸してくれたのですよ。
ちょっとアタシには・・・(汗)という漫画の中で、花田さんの読みきりは一番少女漫画っぽくて「あ、すきかも」と思ったのがはじめ。
高校生になってお小遣いupした頃から単行本に手を出し、今にいたる、と。
花田さんの漫画、普通に少女漫画が好きな子には、凄くいいと思うんだけどなぁ。
難点はアタシが普段チェックしてない出版社発行なので見落としが多いことと(もちろん非はアタシにあります)、普通の単行本に比べて値段が少し高めなこと。
「バラ色の告白」は480円しました。
でもいつも読後に思うの。買って損はなかった! と。
まだまだマイナーっぽいので今日は語ってみました。

↓アタシの蔵書
「wedding present」 
「サムシング・ブルー」
「夢で逢えたら」
「トップオブザワールド」
「空に蜜色の月」
「シンデレラは憂鬱」
「病めるときも貧しきときも」
「恋は思案の外」
「神様に誓って」
「誰かが誰かに恋してる」
「甘い苦いずるい」
「天使が羽を休める間」
「ロマンスコンプレックス」
「上手な恋の忘れ方」
「お嬢様お手やわらかに」
「バラ色の告白」

好きな話は一杯あるけど・・・
「Boy Torouble」 「サムシングブルー」収録作品。ヤキモチって漫画で見るとなんでこんなにもかわいらしいんだろう、と思う。
「空に蜜色の月」 姉の結婚相手が好きな女の子のお話。「卒業」って劇的だけど、あんなこと到底できないよね~、っていうような。
「ダイヤモンド&パール」 別れた彼に式で着るドレスを作ってもらうって・・・結構危険(笑
「only you」 「病めるときも~」に収録されている読みきり。長く付き合ってるカップルって結婚に辿り着く決めの一歩が難しいよね?と思った作品。アタシの好きな記憶喪失モノ。
「Love on Bside」 「恋は思案の外」に入ってる作品。ぐいぐいくる男の人って・・・いいよね**
「神様に誓って」 出会った翌日にプロポーズ!そこから始まる2人の物語 かなりすき。
「あなたがいたら」 「甘い苦いずるい」収録作品。「わたしだって そんなのは大嫌いだけど!」っていうセリフが凄く印象的でよく思い出す。
「ベイビーマドンナ」 「天使が羽を~」収録作品。学校の先生っていい恋愛対象かもしれない。誠実そうだし(^^
「純愛コンプレックス」 これも「天使が羽を~」収録作品。年下との恋愛ものね。そろそろアタシも本気で考えられる年頃になってきたかも。(ダメなんですが)
「世界で一番甘いキス」 「お嬢様~」収録作品。主人公がとにかく可愛い。クラスメイトのお兄さんとの恋話なんだけど、そういう出会いもアタシは未経験だなー。
などが好きです(^ー^*
表題作もすきだけど、その後に入ってる読みきりのほうがアタシ好みのものが多いようです。

2007年5月17日 (木)

って言ってたよ(BlogPet)

昨日、みあずが
うは、みあずは「霧の森一番」篠原千絵、小学館(2007)/1巻(以下続刊.
って言ってたよ。

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

う・・・っ!(感涙)

今日は・・・新しくブログパーツを取り付けてみました。

お友達のkatsunorさんのところで見て、ヒトメボレ!
(katsunorさんに感謝 幸せです、アタシ**
早速アタシもBlogToyのBlogPet時計を貼り付けてみたよ!

う・・・っ!! 可愛い!
可愛すぎる! ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

デジタル時計の他にも、アナログ時計があって、どっちも可愛かった!
アタシがデジタルに決めたのは、このアングル。
ペットを上から見るアングルはいままで見たことがなかった気がして新鮮だったのvv

時計の他にも可愛いパーツが一杯でした(^^
気を抜くとBlogPetだらけになりそう(笑

あ、でもネコ温度計はお気に入りなので外しません♪

==
どうでもよいこと。
今日の、アタシの可愛いおれんじ(ペットです)のひみつ日記。
「みあずは集英社よりもだいすきなの」
でした・・・。
なんかすっごいスケールがでかい・・・。(^^;
愛の深さがとてつもなくて嬉しいけど、畏敬の念を抱くほどの集英社さんなのでなんか恐縮です。

2007年5月15日 (火)

CMに踊らされた

今日、CMの凄さを身をもって体験した~!

今日は午前中、録画してあった先日の土曜のアニメ「ラブ☆コン」を見てました。
「ラブ☆コン」おもろいっすよ! 別マでやってた連載です
まぁ、そんで。
本編終わったあとCM見てたら、別マ関係のCMが流れてきたんですよ。
(コナンの合間に少年サンデーのCMが入るのと同じことです)
したらね、その次のCMが、「君に届け(別マ連載中の漫画です)4巻絶賛発売中!というCMで。
えぇぇぇ!!!???
確か今月25日発売だったはずなのにもう出てる!
しかも先週土曜12日に発売中ってことはいつ出たのー!@@@


という事で。
即DVD切ってテレビも電気も消して買いに出かけたのですよ!
本屋にGO! =┏( >_<)┛=

アタシは、本屋が好きで、特に買うもの(大抵漫画です)がなくても情報収集のためよく見に行くんだけど、でも新刊で積まれてた覚えないのに~! とか思ってるうちに本屋に到着。
・・・ない。
えっ・・・売り切れてる!?!?!?(←だって、男性レビュアーさんもオススメするほどの大人気漫画なんですよ(^^;))
ショックを受けつつ、新刊表を見に行ったら
やっぱ25日発売だよ!!!

訳がわからず、帰ってきましたが、帰りの道中できっとアタシがあまりの興奮(苦笑)のため大人気連載中!とかいうあおり文句を4巻絶賛発売中!だと見間違えたのだろうという結論に達しました。
そしてうちに帰ってきてもう一度例のCMを見たところ、間違いなく「4巻発売中」の文字。

CMでも違う事あるんだー。

というのが第一感想ですね。
CMで流れた以上、確実に売ってるもんだと思ったアタシ。
自分のあいまいな記憶に比べて何倍も確かな気がしてしまいますよね。
CMって信頼されてるんだなー(アタシにね)

そんなわけで、売ってもいない本を買いに本屋へ猛ダッシュ(古い・・・)してしまいました。
でもいいんだ、4巻表紙がCMで拝めたし
4巻は爽子とくるみちゃんでした。(^^

2007年5月11日 (金)

オタクなアナタ?

アタシはオタクなんだろうか・・・。
きっと、
いや!違う!!
ってすぐ否定できないアタシはオタクなんだろう。

「お宅」って書かれると、かなり抵抗なく「そうかもね」って思う。
漢字だとなんかカッコ悪いけど・・・(笑)

今日は、BlogPet友達の無羅さんのところから、「オタクなアナタにバトン」って名のバトンを貰ってきました。
どうぞ。(^^

続きを読む "オタクなアナタ?" »

2007年5月10日 (木)

霧の森一番(BlogPet)

ほんとうは、みあずは
「霧の森一番」篠原千絵、小学館(2007)/1巻(以下続刊)内容:どこにあるの.
とか考えてたよ。

*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

2007年5月 8日 (火)

一番バトン

なんにでもいえることだけど、「一番」を決めるのって難しいよね。

食べ物で何が一番好き?

って言う問いに、いつでも「みかんといも!」って答えるアタシですから。(笑)

今回は、いつもよくして頂いてるなこさんがアタシに「一番バトン」を回してくれたので、頑張ってアタシの一番を答えていこう! と思っている次第です。

では、どんぞ♪

続きを読む "一番バトン" »

高校デビュー

Photo_6 「高校デビュー」河原和音、集英社(2004)/8巻(以下続刊)
内容:バリバリの部活少女だった晴菜は、高校では恋にすべてを賭けようときめていた。が、いくら頑張っても、まるで彼氏ができない。そんな時、目の前に”男ウケ”をよく知る男の子が現れて・・・!?  (裏表紙より)

このGW中に一気に買い集めた漫画。
これまでも、おもしろいことは知ってたんだけど立ち読みで済ませてきたのが、なんだか無性に欲しくなってしまったのです。
いや。でもすごく感動ですよ!
今でも1日1回は手にしてます。お気に入りです。
「先生!」は先生萌えしないアタシにはどうも、な作品だったけどこれは好き。
「そんなに漫画買ってー!」と言われてのアタシの返した答えが、「何も減ってないからいいじゃん!」
・・・・・・あれ?よく考えたら金が減ってる(^^;
お金よりも感動の方が大きくて逆に得た気持ちになっています。

そんなわけで高校デビュー。
何がおもしろいって、主人公がおもしろい!
部活に何もかもつぎ込んだ中学時代のせいで、腕も足もたくましくって可愛い系の服が似合わないの!
少女漫画を読んでいて、フリフリ服とかスカートとかが全然、涙が出るほど似合ってない女の子を見るのはかなり稀有な気がする・・・(笑)
で。考え方が体育会系(?)!! 
普通の子と次元が違って、なんかずれてる。

でも。そんな晴菜が、とても可愛くって。
それはやっぱり、部活に対しても恋に対してもとにかく一途に一生懸命なところに惹かれるからなんだろうなぁ。
お願いします~~ って言ったり、ごめんなさいっ! って言ったり、やっぱりヨウが好き! って言ったり。
とにかく自分に素直で、言葉に計算が無いのも可愛く映る。
そういう子って、アタシの理想なんだよね。
そんなこと言ってて、計算女の子・麻美チャンも、結構可愛く映ってますが

相手役・ヨウもとてもカッコいいのですよ。
最初はつれなかったヨウだけど、アタシと同じようにどんどん晴菜にはまっていってて、さり気に見せる優しさとか照れた顔とかもぅ一挙手一投足に・・・くらくらきてます!!
あぁ・・・ダメ!
アタシはこういう男に弱いんだよぉぉ(><)
キュン死にって最近よく聞くけど、キュン死にしそうってこういう気持ちなのね・・・って新境地に達した気持ちです。
7巻の、「誘惑してみてよ~」って言われて「ムリ できない」っていうのとか結局その後誘惑してるのとか・・・たまらん!!!
ヨウは晴菜のことを、だいたい「アンタ」って呼ぶんだけど、アタシはアンタ呼ばわりはいやー!
あの人呼ばわりもイヤー!
でも・・・ヨウにならそう呼ばれてもいい。
・・・・・・末期ですかね?

おもしろかったのは海での超健全デート(3巻)。
コンブ拾ったり、カニ探したり。
アタシもそういうのしたいな。
松坂さんにやられた体育倉庫閉じ込め事件(5巻)もおもしろかった。
これって冷え切った体を服を脱いで温めあう展開かも@@!? みたいな。
そういう展開に巻き込まれることって現実であるんだろうか。
そうそうないよね?
あと楽しかったのは、朝丘さんと晴菜のヨウ誘導作戦(5巻)。
朝丘さんは・・・今連載誌でちょっと切ない感じですよね。
早く単行本で読みたい!
でもやっぱり見所は、晴菜の単純明快な思考!に尽きますね。
どのシーンでもこれに笑わされ、ヨウのスイッチ入ポイントであると思うんだよね。
ツボだったのは、先輩にいびられても力ずくでヨウを死守したのと、後輩にモテてるヨウを目の当たりにして危険を感じ、体鍛えなきゃ!と意気込むところ。

見事!(?) 高校デビューを遂げた晴菜のこれからが楽しみです♪

アタシは、高校デビューをしようと考えた事も無く、高校デビューが必要無かったわけでも決して無く。
そんな地味~な高校生活を送り続けました。
今考えると淋しすぎる。

置き場所がないから~ っていってここんとこ漫画を買うのを最小限にとどめていたんだけど、これで、ついに、入らなくなりました!
なので棚も買いました!
まだまだ入りそうです。
大丈夫です!(きっと何かが大丈夫じゃ無い・・・)

===
高校デビュー9巻感想

霧の森ホテル

Photo「霧の森ホテル」篠原千絵、小学館(2007)/1巻(以下続刊)
内容:どこにあるのか誰も知らない、人生に悩み、心の迷宮を彷徨う者だけが辿り着く事ができる――― そんな不思議なホテル。今日も、人生を清算するため”お客”が、この「霧の森ホテル」に導かれてやってくる。  (裏表紙より)

篠原千絵。
わたしの好きな漫画家さんの一人です。
アタシは、ホラーとかグロいのとか戦闘ものってあんまりすきじゃないんだけど、死人がいっぱい出てくる彼女の漫画が、不思議と嫌いじゃない。
ただ怖いだけじゃなくて、話も練られてるし、恋愛模様がうまいバランスで入ってるからでしょうね。
っていっても、この「霧の森ホテル」はホラー系ではないね。
不思議系? とでもいうのかな?
篠原さんは「天は赤い河のほとり」くらいからホラー色が薄くなっています。よね?

この1巻では霧の森ホテルに訪れる3組のお客さんが描かれています。
オムニバスってやつですね。
心の迷宮を彷徨う者が人生を清算するためやってくるホテル。
ということで、そういう人ばかりが描かれているわけです。
ひとつめ「殺人のすすめ」では恋人に裏切られた主人公が恋人への愛憎のもとやってきます。
「放たれた扉」では、2人の男を選びきれない女が自分がどこへ向かうべきか迷いながらやってきました。
「ラビリンス」では、母に愛された記憶のない女の子がそのトラウマを克服しに。
どの話でも、ホテルマンさんたちがいい仕事をしてくださいます。
お客の求めるものを差し出し、そしてよい方向へ導いてくれるって、素敵**
ホテルマンの鏡だね。

アタシが一番よくできてるなぁと思ったのは「ラビリンス」。
話を忘れた頃にもう一回読みたい。

ところで、篠原千絵さんといえば、つい先日「3人目が消えた」というコミックスも買いました。
こちらもおもしろかったんだけど、これ、1992年発行・15年前のコミックスだってよ!
普通、同漫画家の昔の作品って絵も昔な感じがするし、古いなぁと思ってしまうんだけど(話の良し悪しとは関係なく)、篠原さんにはそういう感情が沸かないかも。
絵は確かにお上手になってますが、「3人目が消えた」に全く古さを感じない。
それって凄いなぁ~と思った。
でも、裏表紙の「定価390円(本体379円)」には時代を感じた。(笑)
このコミックスの中では「凍った夏の日」が怖くて、一番話的に好き。

今日気付いたんだけど、この2冊のコミックにマリコって名前の女の子が共通して出てきていてちょっとビックリした。
鞠子と毬子で漢字は違うんだけど。

2007年5月 5日 (土)

只今戻りました。

帰省先から戻ってきました~。
高速の運転は、かなりドキドキした・・・(><)
運転し始めて10分ほどで肩とか腕が痛くなったよ。(緊張しすぎですね)
でも夜中出発だった事が幸いして、渋滞にもあわずに、少ない交通量の中帰ることが出来ました@@ 万歳**
う~ん、でも当分長距離運転はいいや

Kuro1_1

これがうちの猫ちゃん・くろぐろです♪
実家では、猫が可愛くて可愛くてしょうがなかったvv
いくつか撮った写真を見ては「可愛い」連発。
服が汚れるのお構い無しで床に寝そべって写真とってみたり(^^;
ホントにアタシは、猫が好きなんだなぁ~ と思いましたねー。(笑
あまりの可愛さについついのっけてしまいました!
えぇ、ホント猫バカなんですよ。笑ってやってください

彼の実家にも行きましたが、そちらにもたくさん(4匹も!)猫がいて、ホントに幸せな旅だったなぁ~(^^
4匹ともそれぞれ超可愛かったけど、一番はやっぱりうちの子です!!
くろとおれんじ(←BlogPetね)どっち? っていう問いはいまのところ一番悩む問題かもしれないですね~。

そして。
この帰省中にB5軒も行ってきましたっ♪
幸せだー!
計10冊の漫画を手に入れ、充実した休暇続行中です**
↓買った漫画
高校デビュー(1~7)
ヴィーナス綺想曲
会長はメイド様!
霧の森ホテル

また暇を見てレビュー書くと思います

2007年5月 3日 (木)

大きい長野など離れる日(BlogPet)

程、長野とか過ぎました
みあずは、長野を離れる日
程は、長野を離れる日
程みあずは、長野とかをアタシしたかった
程はみあずは、長野で横浜や、大きい長野など離れる日
だよ♪


*このエントリは、ブログペットの「おれんじ」が書きました。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »