2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« B●さまさま。 | トップページ | 農家のヨメになりたい »

2007年4月22日 (日)

彼女を信じないでください

昨日、映画見ました

「彼女を信じないでください」
もともと、見たいな~ と思ったのは、顔を知ってる俳優さん(カン・ドンウォン)が出てたから。
こないだまではまってた、韓国ドラマ「1%の奇跡」でチェインを演じてた方です。(→アタシの「1%の奇跡」レビュー
いや、アタシは別に韓流にどっぷりはまっているわけではないんだけどね。
「1%~」はマジメにおもしろかったですよ!
ホントに、暇とお金がある人にはビシバシすすめたいドラマです♪


そんなわけで、「彼女を信じないでください」。
ストーリーは
詐欺罪で服役中のヨンジュ(キム・ハヌル)は、天才的なウソつきの才能を発揮し、仮釈放に成功。たった一人の家族である姉の結婚式に向かうため、列車に乗り込んだ。
そこで偶然同じ列車に乗り合わせたのは村で薬剤師をしているまじめな青年ヒチョル(カン・ドンウォン)。だがヨンジュと向かい合わせになったのが運のツキ。車内で痴漢と勘違いされるわ、プロポーズしようと持っていた婚約指輪をスリに盗られるわ・・・散々な思いをして帰宅したヒチョル。
そんな彼を待っていたのは、ヒチョルの婚約者と名乗るヨンジュとそれを信じ込む家族だった!しかもヒチョルが彼女を妊娠させて見捨てたという血も涙もないサイテ―男という汚名まできせられていて・・・。「みんな、彼女を信じないでください!」なんとしても誤解を解きたい彼は、彼女の本性を暴くために奔走するが・・・。

というもの。(コピペです)
まぁ、一言で言っちゃえば「上手くまとまった恋愛モノ」って感じでしょうか。
期待を裏切らないラストだった**
天才的なウソつきの才能で、皆をいいくるめてしまうヨンジュが素敵でした。
でも、どんなにウソが上手でも、自分の心は騙せない ということなのです(^^
ヒチョルの情けな~~い顔もおかしかったな!
あと、田舎の風景~~~ もよかったな。
こんな田舎には住めないわ! なんて言い放つ娘にちょっとムカッときた(笑・田舎大好きなアタシなので

悲恋ではない恋愛モノは、最後に幸せな気分になれるので好き♪

ストーリー展開が、アタシの予想するのと違った。
↓アタシの予想した展開。
アタシ的には、真実の事を告白するヨンジュに対して、ヒチョルが「彼女を信じないでください!」って言ってホントの事をウソにするのかと思ったんだけど・・・。
デキスギ・アリキタリスギ、 な展開だったという事でしょうか。

もちろん、実際のラストへの持っていき方、凄く素敵です** (^^

Photo 韓国映画の恋愛モノ、今のところ「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」そして「彼女を信じないでください」と3本見ました。
話としては、「猟奇的~」に続いて好きかもしれません。

« B●さまさま。 | トップページ | 農家のヨメになりたい »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も恋愛モノだったらハッピーエンドが好きですね~^^
韓国の映画って見たことないんだけど、どれも題名が不思議っていうか、まんま直訳なの!?っていうかおもしろいのが多いですよねぇw

でも私、ワケあって「のび太の恐竜2006」を見たのが
ここ3年で唯一の映画体験デス^^;

やっぱり、H.E.がいいですよね♪
韓国映画の題名については、おもしろいですよねー。
これって、邦題をつけるときに日本の方がひねってるんじゃなくて、直訳してるんでしょうか?
その辺分からないけど。
韓国の作品ってなんだかドロドロ~なイメージがあるけど(アタシだけ?)、最後にあげた3作はそんなことないので、気が向いたらどうぞ♪(^^

アタシも、映画館にはあまり足を運びませんよ~。
これもレンタルで見ました!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼女を信じないでください:

« B●さまさま。 | トップページ | 農家のヨメになりたい »