2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« サルヤマっ! 5 | トップページ | ^^まぁ(BlogPet) »

2007年3月28日 (水)

フルーツバスケット

Photo_2「フルーツバスケット」高屋奈月、白泉社(1999)/全23巻
内容:テントで暮らす女子高生・透。家事の腕を買われ同級生・草摩由希の家で暮らすことに・・・。だが、転んだ拍子に抱きついた草摩家の人々が動物に変身!? 不思議な一族との新生活の行方は――。

先日最終巻が出たばかり。
ここは、1巻から読み返さなくては♪ と思ったはいいけど、23巻というあまりに膨大(あたしにとっては、ですが)な冊数のあまり少し躊躇していたのだけど、二日かけて読み返しました。

つかれたー。
ご飯もトイレも漫画には勝てない
あまりにも一生懸命読んでいたせいか、1冊に35分ほどかけて読んでましたよ・・・。
いや、アタシは普段一冊20分前後で読むのが普通なんだけど、擬音から間から、たまに数ページ読み返したりしてたら・・・(^^;
おぉっと、よだれが・・・! ということが何度か。(笑)
あ、決しておいしそうなものが出てくるわけでもなく、おいしい展開が多々あるわけでもないですよ?
ただ、あたしが集中しすぎていた、ということです。
何かに一点集中してるとと、口元緩んで つ、とよだれが落ちそうになることってありませんか?
・・・あるよね・・・・・・?
目が疲れたけど、こんなふうに一心不乱に読める漫画にであえたことが嬉しくもあります。
普段長寿漫画は置き場所が・・・っていって敬遠しているアタシだけど、こういった感情の伴う漫画はたいてい長寿漫画なんだよねー。
巻数の長さに比例してたくさんの問題を乗り越えてきた主人公に対する情はどうしようもないほど沸いているし、長く見ていたからこその感慨もあるし。
そんな感じで、23冊読み返して今はとても満ち足りた気持ちです。
ぶっ通しで読んだら、今まで分からなかったことが見えてきたりもした。

なんだか、久しぶりに読んだら画が結構変わってるよね。
こんなに違うと思ってなかったからちょっとビックリした。
作者さんの手のことも一因にあるのかな?
でもまぁ、最初に出会った頃に比べてどの登場人物も心の成長が著しいので、そんなに大して違和感はないかな。
大人になったんだなぁ~ という気持ちのが強いかも。
個人的には、足と髪の描き方は初期の方が好きかも。

アタシが、フルバにどかっ、と浸かったのは6巻。
6巻で、由希もいいし、夾もいいし~vv って思っていた気持ちがどかっっと夾に向かって、もぅこの話は見届けるしかない! と決めた。
そうはいっても、今でも由希のことは大好きなんだけどね、だから彼は彼で幸せになってくれたようで嬉しい。
二人の成長を見守りつつ、恋愛面では夾の事しか応援してませんでした
だから、由希が「お母さん」を自覚したあたりから心が軽くなった。
今気付いてみれば、6巻から23巻・・・長かったなぁ~。(笑)

このフルバで、何だか生きていくのに大切な事を学んだ気がします。
なんつーか。
人間ていいな。みたいな。
生きていくって、いいな。みたいな。
そんなあたたかい感情がこみあげてくるセリフが所々に散りばめられていて。(^^*
アタシも透みたいな人間になりたい、って思った。

この漫画は、恋愛漫画のはずなのに「抱きしめ」がタブーなせいで、あまあまな展開になることがほとんどなかったけど(春とリンは別次元だけど!)、十分楽しかったな。
手が触れただけで真っ赤になってキョドってる透達は、アレはアレで新鮮でドッキドキしたよな~。
欲を言えばもっと夾と透のラブラブっぷりを拝んでから終わらせて欲しかった

透はとにかく、いいこ!
こんな子、ホントに居るのかー!? ってつい思っちゃうほどにいい子でいい子でしょうがない。
でも、聖母マリアでは決してなく。
こんな子が、アタシの傍に居てくれたら、本当に幸せになれるだろうなぁ、と思う。
透はいつも、自分よりも誰かの事をまず考えちゃうんだよね。
そういうのって、とっても疲れちゃいそうだけど。
だから、夾が透の事を見つけてくれて、透の泣き場所になってくれてホントに嬉しい。

今回1巻から読み返して思ったのは、かなり早い段階で高屋さんはラストまでの流れを決めてたんだなー、と。(漫画家として当たり前か?)
特に夾が今日子さんを思い出す回想シーンとかは、当時読んでた時はこれがどういう意味なのか・最後にどうつながってくのか全然分からないことだらけだったけど、ラストを知った今読むとあぁこういうことだったんだって納得のいく感じにつながってて、それが凄いなーと思った。
フルバにはよく回想シーンでコピー絵が使われるんだけど、どこで出て来た(くる)コマか探すのもアタシの別の楽しみだったりしました。

キャラの好き順としては
夾≧≧≧透≧由希> あっ、もう選べない・・・
って感じ。まぁたいてい主人公クラスを好きになるアタシなので毎度の事です。
ねずみをこんなに可愛いと思ったのは由希がはじめてだっ!vv
由希の王子様キャラも好きなんだけど、やっぱり夾はアタシのストライクゾーンの中でもど真ん中だったわけです。(^^

23巻では、やっと幸せになれる~、と思った瞬間40年ほど時が一気に飛んで、もっと結婚式とかー、新生活とかー、透の新妻ぶり(もしかしてやってることは今までと何も変わらないかもだけど!でもでも変わるかもじゃん!?)とか見たかったー!
とかなり思った。
でも、まぁ結婚がゴールではないわけで、40年後も仲良くしてるってのはこれまでの人生、二人仲良く幸せな道を歩いてきた、という事だろうしいいんだけど。
あの古びたタンスに飾ってある大切な小物が40年前から減らずに、思い出の写真が増えていってることがわかっただけでも、いいんだけど。
いいんだけど。
いいんだけど・・・っ!
やっぱあまあまな二人を見たかったと思うアタシは(人間的に)若い、のかなー。
あ、でも。
左手薬指に指輪をはめた透がお弁当持って道場で励んでる夾に会いに行くあの数コマだけでも、アタシはかなり想像(妄想といってもよいかもしれない・・・)出来るからいいんだけどね。
アレが透の描いた未来像だったとしても、きっと現実にああなりそうな気がする。
夾は、遠慮する透にどうしても!って言って指輪を買ってあげるのです**
あぁ、なんて素敵・・・** 夾かっこいいぜーーー(≧▽≦)o

先ほども描いたが、アタシの一番のお気に入りシーンはやはり6巻な訳で。
その辺を読んでいる時に無性にアニメが見たくなりました。
夾が動いてるのを見たい!
しゃべってる声が聞きたい!(たとえイメージとずれようと!)
透を抱きしめるシーンを色付きで見たい!
と。
当時、あたしが住んでた地域ではアニメ放送されてなかったので見れなかったんだよね。
今キャストを見てみると、アタシでも知ってる人揃いだよ。
凄いよ、フルバ・・・。
高屋さんの柱に、夾と由希の出てくる夢を見た、というのがあって、それも羨ましい。
アニメでも、コミックに比べていろんなものが追加されてるって言うのに、アニメに奥行きが追加されたら・・・素晴らしすぎる**
いいなー、アタシも、夾の夢が見たいな・・・vv

===
フルバ21巻の感想
フルバ22巻の感想
フルバ23巻の感想

==どうでもいい話==
今になって気付いたけど、フルバ全23巻。
もしもう1巻伸びてたら危うくハンター超えるところだったよ・・・。
アタシはなんとなく、自分の持ってる漫画の中で一番長い漫画は冨樫漫画であって欲しいと考えている人間なので、危ないところだった
(ハンター、24巻が出る見込み、今んとこ無いし・・・(^^;))
この変な願望のせいで、途中で買う事を止めてしまったマンガがいくつかあります。
例外はヒカルの碁だけだったと思う。(←当時は、幽白19巻が基準でした)
ヒカ碁も、やっとハンターが追いついた、と思ったんだけどなー(涙)

« サルヤマっ! 5 | トップページ | ^^まぁ(BlogPet) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈少女漫画〉」カテゴリの記事

コメント

フルーツバスケット、タイトルと絵柄しか知らないのですが…。
みあずさんのお気に入りなのですね。 ^^
 
リンク、ありがとうございますv (^^*
うぅ~ん…;;
私のコスメ知識なんてまだまだですよ。
単なる下手の横好きです。 (苦笑)
 

お気に入りです!
とにかく男の子がど真ん中でー!

リンクについてはこちらこそです♪
これからも仲良くしてくださいvv

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124791/5890689

この記事へのトラックバック一覧です: フルーツバスケット:

« サルヤマっ! 5 | トップページ | ^^まぁ(BlogPet) »