2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の25件の記事

2007年3月30日 (金)

そろそろ新学期

新学期、なんて言葉を久しぶりに使いましたね・・・。
アタシが学生だったのは一体何年前になるのだろう・・・。

そんなわけでそろそろ4月。
そして・・・。
新アニメ・新ドラマが続々と始まりますー(^^

今クール、アタシが見ていた深夜アニメは、6本と少なかったんだけど(この内2本終わりました)、4月から見たいと思う深夜アニメ、なんと9本(+継続4本)。
え、13!?  ・・・・・・不吉。(笑)
ま、全部見るわけないのですが(そんな時間も無いはず)。
どーしようかな。
どこに重点を置いて絞ればいいんだろ・・・。(--;

ドラマも、なんか見たいのが一杯あります。
1月からのドラマは「秘密の花園」「花より男子」しか見てなかったけど、4月から見たいと思うのが5本もあった・・・!
こちらもきっと絞る事でしょう。
初回見逃したらどかっと見る気なくすからね~。

ま、とにかく。
アタシはどこまで(そしていつまで)テレビっ子なんだろう・・・とちょっとへこんだ。(笑)

もしもバトン

もしもバトン。

とりあえず・・・Q1のような出来事が起こってくれる事を祈るのみです

では、どうぞ。

続きを読む "もしもバトン" »

ラブレター?(笑)

アタシの唯一、といってみてもいいかもしれないブログ友達の
なこさんが、あたしにも回してくれたバトン。

あれ、けどこれじゃあラブレターのようだ・・・(笑)

↓では、なこさんはどうぞ

続きを読む "ラブレター?(笑)" »

2007年3月29日 (木)

好きなものバトン

好きなもの紹介バトンという事で。
なんか、結構前に見つけておもしろそうだなー、と思っていたままほったらかしになっていました。(そんなバトンが後数個・・・)
今ごろやってみます。

この場合、ジャンルが決められているんだけど、もしフリージャンルだったらアタシの好きなもの(あ~わ)はどれくらい漫画で埋め尽くされてしまうのだろう、と少し不安になった。(笑)

では、どんぞ。

続きを読む "好きなものバトン" »

^^まぁ(BlogPet)

みあずが
ちょっと情報が遅い?(^^まぁ、フルーツな人には今更でしょうが、ほっぽっとくわ.
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「おれんじ」が書きました。

2007年3月28日 (水)

フルーツバスケット

Photo_2「フルーツバスケット」高屋奈月、白泉社(1999)/全23巻
内容:テントで暮らす女子高生・透。家事の腕を買われ同級生・草摩由希の家で暮らすことに・・・。だが、転んだ拍子に抱きついた草摩家の人々が動物に変身!? 不思議な一族との新生活の行方は――。

先日最終巻が出たばかり。
ここは、1巻から読み返さなくては♪ と思ったはいいけど、23巻というあまりに膨大(あたしにとっては、ですが)な冊数のあまり少し躊躇していたのだけど、二日かけて読み返しました。

つかれたー。
ご飯もトイレも漫画には勝てない
あまりにも一生懸命読んでいたせいか、1冊に35分ほどかけて読んでましたよ・・・。
いや、アタシは普段一冊20分前後で読むのが普通なんだけど、擬音から間から、たまに数ページ読み返したりしてたら・・・(^^;
おぉっと、よだれが・・・! ということが何度か。(笑)
あ、決しておいしそうなものが出てくるわけでもなく、おいしい展開が多々あるわけでもないですよ?
ただ、あたしが集中しすぎていた、ということです。
何かに一点集中してるとと、口元緩んで つ、とよだれが落ちそうになることってありませんか?
・・・あるよね・・・・・・?
目が疲れたけど、こんなふうに一心不乱に読める漫画にであえたことが嬉しくもあります。
普段長寿漫画は置き場所が・・・っていって敬遠しているアタシだけど、こういった感情の伴う漫画はたいてい長寿漫画なんだよねー。
巻数の長さに比例してたくさんの問題を乗り越えてきた主人公に対する情はどうしようもないほど沸いているし、長く見ていたからこその感慨もあるし。
そんな感じで、23冊読み返して今はとても満ち足りた気持ちです。
ぶっ通しで読んだら、今まで分からなかったことが見えてきたりもした。

なんだか、久しぶりに読んだら画が結構変わってるよね。
こんなに違うと思ってなかったからちょっとビックリした。
作者さんの手のことも一因にあるのかな?
でもまぁ、最初に出会った頃に比べてどの登場人物も心の成長が著しいので、そんなに大して違和感はないかな。
大人になったんだなぁ~ という気持ちのが強いかも。
個人的には、足と髪の描き方は初期の方が好きかも。

アタシが、フルバにどかっ、と浸かったのは6巻。
6巻で、由希もいいし、夾もいいし~vv って思っていた気持ちがどかっっと夾に向かって、もぅこの話は見届けるしかない! と決めた。
そうはいっても、今でも由希のことは大好きなんだけどね、だから彼は彼で幸せになってくれたようで嬉しい。
二人の成長を見守りつつ、恋愛面では夾の事しか応援してませんでした
だから、由希が「お母さん」を自覚したあたりから心が軽くなった。
今気付いてみれば、6巻から23巻・・・長かったなぁ~。(笑)

このフルバで、何だか生きていくのに大切な事を学んだ気がします。
なんつーか。
人間ていいな。みたいな。
生きていくって、いいな。みたいな。
そんなあたたかい感情がこみあげてくるセリフが所々に散りばめられていて。(^^*
アタシも透みたいな人間になりたい、って思った。

この漫画は、恋愛漫画のはずなのに「抱きしめ」がタブーなせいで、あまあまな展開になることがほとんどなかったけど(春とリンは別次元だけど!)、十分楽しかったな。
手が触れただけで真っ赤になってキョドってる透達は、アレはアレで新鮮でドッキドキしたよな~。
欲を言えばもっと夾と透のラブラブっぷりを拝んでから終わらせて欲しかった

透はとにかく、いいこ!
こんな子、ホントに居るのかー!? ってつい思っちゃうほどにいい子でいい子でしょうがない。
でも、聖母マリアでは決してなく。
こんな子が、アタシの傍に居てくれたら、本当に幸せになれるだろうなぁ、と思う。
透はいつも、自分よりも誰かの事をまず考えちゃうんだよね。
そういうのって、とっても疲れちゃいそうだけど。
だから、夾が透の事を見つけてくれて、透の泣き場所になってくれてホントに嬉しい。

今回1巻から読み返して思ったのは、かなり早い段階で高屋さんはラストまでの流れを決めてたんだなー、と。(漫画家として当たり前か?)
特に夾が今日子さんを思い出す回想シーンとかは、当時読んでた時はこれがどういう意味なのか・最後にどうつながってくのか全然分からないことだらけだったけど、ラストを知った今読むとあぁこういうことだったんだって納得のいく感じにつながってて、それが凄いなーと思った。
フルバにはよく回想シーンでコピー絵が使われるんだけど、どこで出て来た(くる)コマか探すのもアタシの別の楽しみだったりしました。

キャラの好き順としては
夾≧≧≧透≧由希> あっ、もう選べない・・・
って感じ。まぁたいてい主人公クラスを好きになるアタシなので毎度の事です。
ねずみをこんなに可愛いと思ったのは由希がはじめてだっ!vv
由希の王子様キャラも好きなんだけど、やっぱり夾はアタシのストライクゾーンの中でもど真ん中だったわけです。(^^

23巻では、やっと幸せになれる~、と思った瞬間40年ほど時が一気に飛んで、もっと結婚式とかー、新生活とかー、透の新妻ぶり(もしかしてやってることは今までと何も変わらないかもだけど!でもでも変わるかもじゃん!?)とか見たかったー!
とかなり思った。
でも、まぁ結婚がゴールではないわけで、40年後も仲良くしてるってのはこれまでの人生、二人仲良く幸せな道を歩いてきた、という事だろうしいいんだけど。
あの古びたタンスに飾ってある大切な小物が40年前から減らずに、思い出の写真が増えていってることがわかっただけでも、いいんだけど。
いいんだけど。
いいんだけど・・・っ!
やっぱあまあまな二人を見たかったと思うアタシは(人間的に)若い、のかなー。
あ、でも。
左手薬指に指輪をはめた透がお弁当持って道場で励んでる夾に会いに行くあの数コマだけでも、アタシはかなり想像(妄想といってもよいかもしれない・・・)出来るからいいんだけどね。
アレが透の描いた未来像だったとしても、きっと現実にああなりそうな気がする。
夾は、遠慮する透にどうしても!って言って指輪を買ってあげるのです**
あぁ、なんて素敵・・・** 夾かっこいいぜーーー(≧▽≦)o

先ほども描いたが、アタシの一番のお気に入りシーンはやはり6巻な訳で。
その辺を読んでいる時に無性にアニメが見たくなりました。
夾が動いてるのを見たい!
しゃべってる声が聞きたい!(たとえイメージとずれようと!)
透を抱きしめるシーンを色付きで見たい!
と。
当時、あたしが住んでた地域ではアニメ放送されてなかったので見れなかったんだよね。
今キャストを見てみると、アタシでも知ってる人揃いだよ。
凄いよ、フルバ・・・。
高屋さんの柱に、夾と由希の出てくる夢を見た、というのがあって、それも羨ましい。
アニメでも、コミックに比べていろんなものが追加されてるって言うのに、アニメに奥行きが追加されたら・・・素晴らしすぎる**
いいなー、アタシも、夾の夢が見たいな・・・vv

===
フルバ21巻の感想
フルバ22巻の感想
フルバ23巻の感想

==どうでもいい話==
今になって気付いたけど、フルバ全23巻。
もしもう1巻伸びてたら危うくハンター超えるところだったよ・・・。
アタシはなんとなく、自分の持ってる漫画の中で一番長い漫画は冨樫漫画であって欲しいと考えている人間なので、危ないところだった
(ハンター、24巻が出る見込み、今んとこ無いし・・・(^^;))
この変な願望のせいで、途中で買う事を止めてしまったマンガがいくつかあります。
例外はヒカルの碁だけだったと思う。(←当時は、幽白19巻が基準でした)
ヒカ碁も、やっとハンターが追いついた、と思ったんだけどなー(涙)

2007年3月26日 (月)

サルヤマっ! 5

「サルヤマっ!」5巻買ってきました(^^

いや。もぅ、毎回言うけどやっぱりいいよー!
この何気ない感じがよい。
こないだ、「学校のおじかん」では、アタシの高校生活の中にはこんなカッコいい男の子居なかったよ!!!って言ったけれど、この「サルヤマっ!」は居そう、な男の子が一杯です。
まぁ、居そうなまちゃるも、結局は信じられないくらい素敵なんだけど**
反則じゃ無い!? ってくらいに・・・。
でも、こんなカッコいい男の子が居て、ガキっぽい男の子も居て、お笑い担当も居て、ちょっとギャル系の子も居て、普通っ子も居て・・・ほぉら、昔を思い出すね
あぁぁぁ 高校時代に戻りたい!
そして制服デート(自転車二人乗りして家に帰るだけでも十分)したいぃーーーvvv

5巻は。
どの話もよい話だった!
恋人同士だと、学園祭もクリスマスも大晦日も大イベントになるんですね**
そりゃそうですよね。
つか、イベントが無くても、毎日が楽しいんだろうなぁ。
授業中に目配せをしあったり?(笑
しかも、学祭で恋人がロミオとジュリエット演じるなんて、超いい思い出になるよね~。
絶対ロマンティック!(悲恋だけど・・・)になるハズがそうならないのも、彬さんの漫画のおもしろいところなんだよねー。(^^
んで、アツが・・・そんなにかきまわさないで~ってほどに、動き出しました。
春奈が微塵も心を動かさないのが凄い。

主人公二人は、今でも喧嘩(?)を繰り返しつつも、一歩一歩前進しててよいよ。
この少しもどかしい感じがたまらないくよいです。
やらしーキスにまで発展したし。(^^*
なんか、まちゃるが言うと、やらしく聞こえない不思議(笑)

この巻であたしの心をもってったセリフは、
クリスマスプレゼントを補習で一杯一杯で用意し忘れたまちゃるが、焦って「何欲しい?」って聞いたあとの春奈の答え。
いらない 
まちゃるがいれば いい

あぁ~ピュア** 
アタシにもそんな返しができる日が来るのだろうか・いや、もぅ来ない。(反語)
こんな感情、当の昔に置いてきたかも。 そんな自分に大ショック。

入ってたアツ目線の番外編も楽しかったvv
おたふくまちゃる、可愛すぎvv

===
サルヤマっ! 以前の感想はこちら

「金色のコルダ」の感想

今期アタシが見ていたアニメ「金色のコルダ」の最終話を見ての感想+アニメ全体感想。
適当に言いたいことのみ書くので、細かい内容、総評etc・・・は他のサイト様へどうぞ。

「金色のコルダ
最初っからなんとな~く毎週楽しみに見ているアニメだった。
で、ふと気付いてみると、昨日最終回だったんだね!
誰とも恋愛関係に陥らず、終了しました。
なぁんだ・・・って感じ。
アタシが、このアニメを「なんとな~く」から「張り切って」見るようになったのは、火原先輩の恋愛感情自覚の回からだったので、その辺消化不良。(アタシの中で)
でもまぁ、月森君も好きだし、土浦も捨てがたいので、皆に望みを持ち続けられる感じで終わったことは、それはそれでよかったのかもしれない。
LaLaでの連載は続いてるし、これからどうなるのか、楽しみにしとこう。

このアニメ、魔法のヴァイオリンとの出会いからヴァイオリンに引き込まれていく香穂子の心の変化・成長も見所なんだけど、それ以上の楽しみは、毎週やけに照れる主人公と男キャラの2ショ静止画、でしょうか。
(こう感じてるのはアタシだけじゃ無いよね?(笑))
点描がこれでもかってくらいキラキラしてて、思わず目を逸らさずにはいられないという・・・。
そんな感じで毎週楽しませてもらってたけど、最終話は誰との2ショなのかなーと思ってたら、なんかそれ以上のがきたよ!!
BGMエルガーの「愛のあいさつ」に乗せて、男キャラ5人が次々に
志水「香穂先輩
柚木「香穂子
土浦「香穂
月森「香穂子
火原「香穂ちゃん
と、何故か主人公の名前を呼んでいくという・・・!!
(全国の金コルファンかつ「かほ」という名前を持つ子にはなんて羨ましい出来事
えぇぇぇ!?!? 何これ!? いつにも増してうけるーーー!!!
しかも、土浦と月森に関しては「あんたたちいつもはそう呼んでないよね・・・?」という謎。
かなりの違和感があったよ?
キラキラ度はいつもと同じなのかもしれないけど、彼らのセリフによって輝きがいっそう増してたように思う・・・(笑)
冬海ちゃんはどこへ? と思ったら、香穂子の後ろに他キャラとともに集まってきてるし。
冬海ちゃんも演奏に参加すればいいのに~。
これが・・・これが女の子向け恋愛シュミレーションゲームだからなのですか!
冬海ちゃんは攻略対象外だから?(><)

コンクールの、最終セレクションでは、香穂ちゃんもかなりの練習の成果ってやつ?上手に心のこもった演奏が出来てよかったね(^^
他の皆の演奏もよかったようだし、まぁ、最終回らしくまとめてきましたね。
香穂子の演奏後、皆が拍手する中、火原先輩だけが両手を広げていたので、火原先輩の胸に飛び込むのかな~、と淡い期待を抱いたけどそんなことはなく。
火原先輩だって、期待を抱いていたはずなのに
アタシは、やっぱり火原先輩が好きだ!

EDラストで出て来た呉さんのイラストでも、火原先輩が一番前に出てるし、力こもっていると思うわけですよ!
火原先輩に頑張って欲しいんだけど、ここぞの時にどかっと前に出るのは月森タイプな気がする・・・。

えっと。そんなわけで、女の子には楽しいアニメが終わってしまいました@
いや、ここでは突っ込み所ばっかり書いちゃったけど、内容的にも十分楽しかったよ。
魔法のヴァイオリンを失った香穂子が、「やっぱりアタシはヴァイオリンが好き!」と思うあたりは男キャラも結構動いてたし、感動所もありで。
魔法のヴァイオリンでの演奏によって貰う拍手よりも、拙くても自分らしい演奏で貰った拍手はとっても気持ちよかったことでしょう。(^^

CLANNADアニメ化♪

ちょっと情報が遅い?(^^

まぁ、イマサラな人には今更でしょうが、ほっぽっとくわけにもいきません。

そんなわけで、CLANNADアニメ化らしいですね~♪♪ →こちら
見るしかない!
(なんつってBS-i 見れないんだけど・・・)
CLANNADは、今んとこアタシがはまった恋愛シュミレーションジャンルのゲームの中でもダントツ一位に好きなシナリオ作品です。
いや、マジで、文章をそのまま拾った小説が欲しい!
アタシの大好きな渚が歩くのかと思うと、今から嬉しいvv
普段、漫画のアニメ化とかだと、声優面でのイメージ壊れとかあるんだけど、アタシの場合このゲームは声ありのPS2版やってるのでその心配はないし
ところで、やっぱり渚シナリオで進むんだよね?
杏も好きなアタシとしては、う~ん、微妙・・・?
智代もいいし。 
あー、ゲーム原作だと、こーゆー悩みがあるのか・・・初体験(笑
それに、渚シナリオで進むってことは、全部の光の玉集められないんじゃあ?
その辺どうなるんだろう?

いつから放送開始?
この4月からって事は流石にないよね。
こういう情報って放送開始のどれくらい前から出るもんなの?
誰か教えて~。

====
CLANNADプレイ後の感想→ 
CLANNAD公式本「Official Another Story CLANNAD~光見守る坂道で~」、「CLANNAD公式コンプリートガイド」感想→こちら
CLANNAD好きさんへの100の質問→アタシの回答

デスノートバトン

こんなのを頂いてきました。
デスノート、もう古い?
いや、そんなことないよね?

■■デスノートバトン■■

■デスノはジャンプで読んでた?それとも単行本派?
 基本単行本派。だけど待ちきれなくてよくWJ立ち読みしてたなぁ(笑

■単行本、全巻持ってますか?
 もちろんですよ! 13巻は普通ver.だけど。

■デスノの映画は劇場に観に行きましたか?
 前後ともに。っていってもどっちも1回しか行ってませんが。

■一番好きなキャラは誰ですか?理由もどうぞ。
 ライト!!Lも好きだけど、やっぱりライト! あの衝撃のラストも・・・いい!

■逆に嫌いなキャラは誰ですか?理由もどうぞ。
 嫌いなキャラはあんまり居ないような・・・。 シブタクとか見た目キライ

■一番好きな死神は?
 リューク。だってやっぱり可愛いんだもん。 中村さんは、アタシの中では微妙です。

■自分がデスノートを拾ったらどうする?
 使っちゃう?vv 

■ノートに名前を書いて殺したい奴が実はいる?
 今んとこ居ません。

■ライトとLだったら、どっちを選ぶ?(女性は恋人、男性は友人)理由もどうぞ。
 ライト! ノートを持ってない状態なら完璧な彼氏になってくれそう、かも。
 いや、二人とも愛してくれなさそうだな・・・(--;

■ミサと南空ナオミだったら、どっちを選ぶ?(女性は友人、男性は恋人)理由もどうぞ。
 ミサ! 自分に正直な子に憧れます**
 ナオミは、彼女にしたいタイプだね。浮気は絶対に出来なさそうだけど。

■おおばつぐみ先生に一言どうぞ。
 ホントに楽しませてもらいました** ありがとうです。

■小畑健先生に一言どうぞ。
 アタシは小畑絵がすきだ!

■最後に、デスノへの愛を叫んでください。
 一生愛す!
 マジメに、ここ数年一番のヒットです。セリフ覚えちゃうくらい好きだぁ~!

■このバトンを回す人5人。
 デスノを知ってる友達がいないよ・・・。
 ↑これはアタシの友達のいなさを顕著に表す言葉だなぁ・・・

===
デスノ全体感想

2007年3月23日 (金)

学校のおじかん 10

今日は「学校のおじかん」10巻を買ってきました。

はぁ~もう、巻数2桁に突入してしまったのですね
早いなぁ・・・。
ってか、一体どこまで続くんだ・・・。
漫画は大好きだけど、そろそろ切実に置き場所に困っているので長編ものになりそうになるとびくびくしてしまうアタシ(笑
読んでみたい少年漫画も一杯あるけど、既に巻数出てるやつは躊躇してしまいます。

内容と全然関係ないけど、うちに帰ってきて、読もうと本を袋から出したら表紙に折り目が!!! (゚ロ゚ill
あーーーー替えて貰いに行きたい・・・。
けどアタシはもぅオトナなんだからそんなこと出来ないよ・・・(涙)
と、ひとり泣きました(嘘
もっとちゃんと、店頭で確認しとけばよかったなぁ~、反省ですね。

10巻は・・・恋人になるほんの数cm手前だね
って感じで超甘酸っぱかった~!!
あぁぁぁ 陸かわいーvvv マッキーかっこぃー**
アタシの高校生活の中には、こんな華やかな人々はいなかったヨ、マジで。
これって時代の流れ!? 
それとももしかしてこれがいま噂の地域格差ってやつなのデスカ!?(笑

いじわるなのに ホントはやさしくて あたしが 大好きだった人
っていう、陸のモノローグにじんときました。
なんか、好きな人のことを、好きっていえる子って、いいよね。
アタシはなんかつっぱっちゃって言えないから、余計にそう思う。
女の子として羨ましいな~**

こないだの「恋なんかはじまらない」でも書いたばっかだけど、やはり修学旅行で動きましたね・・・♪
いいよー! ビバ修旅★★ 

陸をみていてよく思うのは、あたしもおだんごしてみたいなぁ~ってこと。
髪型の話です。
陸はどんな髪型でもうまくまとめてて可愛い。

2007年3月22日 (木)

君が望む永遠

ゲーム・アージュ作品「君が望む永遠」をクリアしました~。
ちなみにアタシがやってたのは全年齢対象版のPS2ソフトだけど、それでもこれまでやってきた恋愛シュミレーションゲームの中では、「恋愛」シュミレーションだなぁ、と思いました@

このゲームのアタシのクリア順は
水月エンド→あゆエンド→あゆバッドエンド→まゆエンド→まゆバッドエンド→文緒バッドエンド→蛍エンド→愛美エンド→愛美純愛エンド→水月バッドエンド→茜バッドエンド1→茜バッドエンド2→茜エンド2→茜エンド1→遙エンド
という感じでした、多分。
水月エンドのみ、自力プレイ。
それ以降は攻略サイト様にお世話になりました!どうもです♪
で、先日も言ったけど、やはり水月か遙以外有り得ないっしょ! と思う・・・。

ストーリーは大雑把に言うと、
お気楽受験生である主人公・孝之が、親友慎二や級友の水月たちとそれなりに楽しい毎日を過ごしていた中、水月の親友である遙から告白を受けてなんとなく付き合うことになる。始めはなんとなく、だったが次第にラブラブカップルになり、楽しい夏休みが始まった矢先に、遙が事故に遭い意識が戻らないまま時は過ぎて・・・
そして3年後、孝之の傍には廃人になった孝之を支えてくれた水月がいるのだけど、遙が目覚めて、どっちを選ぶか・・・ みたいな。

いつ起きるかも分からない・いつ呼吸しなくなるかも分からない遙を待ち続けろとは言わないけど、3年経って遙が目覚めてさぁどうする!? って状況の中でバイト先の女の子×2とか看護婦さん×3とか遙の妹へと進むルートには違和感というか・・・それって人間としてどうよ? と思ってしまうのはアタシだけなんだろうか?
こーゆー感覚って、男女差があるのかなぁ?
・・・・・・まぁ、そんなことを感じながらも(この前も言ったけど)、それぞれの子にはそれぞれの背景があってそれなりに楽しんでしまったあたしなのですが(苦笑)

でもやっぱり基本は水月と遙だよね。
そしてアタシは、水月のほうが好き。
女の子受けするのはやはり水月の方だと思うのですよね・・・。
だから水月のバッドエンドは胸が痛かったし、他の子ルートで水月と別れる場面でも悲しかったなぁ~。
あゆルートでの家での鉢合わせというか・・・あのまさしく修羅場!って場面では震えたよ・・・(--;
別れる場面だと、茜バッドの別れ方はよかったかも。
高校の校舎裏(?)でイルカのマグカップ返すやつ。涙が出たなぁ~
そして、とにかく主人公・孝之にはいつでも怒りを覚えてましたね。
ほんっと情けない!! 
でも水月が好きなら仕方ない!(笑)

ちなみに人物の好き順は
水月>>>茜>遙≧慎二≧文緒≧あゆ~って感じかな。
慎二くんは超のつくいい人だと思う。
結局、水月のこと、昔から好きだったんだよね? その辺キッパリ明らかにせずに終わったけど(遙エンドで少し出てきた?)、いいひと過ぎて切ないなぁ~
遙は、個人で見た場合、嫌味も無くていい子なんだけど、やはりこの3年間で情が水月に移ってしまったので(アタシは主人公か・・・)悪役っていうか・になっちゃったんだよね。
エンディング好き順は
水月エンド→茜エンド1→遙エンド という感じ。かなり普通です。
いや、遙もいいんだけど・・・茜の方が好きだ!!
エンディング衝撃度は愛美エンドがぶっちぎりですが(笑
マジで怖かった・・・ 夢に見るかも・・・(笑

凄く心に残ったフレーズがあって、
友達を大切に出来ない人は 誰も大切に出来ないの
そして 友達に大切にされたことを喜べない人は 何も喜べない

って。うーん。 いい言葉だよね。 そうだよね。

そんな感じで。
おもしろかったです。
あ! Rumbling hearts 、6月のメモリーアレンジ もいい曲だった♪

追記★
なんと、どうやら今日が遙の誕生日のようですね! 偶然だよ。
遙、おめでとう**

2007年3月19日 (月)

フルーツバスケット 23

「フルーツバスケット」高屋奈月、白泉社 全23巻
あぁぁ、そっかぁ。23巻なのかぁ、と思った。今。

そんな感じで、やっと。終了ですね。
やっとというか、ついに。
表紙の今日子さんのあかるい笑顔にあたたかい気持ちになりつつ読み始め、
待ちきれない感じと、淋しい気持ちが織り交ざった感じで、読み終えました。

まぁ、よかったね、と。
最終巻らしく、上手いことまとまっていました(^^

読みながら、今まで辛かったこととかが次から次へと色々思い出されて・・・ってアタシは透(主人公)か!?(笑)
でも、透だけでなくみんながそれぞれ精一杯頑張って、やっとつかんだ幸せだから、一生大事にして欲しいなーって、強く思った。
なんか、23巻という長さのせいか、他の漫画ではあまり味わえないようなゆる~い(いい意味で)大きい感動があったかな?
とにかくよかった(^^*
23巻を飽きるまで読み終えたら1巻から読み返してみようかと思っています

夾くんが好きなアタシとしては、23巻には夾の笑顔があふれてて、もぅそれだけで嬉しい気持ちで一杯になりました。
透については、ちょっと羨ましいけど(笑)、でもやっぱりおめでと** って思う。
透は、自分の子に透って名前付けたいなと思わせるくらい好きな子かも。

===
フルバ全体感想

2007年3月16日 (金)

BPS

今日はお昼から
BPS バトルプログラマーシラセ を見た。
アニメの話です(^^

今ちょうどGyaoで全5話が配信されていて、そろそろ配信終了間際だから見てみようかな~と軽い気持ちで見たんだけど、個人的にはこういうアホっぽいの、ツボにはまって好きかも。
また、Gyaoだとおもしろそうなのもいつの間にか始まってて、1話から見続けられるのが少ない中、一気に全話見れるってのがよいなと思って。

ストーリーは
凄腕ハッカー白瀬慧がネット上の難事件を解決! “バトルプログラマーシラセ”の通り名を持つ凄腕のハッカー・白瀬慧。普段はダラダラと毎日を過ごす彼だが、マニアックな報酬次第で得意のハッキング能力でネット上の様々な事件を解決していく!
という感じ。(コピペです)
ちょっと画が粗い感じがしたんだけど、どうやら数年前放送のアニメらしい。
あと、Gyaoユーザーの皆さんのレビューでは、18禁じゃん、みたいなのがちらほら・・・
アタシは、小学生のミサオちゃんもかわいいな(普通の意味で!)って思ったし、まぁ、多少危ない感じは否めなくも無いけど、さっきも書いたように個人的にはツボでした(^^
特に秋月さんのお決まりパターン。
分かってるのに毎回うけた。

この週末、暇~(計2.5Hほど)で、アニメでも見てみっか って気分になった(オトナの(笑))人はどうでしょうか~? 
ちなみに3/22まで! 

2007年3月15日 (木)

おれんじは(BlogPet)

おれんじは、白泉社でblogするつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「おれんじ」が書きました。

2007年3月12日 (月)

風邪引いたかも・・・

(--;

なんか喉が痛い・・・昨日は胃がむかむかしたし。

私事だけど(っていうか、日記だしな)。
この週末で、やっと。
遠恋っぽいもの(笑)に終止符を打つことになった。
・・・・・・疲れたー!
自由人というアタシの自称文句がこれからどうなるのか不安ですが

週末に、梅酒を飲んだあとに、なんつーか勢いで泡盛とか芋焼酎に手をつけてみたけど、まずくもなく、美味でもなく。
それならまだビールの方が安くていいのかも、なんて思ったアタシ。
きっとまだオコサマなアタシには早かったんですね(^^;
やっぱり梅酒が一番vv

2007年3月 9日 (金)

天上の果実

Photo「天上の果実」亞和ミチ、白泉社(2007)
内容:女子高歴5年、男ギライの富田ゆりは金花女子学院の生徒会長v けれども兄妹校の男子校・銀架学院と合併し、共学に!! 

なんか。
まずの感想は、久しぶりにBで漫画を買った、ということです。
軽いショックを覚える・・・。
もしかしてアタシは、漫画卒業期に突入しているわけ!?
そんなの嫌だぁー---(;△;)
でもマジで、最近欲しい漫画がない、っていうか、おもしろいものを知らないんだよね。
少年漫画も読んでみたいタイトルはいくつもあるけど、どれももぅ結構巻数出てるから躊躇してしまって・・・。
大人買いするにも、漫画の置き場所がない!!
早くマイホームを手にして漫画部屋を確保せねば(遠いドリーム)

そんなわけで、かなり久しぶりにBで出合って購入した漫画ですね。
まぁ、設定はオヤクソクだけど。
オヤクソク好きのアタシにはもってこいです。
そして、主人公好きのアタシにしては珍しく、主人公カップルにはあまりトキメキを覚えないかも。
それより、主人公の友達カップルの方がいい味出しててよい。
女の子並に可愛い顔した男の子(しかも名前が姫野光。名前まで可愛い!)とホスト体質のカッコいい女の子カップル。
あぁ~・・・ 可愛い顔した男の子って・・・ ・・・  いいよね***
男子校っていう・・・ 響きも・・・ ・・・ いいよね****
アタシは高校まで共学、短大は女子短大だったので、男子校にはなんか憧れが。
女子高とは違った、爽やかさがありそう・・・。(笑)
アタシの行ってた短大は、漫画で描かれるほどの荒れようではなかったけど、寮は確実に荒れてた・・・(^^;
親にも見せれるものではなかったなー。
恐るべし、女の園・・・。
それが、今ではとてもいい思い出になっているんですけどね(^^

2007年3月 8日 (木)

いーのだ(BlogPet)

今日はみあずたちが、いいのだネットなどをBLOGしなかったの?
いーのだ
バカボンのパパなのだ
それでいいのパパなのパパなのだ
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「おれんじ」が書きました。

2007年3月 7日 (水)

紗南の日。

今日、3/7は「こどものおもちゃ」の主人公・紗南ちゃんの誕生日♪

なんか、毎年この日付を見ると思い出すほどにアタシの中では浸透してます。

こどちゃはアタシが持っている少女漫画の中でも一番好き、な漫画かな?

今日はこどちゃを読み返そう!と思っていたのだけど、まだ達成できていません。

さぁ! これから読むぞ! っていう勢い付けに日記を書いてみました。(^^

どうやら今日で、紗南は24歳になるらしい!
おおぅ。同世代だ~** (←この辺が年齢話ではギリギリ) 

2007年3月 6日 (火)

きみのぞ。

、と。略すらしいこのゲーム。
君が望む永遠。
を今プレイ中なんです。

なんか、このゲームタイトル、「君が望む永遠」なのか「君に望む永遠」なのかいつもごっちゃになってしまう。
きみのぞって言っとけば、間違いではないな・・・。

いまんとこ、水月エンドとあゆグッド・バッド、まゆグッド・バッド、星乃エンドを見ました。
それにしても・・・水月と遙の間でもかなり揺れるのに、他に目を向けてる余裕がどこにあるんじゃーーー!!! って感じですね。
今まで、アタシがプレイしてきた数個の恋愛シュミレーションは、ただのギャルゲーではないものばっかりだったんで、初めてギャルゲーっぽいものをやってみて、自分(=主人公)のふがいなさにかなり落ち込んでます。
ギャルゲーにはやはりHは必要不可欠なんですかね・・・。
まだ、18禁じゃないやつだからダメージは小さいはずなのに・・・。はずなのに・・・。
なんでバイト仲間とイキナリ恋仲になるんじゃーーーーヽ(`ロ´)ノ !!
人間として、失格なんでねぇの?!

鬱ゲーといわれる所以が分かった気がする。
もっと、ハッキリしろよ! と何度も喝入れてやりたくなるんだよなぁ・・・
っていうか、自分が「鬱」という言葉を使う日が来るなんてちょっと前まで考えられなかったよ・・・。(--;)

まっ! なんだかんだ言って楽しんでるんですけどネ♪
あゆとかまゆとか、初プレイで水月ルートをたどっていた時は有り得ないと思っていたんだけどね。
二人のルートに入ったら、それはそれでバックグラウンドがあり、悪くないな、なんて思ってる自分が居たりして。
もう少し、楽しめそうです。(^-^

2007年3月 5日 (月)

CLANNAD好きへの100の質問

なんか、アタシの中では今更な話題なんだけれども、こんなのを見つけたのでやってみたいと思います♪
かなりはまったゲームだってことは事実なんだけど(そして本気で人生というものについて考えた・・・)、今あの感動を思い出せるか心配だーーー!

こちらから貰ってきました。

続きを読む "CLANNAD好きへの100の質問" »

2007年3月 3日 (土)

ひなまつり。

今日は女の子の日vv デスネ。
そして、ゾロ目日。
お友達の誕生日でもあります(^^

そんなアタシは、スーパーでいかとか鮭とかあさりとかまぐろとかエビとか買ってきました。
だって・・・。
安かったから。(笑)
ホントはいくらも欲しかったんだけど、高かったから・・・。

アタシの今日の夕飯は、寿司にするか~ とさっきまで思っていたけど、既にもぅ今めんどくさくなってます。
きっと、アサリ汁だけ作ってあとは冷凍、かな?

2007年3月 2日 (金)

マンガがあれば・・・?

いーのだ。
それでいいのだ。バカボンのパパなのだ。

ネットに出会って、何年経っただろう。

ここ数ヶ月なかった、ネット浸りをやらかしてしまっています。
もぅ、食べるのも忘れて、眠るのも忘れて、あるサイトに夢中になるってやつね。

これまでのアタシを振り返ってみると、そういうサイトが過去にもいくつかありました。

ネットが我が家に導入された時には、幽白とかハンターとかの言葉で検索かけまくってました。
そこで、とても大事な人を見つけました。
あの頃はお気に入りのサイトを回るだけで1時間以上使ってたよなぁ・・・。(苦笑)
発掘も毎日してたからねぇ~。

次にはまったのはチャット。
アレは、めっちゃ楽しかった。
アタシの高3の夏~冬はチャットに捧げたといっても過言ではないかも。
とにかく一日3・4hやってたし。毎日のように。
(勉強しろよ! アレが原因で路頭に迷うなんてことにならなくてよかった・・・!)
今思えば、うちの親はなんて太っ腹なんだ・・・。(笑)
あんなに嬉しい誕生日と、楽しい年明けはあれ以来、ないなぁ。

次にはまったのは・・・ 彼イキツケ?のえっちぃサイト。(大笑)
そういうのに興味のある年頃だったのですね(?)。
でも未だに何がいいのかよくわからん・・・。
まぁ、その辺は笑ってごまかそう。あはは~

あと、面白倉庫
デスノのまた別の楽しみ方を学んだ。あれはスゲーよ!
デスノート板(ィ反)も(イ反)も超おもしろい。
知った時点で出来る限りの遡りしてたら、視力が一気に下がった感じがするほど目の前がくらくらした。
(イ反)の方はまだまだ遡り半分も終わってないし、ちょっとアキラメモード。

そして。
今はまってるのが、タイトルにもある「マンガがあればいーのだ。」というブログ。
とにかく、
すっっっっっっっっっっっっっごくアツイ!!!!!
思わずため息がでるほど、アツイんですよ!
かなりファンになった。
こういうのを漫画ブログって言うんだよねvvって言うほどの濃い漫画ブログ。
WJ考察、とか新刊レビューとか書いてらっしゃいます。
他にも扱ってるんだと思うけど、奥が深すぎて、まだ入り込めてないんです。
取り上げてるマンガは、男の子よりが多いかもだけど、少年物も読むアタシには十分楽しめます。
読んだことない漫画も沢山出てくるんだけど、読んでみたいなぁ~と思わせられる。
アタシのイチオシの少女漫画にもちゃんとした解説がしてあって。
そして、パンツとかおっぱいとか言う語がわんさか出てくるんだけど・・・そこには気持ちいいくらいのエロが満載で、逆に笑ってしまう
あぁ、男の子って、いいよなぁー!
楽しそうだなぁ。
そんなアタシがここに出会ったのは「ToLOVEる」の検索からですけど。
やっぱり、スゲーぜ・・・。(笑)
こんなサイトがあっただなんて、誰も教えてくれなかったよ・・・。
もっと早く出会いたかったなぁ~!
こういうときに、情報交換を行える漫画友達がいない事の辛さを感じますね。
漫画が大好きで、時間があって、男の子のエロさ全快ト-クにも臆せずついていけるような女の子はちょっと覗いてみてはどうでしょうか?
おもしろいんだよ~、ココが!
次から次へとリンクをたどってしまい、時間の経つのを忘れてしまう恐れがありそうですが。 (^^; ←それはアタシだ。

一応言っとくけど、アタシは健全な普通の女の子ですので!(大笑)
最近めっちゃくちゃいかがわしいTBが多くて困る・・・(--; 消すのに一苦労だよ

2007年3月 1日 (木)

今日から3月。

春は引越しの季節

そんなわけで、アタシも今日から」東北の方に引っ越す予定だったんだけど、その予定がなくなった。

予定は未定。
・・・・・・ホントだね**

そろそろ都会にもうんざりしてきたし、いい頃合かな?と少しは思ってたんだけどなー。
まぁ、引越し作業めんどいし、いいんだけどね。

ネットでテンプレートを登場しなかった(BlogPet)

今日、おれんじが、ネットでテンプレートを登場しなかった
みあずは、素敵とかを登場しなかった


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「おれんじ」が書きました。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »