2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の20件の記事

2007年1月31日 (水)

デートしてきました!

(笑)
今日初めてバトンに手をつけたのち、いろんなバトンを見に行ってたらおもしろそうなのを発見したので、アタシもやってみたいな、と。

あたしを知らない人はいいけど、知り合いに読まれたら困るような内容になりそうなこと必至。(^^;
でもいってみよぉ!

続きを読む "デートしてきました!" »

バトン

ブログを始めて半年ほど。
その頃からもちろん今でもひっそりといろんなブログを見に行って居て存在は知っていたのだけど、特に興味もなかった「バトン」。

なのに、なんかイキナリやってみたい衝動に駆られたのですよ。
なんでかわかんないけど!
そんなわけで、人生初のバトンはマンガ系がいいなぁ~ と思って探してきました♪
漫画語りブログ(自称!)としては。

・・・・・友達が居ないってこんなに寂しいことなんだぁ・・・ って思った。今日。(笑)
くれる友達も居なければあげる友達も居ない・・・。
ど~したもんかね。
まずはアタシの人間改革&友達作りからか?

続きを読む "バトン" »

2007年1月29日 (月)

この前、「ヒカルの碁」にめっちゃ感動していたアタシですが、いまだに感動が抜け切れません。
で、デスノにハマってからはもぅ忘れかけていた、
ヒカルの碁イラスト集「彩-sai-」が今猛烈に欲しくて欲しくてたまらない・・・(><)
あ”ー、誰かくれないかなぁ!?!?
今日Bに行って探してみたら、売ってたけど地元の店より500円高かった。
この地域差はどうしてうまれるのだろう・・・? なんか損な気がして止めました@@
いや、つかその前にB4版て大きすぎるし、なにより重い!!
保管にも、その前に店からの持ち帰りにも困る!! 絶対傷付きそう!
どぉしようかな~~~~~~
でも、小畑さんの美麗イラスト集はきっと見ているだけですごく時間を潰せそうなんだよな~~。
欲しい!

また、「碁ジャスキャラブック」も実は欲しい・・・。
あ~~~どうしよう!

今日Bで気付いたんだけど、「ヒカルの碁」2巻の背表紙、2種類あるって皆さん知ってましたか? 今更?
佐為の烏帽子がたくさん見えるバージョンと見えないバージョン。
どっちが初版だったっけな?
どっちにしてもそんな2種類作るほどのことでもないと思うんだけど、なんか問題とか考えるところがあったのかなぁ。

フルーツバスケット 22

ちょっと昔の話になっちゃうけど、「フルーツバスケット」22巻買いました。
やっと!
やっと終わりが見えてきました!
っていうか・・・22巻を読んでアタシは心底ホッとしたよ。

夾、頑張ったなぁ~~~*** (涙)
と!!!
透についても、微笑ましく、
ぁ、人って幸せでも泣けちゃうんだね・・・** と思った。
アキトがやわらかくなってきてたり、魚チャンが幸せそうにしてたり、あの前巻でのぶつかり合い以来夾と由希が今までにない雰囲気をかもし出していたり、と最終巻に向けて盛り上がりは沢山あるけれども とにかく、この二人がうまくまとまってよかった~~。
抱き合った時の透の表情にじ~んときたよ。
あれっ、でもつーことはもぅにゃんこに変わる夾は見られないということなんだよね。
それはちょっとショックかも!
もう一度でいいから、見たかったかも~~。
22巻は、うますぎるくらいにまとまっていて、もしかしてこれが最終巻!? と一瞬思ってしまうほどだったけど、次があるようです。
そういえば、本屋で立ち読みした最終回は22巻に入ってなかったし
次巻は3月発売だって。なんか早すぎるよね?
読みきりでも収録されてるのかしら~?
ちょっとここらで1巻から読み返してみようかなとか思いつつ、最終巻が出るまで待とうかとも思いつつ。

そんなわけで、フルーツバスケット、全23巻。(まだ完結してないけど!)
アタシの持ってる少女漫画の中で一番最長になります。(多分)
長引きそうな巻モノは出来るだけ手をつけたくないアタシなのですが、フルバは買っててよかったなぁ~vv

===
フルバ全体感想

2007年1月25日 (木)

君に届け 3

今日は「君に届け」③の発売日ということで!

帰省中の高速バスの中でひとり、にやにやしたりドキドキしてました
ちょっとアブナイ人?
でも、隣も、通路はさんだ隣にも人が居なかったからまぁ・・・いいよね!? と。

1、2がものすごかった分、3巻になるとちょっとトキメキが落ち着くのだろうか、と思っていたのだけど(アタシは基本単行本派です。時々立ち読み)、二人とも健在!!
あ~またもや幸せを貰ったよ・・・ 潤ったよ・・・。
*** 風早×貞子G.J!! ***

3巻を読んで、ちづと龍への今後の期待高まる!
ああぁぁ~~~やっぱ幼なじみいいよ!!! 今からでも欲しい!!!
そして、3巻になってやっと表に出てきたくるみ(ざわ)ちゃん。
この子は・・・なんだろう。
可愛すぎるからか!? 
よくある少女漫画のライバル役が持つ嫌~~~な感じが希薄じゃね?
計算な感じが、読者側に筒抜けでおもしろい。
自分の好きな男の子が別の子を優しい表情で見てたらやっぱ切ないし、友達にお似合いだよ!と言われたら嬉しいし、可愛いくせに自信がなくて好き、とまでは言えなかったり・・・、あ、フツーの女のコだなぁ。なんて、思った。

貞子と風早については・・・もう何も言うまい。
っていうか、あたしがいろいろ書くことで二人の雰囲気をぶち壊してしまいそうだ・・・(笑)
そんなふうに、ひっそりとこのまま囲っておきたいおふたりなのですvv

数ヶ月前、1・2巻を買った当時の感想はこちら

きょうは(BlogPet)

きょうは、集英社がblogするつもりだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「おれんじ」が書きました。

2007年1月19日 (金)

ナデシコクラブ

「ナデシコクラブ」サカモトミク、白泉社(2001)/全7巻
内容:女らしい事ができないからと彼氏にフラれた玲央。家事オンチを克服し彼とやり直したい一心で「家庭部」に飛び込むが、そこは男子ばかりの厳しいクラブだった!? 玲央の女らしくなるぞ計画!  (裏表紙より)

これは・・・もぅとにかく優しくてかっこいい男子×5人の見られる漫画ですね☆
よくもまぁ、ここまで揃ったよね、ってほどの素敵男子集合クラブですよ**
玲央はお姫様的存在? 
最初はイヤイヤだったはずが、何だかんだ言ってみんな優しいし、いつの間にやら溶け込んでたしね** 
この部に入った玲央は、それぞれに「被服」「掃除洗濯」「料理」「礼儀作法」を厳しく仕込まれていきます。
彼らのシゴキは厳しいけれど、それは爽一郎先輩の
「将来子供とかできたらさ やっぱり美味しいごはん食べさせてあげたくない?
ましてや慣れない家事でノイローゼになって子供虐待なんて最低だしね
そうならない為にも 今から何でもできる立派な大和撫子を育てましょうって事で僕ら集まってんの」
っていう言葉によって正当化されていくわけですね。(笑)
って、まぁそりゃ~その通りなんだけど! 耳が痛いよ・・・・・・
そういったことを覚えていきたいし、いかなきゃいけないのは山々なんだけど、地獄のようなシゴキは勘弁だなぁ。(^^;

アタシがすきなのは、皆かっこいくて悩むところだけどやっぱり葉かな?
一番まともだし。(!?)
ヤラレキャラだった彼が、どんどん強くなっていくのが見ものです。(笑
でも最後の方は、恋路を邪魔されたり冷やかされて焦る彼が見られなくなってしまってちょっと残念かな~
まぁ、一つの物語で2種類楽しめるって事で、お得感はある・・・か!?

スノードロップ

「スノードロップ」秋元奈美、講談社(1997)
内容:真冬に咲く小さな純白の花、スノードロップ。彩菜にすてきな「恋」を運んでくれたのは、その花だった・・・。  (裏表紙より)

これは、とにかく表題作が大好きです。
というのも、「美術部の彼」「花の絵を描く彼」「花に囲まれる主人公を描く彼」・・・とこれでもかというくらいにアタシの理想が終結しているという・・・(^^
無鉄砲で元気な女の子と、無愛想だけど時々優しそうに笑う彼、ってそれだけでも十分なんですけどね・・・。
スノードロップも好きな花だし♪
この表題作は「ミル・フルール」の番外編ということだけど、実はそちらの方は読んだことありません・・・。どんな話なんだろう?

秋元奈美さんは「ミラクル☆ガールズ」も好きだなぁ。
アニメを一生懸命見ていたよ。また見たいなぁ~
他にも、デザートのCも大人な感じでよいです。
なんか、ドキドキする。 (←いや・・・限りない褒め言葉なんだけど・・・(^^;))

2007年1月18日 (木)

アタシの使ってる携帯はそろそろ(BlogPet)

そういえば、みあずが
アタシの使ってる携帯はそろそろ5年目に突入★ っていう、古いヒカルなんだけど、最近.
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「おれんじ」が書きました。

2007年1月17日 (水)

ヒカルの碁

Photo_5 「ヒカルの碁」原作/ほったゆみ 漫画/小畑健、集英社(1999)/全23巻
内容:ある日小6のヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な想いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく・・・。  (裏表紙より)

先日行った、WJ整理。その中に「ヒカルの碁」の第一話・巻頭カラーがあって、とっても懐かしくなって引っ張り出してきた。
小畑さんに関しては、ヒカ碁の時から絵がお上手だな~** と思ってはいたけど、やはりデスノートに見慣れてしまったせいか、はたまたヒカルが幼い(連載当初小6!)せいか、デスノよりも可愛い感じを強く受けたかな。(まぁ、作品カラーもあるのだろうが。)
あっ、でも最終巻に向けてヒカルも中学卒業するし、内面も大人になってくけど!

この作品は原作者のほったゆみさんなくして生まれてこなかったわけで、この名は生涯忘れるまい、と思う。
漫画描いてる人と原作者が違うっていうパターンはたまに見かけるけど、原作者の名を覚えておこう!と思う漫画はこれまであんまりなかったかもだなぁ。
もちろん、小畑さんの画でなければアタシはここまでの感動を得られなかったと思うし、ホント、この組み合わせは完璧だったよ**

この話は。
とってもよいです!! 
知らない人はぜひ今すぐ、知ってる人もぜひ今すぐ読んでみましょ~♪
昨日から今日にかけて、久しぶりに読んだアタシは、感動中です**
「囲碁漫画なんて」なんて思ってる人に言いたい。
大丈夫!囲碁のこと何にも知らなくても楽しめるから!!
アタシだって何度も読んだけど、囲碁についてはいまだに何も分からないから・・・。(笑)
コスミとかアタリとかヒキ・ノビ・・・言葉は覚えれてもそれがいったいどういう意味・位置・打ち方なのかなんてサッパリです~(^^;
囲碁のこと何も分からないのに、苦しい碁なのか、勝てる碁なのか、楽しい碁なのか・・・そういう手合いの緊張感とかヒカルの気持ちがちゃんと伝わってくるのは小畑さんの成せる技ですね
囲碁のことは分からないけど、囲碁が分かればこの漫画をもっと十二分に楽しめるのに!とは心から思います。悔しいなぁ~

見所は、可愛い佐為とか、ヒカルの「5」Tシャツとか、いろんなテーマ別の扉とか。そういうかわいらしい部分ももちろんなんだけど、やはり。
ヒカルの成長! これに尽きますね。(アタシにしちゃ珍しく王道なことを言った・・・)
いろんな人に引っ張られて、そして引っ張りながらヒカルが囲碁界を登ってくさまが本当に感動的です。
登りつめないってところも、いい感じ。
神の一手を目指して、きっといつまでも佐為を追いかけるんだろうなぁ・・・

これを読んで、なんかひっさしぶりに漫画を読んで感動のあまり泣いた。
佐為が消えるところと、ヒカルが自分の碁の中に佐為を見つけたとこ。
夢に佐為が出てきたところもよかった・・・。 迷いが晴れたヒカルが飛び起きるところも。
その他にも息を呑むところが満載です。
勝負事漫画でライバルがたくさん出て来るから一局一局のたびそうなるのは仕方のないことだけど!
ヒカルに負けて欲しくないけど、やすやすと勝って欲しくもない、そんなライバルばっかだからどっち応援していいか悩むことしょっちゅうだったよ。
性根の悪いやつが相手の時は思う存分やっちゃってください、って思えるんだけどね~。
でもヒカルは負けからも強くなっていける、素晴らしい子でした(^^*
勝ち負けはもちろん、その時のお互いの心理描写のうまさにも参ります
アタシは・・・和谷が好き。奈瀬チャンも、伊角さんも。フクもかわいい。
う~ん、アキラも悪くないし。みんなすきだな。大人連中も。
やはり高い目標を持ってる人は皆かっこよいですよね。

ヒカ碁は、最終巻に向けて数冊にカラー絵とじ込みがついてたり、連載時の巻頭カラーがそのまま使われてたり、今更ながら「おぉ、人気あったんだな」って思った。
デスノでもこんなことなかったと思う、けど・・・。

デスノートが始まった時、なんかヒカルの碁に似てるなって思ったのね。
人間じゃないモノ(しかもおちゃめ!)につかれてるし、ヒカルとライトだし、これでもかってくらいのライバルはいるし・・・
主人公の自分の夢・目標のために一途に頑張る意思の強さも似ている。
けどこの2人は似ているようで対極だよね。
ヒカル、いい子すぎるよ! 健全だしvvv
こんな弟が欲しい~~。絶対かわいがる!!
ちなみに。ライトはかっこいいけど、あんな弟要らない・・・(^^;

実の弟は、アタシに感化されて今「ヒカルの碁」にはまってくれてて、それはそれでいい子♪
けど、受験生である弟に漫画を与えてしまったアタシはよい姉とはいえないかも・・・(苦笑)

===
小畑さんの美麗な絵が楽しめるデスノもオススメです(^^
デスノ全体感想

2007年1月15日 (月)

携帯電話の危機

アタシの使ってる携帯はそろそろ5年目に突入 っていう、古いモノなんだけど、最近それが壊れそうな予感がビシバシする。
長野の冬は寒いので、冬になると携帯が動かなくなったりすることはまぁある話なんだけど、ちょっと今年はそろそろ本気で、ヤバイ感がしてます。

いきなり待受が黒くなったり、メールの送信ボタン押したら電源落ちたり。
まだ1月なのに~。(;-;

カメラもついてない、アンテナはある、なんかかぱかぱする(笑)・・・・・・こんな携帯をいまだに持っているアタシは、まぁ特別最新のものに興味がないってこともあるけど、携帯を変え(られ)ない最大の理由は着メロを手放したくない。ってのです。
特に、某アーティストの曲「あわ」「青空」「かすみ」が手放せないのですよ~
曲として好きなのはもちろん、あたしの持ってるこれらの曲の着メロが、毎朝のアラームに使用するのに非常にパンチ力(笑)があって抜群にいいのですよ。
だからせめて携帯が壊れるまでは、この携帯を使い続けていたんだけど、壊れてからじゃあいろんなことが遅い、という矛盾
さぁ、どーすんべか!

携帯電話の危機はアタシの友達との付き合いの危機にも直結するわけで・・・

The Bacuune 2nd live♪

行って来ました!
12日に長野市であった、「The Bacuune」の2nd Live ** (^^)
今回は、「トキワ」との2組でのライブだったので、この二組を一緒に聞けるなんて・・・!  とよりスペシャル感があったです**

ライブ前に友達とわいわいプリクラで遊んで(?)たら、気付けば開演(←開場、ではないところがポイント)2分前。
二人して大慌てで会場に向かったよ・・・アホだ。(苦笑)
でも運よく開演も少しずれ込んでたようで、「トキワ」の歌もちゃんと1曲目から、前の方に進み出れて聞けました**
よかったよかった(^^)
この、「トキワ」さんというデュオは、輝かしい経歴をお持ちですが、 ごめんなさい! 最近平安堂やアゲインの音楽祭チェックを怠っていたアタシは知りませんでした・・・。
でも、うち一人の歌唱力についての噂は聞いてたので、聞いてみたかったし、生歌聴いて感動しました♪
デュオなんだけど、2人とも歌が超うまくって、羨ましい限りvv
声の強弱から伸ばし加減も、ぴったりで聞いてて心地よかったです。
しかも2人とも可愛いしvv 惚れそうだ・・・。

「The Bacuune」はよかったですよ。
アタシは今回は左側。内田君のマイクスタンド正面2列目に位置してました。
(それに気付いたのは内田君がコーラスした7曲目だったけど!・・・内田君、もっと歌って欲しいなぁ~~~~!)
今回は7曲のうち4曲がオリジナル曲で、オリジナル率50%を超えたね。祝!!
新たな新曲が2曲加わってました 「”D”」「リバース」
でも、物覚えの悪いアタシはもう思い出せない~~~。
聞いてる最中に、 あぁ、いい曲だなぁ~~! と猛烈に思ったことは記憶してるんだけど。
前回ライブで披露された「アルカロイド」は今回聞いて、やっとサビ部分を反復できるようになったかな。なってないかも。そんな程度のアタシの記憶力(涙)
曲の合間にメンバー紹介があって、それぞれちょっとしたパフォーマンス(?)をしてくれたんだけど、ドラムが凄かった!
迫力あったし、見てて感心してしまいました~@@
ドラムのRIONさんは、今回始めてしゃべりがあって、彼も嬉しそうだったし、アタシも声が聞けてよかったな。
あと、7曲歌い終わってハケたあと、拍手がアンコールに変わり、それに応えてくれたのが嬉しかった!
しかも「リバース」「1-位置-」の2曲!(嬉) あぁ、1月万歳 だね。(笑)
今回は2組ライブだってこともあり、1組の持ち時間が前回よりも長くて(今回は40分あったらしい。時計見てなかったから分からないけど。+アンコール2曲分)、その分曲数も増えてたし、MCもゆったり聞けて本当に幸せな時間だったーvv
ライブ終了後、アンケも書きたかったんだけど、ペンと時間がなくて出せず。
うちに帰ってから書いたけど、もうどうしようもないなぁ・・・。記念にとっとこう。(笑)
ライブ後の3人を見つけれて、しかもちょっと話せたのが感動でした!
興奮状態でいっちばん感動している時に、それを本人に伝えられるって本当にそうそうない、有り難いことです。
きっと言葉足らずで、かつ本人たちを目の前に動揺していたアタシは例のごとくこの感動の1/4も伝えられなかっただろうけど(実はあまりの動揺で何を話したか記憶がごっちゃ状態(^^;))、それでも0よりはずいぶんマシです。
数日間はこれで生きていけるかも! ってほどの思いがけない喜びエピソードもあったし~。
そして余談だけど、今回のライブでは優之介君の色っぽさにやられてしまった感が強いです・・・。 (もちろんやらしい意味じゃないよ!)
歌い方・容姿ともに。
「ARE YOU GONNA BE MY GIRL」とか、特にそう思ったかも。G.J.です

彼らに会って歌を聞くと、いつもありがとう、って強く思う。
本当に元気をもらってます。
優しい気持ちになれるし、いろんなことに気付かせて貰って、あたしも頑張らなきゃ・頑張りたい! って前向きになれる。
そんな彼らはそろそろ拠点を首都に移すようです。
ほらね、なんて前向き**
「自分はこうしたい!」って理想を強く持ってる人はかっこいいよね~。
自分にそれが足りない分、よりそう思いますよ。

今回も前回ライブからまた進歩しててよかったな。
つか、彼らはいつだってその時が一番ベストで、前回の方がよかった、と思うことはないかもしれん。
ってそれはアタシがめっちゃはまっているせいですけど~(笑
昨日会ってた友達にも、彼らの話を熱く語ってきたら、友達2人が前身バンドのことを知っていてビックリ&超嬉しい気持ちになったvv ♪(^ー^*

2007年1月11日 (木)

きょうは(BlogPet)

きょうは、内容をblogしたかったの♪
小学館とここへ小学館がここに小学館が女子高はblogしたいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「おれんじ」が書きました。

1月11日

こんばんわ。
特別書くこともないけど、まぁゾロ目日なので一応日記でも記しておこうかと・・・
(ちょっとズルしちゃいました★ えへへ~)

明日から数日間は、友達とわいわい遊ぶ予定が詰まってます♪
楽しみだな~**
「THE BACUUNE」の2ndライブにも行く予定!
雪が降らなきゃいいんだけど。
ここんとこ雪ばっかり降ってるから、週末の天気が心配だよぉ。

うちの実家周辺は今日も雪ですよ。
アタシは一歩も外には出ず。コタツからも用事がない限り出ず。(笑)
外の雪山を駆け上る飼い犬を、尊敬の目で見つめつつ。
犬って、すごいよな・・・。

2007年1月10日 (水)

GIRL'S KINGDOM

「GIRL'S KINGDOM」柘植かおる、小学館(1997)
内容:女子高に通う花名子の夢は、あこがれの鹿島学院の彼氏をつくること! 親友の協力で、鹿島学院との合コンが実現してウッキウキv やってきたのは、駅でズッコケた花名子を助けてくれた黒崎くん。絶対、黒崎くんをマイファースト彼氏にしてみせる!! 大ハリキリで懸命にアピールする花名子だけど、失敗の連続で!?  (裏表紙より)

この表題作の主人公も、「お菓子クラブへようこそ」の主人公と似た感じの、頑張るタイプだよね・・・。
頑張りが空回りしすぎて、涙が出ちゃう感じの・・・。(笑)
だからこそ、うまくいったときは親のような気持ちで、よかったねぇ~~と思います**

表題作よりも、あとに収録されている読みきりが好きです。
「お兄ちゃんといっしょ」
血のつながらないきょーだいもの。お兄ちゃん・・・いいなぁ。なんか、いつも言ってる気がする。(笑)
兄のいないアタシは「お兄ちゃん」にすごい憧れがあります
「いつも心に出刃包丁」
時々ふと思い出すこのタイトル。なんか心に残っちゃってて~。
「あぶない!?GIRL'S LIFE」
この話で、この作者さんを好きになったかな。
数ある先生との恋愛ものの漫画の中でも、好き度が高いかもしれないなぁ。
アタシは先生を好きになった経験がないので、イマイチ共感できないことが多いんだけど、これはそんなことはなく。です。

お菓子クラブへようこそ

「お菓子クラブへようこそ」柘植かおる、小学館(1998)
内容:柔道まみれの中学時代に別れを告げて、実りある高校生活を夢見る瀬名。そんな瀬名が入部したのは、葛切・シフォン両先輩がやっているお菓子同好会v スウィートな高校生活の始まり・・・と思いきや、2人はお菓子の鬼で瀬名をシゴきまくり! 普段は優しい先輩たちなのに、瀬名の高校生活どーなるの!? (裏表紙より)

ひっさしぶりに手にとって見たけど、おもしろいなぁ~
しごきに涙を流しながらも頑張る瀬名ちゃんがかわいいですね。
アタシも実は高校時代は「家庭科部(別名お菓子つくり部)」に入ってて、週一で活動をしてたんだけど、こんな優しくてかっこいい先輩はいなかったヨ!
葛切先輩は和菓子専門、シフォン先輩は洋菓子専門で、両方かっこいいんだけど、アタシは洋菓子に惹かれるかな~vv
彼氏が料理人かもしくは美容師ならいいなと常々思っているアタシです。

2007年1月 8日 (月)

雪が降り積もって

雪が降り積もってうちがつぶれるかも~。(笑)
なんて。
ちゃんとストーブもたいて暖かくしてるので屋根雪は自分で落ちるから問題ないのですけれども。

雪がすっごく降ってますよ!
数日前、全然雪ないじゃん!と少し淋しく思っていたアタシだけど、こんなにいらないかも~。
雪は好きだけど、雪かきは嫌いだ・・・。
まぁ、エネルギー消費だ、とそれだけを考えて頑張るしかない

雑誌の整理

先日、昔たまに買っていたWJ(週間少年ジャンプ)の整理をした。
アタシの本棚の一角をこれでもかってくらい占領していて邪魔だったので・・・。
たまに、といっても本当にたまにで、計40冊くらいしかなかったんだけど、疲れた~。
(友達のお兄ちゃんで毎週購読している人がいて、そのおにいちゃんの部屋は壁中全部WJで埋め尽くされていたけど、あの部屋今はどうなっているんだろう・・・。)

アタシの好きな漫画の扉とか切り取ったり、ホントに好きなのは1回分丸ごと切り取り、特集ページを切り取り・・・
結果残ったのはWJ2冊分の厚さくらい。
たかが230円ほどだけど、ある漫画がカラー扉だってだけでお金を出してたアタシに呆れるよ・・・。
そんなわけでカッター片手にまぁ充実した一日を過ごしたわけなんだけども。

昨日友達と会って語った中にその子のお姉さんの話が出てきて、女の子らしいお姉さんはファッション誌も一生懸命読んで、それを数年間は捨てずにオシャレ研究をし続け、捨てる際にももう一度読み返して使えるページがあったらスクラップをするんだって!
アタシのWJスクラップとの間に大きな差を感じたよ・・・。
女の子万歳・・・**
あ、アタシなんてWJで喜んでるし。
それ以前にファッション誌なんて買った事のないアタシは女の子失格ですか(><)

2007年1月 4日 (木)

明けましておめでとうございます

遅ればせながら。

明けましておめでとうございますーvv

今年はイノシシ。
いのしし年でないアタシには別にどうでもいいことですが

去年はいろいろとありつつも、Blogをつらつらと書いたり、好きなことをしていられたけど、今年はどうかなぁ。
まぁなんにしても健康と幸せは逃さないようにしたいです。

なんていってるそばから、あたしの可愛い飼い猫が、怪我をして今夜は入院だよ(><)
あの痛々しい傷を思い出すだけで涙が出てきちゃう・・・。
自分の健康だけでなく、にゃんこも含めていろんな人の健康と幸せを近所の神社にお祈りしてきました!
神様、今年もよろしくです**

おれんじがクリスマスへ掃除しないです(BlogPet)

おれんじがクリスマスへ掃除しないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「おれんじ」が書きました。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »