2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 流星花園 | トップページ | 明治 »

2006年11月 9日 (木)

1%の奇跡

1%の奇跡というドラマを知っていますか?
カン・ドンウォン主演の、韓国ドラマ。
(いやいや、カン・ドンウォンなんて知らなくても全然 OK!話がおもしろいから!実際アタシも彼は知りませんでした。つまりは、俳優目当てでなくともハマる、ということです。)
アタシはチバテレビで見ています。毎週水曜午後8時から絶賛放送中(笑)

これが・・・めっちゃおもしろい!!! のですよ。
ストーリーは
平凡な生活を送る心優しく芯のある女教師タヒョン(キム・ジンファ)は、ある日地下鉄で困っているおじいさんを助ける。
感激したおじいさんは「タヒョンと結婚する者に遺産を相続させる」と遺言書を書きかえてしまう。なんと大財閥ソンヒョングループの会長だったのだ!
甘やかされて育ったワガママな孫のチェイン(カン・ドンウォン)はタヒョンを遺産目当てと決め付け、祖父の会長に猛抗議!
しかし「タヒョンと10か月間真剣に交際して彼女の心を奪いなさい」といわれ、イヤイヤ交際を始めることに。
育った環境も性格もまるで違う2人の恋に、“1%の奇跡”は起こるのか・・・?
チバテレビサイトより)

という、まぁタイトルから見ても想像できるとおりのラブコメ、です。 (ん?コメディ? 笑

もともと、チバテレビでやってる深夜アニメを見ている時流れたCMでこのドラマの事を知ったんだけど、なんとなくバカにして数週間ほっぽっといたのだが。
ある時ふとTV付けたらやってて見てみたら、おもしろくっておもしろくって。
もぅ毎週水曜8時が待ちどおしくてしょうがなくなってしまいました。(^^;)

アタシは6話目から見始めたんだけど、途中からでも十分・・・いややばいくらいにはまります。
そして、さけびます。もだえます。うなります・・・。 (危)
主演の二人も美男美女で。(性格に問題ありだけど。)チェインはスーツがビシッと似合って素敵だし、タヒョンの女ギツネ大作戦(笑)の時の赤いドレス姿も最高だったvv 
もぅ、ベタベタな少女漫画を好きな人なら、文句なしにはまれると思う。
俺様で、自分勝手にやりたいように生きてきたチェインが、自分の思い通りにいかない女性・タヒョンに出会い、ケンカばっかりしつつも惹かれてゆく・・・
と書くとこれって流星花園の道明寺とつくしに似てるかな。
こういう設定、だいすきです。(笑)
韓国ドラマを見たことがない友達にでも、見る機会があれば、是非見て♪と教えてあげたくなるほどおもしろい恋愛ドラマなのです。

昨日見た第10話では、もうほぼチェインの中では固まったのかな。彼女への気持ち。
タヒョンも泣いちゃうのとか、最高・・・! G.J.です!
ここらへん、自覚してから恋人に到るまで、が恋愛モノにおける最大のトキメキ所だとアタシは思っていて、このドラマ満点に近い。 流石です、この問題アリアリな感じ。(笑)
昨日の話の中で、あぁ~超かっこいい・・・っvv と思ったセリフが
「お願いします。タヒョンを諦めたくないんです・・・!!」
・・・言われてみたい。
彼女の親に付き合いを反対されて、もう二度とうちに来るな!な~んて言われても毎日のように家まで押しかけ、最終的には弱みを見せたくないおじいさんに助けてもらうためにひざまづいての、この言葉ですよ。
まぁ、ドラマだけど。
それに実際こんな言葉が出てくる恋は、障害があるってわけで、それは嫌だけれども。

韓国ドラマって、1つが長いね。
これも全26話で、まだまだ先は長い。
ということはまだまだ「上手くいくかと思いきや・・・」な展開が多いってことか?
まぁ楽しませて貰えそうなので嬉しいことだけど**

吹き替えについて。
アタシ的には、何の問題もありません。
あの、チェインのむかついた時の言い方とか、凄いすき。
アタシは、字幕か吹き替えかと言われれば吹き替えの方が好きなので(字を追うのがめんどくさいということもあるが。)、これも字幕だったら見なかったかも。
流星花園の道明寺の吹き替えさんも、あの怒鳴りがめっちゃ合ってていい声で素敵。
(ちなみにアタシ自身は怒鳴る人は好きになれないケド)

ちなみに。
期せずして前のブログ記事(流星花園)と並び、海外ドラマについて語っておりますが、アタシは海外ドラマフリークでも何でもありません
「冬のソナタ」はブームに乗って見ていたけど、さんにはまるほどではなかったし、韓流ブームの中「猟奇的な彼女」を見て感動したけど、「僕の彼女を紹介します」は後味悪くてちょっと好きにはなれなかったし。(基本、H.E.がすきです。)
アメリカのドラマでもおもしろそうだと思えば見るけど(ex:「24」「ダーク・エンジェル」はおもしろかった♪)、「海外ドラマ」だからといって見ることはないです。

つか、海外のドラマだと、顔の判別がつかないまま時間が過ぎていっちゃって、この人がいいもんなのか悪もんなのか分からない・・・てことが多々ある。
主人公2・3人はわかってもちょっと脇役になるともう皆同じ人に見えてしまって・・・。
だから、海外ドラマって苦手・・・××
1%の奇跡でもまだ微妙にチェインの親友と従兄弟とタヒョンの兄の辺りの区別がつかない。タヒョンの親友とチェインの妹もわからないかも。(><) だめだぁ・・・。
=追記=
1%の奇跡では、流石に最終話まで見続けてましたら、人物の区別はちゃんとつきましたよ~。
最後まで楽しませて貰ったドラマでした ヾ(≧∇≦*)/

« 流星花園 | トップページ | 明治 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1%の奇跡:

« 流星花園 | トップページ | 明治 »