2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 今週のN・H・K | トップページ | デスノート(映画・後編) »

2006年11月 2日 (木)

CLANNAD

CLANNAD、key作品(2006年)、やり終えました♪
(って、2006って今年ジャン!新しかったのか・・・!)

まだ野球シナリオとか残しているけど、真のエンディングまで見たので、感想を。

これは・・・・・・よかった・・・・・・・・・!!
この前、いろいろな噂があるから、最後まで見るのが怖いなんてAFTERに入るのを渋っていたわけですが、かなりよかった。
ほろほろと、泣いてしまいました。
悲しくて泣くのは嫌いだけど、感動で流す涙は気持ちいい。
自分がまだこういった感動モノで泣ける人間だと気付けてグッドです。

AFTER1周目もあたし的には泣かせ所満載で、十分感動した。
特に早苗さんの優しさと強さに。
CLANNAD全体を通してみても、アタシにはここが一番の泣き所でした。
音楽もいいよね。音楽と、音の入り所と、音量の上げ所は、本当に手が込んでる。計算されたように。
最終的に汐がどうなっちゃうの?っていう不安は残ったけど、その衝撃はAIRほどではないし。 杏の保母さん姿も拝めたしvv アタシは1周目のストーリーも結構好き。
ここで岡崎のもがき苦しむ様があるからこそ、3周目の幻想的な街の風景がより輝くんだと思う。3周目は、エンディングで流れる「小さなてのひら」にもやられたね・・・。「渚」がこうきたか・・・と。トリハダが立った。
もちろん古河夫妻のストーリーも、よかったです。
あの二人は、誰にとっても理想的な夫婦だと思う。アタシもあんな夫婦でありたい。
そして、どかっとびっくりしたのは、「だんごっ、だんごっ」で泣いてしまったあたし。
だんごで泣かされるとは・・・。(笑)だんごにこんな力があったとはね・・・!!
ここまで没頭してしまったアタシは、今では CG MODE、MUSIC MODE だけでもかなりの時間をつぶせるようになってしまっています。(笑)
CGは好きなのは沢山あるけど、選ぶとしたら渚の立ち姿(後ろ)かな。あたしもあの小さい背中に託したい気持ちになる。抱きしめたい気持ちにもなるかな。
いろんな女の子とのストーリーを見てきたけれど、やはり真のヒロイン、渚には勝てず。
渚が一番好きになってしまったアタシです♪

これをやって、いろいろと考える。
いろんなものが変わっていく人生の中で、変わらないものを見つけること。それは難しいけど、それを見つけて守っていくことの大変さ、大切さ、素晴らしさ。
家族のありがたみ、友の大切さ、好きな人の愛しさ。
自分の住む街を好きでいること、わたしたちはそんな街に守られているということ。街に住まういろんなものに包まれているということ。
当たり前のことが、当たり前ではないんだと気付く。
対象年齢15歳以上となっていたけど、本当に、岐路に立つ人から、結婚しようとしている人、親になろうとしている人・・・いろんな人の心に何かもたらしてくれると思う。
あたし的には、子どもを生むのがちょっと怖くなった。
でも家族が欲しいと思った。大切な人を自分の力で守っていきたいと思った。

やり終えてからも、心に残るフレーズがあって、それを夜な夜な あの大量なテキストの中から探してしまった。

  俺たちは歩いた。
   春の光の中を。
   ゆっくりと、ゆっくりと。
   ずっと手をつないで。
   渚の小さな手が、愛おしくて・・・仕方がなかった。
   渚が、好きで好きで、仕方なかった。

  全身に広がっていく感覚がある。
   それは心から発せられたものなのだろうな。
   それとも渚の言葉からだろうか。
   いや、渚からか・・・。
   なんでもいい。
   幸せだった。

  俺にしか守れないものが、ここにあった。

これらは、もちろんここにいたるまでの長いストーリーがあって、ドンピシャなBGMがあって、それで感動したフレーズではあるけど、これ以外にない、というくらいの選びぬかれた言葉だっていう気がする。
シナリオライターさんに感謝&称賛です。

あたしとしては、途中から春原の登場がどかっと減ったことが残念ではあるけど、まぁしょうがない。
AFTER終了後、智代ちゃんとたわむれ(笑)たら春原が・・・!!! 絶叫してしまった。
岡崎よ、もっと心配してやれ・・・(笑)
あと、春原は東北出身ってことだったけど、訛りのないのが少々気になった。
ま、ケチをつける気なんて毛頭ありませんが。

あぁ、ゲームって、おもしろいんだなぁぁ~。
と心から思ったゲームでした。
スーパーマリオ3でも2面くらいまでしか自力でクリアできないアタシなので。
(いや、マリオはおもしろいし好きだけどさ

-追記-
草野球シナリオをやり終えました。
未読文章を少しでも多く消化しようと、いろんな選択肢をつぶし終わって、最後の〆に草野球シナリオを持ってきたわけですが。
思っていた以上にいいじゃないですか!!(嬉)
特にあのエンドロール。
ビックリしました。
急いでテレビの真正面に位置し、正座して見たよーvv わーーvv
草野球編の見所は・・・芳野さんへの一芝居&それを信じきった芳野さんかな?
野球の試合展開にも思いのほか、引き込まれちゃって。
あっ、あと、美佐枝さんの年齢暴露事件(笑)だね
風子と早苗さんに、試合結果を左右させるほどの大きな違いがあるとは思えないんだけど・・・(笑) ←これはどちらに対して失礼な言葉なんだろう・・・。
まぁその辺は、岡崎の心眼が確かだったと言うことかな。

そんなわけで。
楽しませてもらいました、CLANNAD。
いろいろな攻略サイト様に助けられ・・・。 ありがとぅでした**

CLANNAD好きへの100の質問 に答えた日記はこちら

« 今週のN・H・K | トップページ | デスノート(映画・後編) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CLANNAD:

« 今週のN・H・K | トップページ | デスノート(映画・後編) »