2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日のYokohama

無料ブログはココログ

« 季節を抱きしめて | トップページ | 篠原千絵 »

2006年8月25日 (金)

蒼の封印

ここ数日の慌ただしい生活に区切りがついたので、心安めに漫画を読んだ。
てか、数日前から篠原千絵の漫画が読みたいなぁ~って思ってはいたんだけど、それ以上にやりたいことが多すぎて、読めていなかったのです。
で、漫画はいいなぁ・・・vv と。
漫画を読んでいると幸せ感が満たされるよ。
アタシはやっぱり漫画が好きだ と再確信した一日でありました@@

で。この人の漫画は闇のパープルアイ海の闇月の影陵子の心霊事件簿もおもしろくって好きだけど(この列挙は所有しているものであって、所有してないのでもおもしろいのはあります)、やはりまずは、蒼の封印でしょう。ということで。

Photo「蒼の封印」篠原千絵、小学館(1992)/全11巻
内容:美しい蒼子は転校早々、学校の不良グループのボス・香椎に目をつけられる。蒼子は香椎に襲われ気を失うが、気付いたとき香椎の姿はなかった・・・・・・!!  (裏表紙より)

アタシはこれが一番好き。
理由は恋愛色が強いから、かな?
そして蒼子が可愛くもあり、美人でもあるから!アタシも魅せられますvv
久しぶりに読んだけど、やっぱりおもしろい♪ そして怖い!
ホラー嫌いのあたしだけど、これは手元に置いておきたい漫画です。
あたしとしては、彬がミイラになった(笑)ことに気付かないまでの話(4巻の途中くらいでしょうか。)が好きかも! もちろんその後もおんもろいけど
蒼子も自分の気持ちに自覚しだした頃。
手が彬を食べちゃう前に椋を食った蒼子に、彬が「わかってる」って言うのがなんだかとっても素敵です!
何だこの2人ー!!!いいぞいいぞ♪
結構序盤で蒼子が人を食わずにいられる方法を突き止められたっていうのに、なかなかコトに及べない二人もいい感じですw
何度もチャンスはあったのにいつもいいとこで邪魔をされ。
ホント可哀想にねwww不憫だね
最後までどうなるのってハラハラさせられたけどまぁよかったー。
高雄には気の毒したけど、彼はヒーローの器ではないね。顔的に。(笑)
その点、彬は合格です。
彬は、アタシが読んできた漫画の登場人物の中でかなり長い間アタシの好きな人No.1の座を明渡すことはなかった男です(笑)
楷も結構好きです~。いいやつはみんな好き♪

どうでもいいけど、この話を読んだあとはいつも角のある女の子を描きたくなります*
もうひとつどうでもいいけど、ふと裏表紙見たら、定価390円だって!
ふあ~、とてつもない昔、って感じがする。いつの間にか20円上がってるし!
370円の漫画も持ってたっけなー、確か。 消費税反対!!

篠原さんは、アタシが小学生だった頃に友達に海の闇月の影のコミックスを貸してもらったことで知った。
・・・んだけど、小さいあたしにはそれ(=海闇月影)はあまりにも怖くて怖くて、最初は好きじゃなかったんだよね。
けど、そのあとの漫画も借りるうち、怖いけど面白いということに気付き、短大時代に4作品どかっと大人買いしたわけです。
したら、海の闇月の影における感想が、小さい時は 怖さ>面白さ だったのが 怖さ<面白さ と思えるようになってたんだよね。
万歳10年間!!
そして昔漫画貸してくれた友達・・・ありがとぅ~~vv
ここ何年か、友達と漫画の貸し借りなんてしてません・・・淋しいよー。

« 季節を抱きしめて | トップページ | 篠原千絵 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アニメ・コミック〈少女漫画〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124791/3201354

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼の封印:

« 季節を抱きしめて | トップページ | 篠原千絵 »